その他

ホソバタイセイは雑草です–あなたの庭でホソバタイセイを殺す方法

ホソバタイセイは雑草です–あなたの庭でホソバタイセイを殺す方法


投稿者:Bonnie L. Grant、認定都市農業専門家

ホソバタイセイがなければ、古代史の深い藍色は不可能だったでしょう。誰が植物の着色特性を発見したかは誰にも分かりませんが、現在は染色者のホソバタイセイとして知られています。現代の繊維産業では染料として使用されることはめったにありませんが、ヨーロッパ原産であるにもかかわらず、現在、北アメリカの多くでホソバタイセイが帰化しています。 woadを取り除くのに助けが必要な場合は、この記事が役立つかもしれません。

WoadControlのヒント

私たちは皆、雑草とは何かについて異なる概念を持っているようです。個人的には、植物が侵略的で、他の植物を窒息させたり、間違った場所に置いたりすると、植物は雑草だと感じます。他の庭師は異なって感じるかもしれません。たとえば、植物が醜い、大きすぎる、または悪臭さえある場合、植物は雑草である可能性があります。

ホソバタイセイは、道端、溝、牧草地、野原、森の端、その他のほとんどすべてのオープンスペースで自生します。それは急速にコロニーを形成することができる非常に競争力のある植物です。耕作地では、染色剤のホソバタイセイを制御することが重要です。そうしないと、植物が徐々に引き継ぐ可能性があります。

ホソバタイセイが雑草であると判断した場合は、それについて何かをする時が来ました。ホソバタイセイは種を介して繁殖します。平均的な植物は500個の種子を生成し(1,000個を超えることもあります)、それは広い半径に分散し、新しいコロニーをすばやく確立します。

温暖から温帯の地域では、植物は短命の多年生植物であり、最終的に死ぬ前に数回繁殖することができます。植物の直根が深いため、手動でのホソバタイセイの制御は困難です。太い根は最大5フィート(1.5 m)の深さまで成長する可能性があるため、掘って染色者の群れを制御するのは難しい場合があります。

制御不能なWoadを殺す方法

手で引っ張ると根の強度が低下する可能性がありますが、丈夫な植物は通常元に戻ります。種子は、風、水、動物、機械によって分散されます。種になる前に花を切り落とすと、ホソバタイセイの広がりを最小限に抑えることができます。雑草のない種を蒔き、家畜に雑草のない干し草を与えることも、植物の影響を減らすのに役立ちます。

状況によっては、ある地域を繰り返し耕作することが、ホソバタイセイを取り除く効果的な方法です。ホソバタイセイで汚染された畑で使用した後の機器と工具の衛生設備も、植物の広がりを減らします。さび菌、 Puccinia thlaspeosは、葉のゆがみ、発育阻害、白化を引き起こし、ホソバタイセイの活力を低下させ、最終的には植物を制御することができます。

化学物質は、特に食用作物において、最後の手段の一歩です。ホソバタイセイ植物に対して効果的ないくつかのリストされた化学物質があります。これらは、苗木が最良の管理のために若いときに適用する必要があります。化学薬品を使用するときはすべての指示に従い、風が穏やかで、処方によって害を受ける可能性のある植物の近くに決してスプレーしないようにしてください。

ほとんどの州の普及サービスには、除草剤化学物質を適用者と環境の両方に安全に使用するためのガイドラインがあります。

この記事の最終更新日

WoadPlantについてもっと読む


犬と人間が協力して、モンタナ州のダイアーの群れを根絶するのを手伝う

ボーズマン–死体を見つけるように訓練されたラブラドールと、ボーズマンの動物保護施設から引き抜かれたボーダーコリーが、モンタナから有害な雑草を取り除くのに役立っています。

凍りつくような秋の朝に彼女の能力を発揮したラブラドールのウィボーは、モンタナの山をスクランブルし、すぐにハイカー、ペット、鹿、低木、その他の植物の匂いにダイアーの群れの香りを感じました。興奮しながら震えながらも彼女の訓練に忠実なウィボーは、雑草を一周し、絶えず吠え、最後に、ハンドラーがダイアーの群れを実際に見つけたことを確認するまで座りました。

「いい犬。いい子だ」とデブ・ティルメンシュタインはウィボーにビスケットを渡したときに言った。

ティルメンシュタインはGPSユニットにその場所をマークし、後で一人で戻って雑草を噴霧すると述べました。ウィボーとボーダーコリーのシーマスが2011年にダイアーのホソバタイセイプロジェクトに参加して以来、彼女は何度も行った旅行です。

MSU、モンタナ大学、ビーバーヘッド郡の雑草専門家によると、このプロジェクトはモンタナ州立大学で実施された研究から生まれたものであり、複数の目標があります。

1つの目標は、犬と人間を一緒に使用して、モンタナからダイアーのホソバタイセイを完全に根絶することです。ビーバーヘッド郡のアシスタント雑草コーディネーターであり、ダイアーのホソバタイセイと戦うための州全体の取り組みのコーディネーターであるアンバーバーチは、雑草はロシア南東部に自生し、青い染料と薬の供給源としてイギリスで栽培されていたと述べた。 1934年にモンタナで最初に特定されました。現在、モンタナでは優先度1Bの有害雑草に分類されています。

バーチ氏によると、1つのダイアーのホソバタイセイ植物は1週間で4インチ成長し、10,000もの種子を生産することができます。 UMナチュラルエリアスペシャリストのマリリンマーラーは、根が5フィート以上下がることがあると言いました。開花すると、植物は腰の高さまで成長する可能性があります。有害な雑草は在来植物と競合し、牧草地や野生生物の生息地を追い越す可能性があります。

ダイアーのホソバタイセイの専門家によると、この雑草はユタ州とアイダホ州東部で非常に蔓延していますが、モンタナ州ではそれほど蔓延していないため、根絶の候補として適しています。 1984年にモンタナダイアーズウォード協同組合プロジェクトが開始されたため、17のモンタナ郡で発見されたダイアーズウォードは現在7つしか活動していません。アクティブなダイアーズウォードを持つモンタナ郡はビーバーヘッド、シルバーボウ、カーボン、フラットヘッド、ガラティン、ミズーラ、パーク郡です。 。

モンタナ州のダイアーの群れは、2005年以来87.1パーセント減少したとバーチ氏は語った。 2012年の最終的なカウントでは、州内の植物の総数は997でした。8年間にダイアーのホソバタイセイが見つからなかった場合、その場所は根絶されたと見なされます。その間に単一の植物が見つかった場合、その植物が種子を生成しない限り、その場所は根絶されたと見なされます。

雑草犬プロジェクトのもう1つの目標は、犬と人間が単独よりも多くの雑草を一緒に見つけることができるという言葉を広めることです。

MSUの農学部の土地資源環境科学部の研究員であるKimGoodwinは、MSUの修士課程の学生であったときに、犬を使って有害な雑草を検出する可能性の調査を開始しました。彼女は2005年に修士号を取得し、2010年に終了しました。それ以前は、1980年代に、元MSUエクステンション有害雑草スペシャリストのピートフェイがダイアーのホソバタイセイに使用される可能性のある除草剤を研究していました。彼には、MSUの学生、職員、郡の雑草の乗組員がダイアーの群れを引っ張っていました。彼はモンタナダイアーのWoadCooperativeProjectを開始しました。

グッドウィンの調査によると、犬と人は有害な雑草を探すときに互いに補完し合うことがわかっています。人々は大きな顕花植物や有害な雑草の大きな斑点を見つけるのは得意ですが、個々の雑草を見落とす可能性があります。犬は、密度が低く、優先度の高い雑草の領域で最もよく機能します。雑草が他の種類の植物に隠された小さなロゼットである場合でも、彼らはダイアーのホソバタイセイの匂いを嗅ぐことができます。地下にあるダイアーのホソバタイセイと、単なる根の断片の匂いがすることがあります。

「私たちの調査を通じて、調査員の2倍の小さな植物を検出できることがわかりました」とGoodwin氏は述べています。

雑草の専門家の第3の目標は、彼らの応用雑草犬研究のためのより多くの場所を見つけることです。

「私たちは、この発見を土地管理者にとって有用なものに変える方法を決定することに関心があります」とグッドウィンは言いました。

ウィボーとシーマスが関与する取り組みは、ミズーラの東端にあるセンティネル山に基づいています。 UMの自然地域のスペシャリストであるマーラー氏は、山が険しく、調査地域が200エーカーに及ぶため、有害な雑草を防除するのは困難であると述べました。しかし、市、郡、UMの協力により、過去12年間で大きな進歩が見られました。

ウィボーとシーマスは2011年にマウントセンチネルの取り組みに参加し、2012年も継続しました。MSUは最初の年に資金を提供しました。 Goodwinは、Marlerが率いるプロジェクトの共同作業者です。

グッドウィン氏によると、今年のセンティネル山で、犬は人間が見逃した約40の場所を検出したという。研究者たちは、人間に最初にダイアーの群れを探させることによって発見しました。 1日以上後、犬は同じエリアをカバーしました。それらの数値を比較することにより、彼らは犬の有用性を測定しました。

「それは犬が実用性を持っていることを示しました」とグッドウィンは言いました。

グッドウィン氏は、連邦政府の「ビーグル旅団」について読んだ後、犬を使って有害な雑草を検出するというアイデアを思いついたと語った。その中で、USDAの動植物検疫所(APHIS)は、ビーグル犬を使用して、米国の空港と入港地の荷物と箱を検査しています。犬は地雷も検出し、何千年もの間狩猟に使用されてきたので、犬が有害な雑草も検出できるかどうかを確認したかったのです。

グッドウィン氏は、知性と香りの仕事の経験から、修士号の研究にジャーマンシェパードを使用したと述べた。センティネル山プロジェクトは、ラブラドールとボーダーコリーが有害な雑草も検出できることを示しています。この場合、雑草はダイアーの雑草です。 Goodwinの初期の研究は、斑点のあるヤグルマギクに焦点を当てていました。

ウィボーは、ダイアーのホソバタイセイを発見するために採用されたとき、すでに人間の遺体を見つけるように訓練されていたと、彼女の所有者であるティルメンシュタインは言いました。彼女は死体を探し、モンタナ、ワシントン、アイダホ、アーカンソーなどで法執行機関を支援してきました。

Working Dogs forConservationの運営責任者であるAimeeHurt氏は、有害な雑草にウィボーを使用しているモンタナを拠点とする組織は、ゴリラの糞、チーター、エメラルドアッシュボーラービートルなどの臭いを検出するために世界中に犬を送ります。死体、有害な雑草、麻薬、スキャットを検出するためのトレーニングはすべて非常に似ていると彼女は付け加えました。

トレーナーは、ふたに穴の開いた箱の中に雑草を隠し、他の雑草が入っている箱の隣に箱を置くことで、ウィボーをダイアーの群れに紹介しました。ウィボーは、ダイアーのホソバタイセイを検出するたびに、おやつを受け取ったり、ボールを回収したりすることに気付いたとき、それに焦点を合わせ始めました。彼女のトレーニングは、気が散ったり混乱したりすることなく、より広い環境で屋外のダイアーの群れを検出できるようになるまで、より長く、より複雑になりました。

シーマスは、ギャラティン郡のハートオブザバレーアニマルシェルターから保護のためにワーキングドッグにやってきたとハート氏は語った。彼女は、1000匹に1匹か2匹の犬だけが良い探知犬になることを指摘し、混沌に囲まれていても遊び心があったので、シーマスは他の犬よりも際立っていたと言いました。よく見ると、彼には探知犬として成功するために開発できる他の資質があることがわかりました。

「これらの犬は非常にエネルギッシュで、食べ物やおもちゃでやる気を起こさせる傾向があります」とハートは説明しました。

また、同じことを何度も繰り返してもかまいません。彼らはハンドラーでの作業が大好きです。彼らは、1日に60回受け取るか、1回受け取るかに関係なく、報酬が大好きです。競合する香りに惑わされることはありません。彼らは気を散らされていません。

「私たちは彼らにたくさん尋ねていますが、彼らは本当にそれを愛しています」とハートは言いました。 「私たちは幸せになるために仕事が必要な犬と仕事をしています。」

対話を開始し、トピックにとどまり、礼儀正しくなります。
ルールに従わない場合、コメントが削除される場合があります。


植物学的および生態学的特性

一般的な植物学的特徴:

  • 植物の説明
  • Raunkiaerの生命体
ダイアーのホソバタイセイは世界的に広く分布しており、中国[86]とパキスタン[1]の植物相は、この種の実質的な形態学的変異に注目しています。以下の説明は、北米の植物相および野外研究で説明されている形態学的特徴をまとめたものです。この説明は、火災生態学に関連する可能性のある特性を提供し、識別を目的としたものではありません。識別用のキーは、次のソースで入手できます:[31,33,40,45,82]。

植物の説明: ダイアーの群れは、通常、隔年[21,27,28,31,32,33,36,40]または短命で、通常は単生の多年生植物[21,28,31,32,33,36,40]です。 Callihanらによるレビュー[12]およびAsghariによる実験室研究[4]は、植物が開花した後、ダイアーのホソバタイセイの根冠の芽が生き残ることがあり、植物が存続し、場合によっては追加の花や種子作物を生産できることを示唆しています(栄養繁殖を参照)再生)。ダイアーの群れは、冬の一年生植物と呼ばれることもあります[36,54,69]。ユタ州北部の放牧地での現地調査によると、ほとんどのダイアーのホソバタイセイは二年生または単生植物の多年生植物でしたが、冬の一年生の生活史を示したものはありませんでした。種を蒔いたダイアーのホソバタイセイはすべて死んだ[20,21]。同じ地域での2番目の研究では、研究したダイアーのホソバタイセイ個体の1%が最初の成長期に開花したことがわかりました[21]。

地上の説明:ダイアーのホソバタイセイは、平均して長さが約1.6〜4インチ(4〜10 cm)[23,40]の長い葉柄の基部の葉[23,27,31,32,33,40]がいくつかあるロゼットとして始まりますが、長さ7インチ(18 cm)まで[31,32,33,82]、幅0.3〜1.6インチ(0.8-4 cm)[82]。基底葉は通常、単純な毛で覆われています[31,82]。 Varga and Evans [80]によると、各ロゼットから約20本の茎が発達し始めますが、通常は7本以下が成熟します。他の情報源によると、ダイアーの群れには通常1つの主幹[27,31,32,33]があり、それは下が単純で上が分岐している[31,32,33]。茎は直立しており、高さは約14インチ(35 cm)[82]から47インチ(120 cm)[27,31,32,33]の範囲であり、数人の著者が20から35インチ(50- 90cm)高さ[23,40,74]。植物は通常、全体が無毛であるか[23,27,33,40,82]、多毛で、根元に長くて単純な毛があります[82]。茎の葉は基底の葉よりも狭く、主に長さが約1〜4インチ(2〜10 cm)[27]、徐々に上向きに減少します[82]。

ダイアーのホソバタイセイの花は幅約6mm [27]で、花びらは長さ約3.5mm [31,32,33]です。花は多数の複合総状花序で生まれ、大きな末端の穂を形成します[27、31、32、33、36]。ダイアーのホソバタイセイの果実は、サマロイドで、長さ8〜18 mm、幅2.5〜7 mmの裂開したシリクルで、単一の中央値の種子があります[27、28、31、32、33、36、40、74]。サイレンはバルブが強く平らになっており[27、28、32、33]、翼があると表現されることもあります([28]、[54]によるレビュー)。果実は成熟すると暗から黒になり[31,36,74]、短くて細い小花柄[27]から垂れ下がり、反射[31]または後ろに反らす[36]に上昇します。ウェーバー[81]によると、ダイアーのホソバタイセイは、翼果に似た、ぶら下がっている裂開した果実を生産する唯一のクルーシファーです。 Fraxinus.

アイダホ州のダイアーズホソバタイセイの1983年の現地調査では、いくつかの形態学的変化が明らかになりました。ベアレイク郡の一部のダイアーズホソバタイセイは、非常に長い基底葉を持ち、他の場所で説明されている他の植物よりも思春期でした。カリブー郡のノースキャニオンに沿ったダイアーの群れの1つの標本は、ほぼ5フィート(150 cm)の高さでした。 6,300フィート(1,920 m)の乾燥した砂利の多い土壌でのボーダーサミットでは、ダイアーのホソバタイセイは一般に他の地域で観察されたものよりも短く(16〜24インチ(40〜60 cm))、密度が高かった。カリブー郡とベアレイク郡のいくつかのダイアーズホソバタイセイ植物でさび病菌が観察されました。これらの場所では病気は流行の割合ではありませんでしたが、感染した植物はひどく発育不全に見えました[12]。真菌は後にとして識別されました Puccinia thlaspeos、および北米の他のアブラナ科の雑草のメンバーに記録されています([12]およびその中の参考文献)。このさび病菌の詳細については、生物的防除を参照してください。

地下の説明:ダイアーの群れの根系は、「丈夫」[28]、「厚い」[36]、「肉質」[80]、または「木質」[80]としてさまざまに説明されている直根性[20,21]によって支配されています。 12]。ダイアーのホソバタイセイの直根性は、深さ5フィート(1.5 m)に達するか、それを超える可能性があります([36]、[80]によるレビュー)。小さい側根は土壌断面の上部8〜12インチ(20〜30 cm)に集中し([20]、[37]によるレビュー)、横方向に約16インチ(40 cm)広がります[20]。ユタ州北部の丘陵地帯の放牧地の牧草地にあるダイアーズ・ウォードの根系は、10年以上にわたって国内の羊によって継続的に放牧されており、ロゼットの平均直根長は約35インチ(90 cm)、ロゼットの平均直根長は約39インチ(100 cm)でした。成熟した植物。平均総根長はロゼットで約85インチ(217 cm)、成熟植物で102インチ(258 cm)でしたが、使用した測定方法(トレンチプロファイル法)では、細根のほとんどが失われているため、総根長を過小評価しています。成熟したダイアーのホソバタイセイ植物は、土壌プロファイルの上部8インチ(20 cm)にマッピングされた根の全長の43%を持っていましたが、ロゼットはこの深さでマッピングされた根の全長の31%を持っていました。これは、ダイアーのホソバタイセイの根の横方向の分岐が主に発生することを示唆しています。成長の2年目に。著者らは、この2層の発根パターンはヤマヨモギのそれと類似していると述べています(ヨモギ spp。)、これは山間西部の半砂漠草原に利点をもたらす可能性があります[20,21]。

ユタ州の荒廃した場所から集められたダイアーのホソバタイセイは非菌根性でした。これは、アブラナ科のメンバーが主に非菌根性であるためです[61]。

ダイアーのホソバタイセイは、春の間に急速な栄養成長を特徴とし、通常、春の終わりまたは初夏までに中標高の場所で種子を生産することができます。ダイアーのホソバタイセイによる急速な成長の期間は、いくつかの場所でブルーバンチウィートグラスによるピーク水抽出の期間と重なる可能性があり、これらの共生種の間に地下干渉がある可能性があることを示唆しています[21](遷移状態を参照)。ダイアーのホソバタイセイは、ユタ州北部の丘陵地帯で、標高4,850〜5,000フィート(1,480〜1,525 m)の2つの調査で調査されました。1つは1982年5月から1983年11月まで、もう1つは1984年の成長期です。同じ地域で実験的に確立されたダイアーのホソバタイセイ個体群からの同様の情報については、苗の確立と植物の成長を参照してください。若いダイアーの樹木植物は、1982年5月から1983年11月の間にマークされ、表現学的に分類されました。現象学的段階は次のとおりでした:休眠、葉の成長、茎の成長、花芽の発達、開花、種子の発達、種子の成熟、種子の播種、および死。葉の成長は秋と春の両方で起こり、開花は晩春に起こりました。茎の成長から種子の発育までの時間は約8週間でした。 4月中旬から5月末までの平均茎成長は週に約4インチ(10cm)でした。植物は夏と冬の両方で休眠しており、それぞれ暑い、乾燥した状態、または寒い気温に対応していました。マークされた植物の65%が死亡し、1%が最初の成長期に開花しました。 2年目まで生き残った35%のうち、約半分が開花して実をつけました。種を蒔いたすべての植物は約12%が栄養繁殖を続け、3年目に実をつけた可能性があります[21]。

1984年の成長期にユタの丘陵地帯で観察されたダイアーのホソバタイセイは、融雪後1週間以内の1984年4月16日までに栄養成長を開始しました。基底直径は4月16日から5月7日まで増加し、その後はほぼ一定のままでした。同様に、ロゼットの直径は同じ期間に増加し、5月23日までに横ばいになり、その後、基部の葉が枯れて開花茎が発達するにつれて減少しました。茎の成長は4月の最後の週に始まり、開花は5月の第2週に始まり、5月23日頃にピークに達しました。開花茎の高さは5月7日から6月11日まで急速に増加しました。種子は6月9日から6月15日までの間に発達しました。 6月末までに、ほとんどの種子が熟しました[20]。

開花したダイアーのホソバタイセイの根冠芽は時々生き残り、植物が存続して再び開花することを可能にします。開花シュートの成長は、前のシーズン中に直根に貯蔵された炭水化物を減らします([12]によるレビュー)。

地理的領域ごとの典型的な開花日を次の表に示します。

地理的地域によるダイアーのホソバタイセイの開花日
範囲 開花日
カリフォルニア 4月から6月[57]
イリノイ 5月から6月[55]
ネバダ 4月から7月[40]
ユタ ミッドスプリング[59]
ユタ(ユタ盆地) 5月から7月[28]
バージニア 5月から6月[85]
インターマウンテンウエスト 5月から6月[36]
北東および隣接するカナダ 5月から7月[27]
太平洋岸北西部 4月から8月[32]

ダイアーのホソバタイセイの果実は、その範囲全体で6月から10月の間に熟します[23]。ダイアーのホソバタイセイの種子は、種子生産の比較的早い段階で実行可能になります[36]。

1983年にアイダホで行われた調査では、開花と種子散布のタイミングが標高に関連していることがわかりました。その調査で観察された開花と分散の日付は次のとおりでした[12]:

アイダホ州のさまざまな標高にあるいくつかの郡でのダイアーの群れの生物季節学[12]
標高(m) 生物季節学的段階 日付
ノーザンバノック 1,829 ロゼットとボルト締め 6月3日
ノーザンバノック 最大1,402 開花 5月23日
ジェファーソンとボンネビル 1,341-1,463 開花 5月26日
カリブー 2,073 開花 6月23日
カリブー 2,079 開花 7月5日
カリブー 2,316 開花 7月12日
ベアレイク 2,256 開花 遅くとも7月14日
カリブー 1,981未満 満開 6月17日
ベアレイク 2,256 満開 6月29日
中央および南部のバノックとフランクリン -- 満開 6月7日
フランクリン郡 1,585 満開から遅咲き 6月10日
オネイダ東部 1,067 遅咲きからシードセット 6月15日
クラークス 1,707-2,012 遅咲きから熟した果実へ 7月22日
アダムス 899 熟した果実を分散させる 7月26〜28日
ブレイン 1,295 熟した果実を分散させる 7月26〜28日
オネイダ南西部 1,492-1,463 熟した果実を分散させる 7月20日

再生プロセス:
Dyer'swoadはシードによって再現されます。地上部の損傷後、時には開花後(栄養繁殖を参照)に発芽する可能性がありますが、ダイアーのホソバタイセイ個体群の持続性と広がりは、生存可能な種子の生産に依存しています。

  • 受粉および繁殖システム
  • 花と種子の生産
  • 種子散布
  • シードバンキング
  • 発芽
  • 苗の定着と植物の成長
  • 栄養繁殖

受粉および繁殖システム: イタリアでの実験室研究の結果は、ダイアーの群れで異系交配育種システムを示しました。自家受粉および交配が種子生産、発芽性、および子孫成長に及ぼす影響を評価した。自家受粉植物は、異系交配植物(それぞれ44.1 g、8.0 mg、および46%)よりも、重量(6.0 mg)および種子発芽性(8.2%)が低く、長角果(7.1 g /植物)が少なかった。自家受粉した子孫は、一般に、異系交配した子孫よりも低い高さの成長を示しました[72]。

花と種子の生産: ダイアーのホソバタイセイは、開花を誘発するために冷たい春化期間を必要とします。ユタ州の温室研究では、以前に開花した1年生のダイアーズホソバタイセイ(クラウンロゼット)と4か月齢の苗ロゼットの両方で、最低でも低温(39°F(4°C)以下)にさらす必要があることがわかりました。開花を誘発するための23から47日の[3,4]。 2種類のロゼットは、39°F(4°C)で0〜93日の範囲の低温処理に対して異なる反応を示し、耐寒性は低温曝露の長さだけでなく植物の年齢にも依存することを示唆しています。苗ロゼットはどの長さの寒冷暴露でも死亡しませんでしたが、クラウンロゼットの50%は93日間の寒冷暴露後に死亡し、30%は47日間の寒冷暴露後に死亡しました。 23日間の寒冷暴露後のクラウンロゼットの生存率と対照の生存率に差はありませんでした[4]。落葉などの継続的な障害は、ダイアーズウォードの開花を遅らせます[20](物理的または機械的制御を参照)。

レビューでは、ダイアーズ・ウォードでの「多産」または「豊富な」種子生産について説明しています[12、19、54]。 McConnellらによるレビュー[54]は、この情報の出典は示されていないが、一部の植物は1年間に10,000を超える種子を生産したことを示唆している。ユタ州の放牧地で研究されたダイアーのホソバタイセイは、それぞれ約350から500の種子を生産しました[20,21]。

種子の生産は、季節やマイクロサイトによって確立される植物によって異なる場合があります。ユタ州での現地調査によると、秋に樹立されたダイアーのホソバタイセイは、春に樹立されたもの(345果実/植物)よりも、ロゼットがわずかに大きく、開花茎が高く、より多くの果実(563果実/植物)を生産しました。春に確立された植物の平均果実生産は、セージブラシの近くで成長する植物(293果実/植物)と空間マイクロサイトで成長する植物(317果実/植物)の間で類似していた。果実の重量はすべてのグループで類似していた(3.9mg /果実)[20,21]。同じ地域での関連研究では、平均的な果実生産は383果実/植物でした[21]。

種子散布: ダイアーのホソバタイセイの果実は、成熟時に種子を放出しませんが、そのまま地面に落ちます[19]。ダイアーのホソバタイセイの果実の大部分は、親植物から数メートル以内に分散します。長距離の分散は、人間、家畜、野生生物、および水を利用して発生する可能性があります[20]。

ほとんどのダイアーのホソバタイセイの果実は、成熟に達した直後に脱落しますが、冬まで植物に残るものもあります。果実は植物にしっかりと付着しており、剥がすには風や雨などの研磨力が必要です。ユタ州での現地調査では、1985年6月25日から1985年8月27日まで毎日ダイアーのホソバタイセイの果実の散布が記録されました。その後の調査の最初の10日間でほとんどの果実が脱落し、散布率は大幅に低下し、4.5週間後に横ばいになりました。捕獲されたすべての果実の95%は、親植物から21インチ(54 cm)以内にあり、平均散布距離は、種子が放出された高さと正の相関がありました(r²= 0.85)。果物が風で移動した最大距離は約8フィート(2.4 m)でした。風速と飛散する果実の数との関係は「貧弱」でしたが、ほとんどの果実は卓越風の方向に散らばっていました。冬まで植物に残っているダイアーのホソバタイセイの果実は、痂皮のある雪の表面に吹き付けられると、はるかに長い距離を分散する可能性があります[20,21]。ユタ州の放牧地での研究中に観察されたように、果物はアリによってさらに輸送される可能性があります[20]。

ダイアーのホソバタイセイの果実と種子の長距離拡散は、人間、家畜、野生生物、水などの媒介生物によって支援されなければなりません。人間は、衣服、乗り物、道具、または機械に果物を分散させる可能性があります[20、21、80]。道端や鉄道は種子散布の効果的な手段です[19]。ダイアーのホソバタイセイの種子がアルファルファまたは他の作物の種子の汚染物質である場合([12]によるレビュー)、または成熟した種子を含むダイアーのホソバタイセイの植物が、蔓延している畑でアルファルファと刈り取られ、梱包された場合、長距離分散が起こりやすくなります。家畜の飼料として使用される場所に出荷されます[19、20、21]。汚染された干し草は、ダイアーのホソバタイセイの蔓延の主な原因の1つです[36]。

家畜や野生動物は、ひづめや毛皮の泥の中に果物を運ぶことがあります[36]。ダイアーのホソバタイセイの湾曲した小花柄は、動物による散布を助けるためのフックとして機能する可能性があります。最初の降雪を過ぎて植物に残っているダイアーのホソバタイセイの果実は、丘陵地帯の群れの使用が最も多い冬の数ヶ月に鹿とワピチの群れによって分散される可能性があります[20]。ファラー[20]は、ユタ州の放牧地の南向きの斜面でのダイアーのホソバタイセイの蔓延の高い発生率は、冬のこれらの場所の鹿とワピチの使用に関連している可能性があると推測しています。鳥やげっ歯類も、ダイアーのホソバタイセイの長距離分散に寄与する可能性があります[20]。

ダイアーのホソバタイセイ果実の下り坂と下流への散布は、水で平らにされた羽によって助けられ、この散布モードを促進する可能性があります。ユタ州の排水システムの土手に沿ったダイアーの群れの個体数は、この種の分散の後に確立された可能性があります[20,21]。

シードバンキング: ダイアーのホソバタイセイの種子銀行に関する情報は不足しており、2009年の時点で、土壌で種子がどれだけ長く生存できるかは決定されていませんでした。ヨーロッパの事例報告によると、草地が耕作された後にダイアーのホソバタイセイが現れることがあります。種子がおそらく何年もの間、土壌中で休眠状態のままであった以前のホソバタイセイ作物([87]によって引用された1966年の王)。

ダイアーの樹木種子は休眠性を持たないかもしれませんが、水溶性発芽阻害剤を含む果実に含まれているため、おそらく阻害剤が果実から浸出するまで、フィールドですぐに発芽する種子はほとんどありません[87]。果実の阻害剤は、ダイアーのホソバタイセイの種子が土壌シードバンクに存続することを可能にするかもしれません[19]。阻害剤は浸出によって除去されるため、沈殿によって浸出され、好ましい条件下で発芽するため、土壌中の種子の長期的な持続に寄与する可能性は低いと思われます[87]。

現地調査からの証拠は、いくつかのダイアーのホソバタイセイの種子が少なくとも10から12ヶ月間土壌中で生存し続けることを示しています。 1982年7月8日にユタ州の調査地からダイアーのホソバタイセイの果実(合計1,200個)が収穫され、約0.4インチ(1 cm)の土壌に埋もれました。毎月、120の果実が畑から取り除かれ、種子が果実から取り除かれ、発芽と生存率がテストされました。発芽試験は、77°F(25°C)で、明暗を交互に12時間ずつ行い、14日後に発芽した種子と生存可能な種子を数えました。圃場に貯蔵されたダイアーの種子の発芽率は、1982年9月(1か月の埋葬後)の99%から1983年5月(9か月の埋葬後)の44%の範囲でした。種子の生存率は高いままで、73%から100%の間で変動し、時間の経過とともに減少しませんでした。ダイアーのホソバタイセイの種子が10ヶ月以上土壌に保存された後に発芽できるかどうかは不明です。同じサイトの関連研究では、 発芽: 果実から分離されたダイアーのホソバタイセイの種子は休眠を示さず、さまざまな条件下で容易に発芽しますが、果実内に無傷のままであると容易に発芽しません。ダイアーのホソバタイセイの種子は通常、野外条件下で果実から裂開しないため、無傷の果実は休眠を課します[87]。 1969年8月に収集され、37〜77°F(3〜25°C)の温度で168時間培養した後に発芽した果実から分離された、ダイアーのホソバタイセイの種子の大部分。逆に、無傷の果実を培養した場合、発芽は低く、不安定でした。実生は種子よりも果実からはるかにゆっくりと伸びました[87]。

無傷の果実からの発芽と実生の伸長の減少は、物理的な閉塞ではなく、化学的性質による可能性があります。実験室での研究では、無傷のダイアーのホソバタイセイ果実から発芽と実生の出現が減少しただけでなく、無傷の果実または果実浸出液の存在も、脱穀したダイアーのホソバタイセイ種子と他のいくつかの種の種子の両方で発芽と実生の出現を減少させました(連続を参照)詳細についてはステータス)。ダイアーのホソバタイセイの果実を水道水で48時間洗浄すると発芽が増加し、果実を96時間洗浄すると発芽阻害がほぼなくなりました。野外では、越冬した果実から樹立されたダイアーのホソバタイセイの苗木がいくつかあります[87]。

播種したばかりの種子に存在する発芽阻害剤は、冬に浸出する可能性が高く、それによって越冬した種子の発芽を促進します。ユタ州での現地調査では、1984年10月に播種されたダイアーのホソバタイセイ種子の発芽は1984年秋よりも1985年春に10倍高かった。著者は、播種直後に発芽した種子は損傷した果実にあったのではないかと推測している[20]。

ダイアーのホソバタイセイの種子の発芽は、日陰によって阻害される可能性があります。ダイアーのホソバタイセイの種子の高い割合(> 85%)が、4日以内に赤、黄、白の光の下で発芽しました。遠赤色光と青色光の下で発芽した割合が大幅に低くなりました(それぞれ15%と37%)(P 苗の確立と植物の成長: 苗の確立、生存、成長、および最終的な繁殖力(種子の生産を参照)は、秋に確立されたダイアーのホソバタイセイの苗と春に確立された苗の間、およびマイクロサイト間で異なる場合があります。 Dyer's woad population demographics were studied over a 2-year period on a Utah rangeland where 100,000 Dyer's woad fruits were collected during the summer of 1984 and sown on 8 September 1984 in a "well-vegetated" area lacking Dyer's woad. During the study period precipitation was 18% above the estimated long-term average, and mean monthly temperatures were slightly below the long-term average [20,21]. The following information comes primarily from this single study and is therefore limited in scope Dyer's woad may display different population dynamics on other sites. See Seasonal development for more precise phenological information from Dyer's woad populations in the same area.

Seedling establishment: For freshly shed seeds, establishment rates were lower 1 month after sowing in the fall (0.3%) than during the following spring (2.7%) [20,21], which is consistent with findings of Young and Evans [87] that Dyer's woad fruits contain water-soluble germination-inhibiting substances that would have leached over winter. Germination in fall 1985 was twice that in fall 1984 these differences were not associated with differences in either precipitation or mean monthly temperatures. Germination from the original seed input ceased after fall 1985 [20,21] (see Seed banking).

Microsites near sagebrush plants seem to provide a more favorable microenvironment for Dyer's woad seedling establishment than interspace microsites. Seedling densities were 170 and 26 Dyer's woad plants/m² on sagebrush and interspace microsites, respectively [20,21].

Survival: Survivorship patterns were similar in fall- and spring-established Dyer's woad populations, with peak mortality in summer. Cohorts of Dyer's woad that established in October 1984 (n=285) experienced little mortality during the following winter, slight mortality in early spring 1985, and peak mortality during the summer. Thirty-six of these plants survived the summer drought, overwintered again, flowered, and set seed in spring of 1986. None of the Dyer's woad seedlings that established during the spring of 1985 (n=2,664) flowered in the same year. Of the spring-established cohort, 371 individuals survived the summer drought and overwintered. Eighty-seven percent of these plants flowered and produced seeds in spring of 1986, and the other 13% remained vegetative. Peak mortality in both Dyer's woad populations occurred during a period with high temperatures and negligible precipitation, suggesting that the main source of mortality was water stress there was no evidence of predation or pathogens. The authors note that the developing roots of young rosettes of Dyer's woad are unlikely to access soil moisture from deep soil layers, where moisture occurs during hot and dry conditions above ground but they caution that a causal relationship between seedling mortality and soil moisture deficit was not established because soil water content was not measured [20,21].

A life table analysis for Dyer's woad showed constriction of population growth at 2 transitions: seed to seedling (establishment) and young rosettes to mature rosettes. The establishment rate was 3% and only 23% of young rosettes survived to mature rosettes. Once plants became mature rosettes, the probability of surviving to reproduce was 81%. All flowering individuals set seed, with an average fruit production of 496 fruits/plant [20,21].

Neither microsite characteristics nor seedling density appeared to impact mortality rates in Dyer's woad populations. Mortality of Dyer's woad plants growing near sagebrush and those in the interspaces were similar (73% and 74% respectively), despite a 7-fold difference in seedling density [20,21].

Growth and reproductive output: Fall germination of Dyer's woad favors both vegetative growth and reproductive output (see Seed production) however, spring germination was more important than fall germination in terms of overall population growth: Higher germination rates in spring resulted in more individual plants and higher total fruit production from spring-germinated cohorts than fall-germinated cohorts. Fall-germinated individuals had nominally greater rosette sizes than spring-germinated individuals during most of the study period, and differences were most pronounced at the start of the spring 1986 growing season. Stem growth was initiated in both cohorts during the last week of March 1986, and rapid stem growth occurred up to 18 May 1986. By 20 April, the fall cohort was taller. The fall cohort had significantly greater fruit production/plant (P Vegetative regeneration: Several sources indicate that Dyer's woad plants may sprout when the top growth is removed at ground level [19,20,21,36,67]. Sprouting seems to originate from buds on Dyer's woad root crowns ([4], review by [12], personal communication [15]). Numerous vague references to vegetative or asexual regeneration in Dyer's woad were found in the literature: "Clonal growth has been observed but is not common" [37] "Asexual reproduction may occur from this underground root system" [80] ". the weed can spread from underground portions of the root system. " [6] "It has a large fleshy taproot from which it may reproduce asexually" [19] and "Damaged plants often resprout from buds located on the root crown and, less frequently, from the roots" [67]. However, vegetative regeneration in Dyer's woad seems to be restricted to sprouting from the root crown following aboveground damage.

Dyer's woad is likely to survive and sprout following aboveground damage and defoliation [19,20,21,36,67], depending on timing, frequency, and severity of damage. A review by Evans [19] states that while undisturbed Dyer's woad plants typically behave as biennials or winter annuals, perennial behavior can be elicited by mowing, hand-pulling, or breaking the bolting stalk above ground. This is supported by evidence from a field study where plants were clipped at varying intensities, frequencies, and dates: Significant mortality and reduction in reproductive performance occurred when at least 60% of the aboveground phytomass had been removed on or after 23 May (P SITE CHARACTERISTICS:
In the western United States, Dyer's woad most commonly establishes and persists on rangelands and disturbed sites such as roadsides, rights-of-way, fence rows, uncultivated croplands (e.g., alfalfa and small grain fields, orchards), pastures, old fields, and "waste places" ([17,28,31,32,36,82], reviews by [19,54]). Characteristics of sites supporting Dyer's woad in eastern North America were not described in available literature (2009). A Virginia flora describes Dyer's woad as infrequent and occurring on disturbed sites [85].

Climate: Dyer's woad is native to parts of Russia, where the climate may be similar to that of the Intermountain West (review by [2]). Few studies of Dyer's woad report climate data. On study sites where Dyer's woad occurred on coarse, well-drained soils at 2 foothill locations on the western slope of the Wellsville Mountains in northern Utah, mean annual precipitation is 16 inches (400 mm), and mean annual air temperature is °F (9 °C) [21,84]. A review by Parker [59] suggests that Dyer's woad has a moisture requirement of 14 to 18 inches (356-457 mm) per year. Specimens of Dyer's woad were collected at 40 xeric to mesic sites in Idaho [12].

Elevation : Elevations ranges for Dyer's woad were given for the following areas:

Although many sources suggest that Dyer's woad is well suited to coarse, rocky soils with low water-holding capacity (reviews by [2,19,59,80]), Dyer's woad grew larger and had greater nitrate aquisition on a relatively moist site with fine soil textures than on a drier, coarse textured soil in a Utah field study (see table below) [48]. Differences in these variables were not related to proximity, life form, or diversity of neighboring plants (see Successional Status).

Establishment in early succession: In a small-plot (1.5 × 1.5 m) experiment Dyer's woad seedling establishment was consistently higher in disturbed than undisturbed plots regardless of growth form composition of plots. Plots were composed of 24 plants of either crested wheatgrass (Agropyron cristatum × A. desertorum), western yarrow (Achillea millefolium) or Wyoming big sagebrush (Artemisia tridentata var. wyomingensis), and were either left intact or disturbed by removing 4 plants from the center and lightly scarifying with a rake. Four hundred Dyer's woad seeds were sown in each plot. Dyer's woad seedling density was 52% to 66% higher in disturbed plots than intact plots (P Persistence: Dyer's woad can establish and persist on many types of anthropogenically disturbed sites (see Site Characteristics), and commonly occurs on semi-arid rangelands with a long history of livestock grazing (e.g., [84]). A review by DiTomaso [16] lists Dyer's woad among nonnative plants that tend to be avoided by livestock, which can favor a rapid shift in dominant species in grazed rangeland plant communities where these unpalatable plants occur. Another review by Parker [59] classified Dyer's woad as an "invader" in terms of its response to grazing. Field studies in northern Utah [20,84] indicate that Dyer's woad is readily grazed by domestic sheep prior to flowering however, little damage is done to the plants (see Biological control).

Competition experiments on old fields in Utah suggest traits in Dyer's woad that facilitate its persistence in disturbed, semiarid shrub-steppe ecosystems. In a greenhouse experiment, Dyer's woad exhibited low plasticity in response to nitrogen availability, suggesting a low nitrogen requirement, low nitrogen productivity, or both. The authors note that these qualities are associated with the ability of a species to survive and persist under stressed, nutrient-poor conditions [56]. In a similar experiment, nitrate acquisition of Dyer's woad was less than that of crested wheatgrass, greater than that of big sagebrush (P Establishment and persistence in late succession: Evidence of Dyer's woad's ability to invade established vegetation comes from field studies in Utah [20,21] and California [87]. In a "well-vegetated" area on a Utah rangeland that had not been grazed by livestock for several decades, Dyer's woad established from seed sown by researchers [20,21]. In a study in northern California [87], Dyer's woad established in annual grass communities considered "ecologically closed" [66]. These annual grasslands, dominated by medusahead or cheatgrass, were thought to represent a culmination of plant succession, and invasion and dominance by Dyer's woad prompted an investigation into the mechanism allowing its establishment (see Allelopathy).

Results from small-plot experiments in Utah suggest that sites supporting a diversity of species or life forms may be more resistant to Dyer's woad establishment than those dominated by single species or life form. Species used were a combination of native sagebrush-steppe species and nonnative species widely used for revegetation within sagebrush-steppe communities. Dyer's woad seedling establishment was consistently higher in single-species (western yarrow) forb plots than in 4-species forb plots, mixed life form plots (consisting of grasses, forbs and shrubs), or single-species shrub (Wyoming big sagebrush) plots. Dyer's woad establishment was consistently higher in 4-species shrub plots than 4-species forb plots. Dyer's woad establishment in single-species grass plots (crested wheatgrass) and 4-species grass plots was inconsistent between years [48].

Shade tolerance: While Dyer's woad tends to occur on open, sunny sites (see Habitat Types and Plant Communities and Site Characteristics), it exhibits some degree of shade tolerance. Callihan and others [12] note Dyer's woad occurrence in many types of plant communities in Idaho, including those dominated by trees and large shrubs. In the greenhouse, Dyer's woad responded to increased shade through morphological modifications (increased leaf area, specific leaf area, and shoot:root ratio) to improve its light-harvesting ability. These responses may favor the ability to establish and persist on harsh, nutrient-poor sites as well as shaded, undisturbed sites. Dyer's woad also demonstrated morphological plasticity in response to variable water conditions, especially under shaded conditions. The authors suggest that high plasticity in heterogeneous environments may allow Dyer's woad to establish and spread into new sites without the lag time required for local adaptation [56]. However, germination of Dyer's woad seeds may be inhibited by shade [75].

Allelopathy: Laboratory studies suggest that Dyer's woad fruits probably contain allelopathic substances [87], although the allelopathic chemicals have not been identified. In the laboratory, the presence of Dyer's woad fruits inhibited germination of Dyer's woad, tumble mustard (Sisymbrium altissimum), and alfalfa seeds reduced root length in seedlings of Dyer's woad, tumble mustard, medusahead, cheatgrass, and alfalfa and reduced shoot length in seedlings of Dyer's woad and tumble mustard. Germination and root length were also reduced for several species incubated on substrates treated with Dyer's woad fruit leachate, as shown in the table below. Medusahead responded similarly, although data were not provided [87].

Because Dyer's woad produces a large number of fruits, and these fruits seem to suppress germination of associated species, successional trajectories may be altered in communities dominated by Dyer's woad, with Dyer's woad maintaining dominance by reducing establishment of other species. As a biennial or short-lived perennial, Dyer's woad does not have to establish seedlings every year to maintain dominance in annual communities. The researchers noted, however, that some annual grasses established in Dyer's woad stands in the field [87].


My idea of a good day

My idea of a really good day is getting things done. Winter solstice has passed and we are finally getting more daytime light. This weekend I managed my usual weekend laundry, garden weeding and did a small woad vat.


[left to right: yellow #2 exhaust bath, cactus fruit, woad, woad over-dyed with fennel.]

I’ve been working on onion baths, first one for the darker color – tangerine-orange – and exhaust the remaining dye for lighter yellow. [The pinkish-orange was my previously mentioned cactus fruit attempt.


[upper left clockwise: onion with a 15 min copper after-bath, onion #1 bath, cactus fruit, onion #2 exhaust bath.]

I’ve tried 1:1 (fiber:dye stuff) but have found that 1:.5) works well too even if I have to let it sit longer. First bath simmers for an hour, sits over night and then the 2nd exhaust bath is another hour of simmering and again cooling over night.

More Adventures with Woad and Weld or where have all the Dicots gone

gone to Eudicots every one…

Since I spend a lot of my so-called spare time working with or around plants – dye plants especially – I decided it was time to understand how they work. This fall I signed up for “Botany for Gardeners” at my local university extension program. (Brian Capon’s Botany for Gardeners – a very good read.)

Possible conversation starter: apparently with all the DNA sequencing there has been a shakeup up in botanical classification. The dicots (two-leaf seedling thing vs the one-leaf monocot thing) some of us grew up with (and had a couple of semesters ago) are now eudicots (new two-leaf seedling thing). Who knew.

My standard dye plants are often categorized as “weeds” so I end up babying along other people’s unwanted garden invaders, Wood Sorrel/Oxalis, Fennel, etc. Recently I’ve been nursing along (what better be) the next batch Woad and Weld.

End of summer, Woad vat, cotton, corn and beans

I don’t know how official this is but most people I know consider “Labor Day” – which in the US falls on the first monday of September – as the end of summer. I ended my summer with a Woad vat. The wool is my SCHG challenge recycling/upcycling project.

Starting from the left: Woad overdye Hibiscus (yellow) Woad overdye onion peel (orange-yellow) Woad multi-dipped Woad one dip.

I had hoped to grow my own Woad but as it turned out I was growing Weld. (Oh don’t ask, so much for my plant identification skills…)

This Woad was purchased in powder from from Woad Inc in the UK. The All About Woad site has really excellent directions and also sells Woad dye and kits.

Besides the dye plants (my project) there is the family vegetable garden. Most years we get a supply of dried tomatoes and soup beans. This year we tried growing corn. Besides what was eaten fresh and given away we have dried corn (soup, cornbread, etc.).


[dried -> ground -> corn bread]

And the first boll on my cotton shrub just started opening.

Eat corn bread, contemplate the Woad vat, not a bad ending for the summer.

Summer and Fennel

In some areas Fennel is considered a noxious and/or invasive weed. But for me, Fennel has always been a nice, well-behaved multi-use plant. It even smells good in the dye pot. (And I can identify it correctly : see post about the Woad that turned out to be Weld.)

Fennel has also become one of of my seasonal markers. Wood Sorrel runs through half of the year and as it dies off the Fennel starts up. And visa versa. So I am always stocked with yellow dye.

Quick note: Fennel by my experience works only well with protein fiber (i.e. wool), I’ve never successfully dyed plant fiber such as cotton. Wood Sorrel on the other hand dyes anything I’ve tried. The only exception has been corn fiber.

The Woad that is actually (Dyers) Weld

This is embarrassing. It’s what happens when you grow a plant that you have never actually observed from seed to dye pot.ザ・ ホソバタイセイ I thought I was growing is really Dyer’s Weld。 Yellow not blue. More yellow. A really good, clear Lemon yellow but still more yellow.

Before it began to bloom it could have been either.

However, as it blossomed it became obvious that the plant I had was not what I thought it was. Checked every image I could find including the Druid Plant Oracle and I definitely was not growing Woad.

So I’ve got Weld, Dyer’s Weld. Nice looking plant. The bees seem to like it. Works on wool (protine fibers – so not cotton).

WLA Woad

Southern California is experiencing the usual drought conditions and never having liked or wanted a lawn I’ve been slowly extending the kitchen herb garden out from the front of the porch and over what would be lawn. This eliminates lawn and leaves more room for Lavendar and Basil to run rampant. For watering I’ve been dumping my dish water and any reasonable gray water so the lavendar, sage, basil, woad and sundry odd herbs are thriving inspite of the dry spells.

Obviously one Woad plant won’t dye too much but I plan to save some seeds for next season. It’s also been interesting seeing how it grows. Nice looking plant.

I have however purchased some powderd Woad from http://www.woad.org.uk/. Seems like a good informative site.

Another site I’ve been reading through is the Woad Page.

In the meantime my Woad plant seems to be thriving on a combination of drought, Santa Ana winds, dish water and Trader Joe’s Next to Godliness non-phosphate dish soap.

Woad and more Fennel (or return of the Fennel)

The surviving Woad plant from last year. It really started growing this spring and looks about ready to bloom.

If you haven’t hear the Woad Song here is at least one version: http://www.youtube.com/watch?v=KK5-F9mLp4Y

The Oxalis has died off for the season and the Fennel is blooming. (Sorry there isn’t a Fennel song..)

Woad: woad and ‘volunteer’ basil

The woad continues growing out and now up. In one of the pots some volunteer basil appeard, which means Pesto sauce as well as blue dye.

I wasn’t sure how the particular plant would manage in a hot, dry (Southern California) climate. It seemed to start out slow last fall and really took off around the beginning of summer.

Should anyone else be interested, here are a couple of Woad sites:
Woad Inc
Rowan’s Woad Page
Yahoo Group: woadgrowers

Woad and fennel

Around the time that the Oxalis was dying off the Fennel seemed to take off. It looks like I won’t be scavenging the Smart-&-Final parking lot or sides of freeways for Fennel this year. The backyard stand – now too large to be called a shrub – is producing enough to keep me in dye and local insects in food.

Also here, my first attempt at growing Woad. There are 2 plants, still in pots. One seems to have some Sweet Basil growing along side – probably from some other planting. They are about 6” across right now. I’m not sure how fast these grow but it is unlikely there will be blue dye until next season.


ビデオを見る: 初心者向け雑草対策はこれだけでOKです