情報

ほうきの花

ほうきの花


ほうきの花

ほうきは落葉性の葉があり、高さ3メートルに達することができる低木です。野生では、それは庭や道端で栽培されているイタリアに非常に存在しています。ほうきの花は非常に多く育ち、濃い黄色と心地よい香りがします。それらはビラビエート組成を持っています。つまり、チャリスとカローラはベースで結合されていますが、上部で2つの単一の部分に分割されています。それらは通常、最大約3センチメートルの長さにすることができます。春夏に開花します。


種と品種

ほうきには多くの種と種類があります、ここにいくつかあります:

Cytisus Battandieri:高さ5メートルに達することができる苗木開発があります。それは特徴的なパイナップルの香りを持つ黄色い花で約15センチメートルの長さの花序を生成します。開花期は5月から6月です。

Cytisus Canariensisi:名前自体から推測できるように、カナリア諸島原産で、非常に香りのよい黄色い花があります。

Cytisus Grandiflorus:スペインを起源とし、高さ3メートルに達することができ、直径約3センチメートルまでの黄色い花を咲かせます。

Cytisus Procumbens:バルカン半島に由来し、高さ最大40センチメートルに達することができる矮性ハイブリッドです。花は長さ約15センチのラセミ花序に集まっています。

Cytisus Multiflorus:春の終わりに小さくて白い花を咲かせます。

Ginestra Odorosa:ずんぐりした方位を持ち、総状花序の花序にグループ化された、濃い黄色の大きな花があります。受粉は昆虫を通して起こります。

ほうきスピノサ:サルデーニャで最も普及している種で、6〜15単位に集まった花を咲かせ、香りは非常に強く、色は黄色です。開花期は3月から4月です。

他の名前は次のとおりです。Cytisusxbeanii、Cytisus ardoini、Cytisus xdallimoreiなど。


プロパティ

互いに混同してはならないほうきにはさまざまな種類があります。たとえば、臭いほうきは有毒ですが、頻脈の場合は木炭ほうきを使用して心拍を遅くします。ほうきの花は、利尿を促進するだけでなく、不安発作、不快感、倦怠感、失神につながる低血圧を鎮めるのにも非常に適しています。

キッチンでは、黄色い花びらを使ってサラダを豊かにします。




ほうき:この花の特性と用途

ほうきまたは Genistrae それはふさふさしたずんぐりした植物であり、世界中のほとんどで非常に広まっています。 「キリストの鞭」の通称でも知られていますが、その枝の形から、ホメオパシーでは、 下剤と自然鎮静剤.

既知の種は約75種あり、その有機組成はハリエニシダとはわずかに異なります。たとえば、肝保護煎じ薬に使用され、 咳と喘息の治療、そして精神安定剤として。

「炭焼」ほうきは、乾燥した枝や葉がほうきを作るために使用されたため、最もよく知られているものの1つです。


ジネストラの一般的な特徴

そこ ほうき, スパルティウムジャンセウム、 としても知られている スペインのほうき、一般的なほうき、香りのよいほうき、の家族に属するずんぐりした植物です マメ科 (マメ科の植物)西アジア、北アフリカ、ヨーロッパから。

この属には、80種近くのサフルチコースと低木植物が含まれており、最もよく知られているのはそれです。 スパルティウムジャンセウム、オープングラウンドや鉢植えで育てやすい品種。

一般的なほうきは丈夫で深い根系を持っており、非常に小さいものが挿入される濃い緑色の長くて細くて柔軟な茎を多数生み出します 反対の、単純なまたは緑の三葉。

THE フラワーズ 腋窩の総状花序に集まっており、心地よい香りの濃い黄色で、藤、ニセアカシア、カッシアに似ています。

花の後には 果物 小さな鞘(アルビジアのものと同様)、多くの小さな平らで黒い種子が含まれています。

開花

ほうきは5月から8月に咲きます。


ほうきは、多くの属と種を持つ植物の部族です。一般的なほうき(Spartium junceum)に加えて、イタリアの領土全体で簡単に育てることができる他の非常に興味深い種や品種もあります。最も一般的な種類のほうきは確かにカリコトーム、エニシダ、ジェニスタ、スパルティウム、ウレックスです。各属には、数十の種と同じ数の品種が含まれています。以下に、それらの特殊性のために選択されたこれらの種のいくつかを提案します。

Genistalydia-グランドカバードワーフ

このほうき植物は、属に属する地被植物を持つ矮性種です ジェニスタ。 シリアのほうきとも呼ばれ、最大高さ約80cmに達します。少し垂れ下がった枝は、春になると美しい黄色い花で覆われます。小さいサイズのおかげで 鉢植えに最適.

Ulexeuropaeus-ハリエニシダ/とげのあるほうき

ほうきは属に属しています Ulex ジネストローネとも呼ばれます。高さ2〜3メートルに達し、複雑でとげのある枝を持つ密な茂みを形成する低木種です。ローズマリーに似ており、2月から5月にかけて、古典的な明るい黄色の花が咲きます。

Cytisusscoparius-チャコールほうき

炭焼のほうきとして知られている、それは高さ3メートルまで成長する低木であり、5月と6月に豊富な黄色い花で非常に枝分かれしています。かつてこの種の柔軟であまり可燃性ではない枝がほうきの建設に使用されたことを知るのは興味深いことです。

炭焼のほうきは、イタリアでは「色ほうき」として知られている約50種と多くの品種を含むCytisus属に属しています。この名前は花の色を指します。たとえば、赤、白、ピンク、オレンジの花のハリエニシダがあります。

ほうきの他の属と種を見つけるには、このウィキペディアのページを読むことをお勧めします。


ほうきの花の特徴

ほうきの花は美しい黄色が特徴で、花の風景全体で独特です。彼らは屋外にいるのが大好きで、長期間でも直射日光を浴びます。それらはイタリアで広く普及しており、岩が多く乾燥した土壌など、適していない土壌でも繁殖します。さまざまな環境状況に適応するこれらの能力は、ガーデニングの美しい世界に近づいていて、それほど要求の厳しいものから「始めたい」人にとって特に魅力的な花になります。実際、ほうきの花は特に注意を払う必要はありません。特に庭で栽培する場合は、土壌を乾いた状態に保つために、水やりは非常に散発的でなければならないと考えてください。


エニシダの使用

この植物(特に一般的なほうき)の主な用途は確かに観賞用のものです。これは主に栽培のしやすさと香りのよい花の爆発によるものです。この植物は、その丈夫で深い根系のおかげで、特に地すべりで斜面土壌を固めるためにも使用されます。

他の用途は数十年前にさかのぼります。ジネストラの茎から繊維が得られ、ロープの製造に使用され、トマト植物とつる植物を杭に固定するのにも役立ちました。


プロヴァンスの茂みから私たちの庭まで!

マキの忠実な低木であるプロヴァンスのほうきは、乾燥した貧弱でわずかに酸性の土壌で、特に太陽を愛しています。そのための肥料はありません、それはそのメンバーが空気から窒素を固定する能力を持っているマメ科(マメ科)に属していることを覚えておくべきです。そしてもちろん、海洋性気候は彼に合っています。

非常に明るく、ほうきは庭にその場所を持っており、堤防を装飾したり、無料の防御的または開花生け垣を埋めたりします!

ヒント:交通量の多いエリアは避けてください。


ビデオ: 箒ホウキの名前をつけられたマクロレンズコウヤボウキ高野箒Broom houki grass