その他

にんじんが割れる理由:にんじんのひび割れを防ぐためのヒント

にんじんが割れる理由:にんじんのひび割れを防ぐためのヒント


投稿者:エイミー・グラント

にんじんは非常に人気のある野菜なので、自分で育てたいと思うかもしれません。自分でニンジンを育てるのはある程度難しいので、スーパーで購入した完璧な形のニンジンよりも結果が少ない場合があります。土壌密度、利用可能な栄養素、水分はすべて、ねじれた、奇形の、そしてしばしばひび割れたニンジン作物を生み出すために共謀する可能性があります。ニンジンの根が裂けているのを見ている場合は、ニンジンの作物のひび割れを防ぐ方法を疑問に思うかもしれません。

にんじんが割れる理由

ニンジンにひびが入っている場合、その病気は不適切な環境の好みの結果である可能性があります。水は正確である必要があります。ニンジンの根には湿った土壌が必要ですが、水浸しになるのは好きではありません。水分ストレスはニンジン作物にひび割れを引き起こすだけでなく、未発達で木質で苦い根を引き起こす可能性があります。

根のひび割れは、灌漑が不足した後、干ばつの期間の後の土砂降りなどの突然の湿気の猛攻撃の後に発生します。

にんじんのひび割れを防ぐ方法

一定の水分に加えて、完璧な、またはほぼ完璧なニンジンを育てるには、pH 5.5〜6.5の健康で水はけのよい土壌も必要です。土壌は岩がないようにする必要があります。岩は根が真に成長するのを防ぎ、成長するにつれてそれらをねじります。これらの丈夫な二年生植物は、12〜18インチ(30〜46 cm)の間隔で、1 / 4〜1 / 2インチ(.6〜1.3 cm)の深さの列に播種する必要があります。

植える前に100平方フィートあたり2ポンド(.9 kg。)の10-10-10で肥料を与え、必要に応じて100平方フィートあたり1/2ポンド(.23 kg。)の10-10-10でサイドドレスをします。

過密状態はまた、形の悪い根をもたらす可能性があります。この問題に対処するには、種を細かく軽い土または砂と混ぜてから、その混合物をベッドにまき散らします。若いニンジンの苗の成長を妨げる可能性のある雑草を注意深く防除してください。ニンジン植物の周りにマルチを追加して、雑草の成長を遅らせ、水分を保持します。

ニンジンが急速に成長するのを助けるが、ニンジンのひび割れを防ぐために、十分な水分(週に1インチ(2.5cm)の水)が必要です。最も形の良い根を育てるには、ニンジンは滑らかでほとんど粉っぽい土壌を持ち、十分に濃縮され、深く掘られたロームを持っている必要があります。

上記の情報に従えば、55〜80日で、傷のないおいしいニンジンを引き上げることができます。ニンジンは冬の間地面に残しておくことができ、必要なときにだけ掘り起こします。

この記事の最終更新日


種まき:どこがうまくいかなかったのですか?

種子から植物を育てるのは、すべてがうまくいくと信じられないほどやりがいがあります
画像:Shutterstock

一握りの種子に含まれているエキサイティングな約束のようなものはありません。また、発芽に失敗したことほどがっかりすることはありません。さらに悪いことに、あなたの貴重な苗木が出現するのを見て、それらが繁栄しなかったり、枯れて死んだりするのを見るだけです。

物事がうまくいかない最も一般的な方法のいくつかと、それらを回避する方法は次のとおりです。


大根の葉が黄色くなる

大根の葉が黄色に変わるのを見つけたとき、作物に影響を与える表面の下で潜在的に発生する多くの病気があるかもしれません。

これらの病気の1つはセプトリアの葉の斑点として知られています。これはあなたの植物や作物に影響を与える真菌性の病気です。これは作物にとって完全に致命的ではありませんが、急速に広がり、大根を弱め、正しく成長して成熟するのを妨げます。

この菌は土壌の奥深くに生息し、水や風などの要因によってこのバクテリアが広がると、大根と接触します。セプトリアは湿気の多い場所が大好きなので、そのことに注意することが重要です。

早く捕まえれば簡単に管理できますが、黄色の葉が進み始めた場合は、庭からこのバクテリアを取り除き、大根が健康と強さを取り戻すまでに時間がかかることがあります。

葉が黄色くなる原因となる可能性のある別の真菌性疾患は、ブラックレッグと呼ばれます。この病気はあなたの葉の静脈により多くの影響を及ぼし、葉がもろくて弱くなる原因になります。

気腫疽を使用すると、作物の茎は茶色または黒くぬるぬるになりますが、根にも同じ効果があります。この病気は植物から植物へと伝染しやすいので、早期に治療して治療することが重要です。

ソリューション

大根の葉が黄色に変わる可能性がある最も一般的な理由のいくつかを取り上げました。これらの病気は作物にとって完全に致命的ではないかもしれませんが、迅速に治療することが重要です。

まず、感染した葉を作物からすばやく取り除きます。葉にはバクテリアやカビがたくさん含まれている可能性が高いので、この後は手を洗うことを忘れないでください。

また、作物や葉のこれらの有害な病気の除去に役立つ有機殺菌剤を使用することをお勧めします。 Bonide Copper Fungicideは、黄色の葉を取り除くという観点からこのルートを選択する場合に理想的な選択肢です。

この製品はオーガニックであるだけでなく、この溶液に含まれる銅の量は、セプトリアや気腫などの有害な病気の蔓延を防ぐのに非常に役立ちます。


肌寒い天気が大好きな32種類の野菜

エリン・マリッサ・ラッセル&マット・ギブソン

秋が終わり、寒い季節が近づいているからといって、ガーデニング用品をすべて片付けて、ホットチョコレートのマグカップで屋内に集まりましょう。ホットチョコレートはとてもいい音に聞こえますが、多くの庭師は道具を早く詰めすぎて、冬のガーデニングシーズンをスキップします。

食用の庭を育てたり、自分で育てた有機農産物から作ったテーブルミールに収穫を食べたりするのが好きな私たちにとって、寒い季節に育つことが大好きな野菜はたくさんあります。たくさんの庭師に冬を休まないように説得するのに十分です、あなたは尋ねるかもしれませんか?あなたはそこに賭けます。次の野菜は寒い気候条件が大好きです:

アーティチョーク (Cynara scolymus)

米国で栽培されているアーティチョークのほとんどはサニーカリフォルニアで栽培されていますが、アーティチョークは実際には非常に耐寒性があり、保護された場所とマルチの形の少しの断熱材で、ゾーン5と6の穏やかな冬にも耐えることができます。よくマルチングされている場合、ほとんどのアーティチョークの品種は華氏14度という低い冬の気温に耐えることができます。アーティチョークの成長について詳しくは、記事「グローブアーティチョークを成長させる方法」をご覧ください。

ルッコラ (ルッコラ)

USDAハーディネスゾーン3から11の庭師は、ロケットとしても知られるルッコラを育てることができます。これは涼しい季節の葉物野菜であり、カットアンドカムアゲイン方式で収穫されるとすぐに生産されます。ルッコラは肌寒い天候を好み、実際には非常に耐霜性があるため、コールドフレームが供給されればほとんどの地域で冬を乗り切ることができます。ルッコラの葉は、大胆でコショウのようなスパイシーでややピリッとした風味があります。ルッコラは8月から9月に植えられ、冬から春にかけて収穫されます。マイクログリーンとして成長するときは定期的にルッコラをトリミングするか、植物が成熟して葉がフルサイズとフレーバーに達するまで待って、一度にすべてを収穫します。詳細については、ルッコラを育てる方法の記事を読むことができます。

ビーツ (尋常性ベータ)

USDAハーディネスゾーン9以上の庭師は、冬の収穫のために秋にいつでもビートを植えることができます。ビート、またはビートルートは、人気があり、栄養価の高い根菜です。ビートは7月に植えて、冬の間ずっと収穫することができます。ビートは生で食べることができますが、より一般的には調理またはピクルスで提供されます。ビートは天然に存在する硝酸塩を非常に多く含んでいます。これが、ビートが多くの健康上の利点で評価されている主な理由の1つです。ビートもやや耐寒性があり、華氏28度から32度の間の軽い霜に耐えることができます。詳細については、「ビートを育てる方法」の記事を読むか、「一年中ビートを育てることができますか?」のさまざまな栽培テクニックについて学ぶことができます。またはビートは鉢植えで育てることができますか?また、「冬にビートを地面に置いておくことができますか?」という記事にも興味があるかもしれません。

チンゲン菜 (Brassicarapasub。ChinensisL。)

USDAハーディネスゾーン2から13の庭師は、隔年作物としてチンゲン菜またはチンゲン菜を栽培できます。チンゲン菜は、カラシナの成長習慣に似たクラスターで成長する白菜の一種です。チンゲン菜は東南アジアと中国南部で人気がありますが、世界中の食料品店で見つけることができます。チンゲン菜は耐霜性のある涼しい季節の野菜作物であるため、許可されれば冬の間ずっと成長し続け、寒さが昆虫の存在を排除した後も昆虫のいない生息地を楽しむことができます。

ブロッコリー (Brassica oleraceavar。italica)

ブロッコリーはアブラナ科の野菜です。ブロッコリーは、USDAハーディネスゾーン3〜10の庭師が、6月から7月に植える必要があります。その後、秋から冬の最初の数週間にかけて収穫します。ブロッコリーは主に開花頭で栽培されています。開花頭は、生涯食べていると思われる一般的な緑の木のような野菜です。小さなブロッコリーの木の小さな葉のように見えるのは、実際にはまだ咲いていない未熟な花のつぼみです。ブロッコリーが咲くと、頭が黄色に変わり、きつく巻かれたつぼみが広がり始め、花びらが開きます。ブロッコリー植物が開花すると、その商業的価値と(おそらく)その料理の魅力を失います。ブロッコリーの植物はやや耐寒性があり、華氏26度から31度の温度に耐えることができます。

芽キャベツ (Brassica oleraceavar。gemmifera)

芽キャベツはキャベツ科の緑の葉野菜で、実際には小さなキャベツの頭に似ています。芽キャベツの名前は、ベルギーの町にちなんで付けられました。ベルギーでは、常に地元料理の主食であり、ベルギー料理に頻繁に登場します。

USDAハーディネスゾーン2から9の庭師は、6月から7月に芽キャベツを播種して、冬の終わりから春の収穫まで行うことができます。芽キャベツは、華氏60度から65度の間の温度を好む涼しい季節の作物です。通常、冬に庭に立つ最後の植物の1つであり、十分にマルチングされ、理想的な栽培条件が提供されていれば、冬を完全に乗り切ることもできます。詳細については、私たちの記事「芽キャベツの成長」をご覧ください。

キャベツ (Brassica oleraceavar。capitata)

キャベツは、葉が密集した頭で栽培されている緑豊かな二年生野菜です。キャベツの植物は比較的耐寒性があり、26〜31°Fの温度で長時間の霜に耐えることができますが、寒さはキャベツの頭の外側の葉を燃やす可能性があります。キャベツは、華氏20度から14度の間の非常に低い温度にも耐えることができますが、それは短期間だけです。

USDAハーディネスゾーン1から9の庭師は、晩秋と冬の収穫のために6月から7月にキャベツを植えることができます。

詳細については、記事「キャベツを育てる方法:はじめに」をご覧ください。

人参 (Daucus carotasubsp。sativus)

ニンジンは通常オレンジ色の根菜ですが、紫、赤、白、黄色、黒のニンジンを生産する品種もあります。食物繊維とフリーラジカルを攻撃する抗酸化物質が詰め込まれたニンジンは、どんな食事にも健康的に加えられ、自分の裏庭から新鮮に収穫されたときは並外れた味がします。ニンジンの植物は華氏18度という低い温度には耐えられませんが、ニンジンの根は、特にコールドフレームや断熱マルチの厚い層が備わっている場合は、さらに低い温度にも対応できます。 USDAハーディネスゾーン3から10の庭師は、9月にニンジンを播種して、冬から春にかけて収穫することができます。

詳細については、私たちの記事「あなたの庭でニンジンをうまく育てる方法」を読むことができます。コンテナでニンジンを育てる、ニンジンからニンジンを育てることができますか?、またはバケツでニンジンを育てることができますか?の記事で代替の栽培技術について読むこともできます。

カリフラワー (Brassica oleraceavar。botrytis)

カリフラワーは一年生野菜で、通常は菜園の種子から栽培されます。通常、柔らかく栄養素が詰まった頭だけが消費されます。栄養豊富な組成のためにスーパーフードと見なされているカリフラワーは、繊維、抗酸化物質、ビタミンA、B、Cが特に豊富です。カリフラワーは暑い気候よりも涼しい気候を好みますが、カリフラワーは冬の野菜とは見なされません。技術的には、カリフラワーは26度という低い温度にも耐えることができ、その過程で葉にわずかな損傷を与えるだけです。低温に長時間さらされると、植物はかなり早く死んでしまいます。 USDAハーディネスゾーン2から11の庭師は、一年生植物としてカリフラワーを育てることができます。6月頃にカリフラワーを植えて、秋を通して収穫します。

詳細については、カリフラワーを育てる方法の記事をご覧ください。

セロリ (Apium graveolens)

セロリは、葉物野菜と繊維質の茎のために古くから人間によって栽培されてきました。セロリの高繊維含有量は、消化器系に特に効果的であり、心臓血管の健康を改善するのにも役立ちます。セロリの味が好きではないが、食事の価値と繊維/栄養素の含有量のために、とにかくそれを食べるように強制する必要がある場合は、茎の溝のような中心をピーナッツバターまたはクリームチーズで満たしてみてください味を改善するのに役立ちます。セロリの植物はやや耐寒性があり、華氏28度から32度の間の軽い霜に耐えることができますが、特に穏やかな地域を除いて、冬の天候に長時間さらされても耐えられません。 USDAハーディネスゾーン2から10の庭師は、夏から秋にかけて収穫するために、春または夏にセロリを植えることができます。あなたは私たちの記事セロリ植物を育てる方法でもっと知ることができます。

チャイブ (ネギ schoenoprasum)

ネギ、またはネギと同様に、チャイブは穏やかな天候の地域で冬を乗り切ることができるタマネギの親戚です。ゾーン3から11の庭師は、ハーブ園でチャイブを育てることができます。冬が穏やかな地域では、植物は常緑樹ですが、冬が寒くなると、チャイブは死んで冬を休眠状態で過ごします。チャイブは他の種類のタマネギのように刻むべきではなく、はさみで切り刻むべきです。それらは通常、野菜の代わりにハーブとして使用されますが、穏やかな天候の地域の食用の晩期の庭に最適です。詳細については、チャイブを育てる方法の記事をご覧ください。

コリアンダー (コリアンダーサティバム)

コリアンダーまたはコリアンダーは、明るく柑橘系のフレーバープロファイルを持つ風味豊かな一年生草本です。その茎と葉は通常、新鮮な風味のバーストを追加するためにレシピに追加されますが、植物全体は、根も含めて食用です。 USDAハーディネスゾーン3から8の庭師は、春にコリアンダーを植えて秋まで収穫できますが、ゾーン9から11では、代わりに秋または冬に植えます。コリアンダーは、華氏10度の低温に耐えることができる涼しい天候の作物です。詳細については、記事「自分のコリアンダーを育てる」を参照してください。

コラードグリーン (Brassica oleraceavar。viridis)

コラードグリーンは、南部料理の主食である、大きくて丈夫な濃い緑色の葉です。通常、風味付けに使用されるハムまたはベーコンで炒めたり煮たりしたコラードグリーンは、おいしい南部の御馳走であるだけでなく、ビタミンA、B6、C、K、鉄、マグネシウム、チアミン、ナイアシン、パントテン酸、およびコリン。コラードはキャベツ科の中で最も耐寒性の高い植物であり、華氏5度という低い温度に耐えることが知られています。寒い気候にさらされると、実際に風味が向上し、コラードの緑の葉の甘さが増します。 USDAハーディネスゾーン8から10の庭師は、コラードをうまく育てることができますが、ゾーン6までの気候により適した特定の品種があります。7月から8月にコラードグリーンを植え、冬から春にかけて大きな葉を収穫します。

詳細については、コラードグリーンを育てる方法の記事をご覧ください。

キクヂシャ (Cichorium endivia)

エンダイブとチコリーは、風味豊かで素朴で少し苦い葉物野菜で栽培されているチコリの一種です。エンダイブは、すべての種類のチコリと同様に、フレッシュでサクサクした食感と、ナッツのような、やや苦い、わずかに甘い風味があります。エンダイブは生または調理済みで提供でき、規則性と消化器の健康を促進する複雑な繊維が豊富です。 USDAハーディネスゾーン6から11の庭師は、春と秋の両方でエンダイブに成長する可能性があります。エンダイブは、26〜32度の気温に短期間耐えることができ、通常、冬の天候が穏やかな地域では枯れても生き残ることができます。詳細については、フロリダ大学ガーデニングソリューションインスティテュートオブフード&アグリカルチュラルサイエンスのプロファイルからエンダイブで学ぶことができます。

ソラマメ (ソラマメ)

ソラマメは、単に肌寒い天候に耐えるだけではありません。それらは実際に適切に発達するために2ヶ月半から3ヶ月の寒さを必要とします。 USDAハーディネスゾーン2から11の庭師は、冬の終わりから春の収穫のために、9月から10月にソラマメを播種することができます。彼らは、多くの野菜に災いをもたらす涼しくて雨の多い天候でも繁栄することができます。ソラマメの影響を受けやすいアブラムシに注意してください。また、リゾビウム菌接種剤を使用して種子に接種することにより、ソラマメの成長を促進することもできます。ソラマメ専用​​の接種材料を購入するか、多目的のマメ科植物の接種材料を入手することができます。詳細については、「ブッシュ豆とベニバナインゲンを育てる方法」の記事をご覧ください。

フェンネル (下品なウイキョウ)

フェンネルはトリッキーですが有益な園芸植物です。その根は、庭師が隣人への悪影響について知らなかった場合、菜園の隣にフェンネルを置くことができる多くの植物に有害な物質を放出します。フェンネルはまた、2つの植物が他家受粉する可能性があるため、ディルから遠ざける必要があります。これは、両方の植物の風味に悪影響を及ぼします。フェンネルを他の野菜に近づけすぎてはいけませんが、遠ざけすぎないでください。フェンネル植物は、アブラムシやノミを撃退しながら、花粉交配者や害虫種の捕食者などの益虫を庭に引き付けます。菜園の特定の害虫にとって、フェンネルはトラップ植物としても機能します。つまり、害虫は菜園の代替オプションよりもフェンネルを好むため、脆弱な作物の近くにフェンネルを植えると、フェンネルの植物に虫が集まり、防御したい野菜はそのままになります。 USDAハーディネスゾーン2から5の庭師は、隔年でフェンネルを育てることができます。または、ゾーン6から10の庭師は、毎年フェンネルを育てることができます。あなたは私たちの記事「フェンネルを育てる方法」でもっと知ることができます。

ケール (Brassica oleraceavar。sabellica)

ケールは、栄養価が高く、巻き毛の多い葉と、わずかに苦く、土っぽい、柑橘系の風味で知られるキャベツの親戚です。 USDAハーディネスゾーン7から9の庭師は、天候が十分に穏やかで、十分な水が供給されている場合、冬を通してケールを育てることができます。また、ゾーン2から9で毎年栽培することもできます。ケールは、6月から7月に植えて、冬から春にかけて収穫する必要があります。ケールは華氏10度の低温に耐えることができるだけでなく、寒さにさらされることで甘さが増します。詳細については、記事「ケールを育てる方法:ケールを準備するための3つのお気に入りの方法を含む」をご覧ください。

コールラビ (Brassica oleracea Gongylodes Group)

コールラビをまだ試したことがない場合は、キャベツとその多くの親戚のいとこであるアブラナ科のこのメンバーを紹介させてください。コールラビは、大根とキュウリを混ぜ合わせたようなものを味わうと説明されており、生のときのほとんどの根菜のわずかな甘さとジューシーでサクサクした食感があります。調理して提供することもでき、ほぼすべてのレシピでブロッコリーやキャベツの代わりにコールラビを使用できます。 USDAハーディネスゾーン6から11の庭師は、春と秋に年に2回コールラビを植えることができます。 7月から8月にコールラビを植え、冬から春にかけて収穫します。

詳細については、コールラビ(Brassica oleracea)の栽培方法をご覧ください。

リーキ (Allium porrum / Allium ampeloprasumvar。porrum)

USDAハーディネスゾーン8〜11の園芸家は、1月の収穫のために真夏に植えることでリーキを育てることができます。また、ゾーン8〜9aの園芸家は、春の最後の霜の12〜14週間後に早生作物を植えることができます。多くの庭師やホームシェフはリーキの経験がありませんが、巨大なネギに似た心地よいまろやかなネギです。リーキはしばしばジャガイモとペアになり、時にはチーズとペアになります(古典的なリーキとジャガイモのスープのように)。

いくつかのネギの品種は他の品種よりも寒い気候でうまくいくので、選択を確定する前に、検討している品種をよく読んでください。つまり、アメリカの国旗、バンディット、ジャイアントマッセルバーグ、ジョラント、タドルナなどの青緑色のリーキは冬に最もよく機能しますが、初期のリーキはゾーン8よりも寒い場所では冬に強い傾向がありません。ネギは、庭で1、2回霜が降りると、実際に味が良くなります。詳細については、リーキを育てる方法(Allium ampeloprasumvar。porrum)をご覧ください。

レタス (Lactuca sativa)

レタスは伝統的に春または初夏に栽培されますが、その本当の感受性は熱にあるため、涼しい天候でも非常にうまくいく可能性があります。寒い季節にレタスを栽培すれば、レタスの薹立ちや苦味を心配する必要はありません。また、植物が非常に喉が渇いて水分が蒸発する暑い夏よりも、植物の水分補給がはるかに簡単になります。太陽の下でとても速く。 USDA栽培ゾーン6から11の庭師はレタスを栽培でき、すべての庭師は春の作物として植えることができますが、温暖で温暖な地域の庭師は一年中レタスを栽培できます。 8月から9月にレタスを植え、秋から冬にかけてカットしてまた来ます。

ミズナ (Brassica rapavar。niposinica)

水菜は、赤ちゃんサイズで収穫したときにスイスフダンソウに最も近い味わいのアジアングリーンです。すでにアジアンスタイルのサラダグリーンの袋に入った水菜を試食したことがあるかもしれません。 USDAハーディネスゾーン4から9の庭師は、春または秋の作物としてミズナを育てることができます。このアブラナ属は特に成長が速く、生で提供することも、穏やかに調理することもできます。ほうれん草のように水菜を少し蒸すか炒めるか、調理時間の終わり近くにスープやソースに加えて、繊細な野菜が過度に調理されないようにします。ミズナの詳細については、SpecialtyProduceをご覧ください。

マスタードグリーン (カラシナ)

USDAハーディネスゾーン6〜11の園芸家は、春にのみカラシナを栽培できますが、ゾーン8〜11の園芸家は、秋の寒い時期にもマスタードを栽培できます。これらのグリーンは、ケール、コラード、ビートグリーン、スイスチャード、カブグリーンなど、他のほぼすべての葉物野菜のレシピで置き換えることができます。彼らは伝統的な南部料理で特に大きな役割を果たします。そこでは、唐辛子のキックとわずかな苦味が、魚のフライ、バーベキュー、ポークチョップ、その他のソウルフードのメインと一緒に蒸し煮された料理として、酢のソース(そしてしばしばベーコンの滴り)と組み合わされます料理。詳細については、記事「カラシナを育てる方法」をご覧ください。

タマネギ、バンチング (ネギ)

USDAハーディネスゾーン3から9の庭師は、春にタマネギを植えて、春からネギとして収穫し、タマネギが成熟する夏まで続けることができます。しかし、可能ではありますが、冬にタマネギを育てるのはあまり一般的ではありません。ネギの束から始めます。これは、技術的にはAllium cepa(球根玉ねぎ/庭玉ねぎ)、Allium ampeloprasum(真珠玉ねぎ)、または春玉ねぎ、ねぎ、またはねぎではなく、Alliumfistulosumを指す用語です。ただし、ネギは、ポテトオニオンやグラウンドオニオンなど、他の一般的な名前で呼ぶこともできます。ネギは他のタマネギよりもややまろやかな味わいで、増殖していきます。

ネギは10月から12月まで、またはお住まいの地域で最初に季節の固い凍結が予測される2〜3週間前に植えてください。それらはコンテナに植えるか、直接播種することができます。彼らが完全な太陽、たくさんの水、そして可能であればマルチの層を手に入れることを確認してください。これは特に寒い場所で役立ちます。タマネギは約3か月で収穫できるようになり、寒い季節でも収穫を続けることができます。詳細については、記事「タマネギの栽培方法」をご覧ください。

豆 (エンドウ豆)

エンドウ豆のすべてが春を示唆しています。緑豊かな色、小さなサイズ、繊細な甘さ、そして新鮮でさわやかな食感。ただし、これらの小さなマメ科植物は、温暖な気候の作物だけではありません。 USDAハーディネスゾーン2から9の園芸家は、春の初めにエンドウ豆を植えて同じ季節に収穫することができ、暖かい地域では秋または冬の作物として栽培することもできます。つまり、庭の新鮮なエンドウ豆をほぼ一年中ディナープレートに盛り上げる準備ができているということです。詳細については、記事「Peaseを成長させる方法」をご覧ください。

ポテト (Solanum tuberosum)

USDAハーディネスゾーン3〜10bの庭師は、秋の収穫のために春先にジャガイモの栽培を開始できます。多くの庭師が気付いていないのは、春の作物のために新年の頃にジャガイモを植えることもできるということです。植える時期に関しては用途が広いだけでなく、ジャガイモを育てる方法はたくさんあるので、自分に合ったセットアップを見つけることができます。もちろん、丘や丘の屋外の庭でジャガイモを栽培することはできますが、コンテナ、ジャガイモの袋(またはプラスチックのゴミ袋)、さらにはジャガイモの塔で栽培することもできます。ジャガイモを栽培するためのあまり伝統的ではない技術の多くは、実際のスペース節約にもなります。詳細については、私たちの記事「菜園でジャガイモを育てる」をご覧ください。

チコリー (Cichorium intybusvar。foliosum)

チコリーは、穏やかな天候または涼しい天候で最もよく育ちます。そのため、夏に生き返るほとんどの野菜とは異なり、チコリーは春、秋、または冬に最もよく育ちます。チコリーはまばゆいばかりの紫色のサラダグリーンで、葉に白い葉脈があり、赤キャベツに似ていますが、より繊細な食感があります。春のミックスサラダグリーンの袋に入ったチコリーに出会ったことがあるでしょう。 USDAハーディネスゾーンに応じて、春、夏、または秋にチコリーを植え、125〜130日後に収穫の準備が整います。 Radicchioの詳細を学び、MarthaStewartのサイトからいくつかの興味深い見た目のradicchioレシピを入手してください。

ラディッシュ (ダイコン)

大根は育てるのが最も簡単な野菜のいくつかであり、大根の植え付けを春の穏やかな天候や夏の暑さに制限する必要はありません。 USDAハーディネスゾーン2〜10の庭師は、お住まいの地域で予測される最後の霜の4〜6週間前の春に大根を植え、春の終わりから初夏まで継続的に収穫するために10〜12日ごとに植え続けることができます。

しかし、寒い季節の大根の場合は、11月上旬から11月中旬に、半分よく腐った堆肥と半分の培養土で満たされた容器に植えてから、それらが成長するための保護された場所を見つけます。ただし、気温が氷点下近くまで下がる場合は、物が温まるまでコンテナを屋内に持ち込むか、透明なプラスチックシートで作られたテントで大根を覆う必要があります。また、3〜5本の苗のグループを、ガロンのミルクジャグから作られた自家製のクローシュで覆い、冬に育てることができるように底を切り落とします。詳細については、記事「大根を育てる方法」をご覧ください。

ルタバガ (セイヨウアブラナ)

ルタバガは、食料品店や庭の計画の両方で忘れられて、レーダーの下で飛ぶ傾向がある野菜の1つです。ただし、寒い気候の庭のオプションとして、ルタバガを見下ろすという不利益を自分でしないでください。かぶとキャベツのこのクロスは、かぶに欠ける味わいに甘い要素がありますが、食感と味が似ているので、かぶと同じように、また一緒に使うこともできます。 USDAハーディネスゾーン3から9の庭師は、初夏から真夏までルタバガを植えて、秋と冬の収穫を行うことができます。詳細については、ルタバガを育てる方法の記事をご覧ください。

エシャロット (Allium cepa、またはAllium oschaninii)

これまでエシャロットで調理したことがない場合は、本物のご馳走になります。ネギ科のこのメンバーは、玉ねぎとにんにくのクロスのような味がします。さらに、そのサイズ(大きなネギのサイズ程度)は、サラダドレッシング、肉のマリネ、ロースト野菜、パスタサラダ、その他たくさんの料理に完璧な量のおいしいキックを加えるのにちょうどいいです。

USDAハーディネスゾーン4〜10の庭師は、秋の初めにエシャロットを植えて冬が始まると収穫できます。または、エシャロットセットから始めて、春に最後に予測される霜の2週間前に植えて、夏に収穫することもできます。詳細については、「ホームガーデンでエシャロットを育てる方法」の記事をご覧ください。

ほうれん草 (ホウレンソウ)

ほうれん草は庭で春のお気に入りですが、シーズンの早い時期にそれを育てることに精通している人は、USDAハーディネスゾーン2から9の庭師が7月から8月の間にほうれん草を植えて秋と秋に収穫できることに気付いていないかもしれません冬の最初の数週間。花や他の野菜の間にほうれん草を押し込んで、魅力的で省スペースのセットアップを試してみてください。詳細については、記事「ほうれん草を育てる方法」と「コンテナでほうれん草を育てる方法」をご覧ください。

スイスチャード (尋常性ベータ)

スイスのフダンソウは、葉物野菜の世界で人気がある限り、まだケールに追いついていないが、流行の緑に比べていくつかの利点がある。スイスフダンソウの葉はケールやコラードなどよりも柔らかく、一部の品種は鮮やかな色の茎を持っているため、ディナープレートでスイスカードが劇的で活気に満ちています。 USDAハーディネスゾーン6から11の庭師は、春に夏の収穫のために、または8月上旬に秋の収穫のためにスイスフダンソウを植えることができます。詳細については、記事「スイスチャードを育てる方法」をご覧ください。

カブ (ブラッシカラパ)

カブは、多くの人にとって、なじみのない野菜です。これらの根菜はジャガイモと同じように用途が広く快適ですが、大根のかみ傷が少しあるので、その事実は本当に残念です。単独でマッシュポテトまたはマッシュポテトとブレンドしたり、さいの目に切ってオリーブオイルと新鮮なハーブでローストしたり、サンデーポットローストまたはローストチキンの下に押し込んだり、居心地の良い冬の野菜シチューに入れたりしてみてください。 USDAハーディネスゾーン4から9の庭師は、7月から8月にカブを植え、冬と春に収穫することができます。

詳細については、記事「カブを育てる方法」をご覧ください。

明らかに、涼しい時期に菜園を裸にする理由はありません。同様に、家族が長くて寒い冬を過ごして、新鮮でおいしい自家製の食材を食事に加えることを逃す必要はありません。 Whether you have just a little bit of space or acres upon acres, pick a few of your cold-weather favorites from this list and start planning your winter garden today.


Split Carrot Root - Reasons Why Carrots Are Cracking - garden

Gardening can be a very rewarding experience. After all, there’s nothing quite like harvesting fresh, juicy veggiesВ from your very own garden patch after weeks of hard work. But many vegetable gardeners don’t stop at one patch. Seasoned gardenersВ with thriving veggieВ pots andВ planters grow all sorts of staples, like spinach, lettuce, peas and carrots. Carrots, in particular, are arguably one of the most popular veggies found in almost every home garden, and for good reason. Carrots can grow in any climate andВ can even tolerate a bit of shade. Plus, carrots hardly require daily pruning and watering – perfect for beginners.

But these little root veggies aren’t garden staples forВ these reasons alone.В Carrots are packed with amazing health benefits (besides improving your eyesight). Here are some of them:

Boost the immune system

Carrots are a rich source of vitamin C, which the body cannot produce on its own. Luckily, you can get vitamin C from many fruits and vegetables, including oranges, lemons, broccoli and carrots.

Vitamin C is an especially powerful antioxidant that helps strengthen the body’s natural defenses. As an antioxidant, vitamin C also helps prevent inflammation, which is why adequate intake of vitamin C can help lower your risk of cardiovascular disease.

Nourish the skin

Did you know that the carrot is named after its color? Beta-carotene is the name of the red-orange pigment that givesВ the carrot its rich, colorful skin. This pigment can do wonders for your own skin as well.

Beta-carotene is also an antioxidant that the body converts into vitamin A. Not only does vitamin A help preserve your eyesight, it also promotes firm and healthy skin. If you suffer from dry, wrinkly skin, consider including carrots in your diet. You can also try drinking carrot juice regularly to keep your skin hydrated,В which can prevent acne and reduce the appearance of blemishes.

Moreover, the vitamin A in carrots helps protect the skin from the sun’s harmful ultraviolet (UV) rays. Many synthetic sunscreens areВ formulated with chemicals that can cause rashes, burns and other side effects. Luckily, you can protect your skin from the inside byВ including skin-nourishing foods like carrots in your diet.

But be careful not to go overboard with eating carrots. Too much beta-carotene can temporarily turn your skin orange!

Promote gut health

Carrots are naturally rich in dietary fiber, which helps keep your digestive system healthy.В A healthy gut can aid in weight loss attempts and keep your metabolism in check. Plus, you are less likely to experience constipation, diarrhea and other gut problems whenВ there is an adequate amount of fiber in your system. Pectin, the soluble fiber in carrots, also helps lower cholesterol levelsВ by impairing the absorption of cholesterol in your digestive tract.

Lower blood pressure

Beta-carotene isn’t just good for your skin, it can also help lower blood pressure, along with potassium.

High blood pressure may be a symptom of an underlying disease or a risk factor of a serious illness. For instance, high blood pressure may be a symptom of diabetes or heart disease, which increases your risk of metabolic syndrome. Luckily, the beta-carotene and potassium found in carrotsВ have been shown to be effective in reducing high blood pressure by relaxing blood vessels and regulating heart and kidney functions.

Improve oral health

Maintaining healthy gums and teeth isn’t just about ditching junk foodВ and artificially sweetened drinks. The foods you eat also play a part in oral health.

Carrots are rich in keratin, which is a strong insoluble protein found in the hair, skin, nails and tooth enamel. Keratin works hand in hand with vitamin C to fortify the teeth and prevent cavities. In fact, munching on a raw carrot can help dislodge plaqueВ around the gums.

Carrots are sweet, crunchy vegetables you can incorporate into all sorts of recipes. They are a rich source of essential vitamins, which help fortify the body to prevent diseases. Start growing carrots now to enjoy the numerous health benefits that carrots have to offer.


Angiosperm

私たちの編集者はあなたが提出したものをレビューし、記事を改訂するかどうかを決定します。

Angiosperm, any of about 300,000 species of flowering plants, the largest and most diverse group within the kingdom Plantae. Angiosperms represent approximately 80 percent of all the known green plants now living. The angiosperms are vascular seed plants in which the ovule (egg) is fertilized and develops into a seed in an enclosed hollow ovary. The ovary itself is usually enclosed in a flower, that part of the angiospermous plant that contains the male or female reproductive organs or both. Fruits are derived from the maturing floral organs of the angiospermous plant and are therefore characteristic of angiosperms. By contrast, in gymnosperms (e.g., conifers and cycads), the other large group of vascular seed plants, the seeds do not develop enclosed within an ovary but are usually borne exposed on the surfaces of reproductive structures, such as cones.

What are angiosperms?

Angiosperms are plants that produce flowers and bear their seeds in fruits. They are the largest and most diverse group within the kingdom Plantae, with about 300,000 species. Angiosperms represent approximately 80 percent of all known living green plants. Examples range from the common dandelion and grasses to the ancient magnolias and highly evolved orchids. Angiosperms also comprise the vast majority of all plant foods we eat, including grains, beans, fruits, vegetables, and most nuts.

How are angiosperms different than gymnosperms?

The key difference between angiosperms and gymnosperms is how their seeds are developed. The seeds of angiosperms develop in the ovaries of flowers and are surrounded by a protective fruit. Gymnosperm seeds are usually formed in unisexual cones, known as strobili, and the plants lack fruits and flowers. Additionally, all but the most ancient angiosperms contain conducting tissues known as vessels, while gymnosperms (with the exception of Gnetum) do not. Angiosperms have greater diversity in their growth habits and ecological roles than gymnosperms.

How are angiosperms and gymnosperms similar?

As vascular plants, both groups contain xylem and phloem. With the exception of a very few species of angiosperms (e.g., obligate parasites and mycoheterotrophs), both groups rely on photosynthesis for energy. Angiosperms and gymnosperms both utilize seeds as the primary means of reproduction, and both use pollen to facilitate fertilization. Gymnosperms and angiosperms have a life cycle that involves the alternation of generations, and both have a reduced gametophyte stage.

Unlike such nonvascular plants as the bryophytes, in which all cells in the plant body participate in every function necessary to support, nourish, and extend the plant body (e.g., nutrition, photosynthesis, and cell division), angiosperms have evolved specialized cells and tissues that carry out these functions and have further evolved specialized vascular tissues (xylem and phloem) that translocate the water and nutrients to all areas of the plant body. The specialization of the plant body, which has evolved as an adaptation to a principally terrestrial habitat, includes extensive root systems that anchor the plant and absorb water and minerals from the soil a stem that supports the growing plant body and leaves, which are the principal sites of photosynthesis for most angiospermous plants. Another significant evolutionary advancement over the nonvascular and the more primitive vascular plants is the presence of localized regions for plant growth, called meristems and cambia, which extend the length and width of the plant body, respectively. Except under certain conditions, these regions are the only areas in which mitotic cell division takes place in the plant body, although cell differentiation continues to occur over the life of the plant.

The angiosperms dominate Earth’s surface and vegetation in more environments, particularly terrestrial habitats, than any other group of plants. As a result, angiosperms are the most important ultimate source of food for birds and mammals, including humans. In addition, the flowering plants are the most economically important group of green plants, serving as a source of pharmaceuticals, fibre products, timber, ornamentals, and other commercial products.

Although the taxonomy of the angiosperms is still incompletely known, the latest classification system incorporates a large body of comparative data derived from studies of DNA sequences. It is known as the Angiosperm Phylogeny Group IV (APG IV) botanical classification system. The angiosperms came to be considered a group at the division level (comparable to the phylum level in animal classification systems) called Anthophyta, though the APG system recognizes only informal groups above the level of order.

Throughout this article the orders or families are given, usually parenthetically, following the vernacular or scientific name of a plant. Following taxonomic conventions, genera and species are italicized. The higher taxa are readily identified by their suffixes: families end in -aceae and orders in -ales.

For a comparison of angiosperms with the other major groups of plants, 見る plant, bryophyte, fern, lower vascular plant, and gymnosperm.


結論

Now you know why your garden soil is cracking, and how to treat the problem. You also know what steps to take each year to prevent the problem or reduce its severity.

I hope you found this article helpful – if so, please share it with someone who will find the information useful. Best of luck with restoring your soil to a crack-free condition!

Hi, I'm Jon. Let's solve your gardening problems, spend more time growing, and get the best harvest every year!

最近の投稿

If want to grow carrots this year, it helps to know how long they take to germinate (sprout). That way, you can plan ahead for when to start them in the garden. So, how long do carrot seeds.

Hilling potatoes adds a lot of work to the process of growing. There are some benefits to hilling, but they need to justify the extra effort that is involved. So, do you need to hill.


ビデオを見る: ほうき星 Album Mix ver. 호우키보시 혜성