コレクション

クリルバンブー-クリルサザまたはバンブー(ササクリレンシス)-ランドスケープデザインでの使用

クリルバンブー-クリルサザまたはバンブー(ササクリレンシス)-ランドスケープデザインでの使用


クリル竹-ランドスケープデザインにおける東洋の動機

ランドスケープデザインに関する翻訳された文献では、そのような植物の特定の組成物での使用が推奨されていることがよくあります。これらの植物は、気候帯に類似体がないか、いずれにせよ、広く導入されていません。この状況は、たとえばバナナで発生しました。竹の場合もほぼ同じです。オリエンタルスタイルでコンポジションを作成する場合は特に必要です。

以前は、枯れた竹の幹で作られたスクリーンしか見つかりませんでしたが、もちろん、生きている植物を完全に置き換えることはできませんでした。しかし、今や解決策が見つかりました。世界には600種以上の竹がありますが、そのほとんどは熱帯と亜熱帯でしか育たず、氷点下に耐えることができません。しかし、それでも、冬に強い竹にはいくつかの種類があり、それは私たちの国で、サハリンと千島列島で育ちます。彼らはミッドランドや北西部でさえ成長するのに十分なほど丈夫です。これらの竹は、生態学や形態さえもまだ十分に研究されていませんが、文字通りここ数年ですでにここの文化に導入されていると言わなければなりません。

これらは、属のクリル竹の種類です ささ (ささ)。それらの茎は、より南部の種のものと外見上同じです。成長は速いですが、すべての竹のように短いです。後で、いくつかの葉を持つ短い横方向の芽は幹にのみ成長します。茎は多年生で、木質で、関節があり、節があり、内部は中空です。彼らの木材は非常に耐久性があり、硬くて弾力性があります。ルートシステムは強力です。葉は長く、とがっていて、密度が高く、ざらざらしていて、上は緑色、光沢があり、下は光沢があります。冬眠中の緑、初夏に落ちる。この竹の花はバイセクシュアルで目立たず、ゆるい円錐花序に集められ、風によって受粉されます。開花は毎年起こりません。果物はゾウムシです。これらのタイプのクリル竹は光を必要としますが、光の陰影に耐えます。それらは過度の湿気、特に停滞した湿気に耐えることができません。自然界では、それらはきれいな茂みの形で、または薄くなったスタンドの下草として成長します。斜面を固定するために使用できます。

装飾種としてのランドスケープデザインの主な関心は、5つの密接に関連する竹の種によって表され、さらに、それらは互いに非常に類似しているため、多くの場合、専門家だけがそれらを区別できます。それ クリルアイランドボブテネ (Sasa kurilensis Makino et Shibata)-高さ2.5 mまでの枝分かれした茎、約1cmの茎の直径。長さ12cm、幅2.5、上は濃い緑色、下は緑がかった葉。

クリル竹ノリウツギ (Sasa paniculata Makino et Shibata)-茎の高さは最大2.5 m、茎の直径は-0.5cm。葉は長さ30cm、幅約6 cmで、卵形-披針形で、端に向かって細くなっています。上は光沢があり、下は思春期です。このタイプは、ランドスケープデザインに加えて、斜面の固定にも役立つ可能性があります。自宅ではバスケットの織りに使用され、非常に耐寒性があります。

クリル小穂竹、またはdlinnokoloskovy(Sasa spiculesa Makino)-最大2つ、場合によっては最大5メートルおよび直径0.5cm。枝分かれは密ではなく、葉は線状のランセオレートで、長さ12 cm、幅2 cmで、繊毛虫の縁があります。

クリルテシアン竹 (Sasa tesioensis Tatew。)-高さ2 mまで、枝分かれは密ではありません。葉は大きく、長さ20cm、幅5cmまでで、先端は長く尖っています。

クリル竹疑似日本 (Sasa pseudonipponica Tatew et Nakai)わずかに低く、茎の高さは最大1.5mです。葉-長さ25cm、幅6cmまで、先のとがった、端に沿って短い髪。すでに述べたように、それらはすべて外観が非常に似ているため、この点ではほぼ同じです。質問は非常に重要です:これらの種のどれが最も冬に強いか、しかしそれに対する答えはまだはっきりしていません。より多くの研究とテストが必要です。しかし、それにもかかわらず、近年、これらの種は実際に文化に導入され始めており、それらの植栽は、私たちの国の中央ゾーンにある庭園、さらには北西部にある庭園で作成された景観構成にすでに見られます。

さらに、サハリンの同じ場所には、ランドスケープデザインで限られた用途しか見られない3種類の竹があります。高山の滑り台と盆栽の様式です。これらは小さめの種です: クリルアイランドボブテ! (Sasa pilosa Nakai)、 枯渇したクリルアイランドボブテ (中井笹depauperata)と 栗竹菅原 (須川原中井笹)茎の高さはわずか20〜80cm。低すぎて本物の南部の竹の茂みを模倣することはできませんが、定型化された盆栽や盆景、その他の低成長の組成物には非常に適しています。

ミドルレーンではまだテストされていませんが、別の属の代表者も非常に興味深いです- synarundinariaブリリアント (Sinarundinaria nitida Nakai)、中国北部の山で育ちます。このタイプの竹は非常に装飾的で、細い真っ直ぐな濃い紫色の幹があり、遠くから見るとほとんど黒く見え、高さは最大6 mで、最初の1年は枝分かれしていません。 2年目から分岐を開始します。長さ12cmまでの狭い槍状の葉。湿った土といくつかの陰影が大好きです。秋の植生。非常に耐寒性があり、-30°Cまでの霜に耐えます。確かに、ロシアではこの種はまだ栽培されていません。ハリコフの近くのウクライナでのみ、非常にうまく栽培されています。したがって、非黒土地帯への導入の見通しは非常に有望です。

観賞用植物として、竹は他の種類の木質および低木種とは大きく異なり、黄色(時には赤または黒)のほぼ円筒形の節のある幹と長く垂れ下がった葉の透かし彫りの冠があります。彼らは小さなカーテン、スクリーン、トレリスで特に装飾的に見えます。それらは、フェンス、納屋、およびその他のユーティリティルームを覆うために使用でき、装飾的な緑のフェンスを作成するために使用できます。冬のユニークで驚くべき、そして人生を肯定する光景は、雪の下から反抗的に這う緑の葉を持つ節のある竹の茎のように見えます。これは聴衆に驚くべき印象を与えます。竹の茂みは一年中いつでも見栄えが良く、オリジナルのオリエンタルな味わいを生み出します。

ウラジーミル・スタロスチン、農学の候補者、樹木学者


説明

竹の亜科(タケ亜科)全体を見ると、すでに1100種以上あります。亜科全体がイネ科に属しています。とりわけ、竹は2つの主要なタイプ(部族)に分けることができます:

  • 竹の部族(タケ連)は、木化した背の高い茎と美しい冠を持つ私たちのプレゼンテーションに馴染みのある植物です。
  • 部族Olyreae(Olyreae)-これらには、「普通の草」のように成長する植物、茂みが含まれます。原則として、この部族の代表者は身長が低く、木質ではありません。

竹は地球上で最も成長の速い植物です。いくつかの種の成長率は驚くべきものです-1日あたり最大75cm(いくつかの報告によると、Phyllostachys bambusoidesの代表の1人は120cm /日の成長記録を「設定」しました)。

古代中国では、この成長の特徴から、若いタケノコが縛られた人の下に植えられたときに、植物は実行の武器として使用されていました。

成熟した木化した茎の高さは信じられないほどのサイズに達する可能性があります-最大35〜40メートルと最大80センチメートルの茎の周囲(Dendrocalamusbrandisii)。葉は槍状で、草本で根が小さい。竹は一生に一度咲き、その後植物全体または地面の部分だけが枯れます。2番目のケースでは、根茎が残り、若い動物の基質または成長点になります。しかし、原則として、開花は植物が通常の領域から単に消えるという事実につながります。竹の開花の始まりはまだ謎であり、この状態を引き起こすプロセスそのものは明らかではありません。この穀物を栽培する際の対策の1つとして、剪定によって予期しない開花の可能性を制限します。花序はしばしば穂で大きくなります。花はバイセクシュアルで、風に受粉します。

植物の根茎は、芽が形成される地面に水平に配置されて発達します-将来の芽。

竹の根は成長の過程で素早く簡単に広大な面積を占める可能性があるため、栽培の過程で地下に忍び寄らないように柵を作る必要があります。


13件中1件から13件の投稿

これを共有12010-07-14 13:51:50

  • 著者:snezhinka
  • 管理者
  • 登録:2008-06-30
  • 招待:0
  • メッセージ:58209
  • 尊重:[+ 387 / -20]
  • ポジティブ:[+ 452 / -282]
  • Skype:promoter2005
  • フォーラムで過ごした:
    1年0ヶ月
  • 最後の訪問:
    昨日17:04:09

モスクワ地方で竹を育てることができます!庭で最も手間のかからない植物!

これが私たちの4メートルのハンサムな男です!

そして、これは竹を植える方法に関する情報です:
「竹はさまざまな方法で植えられます:「まばら」、「厚い」、「浅い」または「深い」。 「スパース」方式では、3〜4アルシンの距離で新芽を植えるため、空きスペースが多くなります。 「密」法では、新芽をできるだけ離して植えますが、竹の根が太くなるように、1つの穴に4〜5本の新芽を掘ります。 「浅い」植栽とは、もやしが浅く埋まっていることを意味し、「深い」植栽とは、もやしも粘土の塊で覆われていることを意味します。これを行うと、竹は特に青々と茂ります。」

これを共有22010-07-14 14:46:15

  • 著者:snezhinka
  • 管理者
  • 登録:2008-06-30
  • 招待:0
  • メッセージ:58209
  • 尊重:[+ 387 / -20]
  • ポジティブ:[+ 452 / -282]
  • Skype:promoter2005
  • フォーラムで過ごした:
    1年0ヶ月
  • 最後の訪問:
    昨日17:04:09

これがこの冬の写真の写真で、雪のレベルまで凍りついた後、2月に霜が16霜を下回ったときだけです。
そして春に彼は彼と同じように、ハンサムに再び成長しました!

一部の竹の最低温度は30°Cまでです。 icon_wink.gif
写真? Pzhlsta:
現在の高さは180cmです。

去年の夏に植えられました。 2月まで緑でした。その後、地上部が凍結して積雪になりました。そして5月にそれは新しいシュートを与えました。
今、彼はシュートの成長の第二の波を持っています。

別の種類の竹もあります。そのため、彼の葉は最も厳しい霜の中でも緑色のままです。すでに3年目です。

無駄に。モスクワ地方での栽培に推奨される竹は10種類あります。

第一に、竹は小枝によってではなく、根茎によってのみ繁殖します。
写真では、phyloblastは中国語です(副詞の竹だけです)。寿命に最適な温度は+ 30〜-9 Cで、-20 Cまでの短期間の霜に耐え、低温では地面に凍結します。地面が凍る場所では、完全に凍ります。耐霜性が低いため、モスクワ地方の越冬には期待できません。
モスクワ地方では、竹(サザ、フィロブラストなど)という名前で団結したグループをお勧めします:Arundinaria murielae、Pleioblastus simonii(およびその変種)、Sasatsuboianaなど。美しさでは南部の種に劣っていません。 、それらは30cmから3mまで可能です。耐凍害性ゾーン5-3。

これを共有32010-07-14 15:00:21

  • 著者:snezhinka
  • 管理者
  • 登録:2008-06-30
  • 招待:0
  • メッセージ:58209
  • 尊重:[+ 387 / -20]
  • ポジティブ:[+ 452 / -282]
  • Skype:promoter2005
  • フォーラムで過ごした:
    1年0ヶ月
  • 最後の訪問:
    昨日17:04:09

そして、これが私の竹です。去年の冬のクラスノドイでは-35まででしたが、パッションフラワーのトピックで竹について少し触れました。彼はゲレンジーク出身で、彼の身長はそこで2〜3メートルに達し、根の吸盤を通して非常に素早く密な茂みを形成しました。 3年目です。冬の間、私はそれを地面に固定しました-古いフィルムの断片。その後、ひどい霜が降りる前に、厚い雪の層で覆われました。彼の葉と茎は、少しジューシーな意味で「乾燥」しているので、凍傷にまったく悩まされなかったのかもしれません。今年、私はいくつかの新しい撮影を開始し、次のように見えます(再び地面に固定されています-幸いなことに、それは非常に柔軟性がありますが、ほとんど避難所がありません)。彼は秋に根元を切るのが好きではなかったように思えます。私の場合、彼はどのような釣り竿を持っていて、長さ2メートルですべて小枝になっています。ここバトゥミに住んでいたのですが、そうです、竹は竹のようなものです。彼らは節間管から大きな貯金箱を作り、仕切りを残しました。

これを共有42010-07-14 15:13:35

  • 著者:snezhinka
  • 管理者
  • 登録:2008-06-30
  • 招待:0
  • メッセージ:58209
  • 尊重:[+ 387 / -20]
  • ポジティブ:[+ 452 / -282]
  • Skype:promoter2005
  • フォーラムで過ごした:
    1年0ヶ月
  • 最後の訪問:
    昨日17:04:09

低木についてはそうではありません。 EDSRによると、中央車線では一部の種類のファルゲシアとサズしか栽培できないとのことですが、私の親戚はモスクワ近郊で30年間、葉格子を栽培することに成功しています(種は特定できませんでした)。それはよく育ち、庭全体に散らばっています(同じFargesiaではできません)。寒い冬には地上部が枯れてしまいますが、春になるとすぐに回復します。西洋の情報源は非常に異なっていますが、マダケの空中部分が消滅する温度に関する有望なデータを提供します。ヨーロッパの情報源は、一般的にアメリカの情報源よりも楽観的です。さらに、最小値と最大値(温度は摂氏スケールに変換されます)は、さまざまなソースから取得された極端な推定値を示します。どちらがロシアのミドルゾーンに当てはまるかはわかりません。比較のために、2種類のファルゲシアに関するデータを示します。

Fargesia(Sinarundinaria)murielae:-26.1から-30
Fargesia(Sinarundinaria)nitida:-26.1から-30
Phyllostachys atrovaginata(Ph。Congesta):-26.1〜-35
Phyllostachys aureosulcata:-26.1から-35
Phyllostachys bissetii:-23.3から-30
Phyllostachys vivax:-20.5〜-35
Phyllostachys nuda:-26.1から-35

もちろん、根系ははるかに厳しい霜でのみ死にます。私たちの積雪がアメリカの対応する気候帯よりもはるかに厚いことを考慮すると、私たちの国の竹の根系を脅かすものは何もないと推測できます。
サンクトペテルブルクの近くにダーチャがあります(絶対最小値は-40強ですが、これは非常にまれです。平均最小値を見ると、気候はUSDAゾーン4aに対応しています)。そして今のところ、そこに葉のすりおろしを持ってくる前に手に入れたことはありませんが、今年はやってみます。

これらの種類の竹(サンクトペテルブルクの方が良い)を他にどこで手に入れることができるか知っている人がいたら、私に知らせてください、私は本当に試してみたいです。それらのいくつかはここで屋内植物として販売されている可能性があります。アズマザサ属とボリンダ属の種をもう少し試してみる価値があるかもしれません。

これを共有52010-07-14 15:23:52

  • 著者:snezhinka
  • 管理者
  • 登録:2008-06-30
  • 招待:0
  • メッセージ:58209
  • 尊重:[+ 387 / -20]
  • ポジティブ:[+ 452 / -282]
  • Skype:promoter2005
  • フォーラムで過ごした:
    1年0ヶ月
  • 最後の訪問:
    昨日17:04:09

説明:中央および東アジアの約70種。多くの種が山にいて、はるか北に行きます。

最も耐寒性の高い竹の1つで、森の天蓋の下や端に密な茂みを形成します。ロシアで自生する唯一の竹の属。高さ30〜250cmの茎は幅の広い楕円形の葉を持ち、春と夏は明るい緑色で、秋は端が乾燥し、斑入りの効果を生み出します。日本、韓国、中国の山林に由来し、サハリン南部と千島列島の山の斜面に生えています。


ササveitchii


坪アナ笹

サザ属のすべての種は、植物状態では十分に定義されていません。文化では、非常にまれですが、主にクリルサザ(S. kurilensis)が見られます。

Kuril Saza-Sasa kurilensis(Rupr。)Makino et Shibata

祖国-極東、日本、中国。


Sasa spiculosa

ロシアの中部地域で育つことができる数少ない竹の種の1つ。品種にもよりますが、草丈は25cmから2.5mの範囲です。茎の厚さは最大6mm、葉の長さは約13cm、幅は2.5cmで、卵形の尖っています。他の竹と同じように、一度だけ咲き、開花後に枯れます。ロシア中部の条件では非常に安定しているが、トウヒの枝のある避難所のない厳しい冬には苦しむ可能性がある植物。

私たちの条件では、それはゆっくりと成長し、雪の下で冬がうまく根付くのは小さめの形だけです。日本庭園への植栽や地被植物として使用されます。葉全体に黄色の陰影が付いた「シモフリ」品種。

SazaVicha-SasaVеitshii(Carr。)Rehd。
日本。茎は緑色で、高さ0.5〜1 m、節間長さ8〜12cmです。葉は幅が広く、楕円形で、長さは10〜25 cmです。春と夏は葉の色が明るい緑色で、秋は縁に沿って幅の広いクリーミーな縞模様があります。バトゥミの文化の中で。ハーディ、急な山の斜面でよく育ちます。高さ30cmのVeitch'ssaz(S。veitchiif。Minor)の低成長形態があります。ゾーン5〜6。

ゴールデンサザ-Sasaсhrуsantha(Mitf。)E.G.Camus。
日本。アート。高さ0.5〜2 m、長さ5〜12cmの管状節間。

小穂鯉-Sasaspiculosa(Fr。Schmidt)牧野。
南サハリン。高さ2〜5 m、直径約0.5 cmまでの茎で、枝分かれしています。通常、海抜700mを超える山の斜面で育ちます。で。 m。

穂鯉-Sasapaniculata(Fr。Schmidt)Makino etShibata。
サハリンジャパン。高さ2m、直径0.3〜0.5 cm、節間12〜15 cmの茎で、ワックス状の花で覆われています。長さ15-32cmの葉。文化の中で-バトゥミ、スフミ、ソチの植物園で。とても丈夫です。バスケットの織り、急な斜面の強化、装飾的な園芸に使用されます。

サザフィンガー-ササパルマタE.G.カムス。
センター。中国、日本。茎の高さは0.6〜1.5 m、葉の長さは25〜35cmです。バトゥミとスフミの収集可能な植栽。装飾的で注目に値する。

網状の鯉-Sasatessellata(Munro)Makino etShibata。
中国、日本。高さ1.5mまでの茎、わずかに管状、長さ50 cm、幅20cmまでの葉。ソチで-バトゥミ。北への昇進に値する。コーカサス、クリミア、およびロシアの西部郊外。

枝分かれしたサザ-ササラモサは素晴らしい低地被植物で、濃い日陰にも適しています。

場所:太陽の下でも樹冠の下でも同じように気持ちがいいです。比較的耐寒性があります。


ササラモサ

土壌:一定の水分が供給されている限り、さまざまな種類の土壌でよく育ちます。

繁殖:春に茂みを分割します。サザの塊は根茎の助けを借りて急速に成長します。春または夏の前半に移植して分割することをお勧めします。

ケア:ロシアの南部地域では、それは強く成長する可能性があり、耕作地の制限が必要です。モスクワ地域を含む中央地域では、それほど活発には成長しませんが、冬には乾燥した避難所が必要です。茂みを移植して分割するとき、若い植物は長い間豊富な水やりを必要とします。

使用法:広い庭、特に日陰では、地被植物として使用できます。小さな地域では、サズは木、低木、さまざまな多年生植物の近くの絵のように美しい塊に植えられています。ロシアの条件で日本庭園を模倣する組成物のための義務的な植物。


ビデオを見る: 2021年春オープン新美術館ランドスケープミュージアム 開かれた美術館として