いろいろ

180メートルの深さで南極のエビ

180メートルの深さで南極のエビ


環境の世界からのニュース

南極大陸の深さ180mで見つかったエビ

2010年4月9日

本当に驚くべきニュースの1つは、南極大陸の深さ180mのロス海の氷床の下にあるNASAと国立科学財団の合同遠征に参加した一部の研究者が、観測シャフトで何らかのエビが泳いでいるのを発見したことです。氷を研究するために彼らによって。

エビの遠い親戚である小さな甲殻類は、長さ約7センチメートルの端脚類のLysianassidaeとして識別されています。甲殻類は、氷に掘られた約20cmの穴の中に、カメラが飛んでいる暗闇の中で泳いでいるのを発見されました。

科学者たちは確かにそれらの場所が小さな甲殻類の恒久的な家ではないことに同意しますが、彼らはそれが海流によって運ばれたと仮定しています。しかし、南極の氷の暗闇の中で180 mの深さで生き残る方法については説明されていません。そのような複雑な生命体は、通常それらの深さで見られる微生物のように、水に溶けている化学物質を確実に摂食できないからです。

この発見は、火星の氷の下で複雑な生命体を見つけるなど、私たちの想像から遠く離れた場所でも生命を見つけることが不可能に見える可能性について、興味深い視野と展望を開きます。


ビデオ: 2050年みらいのお月見 ちきゅうをながめながら何食べる