いろいろ

アグロテキスタイルとトンネル:秋の作物を保護する手段

アグロテキスタイルとトンネル:秋の作物を保護する手段


何ですか アグロテキスタイル?何ですか トンネル 農業では?

秋の作物を保護するためのいくつかの手段を最適に使用する方法を知るためのさまざまな方法があります。 アグロテキスタイル です トンネル。

アグロテキスタイルとは何ですか?トンネルとは何ですか?

アグロテキスタイルとトンネルは2種類あります 保護ツール 作物の正常な発達に影響を与える可能性のある有害な気候要因から植物を保護するために使用します。

保護手段を使用して それが可能だ:
1.自然に成長できる原産地以外の環境で特定の種を栽培します。
2.通常の期間と比較して生産を予測または遅延します(この方法は「セミフォーシング」と呼ばれます)。
3.プロダクションを完全に季節外れにする(この方法は「強制」と呼ばれます)。

保護手段の大規模なグループでは、 また根おおい、この記事で詳細に説明した防御手段。

アグロテキスタイル

ザ・ アグロテキスタイルしたがって、それらは不凍液または セミフォーシング。これらは非常に軽いプラスチック材料の非常に大きなシートであり、サポートなしで作物の上に配置されます。これは植物がすることを可能にします 何の障害もなく正常に成長します (少なくとも特定の制限まで)。

最も一般的なアグロテキスタイルは、ポリエステル繊維またはプレスポリプロピレン(「不織布」と呼ばれる)の透過性シートです。 弾力性と軽量。それらの重量は1平方メートルあたり約17gです。

彼らは特にに適しています 秋冬の葉野菜 または春:レタス、チコリ、チコリー、ほうれん草。

トンネル

トンネルは セミフォーシング、それらはモバイルであり、実用的ではありません。半円筒形で、ミニチュア温室を彷彿とさせます。

それらは1つで構成されます プラスチックで覆われている 非常に細かく、通常は鉄やプラスチックのアーチなど、さまざまなタイプのサポートで支えられています。

それらの使用はに制限されています 作物サイクルの最初のフェーズ これは、気温と大気の有害事象に最も敏感な時期であり、その後、植物が成長し、トンネルに入らなくなるためです。

L '高さ 実際、トンネルの長さは40〜60 cmから80〜90 cmまでさまざまですが、後者はトマト、ピーマン、ナスなどの背の高い種にのみ使用されます。

実際、作物サイクル全体にわたって作物をトンネル内に保持したい場合は、それらがよく使用されます 低高さの植物、イチゴ、大根、レタス、ニンジン、または少なくともいわゆる「忍び寄る」植物、すなわち夏季のメロンとスイカなど。

そこ 代わりに、それは植物の合理的な投資を可能にするようなものでなければならず、それはトンネルの端から少なくとも20cmでなければなりません。

材料、最も使用されているのはポリエチレン(安価)とPVC(ポリ塩化ビニル)で、光学的および熱的特性は優れていますが、より高価です。

ただし、どちらも 良好な熱効果つまり、植物にとって理想的な温度を常に維持します。トンネルのサイズが大きくなると、熱効果が大きくなります。

欠点

トンネルの主なマイナス面は換気。トンネルの下でかなりの量の水が凝縮し、それがしばしば 滴下。これは病気の発症を引き起こす可能性があり、開花や結実を妨げる可能性もあります。

それ以外は、メジャーの時期に 日光浴 (つまり、夏に使用する場合)作物の良好な成長には高すぎる可能性のある温度に達します。

トンネルを比較的長期間使用したい場合は、次のことを行う必要があります。 それらを曝気する 特に開花、結実、結実の際に。

換気するには 次の1つ以上の方法を実行できます。
1.適切なタイミングで屋根に穴を開けるだけです。
2.穴あきトンネルまたは開口トンネルを使用します(市場で簡単に見つけることができます)。

灌漑 (または施肥)、穴あきホースの使用が一般的であり、移植前に準備する必要があります。

この記事の情報は不完全または不正確だと思いますか?私たちの改善に役立つレポートを送ってください!



アグロテキスタイルとトンネル:秋の作物を保護する手段-庭

セロリ(Apium graveolens)は、ニンジンやパセリなど、セリ科に属する芳香植物です。

2年周期で特徴づけられ、最初の年に1つを生成します ルート ややボリュームのある直根性で、分岐が豊富で、多かれ少なかれ拡大した頭 特徴的な細長い、肉質でリブのある葉柄を備えた、歯のある葉の縁のあるpinnatosette。

2年目に彼はストレッチします 、高さ1メートルに達することができ、その上に、小さな杯と5つの緑がかった白い花びらの花冠によって形成された小さな雌雄同体の花を持つ6/12の光線で傘のような花茎が開きます。

ザ・ フルーツ一般にシードと呼ばれる、はディアセンです。つまり、茶色の2つのリブ付き痩果があります。

バラエティの選択

3つの異なる植物品種が栽培されています:

Apium graveolensvar。 甘い または葉柄の生産のためのリブ付きセロリ

アピウムラパセウム または食用部分を構成する、強く拡大した根、球形のセルリアック

Apium graveolensvar。 シルバン またはvar。 secalinum またはフレーバーとして使用される葉の生産のために、セロリをカットします。

リブ付きセロリ

最も栽培されているのは肋骨からのセロリであり、いくつかの地元の品種と新しい選択が知られており、保護または野外栽培のために、緑または金色の肋骨で、保存に適しているかどうかにかかわらず、早いまたは遅い時期に区別されます。

緑の海岸

「キオッジャの緑」, 「ロマーニャの巨人」, 「ヴェルデパスカル」, 「トレビの緑」 です 「ペルピニャンの緑」

黄金の海岸

「アスティの黄金」, 「ゴールデンジャイアント」, 「ゴールドロッド」

白い海岸

'パール', 「ニコラウス・インヴェルナレ」, 「レパード」, 「スペルロンガの白」

サイクルの長さは、移植後平均80日から150日まで変化します。

農業のニーズ

湿地や汽水域、および地中海沿岸で自発的に発生するセロリは、中程度のテクスチャーで、深く、新鮮で肥沃な土壌を必要とします。したがって、それは干ばつ気候に適応し、特にそれが栽培されている期間に関連して、頻繁な灌漑を必要とします。セロリは、石灰質、粘土質、砂質の土壌は好きではありませんが、塩分には耐性があります。

温度に関しては、セロリは0°Cで不可逆的な損傷を受けますが、最適な成長は15〜22度の間で発生します。 30°Cを超える温度は、いくつかの病状を引き起こす可能性があります。

栽培技術

長くて歯ごたえのある茎を得るには、豊富な施肥と灌漑で栽培を強制する必要がありますが、それはさまざまな病気や硝酸塩の蓄積の素因となります。国内栽培は、小さいが非常に芳香の強い植物を得るのにより適しています。

ローテーションと関連付け

他のセリ科との密な交代は避け、同じ土壌で再び栽培を行う前に少なくとも3年待つ必要があります。

土壌耕作と施肥

掘削や鍬入れなどの通常の土壌準備プロセスは、十分に成熟した肥料や堆肥の分配を提供する正確な施肥と、場合によってはリンとカリウムに基づくミネラル施肥と組み合わせる必要があります。

よく堆肥化された有機物質は、5〜7 kg / m2の割合で投与する必要があります。

ミネラル施肥については、1平方メートルあたり10〜12gのPを分配することをお勧めします。2または5 およびKの12〜15g。2または、耕作と12〜15gのNの間に、移植と丘陵および除草作業に分けられます。

栽培は基本的に春、春夏、夏、秋冬の4つの時期で行うことができます。最も普及しているのは、はるかに生産性の高い春夏作物であり、秋冬作物は南部地域の典型ですが、それでも被覆手段(温室トンネル)が必要です。発芽は温度が7°Cを超えると始まり、20°C付近で最適に達します。

一般的に、播種は苗床、肺胞、または鉢で行われます。若い苗の緊急の困難のため、野外での直接播種は一般的に推奨されていません。

移植は、春の終わりに、夏-秋の生産のために、または夏に、秋-冬の生産のために、習慣に応じて、25〜40cm間隔で10〜20cmの列に苗を配置することによって行われます。サイズ。植物は終わります。

植物の周期は6-7ヶ月です。バイオダイナミック農法500は、種子浴として、発芽エネルギーを改善するために、そして移植のために発根および栄養回復を促進するために使用することができる。

春先や水ストレスや干ばつの状況で5〜7°の温度に長時間さらされると、植物が開花し、その使用が損なわれる可能性があります。

除草と除草

それらは、土壌を通気し、雑草をきれいに保ち、表面の地殻を壊すために不可欠です。

灌漑

栽培の成功が決定的な要因です。実際、水は決して不足してはならず、播種から収穫まで、停滞や水ストレスを引き起こすことなく定期的に投与する必要があります。

ホワイトニング

この方法により、甘くて芳香の少ない味わいの柔らかく歯ごたえのある製品が得られる。それは収穫の25-30日前に行われ、葉の房を結び、植物を土で押し込むか、紙、軽いボール紙、プラスチックフィルムなどの他の材料で覆います。

収穫後、房を箱に入れ、湿った砂で覆い、涼しい場所に置いておくこともできます。今日、この習慣を役に立たなくする自己白化の品種があります。

調理後に使用する場合は、収穫を段階的に行うことができ、泡立てが始まるまで外部の葉の茎を切り取ります。生の消費のために、それが望ましいサイズに達したとき、植物は首輪の下でそれを切って、全体を切る必要があります。

セルリアックの栽培では、根もスペードで根絶する必要があり、そこから緑色の部分が除去されます。

冬の保護

花壇を不織布や小さなトンネルで覆うことで、最も寒い時期でも収穫を延ばすことができます。

ストレージ

セロリは、葉の上部が取り除かれている限り、0〜5°Cの高湿度の冷蔵庫に数日間保管できます。産業用ストレージは、最大2〜3か月続く場合があります。

隠花植物起源の逆境の中で、セプトリア、セルコスポリオーシス、硬化症、うどんこ病を覚えています。このような逆境を制御するために、銅と硫黄をベースにした製品、スギナの煎じ薬、プロポリス、エッセンシャルオイルが示されています。

害虫の中で最も危険なのはセロリのハエとアブラムシです。

セロリはまた、過剰な窒素肥料、水の不均衡、過剰な植栽密度、気候異常などのさまざまな原因によって引き起こされる、内部の葉柄と植物の心臓の褐色化を特徴とする黒い心臓などの生理学的変化を受けます。

セロリ栽培とバイオダイナミック農法

根と葉の茎の腫れを促進するために、常に土または水の日を選択して、衰退する月(古い月)に播種します。土または水の日に、主な処理と除草の前の夕方に準備500を配布し、緊急事態から少なくとも60日後に準備501を配布し、晴れた日の早朝に2、3回の処理を実行します。空気や火の日に、官能特性と病気への抵抗力を向上させます。

(クラウディオクリスティアーニによるデッサン)

フォローする

配布中

マリレナポーが春の訪問のために提案した大きなムスカウ公園は、ナイセ川によってマークされたドイツとポーランドの国境に私たちを連れて行きます。ここでは、風景の自然さがバロック建築と特徴的な方法で対照的です。このプロジェクトは、時間の経過とともに芸術作品となり、ガーデンデザイナーのスタイルモデルになりました。

アレッサンドロ・メシーニによって提案されたトリノからそう遠くない庭の魅力は、代わりにそれを囲むアルプス山脈の頂上にあります。美しい木々に囲まれた大きな中央の芝生がある英国風のカジュアルな庭園:70種以上の1700本の植物。公園はまた、視覚障害者や歩行困難な人々のために訪れる可能性を提供し、さらに季節ごとに、さまざまな庭園を発見するための視覚的な感覚の道を提供します。

アイルランドへの情熱的な旅行者であるエンツォヴァレンティは、この問題をダブリン近くのパワーズコートガーデンに持ち込みます。イタリアの芸術に触発され、ナショナルジオグラフィックによって世界で最も美しいと見なされている庭園。

春には、今シーズンの最初の展示会を訪れたときに思い浮かぶ多くのアイデアの中で、シルビア・カニャーニとアンドレア・マティーニによる多年生草本も注目に値します。ブルンネラマクロフィラ「シルバーハート」は素朴な植物で、日陰に最適です。落葉性の葉は、手触りが粗く、ハート型で、見事な斑入りがあり、ほぼ完全に灰色になり、エメラルドグリーンの静脈を強調しています。そして、3月の葉に先行する小さな花は、喉が澄んだ深い青色です。日陰の暗い場所では、このハイブリッドの明るい色が美しい光の点を作り出します。

太陽の小さな恋人は、バレリオガレラティ低木、ミツバウツギでもあります。部分的な日陰の領域に理想的で、すべての地形に適応する質素で非常に素朴な植物です。庭では大満足!

失われた植物や動物に行ったことがある人は、陪審員が言及した花卉園芸ビロの長い茎のカーネーション、または伝統的なグラジオラスの約半分の高さのルエルバセデルラーゴマッジョーレの小さな花のグラジオラスに気づいたことは間違いありません。または、PeccatoVegetaleまたはCactisの屋外多肉植物によって表示される美しい境界線。アンジェロ・ギディチェリによるレッジョイベントで私たちのために撮影されました。

多肉植物の愛好家のために、NiccolòPatelliは多くの利点と使用の千の可能性を強調しています。非常に成長しやすく、エレガントで、必要がないため、大小のスペースに最適です。ドライガーデンの真の資源であり、未来の植物です!


スイカ -スイカは典型的な夏野菜ですが、実際には2月から播種することができます。ただし、播種は、保護された環境で、または寒くて遅い霜から保護する適切な手段を使用して行う必要があります。南部地域で栽培が行われる場合、あまり注意を払うことができません。

ビート-2月に栽培される主な作物の1つは、ビートルートです。特にわが国の中央部と南部では、この植物は2月から播種することができます。

CARDI-この植物の播種は、地域によって異なりますが、2月の初日から4月末まで行われます。必要に応じて、最初に特定のコンテナ内の保護された環境に播種し、次に気候が良い6月に移植することができます。

FAVA-ソラマメは夏の高温に悩まされているため、2月に播種されます。このようにして、ソラマメは夏に到着し、暑さに耐えて収穫できるようになります。

フェンネル-フェンネルはイタリア中部と南部の地域で2月に播種することができます。互いに15日以内に、いくつかの播種を行うことができます。これは、段階的な収穫の利点を数えることなく、生産の量と最良の結果を支持することができます。

GOJI-Gojiを植えるのに理想的な時期は2月です。今月は施肥を行い、深さ15〜20cmの穴をあけます。

茄子 -ナスは、他の野菜と同様に、適切な保護手段で播種する必要があります。寒さに耐えられないので、土壌温度が8℃を下回らないことが確実なときに移植を行うことができます。

メロン -メロンはスイカと同じ手順に従います。

ピーマン -2月に何を育てるかについてのガイドを続けると、コショウも見つかります。なすのように、ピーマンも寒さに耐えられません。このため、特にわが国の中央地域では、保護された環境で、またはいずれにせよ特に強力な保護手段で播種することをお勧めします。低温では育たないだけでなく、発芽が非常に遅いため、2月の播種を見越して初夏に実をつけます。

リーキ-2月に播種できるリーキの種類は1つだけです。つまり、秋のリーキです。これらは2月から4月に播種されます。それらは耐寒性が低く、遅い霜に耐えることができません。私が言及できる主な品種の中には、 カランタンの怪物、かなり素朴な、そして、7月下旬に収穫する準備ができています。

セロリ-すべてのセロリ品種が寒さに耐えられるわけではありません。夏に収穫したい場合は、2月上旬から3月中旬に播種される初期のセロリに頼ることができます


市の緊急計画の構造

D.g.rによるとロンバルディア2007年5月16日-n。 VIII / 4732、計画は次のように構成されています。

  1. 地域とインフラストラクチャの分析
  2. 災害が発生した場合に地域で利用可能なリソース(人員、車両、機器、待機エリア、受付またはシェルター、緊急対応エリア、ロジスティクスデポなど)の人口調査
  3. テリトリーに存続し、テリトリーに存在する脆弱な要素と相関する自然および人為的要因に応じて、イベントおよび損傷のシナリオ(またはリスクシナリオ)を予防的に特定します。分析は、過去に市区町村を襲った悲惨な出来事の読み取り(発生率と頻度の観点から)に基づいています
  4. 地域の「コマンド制御」構造(COC構造とROC機能の定義)の確立と運用レベルの定義を通じて、「オーガスタス法」によって想定される機能の識別と緊急事態の管理に関与する構造への割り当て緊急時に設置する
  5. 特定された最も関連性のあるリスクシナリオの特定の介入モデルの説明。各運用カードは、緊急事態管理に関与する構造物とスタッフの間のタスクと相互作用を識別することに加えて、関係者がスキル/責任を習得するのを容易にし、悲惨なイベントの場合に必要な運用自動化の確立を支持します。


計画は次の文書に分かれています。

  1. 一般的な部分
  2. 緊急事態管理のための操作マニュアル
    • 2.1操作手順
    • 2.2市営オペレーションセンター-連絡先とリソース
    • 2.3住民の行動規則

地図作成図:

  • 3.1領域の分析:モビリティとインフラストラクチャ
  • 3.2領域の分析:戦略的で脆弱な建物
  • 3.3領域の分析:技術ネットワーク、ライフライン、エネルギーシステム
  • 4.1利用可能なリソース:待機および入院エリア
  • 5.1シナリオカード:水文地質学的リスク
  • 5.2シナリオカード:地震リスク
  • 5.3シナリオカード:森林火災のリスク
  • 5.4シナリオカード:労働災害リスク
  • 市の緊急計画の目的に役立つさらなるデータは、特に現在のPGTの文書に含まれています。

    サービスプランのドキュメント:

    • PDS表08-DGR7531 / 2001に準拠した無線基地局-スケール1:10,000
    • 既存のサービスのカタログ
    • 表PDS03-既存のサービス-スケール1:10,000
    • 表PDS04-アトラクタポールとコミュニティ上影響流域-スケール1:10,000
    • 表PDS05-公共交通機関およびサイクリングモビリティシステム-スケール1:10,000
    • 表PDS06-アクセシビリティスケール1:10,000
    • 表PDS07 a-サービスシステム:教育-スケール1:10,000
    • 表PDS07 b-サービスシステム:卓越性-スケール1:10,000
    • 表PDS07 c-サービスシステム:緑と都市公園-スケール1:10,000
    • 表PDS07 c-サービスシステム:スポーツスケール1:10,000
    • 表PDS10-ERP-公共住宅-スケール1:10,000

    ルールプランのドキュメント:

    • 添付資料D:Cascineのカタログ
    • PDR表02a-制約の憲章-スケール1:10,000
    • PDR表02b-制約の憲章-スケール1:10,000
    • PDR 07表-農家規模1:10,000
    • PDR表08-人口密度-スケール1:10,000

    PECグラフィックは、参照地図作成システムUTM(WGS84)fused 32(EPSG 32632)、IntesaGISに関する州-地域-地方自治体の合意によって定義された仕様に従って作成された航空写真測量地図作成に基づいて作成されます。

    計画は紙とデジタルサポートの両方で返送され、地域情報システム内のパヴィア市の機関のWebサイトで入手できます。

    デジタル形式で計画を作成すると、関心のある領域を最適な倍率まで拡大できます。

    計画を存続させるために必要な基本的な要素は、基本的に2つです。イベントがシミュレートされ、市民保護システム全体の応答が「テスト」される市民保護演習と、計画が発生するたびに実行される計画の定期的な更新です。自治体の領土構造の変更、または特定されたリスクに関するより詳細な調査と研究が利用可能であるか、重要な構成要素、利用可能なリソースに関するデータ、関係機関などが変更されます。

    いずれの場合も、毎年の自己評価が必要であり、市政は重大な変化が発生していないことを確認および証明します。

    関連リンク


    マッテオのアドバイス:私たちの庭の植物を最大限に活用する

    今日は、特にマルチングに関連して、野菜植物を保護する方法について話します。

    これらの農業介入の主な目的は、悪天候から作物を保護し、作物の成長を予測または遅延させることです。これらの注意事項は、春夏だけでなく秋期にも有効です。

    防衛および半強制介入は以下に関係する可能性があります。

    • 植物の地下部分(根)-さまざまな材料で地面を覆う(マルチング)
    • 植物の表皮部分(樹冠)-日よけ、鐘、ケーソン、トンネル、天蓋、温室。

    マルチングクロスのコレクションの詳細。不織布で覆われた小さなトンネル。

    マルチングは、不活性な天然素材(葉、わら、もみ殻、泥炭、肥料)またはプラスチック素材を使用して行うことができます。後者の場合、シートを固定するために、シートの端を土でわずかに押し込む必要があることに注意してください。

    市場には、幅1.20〜1.30 m、黒色のPE(ポリエチレン)フィルムがあります。形成されるマルチの茎(花壇)の幅は80〜100 cmで、通過面積は30〜40cmです。シャベルを使用して、土の層を通路から取り除き、隣接する花壇に「追加」します。通路は下がり、茎はわずかに上がります(10 / 15cm)。

    マルチの下には、マイクロパーフォレイテッドホース(灌漑に使用される一定の間隔でパーフォレイテッドされたプラスチックチューブ)を敷設することができます。

    マルチフィルムの使用は、土壌の表層(10〜20 cm)の加熱、構造と土壌水分の維持、雑草の除去、土壌からの植物と果物の分離を決定します。

    非常に多くの場合、マルチングの実践は他の保護(トンネルや温室)と組み合わされます。このようにして、さまざまな方法の有効性を強化する複合効果を得ることができます。

    エピゲアル部分の防御手段の使用は、即席の方法を使用して、またはより合理的で高価な構造に頼ることによって、PVCまたはプラスチックパイプを備えた鉄のアーチまたはプラスチックパイプの軽いフレームワークで構成される小さなトンネルの建設を通じて実装できます。ポリエチレンフィルムまたは不織布。これらの材料は、一方のサポートからもう一方のサポートに横方向に引っ張られたロープで固定されています。フィルムの層は、保護内の植物を便利に閉じて風から保護するために埋める必要があります。トンネルの高さは非常に変動する可能性があります:30〜80cmまたは最大1.50m。小さなトンネルは一般に穴あきフィルムの使用を伴うため、作物を換気するためにトンネルを開く必要はありません。そうすることで、トンネル内の温度の一種の自己調整が作成されます。より高いトンネルの場合、最も暑い時間帯にフィルムを持ち上げて換気を行うことが不可欠です。フィルムに封入されている空気の量が多いほど、保護はより効果的です。

    春には、作物を最後の寒さから保護するために即席の保護システムを設定して、収穫を予測することができます。保護はわらと葉のマットで作ることができますまたはプラスチックフィルムまたはガラスで覆われた小さなドームまたは小さな木製のフレームが使用されます。

    ホットベッドやプラスチックシートシャッターなど、特に播種に使用される固定された場所を設定することもできます。これにより、気候が穏やかになり、屋外で栽培できるようになるとすぐに、苗木を移植できるようになります。

    ズッキーニは不織布の小さなトンネルで保護されています。日中の小さなトンネルの開通。


    可動性

    旅行ネットワーク

    パヴィア市の道路網は1つに設定されています ラジオセントリックスキーム これは 歴史的中心部に隣接する中央エリアに向かうトラフィックの多くの集中。

    これに、ティチーノ川、ミラノ-ジェノヴァ鉄道、限られた数の中心軸に交通を導くナビリオパヴェーゼなどの大きな影響を与える自然の障壁の存在を追加する必要があります。

    もう1つの重要な要素は 道路網の機能階層の明確さの欠如特に、ファンダメンタルリンクとローカルリンクの間、および住居、経済活動、公共サービスにサービスを提供するリンクの間の接続点で。

    この明確さの欠如に加えて、特に都市部に向けられた流れが交差点の流れと重なる北東象限では、ネットワークの不完全性があります。

    ティチーノ川の存在により、パヴィアの存続可能性のマクロ都市構造とその結果としてのアクセス可能性のレベルは、北と南でかなり異なります。これにより、都市とティチーノの下の地域との接続が困難になり、実際にはしばしば混雑します。 。3つの橋から:Tangenziale Ovest、PontedellaLibertа、片道の屋根付き橋。

    一方、北の象限は、周囲の都市部からパヴィアの中心に向かって収束する放射状の密なネットワークによって神経支配されているため、アクセスが良好です。特に、西から東への最も重要な接続は次のとおりです。

    Milano Serravalle ‐ Milano TangenzialeS.p.A社の責任の下で

    • パヴィア-ベレグアルド高速道路のジャンクションで、市内の環状道路に接続し、長距離からのアクセスを可能にします(A7ミラノ-ジェノア高速道路)
    • A54-西環状道路

    パヴィア県の管轄下

    • SS526 Est Ticinoは、Pavia-Bereguardo高速道路のジャンクションと平行に走っています。
    • ミラノから南にカステッジョに向かうSS35デイジオヴィ
    • パヴィアとミラノを結ぶSP205ヴィジェンティーナ
    • SP2パヴィア-メレニャーノ
    • パヴィアとロディを結ぶオルツィヌオーヴィのSS235
    • パヴィアとオートストラーダデルソーレおよびコドーニョを結ぶSS234コドーニョ。

    代わりに、都市に向かって収束する一次軸と二次軸の間の横断接続のシステムがより不足しています。 SP205VigentinaとSS35DeiGioviの間のNorthRing Roadのセクションでは、East RingRoadをWestRing Roadに接続し、Paviaに求心性のあるラジアル間の横断接続の北のセミリングをより流動的にすることができます。

    市内中心部に向かって、横断接続は非常に困難で断片化されたままです。

    すべての放射状の貫通部は、歴史的中心を区切る道路軸で構成されるリングであるタンゲンツィアーレに収束します(Viale Gorizia、Viale S. Maria Pertiche、Via Matteotti、Viale Battisti、VialedellaLibertа、Viale Lungo Ticino、Viale dellaResistenza) 。

    主要なもの 批判 ネットワークノードの交差点での輻輳に関連する 郊外の接続の 旧SS35と旧SS617に沿ったポー川とティチーノ川の既存の交差点、および ディレクティブ パヴィアとミラノ、特にカステッジョからパヴィアまでのSP ex SS35は、カヴァマナラ(市街地を横断)とサンマルティーノシコマリオの自治体で非常に高い飽和ピークを示し、ラジアルはパヴィアSP ex SS234、SP ex SS235、SP71、SP205に入る

    年間600万台以上の車両が存在する最も重要なセクションは次のとおりです。

    • SPの旧SS35Nordは、ミラノ県との国境で始まり、特にチェルトーザとカヴァマナラの都市部でパヴィア環状道路の始まりで終わります
    • SP ex SS35 Sudは、パヴィアからの距離とともに減少する流れを特徴としています。

    All’interno del centro storico sono adottate diverse forme di regolamentazione del traffico (zone a traffico limitato‐ZTL) che prevedono modalitа di limitazione di diversa intensitа ed estensione e coinvolge 7,78 mq/ab di aree rispetto ad una media italiana di 2,08.

    L’effetto di queste misure favorisce uno spostamento degli effetti esterni del traffico nelle zone a ridosso del centro (le zone anulari e quelle di prima periferia), senza che a ciт siano associabili vantaggi netti dal punto di vista del traffico complessivo e delle esternalitа da esso derivanti.

    TPL TRASPORTO PUBBLICO LOCALE

    Le linee di forza del servizio di autobus urbani si distinguono funzionalmente e per livello di servizio. Funzionalmente, esse costituiscono lo schema a crociera nord ‐ sud, est ‐ ovest, riprendendo lʹorganizzazione urbanistica del centro storico e proiettandolo verso i quartieri periferici. Il loro compito и di garantire un’elevata accessibilitа al centro storico, tuttora la destinazione fondamentale della rete. Il percorso di tali linee и per quanto possibile diretto e viene svolto con i normali bus di linea. In base del livello di servizio determinato per le linee di forza viene costruito il livello di servizio delle restanti linee della maglia fondamentale. Nello schema di rete in atto, linee di forza sono le linee ʺ1ʺ e ʺ3ʺ.

    Le linee della maglia fondamentale sono costituite dai collegamenti inter‐periferici e dai collegamenti sui poli di secondo livello della cittа. Il loro scopo и di rendere accessibili in modi multipli lʹinsieme delle destinazioni principali, esterne o limitrofe al centro storico, ed al contempo quello di integrare le funzioni delle linee di forza nel rendere accessibile questʹultimo. Nello schema di rete in atto, esse sono costituite dalle linee “1”, “4ʺ, ʺ6ʺ e ʺ7ʺ.

    Le linee complementari assolvono a funzioni di distribuzione e di raccordo di aree a domanda medio ‐ bassa, ma che esprimono esigenze non trascurabili, ancorchй specifiche. Come le precedenti, assolvono a funzioni di raccordo con il sistema dei parcheggi. Nello schema di rete in atto, esse sono costituite dalle linee ʺ2ʺ, ʺ5ʺ e ʺ10ʺ.

    Le linee studenti assolvono lo scopo di servire direttamente i principali istituti scolastici esterni al centro storico, prevedendo connessioni specifiche, dirette, tramite il riutilizzo delle vetture disposte come rinforzi sulla rete ordinaria, nella fascia di punta mattinale, quale supporto alla domanda di mobilitа verso la stazione ferroviaria.

    Il servizio и gestito dalla societа LINE ‐ Servizi per la Mobilitа S.p.A. In Viale Trieste 23 и presente unʹAutostazione presso cui transitano tutte le autolinee dedicate al traffico interurbano. La gestione и affidata a ASM Pavia S.P.A.

    RETE FERROVIARIA

    Pavia rappresenta un importante nodo ferroviario, punto di incontro delle direttrici nord‐sud Milano‐ Genova ed est‐ovest Alessandria‐Casalpusterlengo‐Cremona. Nella stazione principale di Pavia effettuano servizio treni che si muovono lungo le seguenti tratte:

    • (Genova)‐Voghera‐Pavia‐Milano
    • Pavia‐Torreberetti‐Alessandria
    • Pavia‐Mortara‐Vercelli
    • Pavia‐Casalpusterlengo‐Codogno (Cremona)
    • (Milano)‐Pavia‐Broni‐Stradella‐Piacenza

    Nell’area urbana pavese sono inoltre presenti le seguenti stazioni della rete ferroviaria:

    • S.Martino‐Cava Manara, sulla tratta nord‐sud Pavia‐ Voghera/Broni/Stradella
    • Cava Carbonara, sulla tratta est‐ovest Pavia‐Alessandria/Mortara/Vercelli
    • Certosa di Pavia, sulla tratta nord‐sud Pavia Milano
    • Pavia‐Porta Garibaldi, sulla tratta est‐ovest Pavia‐Casalpusterlengo‐Codogno (stazione in zona urbana che garantisce il raggiungimento pedonale del centro storico in 15‐20 minuti, nonchй l’interscambio con le linee urbane di forza del servizio bus).
    • Belgioioso, sulla tratta est‐ovest Pavia‐Casalpusterlengo‐Codogno.

    Per quanto concerne i collegamenti aerei, sul territorio comunale non sono presenti aeroporti gli aeroporti civili piщ vicini sono:

    • Aeroporto di Linate (MI) a circa 51 km
    • Aeroporto di Malpensa (VA) a circa 86 km
    • Aeroporto di Orio al Serio (BG) a circa 89 km.

    Nella tavola 3.1 Mobilitа e Infrastrutture sono individuate:

    • Viabilitа principale (tangenziali, strade statali e provinciali)
    • Viabilitа secondaria
    • Sedi viarie per il trasporto pubblico locale su gomma
    • Aree destinate a parcheggi - Linea ferroviaria e stazione
    • I manufatti come ponti, viadotti, gallerie, passaggi a livello

    Link correlati


    PARCHI PUBBLICI URBANI NEGLI USA

    il parco pubblico urbano è uno dei luoghi dove riscontrare la presenza di una biodiversità, anche piuttosto

    elevata. La città rappresenta l’ambiente artificiale per eccellenza, dove la presenza di minerali è maggiore di

    quella naturale ma oggi è proprio dalle città che arriva la richiesta di biodiversità.

    La biodiversità in verità è presente anche in città: si può trovare nei parchi, ma si possono individuare dei

    micro habitat dove la natura si riprende: ad esempio vecchi cancelli, buchi nei marciapiedi. In questi micro

    habitat la natura si riprende.

    Con l’evoluzione dei parchi pubblici si arriva al modello del parco naturalistico inglese, parco all’interno del

    quale gli elementi compositivi sono estremamente limitati: gli elementi vegetali presenti, come numero di

    specie, sono limitati. Verso la fine dell’Ottocento, in periodo vittoriano, si afferma la moda dei parchi urbani,

    nella quale tornano ad essere importanti diversi elementi: il colore, i fiori, percorsi lineari a fianco di quelli

    lineari, aiuole di arbusti che affiancano i percorsi. Ha quindi luogo un incremento della biodiversità.

    Central Park di New York. Creato alla metà dell’Ottocento, il parco è un’opera d’arte e un’incarnazione del

    Golden Gate Park di San Francisco. È realizzato nel 1870 e ha avuto alle spalle anni di discussioni fra i

    promotori, composta da una elite di persone bianche, protestanti e di origine anglosassone ci si domanda

    quale sarà la funzione sociale che debba avere il paro: nella natura vengono visti tutti quegli aspetti che

    contrastavano con la città: qui l’uomo può trovare ristoro e refrigerio, luogo di salute e dove tutti si sentono

    uguali, passeggiare e parlare assieme, luogo dell’uguaglianza, dove ognuno a sentimenti uguali, mentre la

    città è vista come luogo insalubre, di differenza sociale, di malessere.

    Diviene un parco naturalistico.

    Attorno al 1880 di diffondono nuovi interessi e idee: si vuole acconsentire a alle persone che sono molto

    legate al lavoro con le macchine, di farle distrarre, si vuole unire l’utile al dilettevole. Si introducono aree

    sportive, che inizia un’uguaglianza, anche fra i sessi aumentano le specie vegetali e si adottano percorsi

    rettilinei e di piste ciclabili.

    Si tratta del più grande parco cittadino, un po’ più esteso del Central Park di NY, ha una forma rettangolare

    anche questo. All’interno si trova una serra, il cui obiettivo è la conservazione delle piante che resistono male

    alle escursioni termiche: fiore all’occhiello dei giardini britannici, emulate in altri paesi europei e americani.

    Nel parco è stato creato un Arboretum, una sorta di orto botanico, che conserva forma vegetali molto

    All’interno vi è un giardino in stile giapponese: fra i più ricchi di pagode in miniatura si vuole far conoscere

    quest’altro aspetto del mondo. 45

    Geografia dell’Ambiente e del Paesaggio

    Viene aggiunto anche un recinto dei bisonti: specie quasi estinto, messa in quest’area protetta.

    Il parco presenta diversi laghetti artificiali, e tutta l’attività sportiva legata a questi.

    Nuova costruzione è l’edificio della Californa Accademy of Sciences, dove si può vedere i principi ecologici

    e di rispetto per la biodiversità. Sul tetto sono presenti cupole inerbite, tranne alcuni occhi che permettono di

    illuminare il luogo sottostante.

    Green Roof. Si tratta di tetti parzialmente o totalmente coperti da vegetazione, piantata su menbrane

    resistenti all’acqua tutto dipende dalla qualità di queste membrane:

    vantaggi dal punto di vista ediliio:

    - assorbimento acqua piovana

    - creazione di habitat per la vita selvatica

    - aiuto nel mitigare la temperatura urbana (isola di calore)

    Vi sono anche svantaggi: ovviamente se la qualità delle membrane non è buona, può portare a complicazioni

    I tetti verdi a volte possono divenire veri e propri giardini.


    PER QUALSIASI ESIGENZE AZIENDALI O PERSONALI , SI PREGA DI CONTATTARCI PER LE NOSTRE OFFERTE ESTIVE AUTUNNALI.

    CONFIDOR O-TEQ – 500 ml. MOSCA DELL’ OLIVO

    CONFIDOR O-TEQ – 500 ml. MOSCA DELL’ OLIVO

    Composizione: imidacloprid 19,42%

    Formulazione: dispersione oleosa
    Classificazione Tossicologica: non classificato
    Ambientale: Pericoloso per l’ambiente (N)
    Registrazione Min.San. n. 13212 del 15/06/2009

    DELTACID SPEEDY cs VEBI – 250 ml insetticida abbattente zanzare

    DELTACID SPEEDY cs VEBI – 250 ml insetticida abbattente zanzare

    INSETTICIDA ACARICIDA CONCENTRATO A RAPIDA AZIONE ABBATTENTE.

    DELTACID SPEEDY è un insetticida/acaricida concentrato ad ampio spettro che associa una duplice azione: l’elevata efficacia immediata della Tetrametrina e la prolungata azione residuale della Deltametrina, garantendo ambienti liberi da insetti per almeno 2 settimane dal trattamento. Entrambi i principi attivi sono sinergizzati con un’alta quantità di Piperonilbutossido che facilita la penetrazione dei principi attivi negli insetti, riduce le resistenze e ne aumenta l’efficacia. DELTACID SPEEDY è efficace per il controllo di insetti volanti (come mosche, tafani, vespe, zanzare comuni e zanzara tigre, flebotomi), contro gli insetti striscianti (come blatte, formiche, pulci, pesciolino d’argento e cimici), contro gli insetti infestanti i magazzini (come tignole, punteruoli del grano, alfitobio e tribolium) e altri animali come ragni e invasori occasionali (acari).

    Deltametrina 2 g
    Tetrametrina pura 3 g
    Piperonilbutossido 8 g
    Coformulanti q.b. a 100 g

    DELTACID SPEEDY è efficace verso tutti i tipi di insetti che comunemente infestano gli ambienti domestici, civili, industriali e zootecnici quali: abitazioni, industrie alimentari (in assenza di mangimi o bevande), sale di mungitura, mezzi di trasporto, ambienti rurali, stalle, ricoveri di animali, letamai, depositi di rifiuti, magazzini, scuole, ospedali, cinema, negozi, caserme, alberghi, ristoranti, mense, centri turistici, balneari e campeggi. Il prodotto è consigliato anche per il trattamento di aree verdi come viali alberati, siepi, tappeti erbosi e cespugli ornamentali per il solo controllo delle zanzare.

    MODO D’USO
    Il prodotto diluito in acqua può essere applicato all’interno di edifici, aree esterne e aree con vegetazione utilizzando pompe a pressione, nebulizzatori elettrici o a motore e atomizzatori.

    REGISTRAZIONE
    PRESIDIO MEDICO CHIRURGICO
    Reg. Min. della Salute N. 19950


    Video: 低身長人組ぼくたちYoutubeはじめます自己紹介