その他

コンフリー肥料:植物用コンフリーティーに関する情報

コンフリー肥料:植物用コンフリーティーに関する情報


投稿者:Bonnie L. Grant、認定都市農業専門家

コンフリーは、コテージガーデンや調味料のブレンドに含まれる単なるハーブではありません。この昔ながらのハーブは、動物や豚を放牧するための薬用植物と食用作物の両方として使用されてきました。大きな毛むくじゃらの葉は、肥料に含まれる3つの主要栄養素の優れた供給源です。

このように、それは植物を養い、害虫を減らすのを助けるために優れた液体肥料または堆肥茶を作ります。植物用のコンフリーティーを作るのは簡単で、特別なスキルや道具は必要ありません。あなたの植物にコンフリー肥料を試してみて、あなたの庭での利点を見てください。

肥料としてのコンフリー

すべての植物は、最大の成長、開花、および結実のために特定の主要栄養素を必要とします。これらは、窒素、リン、およびカリウムです。人間と同じように、マンガンやカルシウムなどの微量栄養素も必要です。コンフリーには、3つの主要な栄養素に加えて高レベルのカルシウムが含まれています。これらは、収穫して植物用のコンフリーティーにすると非常に有益です。

この栄養豊富な食品は、液体土壌水浸しまたは葉面散布として適用されます。堆肥化された葉は、濃い緑がかった茶色の液体を生成します。コンフリー肥料の窒素含有量は、緑の葉の成長を助けます。リンは、植物が元気を保ち、病気や害虫の被害を防ぐのに役立ちます。カリウムは花や果物の生産に役立ちます。

コンフリープラントフード

コンフリーは丈夫な多年生植物で、成長が早いです。植物は特別なケアを必要とせず、太陽に部分的に日陰で成長します。

葉を収穫し、容器のちょうど半分に入れます。葉のとげのある毛から手と腕を保護するために、長袖と手袋を着用してください。

コンフリーティーを作るのに数週間しかかかりません。葉を重いもので重くして押さえ、容器に水を入れます。約20日で葉を濾すことができ、ディープブリューを容器に追加したり、庭のベッドにスプレーしたりする準備が整います。

植物に適用する前に、コンフリー植物性食品を水で半分に希釈します。あなたの野菜植物に沿ってサイドドレッシングとして除去された葉の残骸を使用してください。マルチまたは堆肥エンハンサーとしてコンフリーを使用することもできます。

コンフリー肥料とマルチ

ハーブの葉は根おおいとして使いやすいです。自然はその進路を取り、すぐに腐敗プロセスを完了し、栄養素が地面に浸透することを可能にします。葉を植物の根の端に広げてから、2インチ(5cm)の土で埋めます。また、深さ6〜8インチ(15〜20 cm)の溝を掘り、刻んだ葉を埋めることもできます。

実を結ぶ野菜の種を上に植えますが、葉物や根の作物は避けてください。肥料としてのコンフリーにはさまざまな形態があり、そのすべてが使いやすく、作りやすいものです。この植物の最も良い点は、この栄養豊富で有用なハーブを絶えず供給するために、季節に数回葉を切ることができることです。

この記事の最終更新日


庭師のためのコンフリーの成長と使用

私は、自分で成長する人は誰でも、成長するコンフリーにいくらかのスペースを割くべきだと確信しています。私は自分のコンフリーパッチを自分の堆肥鉱山と呼んでいます。少しの努力で、優れた堆肥活性剤、高カリの植物性食品、市販のトマト飼料に匹敵する液体を生産できるからです。

コンフリーパッチによるジョンハリソン

コンフリーは、動物や家禽の食料品としても役立ちます。

非常に湿った状態や日陰に耐えるため、他の方法では無駄になる野菜には適さない土地で栽培することができます。一度確立されると、乾燥状態にも耐性があります。

辺境の土地からの植物または動物向け食品として、高価値の製品を生産するこの能力は、それを私たちが持っている最も重要な有用な植物の1つにする可能性があります。

その価値は、高い労働コストが石油燃料の機械化された経済と農業方法を推進している西部をエミュレートするよりも、適切な方法と技術をよりよく追求する可能性のある発展途上国でさらに高くなります。

英国の農家にはほとんど知られておらず、栽培されていませんが、コンフリーは日本ではよく知られており、栽培されています。米国の農場の統合により、過去50年間で生産者が失われました。石油価格の高騰が食料生産にもたらす変化を考えると、コンフリーは復活を享受し、小規模ではなく大規模なコングロマリットにも採用される可能性があります。私たちの肥料の大部分は、工場から農場への輸送だけでなく、それらの製造に基づいた石油であることを忘れないでください。


クロマリンサポート

臭いが効果的なコンフリー肥料茶を作る

食品グレードのバケツや樽で簡単に作ることができます。 「50自家製肥料と土壌改良剤」は、あなたの家や町の周りで見つけることができる無料の材料を使用して、土壌改良剤、植栽床改良剤、植物肥料の有機レシピの究極のコレクションです。タフな遠方の根はSymphytumを丈夫にし、取り除くのを難しくします。コンフリーは、有機園芸における重要なハーブです。

あなたの庭のためにコンフリーティーを作る方法オークヒルホームステッド

コンフリーの栽培方法、その栄養素、利点、植物用のコンフリーティー肥料を作るためのレシピの詳細をご覧ください。堆肥としても知られている有機肥料は、最も人気があり、簡単に作れる菜園用肥料の1つです。あなたの庭が有機肥料の準備ができたら、ここに考慮すべき35の効果的で手頃な自家製のオプションがあります:ワームキャスティング:ワームキャスティングは土壌スーパーフードです!それらは窒素を提供し、土壌を吸収します。 2019年6月17日庭師のための11の自家製肥料レシピ。私は癌の生存者であり、毎日のハーブ療法のおかげだと言いたかったのです。それには多くの利点があり、すべての植物はそれからさまざまな栄養物質を得ることができます。

コンフリーを肥料として使用したコンフリー植物性食品

コンフリー肥料を濃縮するには、コンフリーの葉を容器にしっかりと詰め、重さを量り、覆い、腐らせます。コンフリーは非常に急速に劣化する傾向があるため、庭の堆肥の山に優れた促進剤になります。それは分解し、多くの必要な栄養素を新しい植物に与えるのを助けます。コンフリーは国境で興味深い焦点を作り、国境の後ろに目を引くのに最適です。これが私にとって間違いなく勝利となる第2弾です!!

コンフリー肥料茶の作り方と庭の作り方

野菜のベッドの端で、そしてやや正式に、4つの正方形のハーブガーデンの中央で育てられたとき、それはとても素敵に見えます。葉はカリウムを多く含み、優れた肥料になります。 2019年4月22日コンフリーをこのような素晴らしい植物にしているのは、複数の方法で使用できるという事実です。最初の写真は、コンフリーの葉に乗った紫陛下のジャガイモです。コンフリーはコンフリーを使用しますコンフリーは肥料とマルチングにまでさかのぼる長い薬の歴史がありますコンフリーを使用して堆肥の肥料とマルチングを作ります。栄養不足の植物や重いフィーダーである作物の根元でマルチとして細断された葉を使用してください。

コンフリー肥料ドリームリーの作り方

土壌をより肥沃にするための簡単なヒント。

  • あなたはそれを覆い、それを3-6週間急勾配にしたいでしょう。
  • それは、植物がより多くの花や果物を生産するのを助けるために、天然の殺虫剤として、そして堆肥活性剤として使用されます。
  • そもそも実行可能なコンフリー植物でさえあったかどうかはわかりません。
  • 乾燥させたばかりのハーブを使用し、根と葉の両方を使用します。葉を収穫して乾燥させるには、葉を摘み、タオルで汚れをそっと拭き取り、一晩乾燥させます。

コンフリー肥料茶の作り方と庭の作り方

2019年5月20日コンフリーティーを定期的に使用すると、さまざまな健康上の利点が得られますが、いくつかの重要な考慮事項とリスクに注意する必要があります。

  • ほとんどの野菜植物は、コーヒーかすが提供できるわずかに酸性の土壌を好みます。
  • 2019年8月18日これらの栄養素は葉に保存されています。
  • コンフリーの葉は優れた肥料になります。
  • 2019年12月17日コンフリーやイラクサ、その他の堆肥化植物で素晴らしい液体肥料を作ることができます。
  • 2019年4月12日私は春からコンフリーを栽培しており、コンフリーティー肥料を作るための安定した供給があります。これは優れた高窒素肥料です(緑の葉野菜に適しています)。

独自の天然液体肥料を作る:コンフリー、「ハービー

また、葉の一部を取り、5ガロンの容器に入れ、水を加え、「熟す」まで(外で!!)浸してから、トマトの肥料として使用できることを知っています。たくさんの可能性がありますが、今日は誰もができる2つの自家製肥料でシンプルにしたいと思います」make「…自分たちで肥料を作ることは私たちがここで行う最も重要なことの1つであり、すべての材料を持っていることは幸運です私たちが望むことができる最高の植物性食品。それでも、これはおそらく人々が地元の園芸用品センターに行ったりオンラインで買い物をしたりするときに購入を考える最後の肥料です。

コンフリーティー。最高の有機肥料

2年前、私はいくつかのコンフリーの根を購入しました。それらの植物は現在私の庭で繁栄しています。たくさんあります!薬、家畜用食品、さらには庭での有機肥料にも使用されます。

  • ここにあなた自身のイラクサまたはコンフリー堆肥茶を作る方法に関するいくつかの指示があります。
  • 可憐な手全体に臭い茶色のコンフリーを入れたくなかったので、慎重に手袋をはめました。
  • ロシアのコンフリー、ブロッキング14株のみを販売しています。
  • 2019年10月20日熟成した肥料だけで、庭の植物に最適な肥料になります。
  • コンフリーは適切に使用すればとても便利な薬草なので、私はとても悲しいです。

コンフリー肥料茶をテーブルに収穫する方法

堆肥茶を作り、庭の健康を増進する方法。コンフリーは窒素も多く、庭の肥料として使用できます。 ×uplandicumは、ガーデニングや漢方薬に使用されます。コンフリーは、薬用や庭での使用など、多くの品質を備えていることが認められている植物です。これらの肥料は窒素が豊富で、多くの場合無料で作成でき、あなたの庭はそれらを気に入るはずです。残りは燃焼副産物として放出されます。

コンフリー肥料を作らない方法

しかし、今日は、固形物を濾して液体を集め、肥料として使えるようにすることにしました。発酵コンフリーティーは、植物や野菜の植生と開花期全体で使用できます。別のオプションは、春の植え付けの前に、秋または冬にそれを耕すか、手で土壌の最上層に混ぜることです。これはあなたの植物のための重要なミネラルと栄養素で重い葉を生成します。コンフリーは、より繊維質で炭素が豊富な材料とバランスを取る必要がある暗い汚い液体にすぐに分解するため、大量に追加しないでください。

あなた自身の液体肥料を作るコンフリーティー

至るまで

植物に年に数回散髪をすることで、庭のベッドを切り抜きでマルチングして、無料の肥料を追加するのは簡単です。コンフリー(コンフリー、Symphytum officinale L.)は、肥料や薬草として使用される成長の早い多年生植物です。

  • つまり、一日の終わりに肥料を作るために必要な材料は、庭や土壌にも依存します。
  • コンフリーは、ほとんどの野菜作物にとって素晴らしいコンパニオンプランツです。
  • コンフリーは素晴らしい堆肥を作ります、そして私は私の庭で堆肥を使って素敵な緑の葉野菜を育てています!
  • このチュートリアルでは、高価な市販の肥料の習慣を打ち破り、いつも夢見ていた庭を育てる方法を学びましょう。
  • ジョエルは今日私たちのためにこの投稿を書き、庭で自家製の天然肥料として使用するためにこのコンフリーティーをどのように作っているかを教えてくれました!

コンフリーとは何ですか、それを成長させる方法10エーカーの農場

ガーデンコンフリーの栽培と使用*独自の肥料を栽培する*ガーデンコンポストのスパイス*トマト、果物、容器用の液体肥料が必要コンフリーは、有機フルーツ栽培者の秘密の作物ブースターです。だから、次にあなたがいくつかの園芸用品センターで植物肥料を買うために並んで待っているとき、あなたはあなたの庭であなた自身を育てることができると思ってください。 2019年7月13日コンフリーにはビタミンB12が含まれており、植物の豊富な食料源です。私は彼女に私のすべてのコンフリーについて話していました、そして彼女はそれを無駄にしないように私に言いました。 2019年4月12日コンフリー(コンフリーも)はヨーロッパとアジアが原産で、2500年以上にわたって多くの文化で栽培されてきました。

コンフリーティー。最高の有機肥料

液体肥料の作り方とその用途と用途については、こちらをご覧ください。自家製の肥料は、drである安価な家庭用品から作られています。 2019年6月13日コンフリーにはさまざまな種類がありますが、植えるのに最適なのはボッキング14です。これは自生しないため、庭に侵入することはありません。粉末はまた、新鮮な葉よりも分解しやすく、春の庭に適しています。野菜畑の土壌を改善し、植物の周りをマルチングし、病気が秋の後半に野菜の豊作を妨げるのを防ぐことは、私の秘密兵器になります。コンフリーの葉はミネラル含有量が高いため、庭や観葉植物に最適な液体肥料になります(葉を水の容器で分解することができます)。

コンフリーから肥料を作る方法Growa Organic

ロシアのコンフリー(S.x uplandicum)は、一般的なコンフリーととげのあるまたは荒いコンフリーのハイブリッドであり、より乾燥した地面を好みます。

  • 庭と野菜の両方のパッチですべての植物に水をまくときに使用します。
  • ベッドを作るのに邪魔にならない重要でない土地を選んでください。
  • 刻んだコンフリーの葉を土に加えるとき、それらは植え付け穴に直接加えることができます、または放送して庭の土に働きかけることができます。
  • 薬用軟膏やスキンクリームの製造に使用される根は、いつでも収穫できますが、初冬が望ましいです。
  • それは、土壌内に肥料の土台を作り、その上に栄養価の高い根おおいを作ることができます。
  • あなたは1/4から1/2インチの厚さであなたの庭の土の上に直接老化した肥料を広げることができます。

あなたの庭のためにコンフリーティーを作る方法オークヒルホームステッド

私はコンフリーオイルのバッチを作り、それを1日太陽の下に置いたが、それは大したことではなかった。 2019年9月27日自家製有機肥料の作り方と使い方。私のコンフリーは驚くべき速さで広がり、私の小川の周りの在来種に侵入し、私の財産から飛び出しました。それで、私はそれが制御不能であるために少しパニックになりました。天候が乾燥しているときにコンフリーの根を掘り出します。

コンフリーティー:自家製天然肥料

不思議な植物のコンフリーと、コンフリーが私の小さな庭の非常に重要な部分である方法について前に述べたコンフリー肥料工場を作るためのチュートリアル。葉はみじん切りにして土に加えるか、お茶に淹れることができます。

  • ただし、小さな切り傷があると肌を刺激する可能性があると言われているので、作業するときは手袋を着用することをお勧めします。
  • コンフリーの葉でマルチを作ったり、切りたての葉と茎を水に6週間保存してコンポストティーを淹れたり、コンフリーのトップを水に浸して時間の経過とともに分解したりできます。
  • それはとても良い肥料になるので、それは役に立ちます。
  • 肥料は植物の成長を改善するために使用されます。
  • あなたが有機肥料を使うことに決めたとき、あなたはあなたのコースの世話をする方法(芝生の世話ガイド)の多くの選択肢があることに気づきます。
  • パーマカルチャー、ビーガン、またはバックトゥエデンガーデニングを実践している人にとって、これはあなたが望むコンフリーの品種です。

COMFREYから液体肥料を作る方法TheGarden of

コンフリーの葉は収穫され、植物に加えられる肥料として庭の堆肥茶になります。それがあなたの庭に定着すると、あなたは成長期を通して数回葉を収穫することができます。内服の場合、コンフリーはお茶になり、呼吸器系の問題を抑えるために飲むことができます。コンフリーには、薬用、家畜用飼料、堆肥活性剤など、非常に多くの用途があります。 2019年7月21日BBCGardeners’World MagazineのMontyDonとのこの動画で、イラクサとコンフリーの飼料を安価で栄養豊富な代替植物飼料にする方法を学びましょう。コンフリー液体肥料を作るプロセスは、最初に必要となるコンフリーを育てることから始まります。

コンフリーティーは優れた液体肥料になります。小さい

これで、コンフリーが有機園芸システムで「なくてはならない」理由がわかります。

  • 粉末コンフリー肥料を使用する利点は、コンフリー植物が目覚め、葉を生成する前に、冬の終わり/春の初めの庭で使用できることです。
  • 野菜を物で濡らすときは気をつけて、食用植物の部分には一切つけないようにしています。
  • 私は庭のベッドの端にチャイブを植えるのが好きです。
  • 液体海藻肥料は有機栽培であるだけでなく、持続可能な供給源から供給されており、環境に害を与えることなく収穫することができます。
  • 結果が故障すると、濃い黒のコンフリーフォーカスを集めることができます。
  • 植物に使用できる最高の肥料の1つは、液体の海藻です。

コンフリー肥料茶の作り方と庭の作り方

コンフリーは非常に密に成長し、除草が難しい場合があるため、植える前に、土を掘り、多年生の雑草の根を取り除きます。

  • 人生はとても忙しいです、そして時々これらのものは雑用リストの下にますます押し込まれます。
  • Comfrey Makes GardenFertilizerタンク肥料チェリートマトに農薬や肥料を混ぜることは禁止されています。
  • それは密集した、凝集する習慣があり、高さ3フィートまで成長します。
  • あなたの有機菜園のためにあなた自身の肥料を作ってください、しかし健康上のリスクに注意してください。
  • 液体肥料の作り方液体肥料は、植物に栄養素と微量元素を供給するための優れた方法です。

コンフリーを育てる方法:コンフリーティーのレシピ

これらのレシピに従って、庭で使用する独自の天然液体肥料を作って収穫を改善してください。ジャガイモを植える前に、しおれたコンフリーの層を溝に置くことができます。これが発酵コンフリーティーを準備するプロセスです。あなたの草はより心のこもったものになり、母なる自然がそれに投げかけるストレスに耐える準備ができています。噴霧器に9クォート(9リットル)の水が含まれている場合は、1クォート(1リットル)の発酵茶を追加して、すばらしい植物肥料を用意します。

自家製コンフリー&イラクサ肥料の作り方

自家製の有機肥料のレシピに入る前に、まず土壌や庭を分析することが重要です。イラクサとコンフリー–肥料私たちの哲学の一部は、私たちがここに持っているものを再利用してやり遂げることです。 MirAcid肥料には無機化学物質が含まれているため、有機園芸技術が重要な場合は、市場に出回っている多くの有機肥料の1つを試してみることをお勧めします。庭師はまた、有機肥料として庭にふりかけるためにコンフリーティーを淹れて冷やすかもしれません。

コンフリーティー。最高の有機肥料

私のすべてのハーブは、最高の庭のコンパニオンプランツであるコンフリーを愛しています!これがあなたにとってあまりにも多くの努力であるか、あなたが無駄にする時間がないならば、あなたはマルチとして葉を使うこともできます、ただそれらを引き裂いて他の植物の周りに置いてください。私はそれを数滴の蜂蜜で甘くし、毎朝飲みます。基本的に、それは単純なコンフリーティー、または正確には点滴です。コンフリーは非常に豊富なので、遅い堆肥の山を活性化するために肥料であるかのように使用できます。 2019年6月29日コンフリー肥料などの天然肥料を使用すると、ワームの発生が促進されます。いつ収穫するか:新しく設立された植物の最初の季節に、開花を防ぎ、植物が成長して枯れることを可能にするために6月に1回カットして、埋蔵量を増やします。

コンフリーティー。最高の有機肥料

コンフリーはまた、カルシウムや、下層土の深部から採掘する他の多くの貴重な植物ミネラルが豊富です。いずれにせよ、プロセスは基本的に同じです。それはその驚くべきコンフリーティー肥料を作るためにそして「チョップアンドドロップ」緑肥のために適切な栄養素含有量を持っています。ミネラルと栄養素の動的な蓄積が、コンフリーの葉を窒素、リン、カリウムの優れた天然源にしているのです。乾物として測定されるコンフリーの葉は、ほとんどのマメ科植物と同じくらい高い約15〜30%のタンパク質です。植物の成長が速ければ速いほど、肥料を与えることでより多くの利益が得られます。

コンフリー肥料茶の作り方と庭の作り方

ここにコンフリー植物の最も人気のある使用法のいくつかがあります。 (葉は接触性皮膚炎を引き起こす可能性があるため、コンフリーを取り扱うときは常に手袋を着用してください)。コンフリーを風乾するか、95度の脱水機を使ってカリカリになるまで自分で作ってください。私の母は何年もの間コンフリーを育てていて、それが有益な植物であることを私は知っていました、しかし私はあなたがそれから肥料を作ることができるとは知りませんでした!彼女が共有するルートを1つか2つ持っているかどうかを確認する必要があります。

独自の天然液体肥料を作る:コンフリー、「ハービー

最近では、コンフリーは新しい堆肥化のトレンドの対象となっています。庭でコンフリーを栽培し、野菜のマルチや有機肥料など、その多くの用途を活用するための専門家のアドバイス:植物に無料で給餌する5自家製肥料の作り方と使用方法17コンフリーを使用して独自の肥料を育てる75 To肥料および/または葉面散布を準備します。肥料を作るには、水にたっぷりと一握りの葉を置いて覆い、天候に応じて2〜4週間浸します。 2019年6月3日クルミの下層植生のコンフリー「ボッキング14」–フォレストガーデンのジュグランレジア。コンテナで栽培する場合、庭の堆肥、ローム、葉型、おそらくコンフリーの葉からコンテナに適した土を作ることができ、特殊な有機肥料ブレンドを供給します。市場にはさまざまな種類の有機肥料がありますが、本当に簡単に作ることができます家庭のゴミ、残り物、動物の混乱でそれを。

コンフリー肥料を作る

このタイプは、羊毛のような、ぼやけた葉と繊細なピンクの花を持っています。作るのは簡単で、あなたの植物に栄養素を提供します!コンフリーティーはあなたの庭のための素晴らしい自家製の天然肥料です!有機性の上げられたベッドの庭はすべての庭が持っている欠点のいくつかがないわけではありません。私の両親は庭師で、庭でそれを使うのを本当に楽しんでいます。水の入ったバケツに一握りの葉の重さを量り、覆いをして、4〜5週間腐敗させて、すぐに使えるコンフリー肥料を作ります。

小川沿いのガーデニング…:肥料としてのコンフリー、そして

そして、庭の苗の肥料として使用したい場合は、コンフリーを完全に乾燥させるのが最善です。春の葉を切り刻み、庭の植物の隣の土に置くことによって、最初の春の葉の切断を使用します。 2019年10月1日コンフリーにダイナミックアキュムレータプラントとしての指定を与えたのは、土壌を通して栄養素を循環させるのを助けるこの能力です。 2019年1月10日肥料としてのコンフリーコンフリーの深い根は、土壌から栄養分を持ち出し、葉に堆積させます。

あなたの庭のためにコンフリーティーを作る方法オークヒルホームステッド

コンフリーは収穫量が多く、成長期に数回収穫することができます。

  • より大きな収穫のためにあなたの庭の土壌を改善するための6つの天然肥料あなた自身の食物を育てることと園芸は中毒です。
  • その根は地面の奥深くまで入り込み、より浅く根付いた多くの植物の手の届かないところにある栄養素にアクセスします。」栄養素にアクセスするその能力のために、コンフリーは後押しを必要とするかもしれない他の植物のために恒星の肥料を作ります。
  • 何千ものウェブサイトがそれについてあらゆる種類の主張をしており、あなたが主張を信じるなら、誰もが堆肥に栄養素を加え、土壌をマルチングし、植物をより良く成長させるためにコンフリーを育てるべきです。
  • 以下の手順を見てみましょう。

コンフリー肥料茶の作り方と庭の作り方

2019年3月15日でも、可能であれば自分で自家製の液体肥料を作るのも好きです。それが今日お見せできることに興奮しています。これらの天然肥料は、野菜、特にトマトやジャガイモに最適です。 2019年4月17日それは湿った土壌を好み、しばしば庭の脱出者として見られます。コンフリーは、栄養素、特に鉄、シリコン、窒素、カリウム、カルシウム、マグネシウム、および多くの微量ミネラルの動的な蓄積物質です。植物は、他の有機生物と同じように、生きるために食物を必要とします。

実際、中国では4000年以上にわたって果物や花の咲く木の接ぎ木が行われてきました。今ではトマトで行われています。バミューダグラスでフェスクの塊を殺す方法。 コンフリーは庭の肥料を作ります Growingyourgreensには、一年中屋内で新芽のマイクログリーンウィートグラスを育てる方法に関するスーパービデオがあります。

あなたが有機肥料を使うことに決めたとき、あなたはあなたのコースの世話をする方法(芝生の世話ガイド)の多くの選択肢があることに気づきます。最高の芝生肥料を使用してください。ズッキーニリコッタチーズケーキ。 Re:イラクサの液体肥料。盆栽植物ケア–基本。二カルシウム試​​験作業におけるリン酸塩の放出が遅いという性質のため、この肥料は、西海岸の砂やポドゾル、ノースランドのファレコヘ土壌などの高浸出環境で有益である可能性があることが示されています。

FloraNova Growは、葉の間で急速に成長する植物のための特別な栄養素として機能します パサデナカリフォルニアでトマトを植える時期 成長期。植物の栄養素はまた、ほとんどの市販の肥料からよりもゆっくりと長期間にわたって放出されます。肥料と木。カブトムシは、苗木や小さな移植片の葉の小さな穴を食べます。パラケサーブオレメディオ 移植後のトマト植物のしおれ レボフロキサシン。農民は、尿素窒素肥料の大部分を前もって放送することにより、尿素による被害を回避することができます 有機芝生肥料ダラステキサス州植物肥料スティック シード。

トマトは屋内で始めるのが一番です。安くて簡単に作れるだけでなく、植物にたっぷりの健康的な量を提供します 常緑のスターター肥料 彼らがより良くそしてより強く成長するのを助ける栄養素はすぐに。これらの部分は、一枚の葉であろうと枝全体であろうと、切り落とす必要があります。すべての大麻植物に適切な種類の栄養素を供給する必要があります。私にとっては不思議です。

肥料メーカーとサプライヤー製品のリスト。低照度で成長の遅い植物「低照度」を選択すると、データベースで最も適応性の高い植物のリストが表示されます。問題とケア:湿った湿気のある条件で育つトマトは、植物の病気にかかりやすいです。

ミラクルグロガーデンフィーダー付き:より大きな屋外ガーデンの場合は、ラベルの上部にフィーダージャーを埋めます。おがくずと鶏糞の100%天然有機堆肥混合物を粉砕して優れたものにする 良いハイビスカス肥料 マルチング給餌と保水。人工的なクリスマスフラワー_素晴らしいクリスマスの目玉。

安全なショッピング(SSL PCI McAfee Secure)。土壌に混入した肥料は、通常、地下水に浸出してしまいます。 SeaMealには、60種類の微量ミネラル、12種類のビタミン、22種類のアミノ酸、消化酵素、亜麻仁ミールが含まれています。

この土壌が整地されたら、草の種の肥料と追肥の時間です。トマトキットトマト栽培センター。月桂樹の生け垣に最適な肥料は?新しい家に引っ越したばかりで、前の所有者は月桂樹の生け垣を無視していました ヤシの木の肥料スパイクホームデポ自然芝生ケアインディアナポリス ひどいので、おそらく30フィート以上の高さで、底には 非常にまばらになります。

リン酸二アンモニウムとは何ですか?アフガニスタンで「黒」肥料として知られているリン酸二アンモニウム(DAP)は、世界で最も広く使用されているリン(P)です。私は、わずか3〜4日で2つと小さい方のサイズを2倍にしました。お茶になります コンフリーは庭の肥料を作ります プロデューサーのDuncansIndustries Ltdは、カンプール近郊の閉鎖型肥料工場を、[] NPK肥料に精通している2人によると、農業の拡大を目指している不動産およびインフラ開発者のJaypeeGroupに売却する予定です。 :PP / PEバッグ正味重量:25kg。 2つのお茶の醸造はまったく同じではありません。ホリートーンは、酸を好む植物のための肥料のための私達の推薦です。なぜ葉は茶色で端がカリカリになっているのですか?リン鉱石の不純物と製造への影響一時停止nz油圧浅瀬sluic。現在、アブラヤシバイオマスの堆肥化と熱分解プロセスに関する研究は、UPMとKITの協力の下でグループ内で行われています。あなたの芝生が最も肥料を必要とするのは、その心が成長しているときです。

バイオガス発電所は鶏肉を変換します コンフリーは庭の肥料を作ります 約350世帯に電力を供給するためのうんち。ニンジンやタマネギの低木や果樹などの球根や塊茎の根菜類の給餌に最適です。生産された肥料は、市場で入手可能なものに匹敵することがわかり、パーム油プランテーションで使用でき、肥料のコストを削減します。有機は自動的に農薬や化学薬品を含まないことを意味するわけではありません。有機肥料:ビール1缶アンモニア1カッププレーン液体食器用洗剤1カップ(液体洗剤ではない)1カップ任意のブランド 自分でやるのがベスト芝生肥料 液体芝生肥料糖蜜またはコーンシロップ1カップ。

花が形成されるが時期尚早に落ちる花の落下は、トマト植物が実を結ばないかもしれないもう一つの理由です。綿実粕は、綿実の溶媒抽出と粉砕から得られます。

トマトブラックロシア語 テキサスの芝生のための最もよい肥料 (コードン)。

有機肥料も同様に、そして何倍もうまく機能します。それまでは幸せな開花です!屋内でトマトを育てる楽しくて簡単な方法!トマトメイトは簡単で、メンテナンスもほとんど必要ありません。竹が一番好きなのは、それが本当に速く成長するための本当のb * st * rdだからです。肥料リザーバータンクAgroRite2″水処理ユニット水番号 foxfarm栄養トリオ-土壌処方液体肥料草に適した肥料は何ですか カルシウムが豊富なため、骨粉は十分なカルシウムを必要とするトマトに最適です。返信:あなたがそれらを吸うとどうなりますか? カリウム肥料の配置 AGROCARBON BIOCHAR NaturalNPK-C肥料の購入者とAGROCARBONBIOCHAR NaturalNPK-C肥料のオーストラリアからの輸入業者AGROCARBONBIOCHAR Natural NPK-C肥料の購入リクエストと購入リードを入手して、高品質のAGROCARBON BIOCHAR NaturalNPK-C肥料竹オーガニックを入手できます。有機性で植物を燃やさないので、土壌が過度に飽和することを恐れることなく、既存の植物の周りに広がる可能性があります。尿素は世界の商取引でどのような役割を果たしていますか?尿素は国際商取引における主要な肥料貿易です。君は コンフリーは庭の肥料を作ります 他の観葉植物と同じように、鉢植えのアジサイの世話をする必要があります。

活性炭灰ベントナイト骨粉ボロンカルシウム木炭灰サーカス動物糞尿コーヒーかす堆肥銅カバー作物乾燥血液肥料鉄鉄クロロシス石灰硫黄合剤は黄色がかっています ホームハードウェア芝生肥料 色があり、多くの場合水溶性ではありません。 2月1日と4月1日に水をまきます。ツリートマト? Elsa123inからこの種を入手しました コンフリーは庭の肥料を作ります アフリカ。

クロマリンサポート

最近オーランドで開催されたBASFメディアシンポジウムの背後にある科学の一環として、BASFは、収穫量コンテストの優勝者であるミズーリ州パーディのキップカラーズとジョージア州ブルックス郡のランディダウディを招待し、高収量のトウモロコシと大豆の栽培の秘訣を共有しました。 。 BASFのヘッドライン殺菌剤を使用したCullers250を超えるトマトの品種が、多くの写真と説明とともにリストされています。最高の初期の品種。最高の味のトマト。 Bone broths and stocks are full of health-affirming ingredients like gelatin, collagen, and amino acids. Try my immune-boosting beef and garlic bone broth. Three bacterial diseases are common in Ontario tomato fields: bacterial spot, tomato leaves. Figure 2: Tomato plant black margins with a thin, yellow


Growing Zones

LeneA / Pixabay

Comfrey can grow in full sun or partial shade, but will begin to wilt if exposed extremely hot, dry conditions. If you’re in a hot climate, it’s best to figure out some type of irrigation to get the best from your comfrey plant. It’s frost tolerant and hardy in zones 4-9. The leaves can take temperatures of 15 degrees and still survive, and the roots can survive to -40 degrees! Depending on your location, it’ll die back each winter and return each new season, healthier and larger than the previous.


7 garden-rich reasons to grow comfrey

If you aren’t quite sure yet what comfrey looks like, where it grows, or why you should plant in in your garden, then you have come to the right place. The beneficial reasons for growing comfrey are coming soon, and surely one of them will whisper to you “This is the year to plant comfrey in the garden.

In the meantime, let’s get acquainted with comfrey as a perennial plant.

The true comfrey from which poultices and salves are made from is: Symphytum officinale.

The Russian comfrey garden cultivar that you may choose to grow is: Symphytum x uplandicum

Comfrey is a cold-hardy perennial with a long tap root which makes it drought resistant. At the same time it also prefers moist, well-watered soils.

Size-wise, comfrey can reach up to 5′ in a very fertile soil and about 4′ in width. Plants will be smaller when conditions are less than ideal. Overall, they will grow just about anywhere once they are established.

As with horseradish, any roots left in the ground will keep producing new plants. So be sure to plant it where you want it, not where you don’t! And as far as it running away like mint, that won’t happen either. Once it is planted, it stays put and has no desire to take over your garden.

In the most common garden variety (Bocking 14) the comfrey seeds are sterile, meaning that it will not self-seed. Just like with rhubarb, if you would like to propagate more comfrey plants, this can be accomplished by root division every 3-4 years.

Bocking 14 is the most common garden variety of comfrey.

What makes comfrey so valuable to gardeners?

As we’ve just mentioned, comfrey has a strong tap root. In ideal conditions it goes 6-9 feet (2-3 meters) into the soil! Not only does this loosen up the soil down below, it also has the tendency to bring up essential nutrients that are hidden deep below the surface.

It brings up those nutrients in a way that only plants can do, without tilling or damaging the soil structure, and it stores them in the leaves. Naturally, this can become your garden fertilizer, compost and mulch.

Given that comfrey grows exceedingly fast in hardiness zones 3-9, the leaves can be harvested every 5-6 weeks and applied as often as your garden plants need it.

But – and there is always a but -, although comfrey is great for your garden and it can also be a wonderful aid for healing sprains and bruises, it needs to be used with caution as a medicinal plant due to the pyrrolizidine alkaloids that can cause liver and lung damage at high doses.

That being said, other animals can safely consume comfrey as a livestock feed. Sheep and pigs will go for it, as will chickens peck at it in smaller amounts. Both cattle and rabbits will eat the comfrey leaves when chopped and wilted, or dried and added to hay as a supplement.

One thing you will notice upon growing comfrey, is that the leaves have tiny hairs, just like its cousin borage. Be sure to wear gloves when handling either of them.

When to harvest comfrey?

One last thing before you plant your comfrey seeds, or root cuttings, is knowing when to harvest.

Refrain from cutting until your comfrey plants are about 2 feet tall. Take as much as you need with pruners or a scythe, then let the plants regrow and revitalize themselves again before taking more foliage. Again, like rhubarb, the plants will die back completely in the winter months, only to make a strong comeback in spring. Ready to use again, season after season.

How’s that for an organic fertilizer that grows naturally in your garden?

1. Comfrey as a liquid fertilizer

This is the moment you have been waiting for. To find out what value comfrey gives to you and your garden.

Well, the shorter answer is that the first and perhaps most important benefit is that comfrey makes a fantastic liquid fertilizer. The longer answer is that it is a stinky brew that acts like rocket fuel for your plants.

And once you know how to grow this dynamic accumulator, it is fertilizer for free, forever.

Comfrey fertilizer is rich in both nitrogen and potassium. As such, it can help your tomatoes, peppers, cucumber and berries produce abundant harvests.

To make comfrey liquid fertilizer, harvest your comfrey leaves and chop them up as small as possible. Add the chopped comfrey to a container that has a lid (the brew stinks and you’ll definitely want to contain that smell) such as a five gallon bucket. Cover with water, put the lid on and allow to infuse for 4-6 weeks. Strain out the leaves, dilute the final liquid with water at a ratio of 10 parts water to one part comfrey liquid. Water your plants with the diluted mix.

2. Using comfrey as a mulch

If you practice permaculture principles in your garden, likely you have already come across the method of using comfrey as a nourishing source of mulch.

This can be done one of two ways: growing comfrey directly in the ground, near fruit trees for example. Or simply grown in a “comfrey patch” to be harvested as mulch when necessary.

Comfrey leaves can be chopped up into smaller pieces and strewn on top of the soil, wherever mulch is needed. On top of this you can spread an additional layer of hay, straw or green grass clippings to prevent light from hitting the soil – at the same time suppressing the growth of weeds. In this way, the chopped comfrey leaves also become a natural fertilizer as they slowly decompose into the soil.

3. Comfrey as a forage plant

While some animals may come and chew a few leaves, they are smart enough to know that it is not a complete foodstuff and would never choose to decimate an entire patch of comfrey in one sitting.

Comfrey flowers, however, attract a different class of hard-working insects. Namely honeybees and bumblebees. So, if you are a beekeeper, or just a gardener keen on rewilidng your backyard, know that growing comfrey can help more than just the soil. It can tap into (re)creating an entire ecosystem with healthier habits and more nutritious pollen and nectar for all creatures to eat.

4. Add comfrey to your compost

Why add comfrey to your compost? Well, for starters, it bulks up your compost with organic material that is rich in nitrogen. This in turn, results in an increase in microbial decomposition. In essence, it gives a boost to your compost pile which might otherwise be sluggish.

Careful though! Add too much comfrey and you may slow the decomposition rate.

Just as when you use comfrey as mulch, when you add it to your compost you are inevitably going to enrich your soil with nitrogen, phosphorus and potassium. Go ahead and add your excess green leaves to your compost bin, your garden will thank you.

5. Plant comfrey to fill in your shady areas

No matter how hard you try to find full sun in your garden for all your favorite sun-loving plants, there will always be shade. Shade from tall trees, shade from the neighbor’s house, or your very own.

Rather than be disappointed by shade, try to embrace it. Then find the shade-tolerant plants that can handle it, if not downright enjoy basking in some sunless light.

Luckily comfrey is one of those easy-going plants that can handle full sun or partial shade. Combine that with its fertilizing capabilities and you have a victorious situation on your hands. You can easily harvest in the shade, as you make a top-notch fertilizer for your award-winning, sun-loving tomatoes.またはそのようなもの。

In this way, comfrey is a terrific plant to incorporate into forest gardens, as it can be planted among trees and along edges.

6. Make a comfrey tea for houseplants

You already know how your potatoes, tomatoes and peppers can benefit from comfrey as an organic fertilizer. How about your beloved houseplants?

They also need some extra nurturing from time to time too. Rather than change the soil too often (which disturbs the roots to some extent) you can also make a fertilizer of compost tea to use indoors.

If you are able to dry some comfrey leaves (as you would dry any fresh herbs at home) during the summer months, you can then soak them in winter when your houseplants need a little extra nutrition. Let the comfrey leaves sit in pure water for a few days, strain, then water your plants as usual.

Be careful to keep your comfrey leaves labeled and separate from your other herbs, so that you don’t accidentally end up putting them in your herbal tea!

7. Comfrey as a natural medicine

Have you ever had a sprain that felt like it took too long to heal? Or a bruise that was overly sensitive to touch? If you have comfrey growing in your garden, then a healing comfrey poultice is not so far away!

In summer you can make a healing remedy from fresh leaves, but for winter injuries, you better have a salve already made or some dried leaves and roots at the ready.

Every summer we make an infused comfrey oil for the extremely random and unexpected times it may be needed throughout the year. It is always best to be prepared!

Comfrey can also be used to make a healing salve or cream for external use to reduce inflammation and pain, at the same time to speed the healing of skin. Note, that comfrey should 決して be used on open wounds. If you can’t make your own, or don’t dare to try it just yet, you can always search for and find a handmade comfrey salve online. Just be sure to buy from a reputable source.

Once you have a patch of comfrey growing contentedly in the garden, you might as well grow some beautiful borage too! Not that you need another plant…


Comfrey Can Activate Compost

Town dwellers who must buy manure for their compost piles could save money by keeping a few comfrey plants. Bocking No. 14 — a narrow-leaved, fine-stemmed type with very high protein and potash content — is especially good for kicking the decomposition action into high gear. For best results, scatter comfrey cuttings throughout the compost heap. (Our planting is a mixture of Bocking No. 4 and 14 and we've used the two interchangeably. When time and supply allow selectivity, however, it's good to know about the special properties of each variety.)

You can also condition your soil with comfrey - it's one of the best plants for this. The roots range to depths of 8 to 10 feet, bringing up nutrients from the mineral-rich subsoil, breaking up heavy clay and aerating the land with their channels. The leaves themselves may be buried as "instant compost" to give row crops season-long nourishment.


Rise and Shine Rabbitry

I get excited about a few things (most are homestead related), but rabbits and comfrey are at the top of my list! There are so many uses for comfrey on the homestead everyone should grow it.

This amazing plant can be used as a livestock food and tonic, herbal medicine, organic fertilizer and mulch for you gardens, and a great booster for your compost piles!

I will list as much as I know about comfrey on this page. The first time I got Comfrey was back in the early 80s and even when moving from place to place, I would dig up roots to bring my comfrey with me. Back then I was only growing it as a food and tonic for my rabbits. As I started learning how to use it more and more in the gardens, greenhouses, and compost piles and then seeing the results of what Comfrey can do. I was amazed! I started many more comfrey beds and planted it around my gardens, fruit trees, and compost piles for easy harvest and use.

Comfrey is a high-yielding leafy green perennial herb, and a member of the borage family. I use, grow and sell, Russian Bocking 14 Comfrey, Symphytum uplandicum.

In 1954 Lawrence Hills began researching the use of Comfrey. He found that it mines nutrients in the ground by using its deep root system. When plants do this it is called a dynamic accumulator. The plant will draw minerals out of the soil and into the roots, stems and leaves. This makes comfrey very rich in the basic N-P-K elements which are the basis of all plant fertilizers and are important for plant health and growth. Comfrey contains useful amounts of these trace elements but nobody seems to have researched this until Hills went on to develop the most useful variety of Comfrey, Bocking 14, which was named after the location of the trial grounds in Essex, England.

The most important property of Bocking 14 is that it is sterile. That means it does not self-seed so it does not spread like wild Comfrey. But once you have Comfrey in the garden you will never get rid of it as even the smallest piece of root will regrow vigorously. But then why would you want to get rid of it, with its so many uses!

Comfrey grows up quick and early in the spring and can easily reach heights of 5 feet. The lower leaves are very large, compared to the small hanging clusters of flowers at the top of the plant, to which I have never seen so many bees as in my comfrey beds, they love the purple flowers as do a great many other beneficial insects. The shape and size of this plant makes it look like a shrub but comfrey is a herb. Comfrey is a hardy perennial and it will die back to the ground in the winter and regrow in the spring.

Comfrey will adapt to most areas you want to plant it, but will thrive in a rich organic soil. As with all quick-growing plants, Comfrey needs nitrogen. Comfrey gets all its nitrogen from the soil, so some type of regularly added organic matter is needed. Of course I cannot think of anything better to use than Bunny Berries! I top dress my Comfrey plants every spring and fall!

When starting Comfrey plants I use root cuttings most often. These cuttings are usually available in small and larger sizes. The larger roots will sprout and grow faster than the small cuttings. These are 2-6″ lengths of root which are planted horizontally 2-8″ deep. Plant shallower in clay soil and deeper in sandy soils.

You can also grow comfrey from crown cuttings, but these will be more expensive. A crown cutting will include sprouts and will grow faster than root cuttings. Crown cuttings are planted 3-6″ deep.

If you are growing several plants of comfrey for a bed, and regular harvesting, space them in a grid, 3′ apart.

Once Comfrey is established it will take care of itself. Each year the plant will get a little larger and the root system will get more dense. A Comfrey plant can live several decades before it begins to decline. By dividing the plant every few years this will keep the plant growing vigorously longer.

Because of its deep tap-root, comfrey is very drought tolerant. However regular watering will keep it green, growing strong and blooming for a great quick harvest.

Comfrey leaves can be harvested and dried at any time in its growing stage. If you are growing it to harvest the leaves, you can make your first cutting when the plants are 2′ tall. Cut back to within a few inches of the crown. If you begin harvesting early, you may not get flowers that year.

I have many comfrey plants all over the homestead and for many different reasons. The plants around my garden I let flower. These purple bell-like flowers draw in so many beneficial insects to help pollinate my crops. By planting Comfrey as an outside border the plants roots mat together stopping even couch grass from creeping in. I do plant them closer about 24 inches apart as a garden border and the plants are right were I need them when I want to use as a mulch.

There are so many great ways to use comfrey around the garden! One of the easiest uses of comfrey is as a thick mulch for other crops. Comfrey leaves and stems can be cut and wilted for a few days and then used as a mulch. This will slowly release all the nutrients that their long tap roots pulled up from the soil. This will also help to suppress weeds, feed the plants being mulched, and conserve moisture. This is especially good around plants that like a little extra potassium like fruits, squashes, potatoes, and tomatoes.

Researchers in British Columbia analyzed the NPK (nitrogen-phosphorus-potassium) ratio of comfrey and discovered that the leaves have a remarkable NPK ratio of 1.80-0.50-5.30. When we compare these nutrient ratios to that of animal manure we can see how far superior comfrey is but the bunny berries are still better than most manures!
Dairy Cow: .25-.15-.25
Steer: .70-.30-.40
Horse: .70-.30-.60
Sheep: .70-.30-.90
Chicken: 1.1-.80-.50
Rabbit: 2.4-1.4-.60

As comfrey leaves wilt an decompose they become irresistible to slugs and snails. If you spread them around young plants such as lettuce and other slug loving plants this will keep the slugs busy and easy to dispose of.

The wilted leaves and stems (by wilting the pieces of comfrey they will not root) can be dug into ground that is being prepared for a new crop and they will break down to give an awesome organic feed to the crop that is being planted. I always do this with all seedlings I transplant outside. This works great on plants being grown in containers as the comfrey decomposes it makes a slow release fertilizer for the plant. Great to add in when you trench in your potato starts in the spring.

Comfrey as a liquid fertilizer is the best! This is one of my favorite uses. Throw that Miracle Grow and any other chemical fertilizer out! Comfrey leaves and stems (I chop the stems) can be crammed and packed tight into a large container (I like using 5 gallon buckets) with a brick or rock pressing down on the mass of comfrey. After a few weeks the mixture will be like a green, brownish soup and ready for harvest. Strain it through a fairly fine screen and bottle, then put the screened sludge remains onto the compost pile. By putting a spigot on the bottom of the bucket you could just keep adding comfrey to the top as it breaks down and turn the tap on as you need it. Once this liquid fertilizer is made it should be diluted from 10:1 to 15:1.

Some people I know just add cut and chopped comfrey plants to their rainwater barrels, then let sit for a few weeks and use this to water their plants as is. They have all had great results.

Because Comfrey is a high-nitrogen source, Comfrey is a wicked awesome compost activator and a great booster for the compost piles, it will even awaken those cold dead piles!

Remember when composting to always have the right balance of green and brown shredded material in any of your piles to keep them healthy and composting. Comfrey when added to the pile works best as an activator if it is well mixed with the whole pile rather than just adding it as layers, this will kick-start your hot composting process. You can add as layers if your pile is working and you just need to add some green stuff.

Here is a recipe for the Rise And Shine Comfrey Composter Super Booster Fill your blender 3/4 full with fresh comfrey leaves, then add water to about 2 inches below the rim. Blend until the comfrey is dissolved. Pour the undiluted blended comfrey into your composter or on your compost pile. It will get your compost heating up fast! It’s an excellent compost activator because it contains more nitrogen than most manures.

A few years ago I planted some Comfrey plants next to my compost bins and their growth has been awesome, it is in a shady area on the homestead, most plants would never even grow there. The Comfrey grows vigorously while enjoying the leaching nutrient’s from the pile. The comfrey is also close to the compost pile to add as green matter, If I add some dry matter to the compost pile.

I get three good crops of leaves each year from each plant here in Maine, it can be cut right down to 2” above the ground and then it will re-grow fast. Remember to keep an eye on it, splitting off some of the root every few years to prevent it getting out of control, but you can propagate these cuttings into as many new plants as you want, to start new beds, and plants, to barter, sell or give as gifts.

Comfrey is also used as a livestock food. Farmers in both Japan and in the Pacific Northwest plant fields of comfrey to feed both their dairy and beef cattle. These farmers are getting remarkable results in the health of both their beef cattle and increased milk production in their dairy herds.

I did a post on the benefits of comfrey for rabbits here is the link https://riseandshinerabbitry.com/2011/10/22/comfrey-for-rabbits/

The Henry Doubleday Association in the United Kingdom long advocated the use of comfrey as a nutritional supplement for farm animals.

Comfrey contains many vitamins and nutrients such as Vitamin B12, potassium, sulphur, calcium, iron, phosphorus, Vitamin A, Vitamin C, Vitamin B-complex, selenium, iron, germanium and is also an excellent source of protein.

I feed comfrey to all the livestock on my homestead. The chickens love it, when the free ranging chickens get to run in the comfrey beds they will eat it to the ground. The pigs go crazy when they see you carrying in to them grunting and doing their happy dance. I have fed it to my rabbits for 30+ years and they love it! So far, I have had no adverse effects on feed comfrey to any of the livestock I raise here on the homestead!

I have been told lots of negative things on feeding comfrey to livestock. Studies have reported the development of cancerous liver tumors and liver damage in animals after ingesting or being injected with various amounts of comfrey. If comfrey is so dangerous, then why is it not causing liver issues to the cattle raised in Japan? The cattle are being fed large amounts of comfrey yet there has been no problems with liver tumors or liver damage in their herds. I feed comfrey to my rabbits as much as 25% of their daily green feed. I butcher my rabbits and all the livers are healthy and tasty! I have never personally had any problems with comfrey being fed to the animals on my homestead.

I researched a few of the negative comfrey studies, the ones I could find were done on young rats. The Comfrey was not given to the rats as a food source, Instead the toxic alkaloids were isolated and injected into these rats.

As with many herbs, the whole plant contains elements and nutrients that can neutralize the toxic elements in the plant being eaten. So by isolating and injecting a toxic chemical from the comfrey plant and eating the leaf of the plant, you would get different results in any study. So do some research yourself and make your own choice. I will be using comfrey as a food source for my animals!

As a medicinal herb, Comfrey has been used for more than 200 years. A famous herbalist, Dorothy Hall, who wrote in 1975 ‘Russian comfrey and garlic could together almost halve the present ills of western civilization.’

In herbal medicine it is sometimes referred to as “knit bone” for its ability to speed wound healing. Knit bone, refers to the way that the Comfrey was ‘knitted’ (wrapped) around the bruised leg or arm.

The allantoin content of comfrey, especially in the root, has resulted in its use in folk medicine for healing wounds, sores, burns, swollen tissue, and broken bones. When applied externally to bruising, sprains, arthritis or any inflamed tissue, it acts as an anti-inflammatory and pain reliever.

In studies allantoin appeared to affect the rate of cell multiplication. Wounds and burns seemed to heal faster when allantoin was applied due to a possible increase in number of white blood cells. Comfrey works so well that it is important to ensure that when using it as a healing poultice, the affected area or wound is completely clean and free from dirt or foreign matter. This is because Comfrey causes the skin to grow back so fast that any dirt left behind will actually end up being stuck under the new skin growth.

You can apply cold grated comfrey root or a cloth soaked in cool comfrey tea to sunburns or other minor skin burns.

Comfrey can be used as a treatment for rashes, scrapes and especially insect bites and stings.

Making a poultice with the juice can remove warts and other growths. Can be used as a rinse for skin problems on livestock and pets.

Comfrey Infused oil is used to treat arthritis, skin wounds and diseases such as psoriasis. Juice from the leaves and stems in a terrific cure for poison ivy.

You can make an infusion by boiling the leaves. For using the plant externally, the whole plant can be beaten and heated up, then applied to the skin.

To make comfrey oil, clean some fresh comfrey roots with a scrub brush under running water. Place the roots in a blender or food processor with olive oil to cover, and grind as fine as possible. Put into a large glass jar and allow to soak for several weeks before straining. Filter through a wire mesh strainer with cheesecloth or in a coffee filter. This can be used as a compress or poultice.

Comfrey should never be taken internally. Most health agencies in the U.S. have banned the internal use of comfrey due to the pyrrolizidine alkaloids found in this plant. Comfrey is no longer sold in the U.S. as an herbal cure, except in creams or ointments.

In the past before the bad press on comfrey they did use it internally. Drinking a few drops of Comfrey in water can help with bronchial problems, particularly whooping-cough. Boiling the crushed root yields a mild remedy for diarrhea and other gastro-intestinal problems.

Use any of the cures here use at your own risk. I am not a doctor. These are old remedies’ that have been used for generations.

Comfrey is nature’s answer to a sustainable fertilizer, fodder, and healing herb for the Homesteader. Best of all it is free! and you can grow it yourself! Comfrey is The Gold Mine on the Homestead!


ビデオを見る: 実験液体肥料の希釈倍率の違いで植物にどう影響するの 前編準備編 by園芸チャンネル 082