コレクション

ケラトスティグマ

ケラトスティグマ


ケラトスティグマ(Ceratostigma)は、イノシシ科の顕花植物です。これらのかわいいフロックスのような花の種のほとんどは中国から来ていますが、ケラトスティグマはアジア全体だけでなく、アフリカ大陸の東にも見られます。この属は、一年中装飾的な外観を維持するか、冬に向けて葉を落とす多年生草と低木の両方によって表されます。ケラトスティグマの中には、茎が長すぎず(最大1 m)、密な綿毛で覆われたブドウの木もあります。

ケラトスティグマの青みがかった青または紫の花序は、葉の腋窩から現れるか、茎の上部にあります。それぞれの花は、根元で融合した5枚の花びらで構成されています。開花後、その場所にとげのある小さな果実が形成され、種子は1つだけです。

その視覚的な魅力に加えて、ケラトスティグマには実用的な利点もあります。そのタイプの1つは、ワインメーカーの防腐剤として機能する特別な物質であるプルンバギンを取得するために使用されました。さらに、この物質は多くのソフトドリンクに含まれていました。たとえば、有名な「タルフン」で発見されました。

ケラトスティグマを成長させるための規則

ケラトスティグマを成長させるには、冷たい喫水から保護された、明るく照らされた場所が必要になります。これらの花は、南東側と南西側だけでなく、南側にも植えることができます。部分的な日陰では、茂みも心地よくなりますが、それでも太陽の下で最も壮大な外観を呈します。そのため、背の高い木や建物からの光を遮る建物の隣に植栽を配置しないでください。

植栽には、適度な肥沃度の軽くて水はけの良い土壌が適しています。土壌は十分に緩く、わずかに湿っている必要があります。水が長時間停滞する低地に植えると、密度の高い粘土質の土壌と同じように植物が破壊される可能性があります。現場の土が重すぎる場合は、砂を加えてから、すべてを完全にほぐしてください。ケラトスティグマの繊細な根は、植え付け中に保護する必要があります。

花壇や花壇に苗を植えるときは、茂みの間に少なくとも1 mのかなりの距離を保つ必要があります。成長するにつれて、各茂みは直径約60 cmの領域を満たすことができるため、より緊密な配置で、植物はお互いを溺れ始めることができます。花が隣人を花壇から押し出さないように注意することも価値があります。これを行うには、定期的にケラトスティグマの茂みを分割するか、その根の広がりを調節することができます。

植え付け直後は苗に水をやる必要がありますが、将来的にはケラトスティグマは頻繁な土壌水分を必要としなくなります。通常、それは十分な通常の降雨量を持っています、唯一の例外は長期の干ばつの期間です。花がコンテナで育てられる場合、それらは土が乾くにつれて水をまきます。

ケラトスティグマの場合、1回の春の給餌で十分です。茂みは、有機またはミネラル組成物で水をまくことができます。春には、雪が溶けた後、植物が剪定されます。昨年の乾燥した枝はすべて茂みから取り除き、新鮮な新芽の成長を刺激する必要があります。ケラトスティグマの花は、今年出現した若い枝にのみ形成されます。

植物は-10度までの霜に耐えることができると想定されていますが、ケラトスティグマの信頼性のために、冬の間はそれを覆い、トウヒの枝や葉を茂みに投げることをお勧めします。上からは、黄麻布などの高密度の素材で覆われています。しかし、春にはそのような避難所を時間内に撤去する必要があります。そうしないと、茂みの根元の襟が水浸しで腐り始める可能性があります。冬が厳しい地域では、これらの花を携帯用の容器や鉢で育てることをお勧めします。移動式コンテナに植えられた植物は、冬の間、涼しくて明るい部屋に移され、そこで摂氏約+10度を保ちます。それらの下限温度しきい値は+3度です。

ケラトスティグマを苗の形で店頭で購入する場合は、植物の葉に注意を払う必要があります。それらは色が均一でなければなりません。原則として、低木は開花前または開花後に移植されます。

ケラトスティグマの繁殖方法

重ね着による再現

ケラトスティグマを繁殖させる方法はいくつかあります。最も簡単なものの1つは、階層化による伝播です。秋には、若くて柔軟な枝が地面に曲げられ、わずかに覆われ、ボードなどの荷物で固定されます。冬の間、そのような層は彼ら自身のルーツを与えます、そして、春に、新しい植物は分離されて、そして望ましい場所に移植されることができます。

春には、茂みは分割または挿し木によって繁殖することができます。挿し木に適しているのは若く、長さ約10cmの硬い芽ではありません。植える前に、下の葉をそれらから取り除きます。発根の速度のために、あなたは刺激液で地面に浸された挿し木の端を扱うことができます。着陸には、通常、軽い泥炭と砂の混合物が使用され、その後、コンテナはバッグで覆われます。挿し木を取り入れると、新鮮な葉が現れ始めます。そのような苗木は注意して新しい場所に移されます。ケラトスティグマの壊れやすい根の損傷を避けるために、積み替え方法を使用するのが最善です。

種子から成長するケラトスティグマ

種子からケラトスティグマを育てることもできます。 2月末または3月に苗を蒔き、地面に0.5cmしか埋めないようにします。移植時に根との接触を少なくするために、ピートカップを使って苗を育てます。約+20の温度で、苗は2週間以内に現れるはずです。すべての霜が過ぎた後、苗木を地面に植える必要がありますが、そのような茂みは1年後にのみ開花します。

害虫や病気

ケラトスティグマの葉身の表面にある密な綿毛は、ほとんどの害虫から植物を保護しますが、それでもいくつかの病気にかかりやすいです。それらの1つはうどんこ病です。葉に白っぽい花が咲く場合は、適切な準備で茂みを処理する必要があります。

ケラトスティグマのもう1つの一般的な病気は、根腐れです。その発達の理由は、適切な排水層のない頻繁な水やりまたは密度の高い土壌です。

ランドスケープデザインにおけるケラトスティグマの応用

ケラトスティグマの秋の開花は、多くのフラワーガーデンで歓迎されるゲストになります。その茂みは、縁石や地被植物としてよく使用されます。それらは建物の壁を囲み、前景にミックスボーダーを使用し、またそれらを石庭や高山の滑り台に植えます。低木の紅葉の鮮やかな色は、低い針葉樹や、青みがかったまたは銀色の葉のある草や茂みと組み合わせて、それらを壮観に見せます。

写真と名前の付いたケラトスティグマの種類

ピギー(プランバゴイド)

忍び寄る地被植物は多年生で、高さは30cmに達します。この種の故郷は中国の西にあると考えられています。春の終わりに、波状の縁を持つ楕円形の葉がそのようなケラトスティグマに現れます。表側は濃い緑色で、裏側は灰色がかった色になっています。秋になると、葉の色が燃えるような赤または赤褐色に変わります。茎のてっぺんには小さな花が咲いています。開花期は夏の終わりか最初の秋の週に起こります。この種は、最も耐霜性の高い種の1つと見なされています。

ウィルモット(中国語)

知恵の象徴としてチベット人によって崇拝されたもう一つの中国の品種。このタイプのケラトスティグマは、低落葉低木を形成します。葉は緑と深紅の色合いを組み合わせています。花は水色で、中心は赤です。 8月末から鑑賞できます。

小(マイナス)

多くのサイドシュートがある低木。葉は思春期を迎え、秋には深紅色に塗られます。花の直径は2cmを超えず、色は紫青です。開花期は初秋です。

ウシュコバヤ

多年生の地被植物で、庭の植物としてだけでなく、鉢植えの植物としても使用されます。高さ35cmに達します。茎は細く、小さくて柔らかい薄緑色の葉で覆われています。頂端の花序-ブラシはスカイブルーの色調で描かれた花です。庭で育てるには、通常、苗の播種が必要です。

グリフィス

ヒマラヤの品種。通常は高さが低い常緑の茂みを形成しますが、個々の標本はほぼ1メートルのサイズに成長する可能性があります。広がる枝は明るい緑色の凸状の葉で覆われています。それらのエッジは赤みがかったライラックです。夏には青紫色の頂端の花が咲きます。


30イージーケアグランドカバー

美しい芝生、庭にハゲのパッチはありません-それはあなたが努力していることではありませんか?しかし、ゴージャスな芝生を維持するのが難しいか不可能な場合があります。イージーケアのグランドカバーがあなたの景観問題の解決策になるかもしれません!私たちの記事では、オープンサンを愛するそのようなグランドカバー、そして「最悪の日陰」で成長することができるものを見つけるでしょう、さらに、これらのグランドカバーは干ばつと熱によく耐え、そしてこれらすべての利点で開花さえします!

忍び寄るタイム(タイム)

タイムのフレッシュな香りをお楽しみください。それは美しく土を覆い、香りのよい葉を持ち、ピンクまたは白い花で咲きます。お手入れが簡単。開花期:春〜夏。

ラテン語名:Thymus serpyllum

生育条件:完全な太陽と水はけの良い土壌

甘いウッドラフ

甘いベッドストローはあなたの裏庭に理想的なグランドカバーであり、その周りのスペースを素晴らしい香りで満たします。花だけでなく、葉の香りも心地よいです。香りのよいベッドストローの葉を手で摘んでつぶすと、刈りたての草の香りがします。香りのよいベッドストローは、美しい絨毯を形成する従順な植物の1つです。

ラテン名:Galium odoratum

生育条件:部分的から完全な日陰と水はけの良い土壌

コチュラまたはレプティネララフ(真鍮ボタン)

おそらく、あなたはこの植物について初めて耳にします。カチュラまたはレプティネララフはニュージーランド原産です。ブロンズ色のボタンの形をした黒と花の色合いの細かいテクスチャの小さな葉があります(したがって、植物の英語名は「銅ボタン」-真鍮ボタン)。さらに、このグランドカバーはある程度のストレスに耐えることができるので、ラフなレプティネラ菌の上を歩いたり、自転車に乗ったりすることもできます。

ラテン語名:Leptinella squalida'Platt's Black '

生育条件:完全な太陽と水はけの良い土壌

ビショップの雑草

夢は急速に成長し、他の日陰を愛する植物がまったく住むことができないあなたの庭の濃い日陰の隅で単に繁栄します。美しい2色の葉を持つ「斑入り」のラニーは、日陰の斜面や繁栄する余地のあるその他の地域に最適です。

庭師のヒント:あなたの庭は、広いクリーミーな境界線を持つ薄緑色の葉の装飾的な斑入りの​​カバーをすばやく形成するバリエガタ品種でさらに興味深いものになります。

ラテン語名:Aegopodium podagraria'Variegatum '

生育条件:部分的から完全な日陰と水はけの良い土壌

サイズ:高さ25cmまで届きます。

忍び寄る虫(アジュガ)

春になると、粘り強く青、ピンク、白の花のキャンドルが投げ出されます。粘り強い葉も興味深いものです。チョコレート紫の葉を持つ植物(品種「チョコレートチップ」)、赤褐色の葉を持つ植物(品種「ルブラ」)など、いくつかの種類があります。粘り強いものは、困難な日陰の場所で成長する可能性があります。たとえば、長い間水を与えていない木の下の日陰で。

ラテン語名:Ajuga reptans

生育条件:部分的から完全な日陰と湿った、水はけの良い土壌

斑点のある子羊(ラミウム)

斑点のある子羊は、メンテナンスフリーの優れたグランドカバーです。ほとんどの種は夏の間ずっとピンクまたは白の花序で咲きます。花が咲いていないときでも、美しい銀色の葉が庭の日陰の隅をリフレッシュします。斑点のある子羊は、伝統的な芝生の素晴らしい代替品です!

ラテン語名:Lamium maculatum

成長条件:完全な日陰と湿った、水はけの良い土壌

ルーズリーフ、またはルーズリーフコイン(ゴールデンマネーワート)

コインキャメル、またはコインキャメルは影を咲かせるのに最適です!ロストウィードメドウティー-この植物の別名は、急速に成長し、急速に広がる植物であり、広い土地をカバーする必要がある場合に理想的です。

ラテン語名:Lysimachia nummularia'Aurea '

生育条件:部分的から完全な日陰と湿った土壌

イカリソウ大輪、または角質ヤギ雑草(イカリソウ)

乾燥した日陰は、景観に深刻な問題を引き起こす可能性があります。幸いなことに、このような状況では、大花のイカリソウ、または大花の山羊は生きることができるだけでなく、率直に言って繁栄します。本当にたくさんの選択肢がありますが、「ピエールの紫」、「硫黄」、「リラフィー」の3種類のいずれかをだまして植えないことをお勧めします。

ラテン語名:Epimediumgrиiflorum

生育条件:部分的から完全な日陰と水はけの良い土壌

スズラン

美しい葉と繊細な香りのある美しいスズランは、最も手入れが簡単な地被植物の1つです。スズランは、パティオの近くに日陰のコーナーを植えたり、裏庭の大きな木の下に芝生を植えたりする必要がある場合に最適です。ただし、スズランは急速に成長するため、面積を取りすぎないようにする必要があります。

ラテン語名:Convallaria majalis

生育条件:日陰と水はけの良い土壌

カナダのハナミズキ、またはカナダのハナミズキ(バンチベリー)

カナダのハナミズキは、自然の風景の中で美しく見えます。春にはかわいい白い花が咲き、秋には真っ赤なベリーが熟します。この矮性植物の葉は、青銅色の紫色の色合いのエレガントなお祝いの外観を持っています。

ラテン語名:Chamaepericlymenum canadense(Cornus canadensisとも呼ばれます)

生育条件:日陰と水はけの良い土壌

小さなツルニチソウ(ビンカ)

ツルニチソウは、その魅力的な茂み、美しく形作られた光沢のある濃い緑色の葉で貴重です。かわいらしいツルニチニチソウの花は、青、紫、白があります。ツルニチニチソウはどんな条件にも簡単に適応し、さまざまな種類の土壌に耐性があります。

注:条件が彼に非常に適している場合は、ツルニチニチソウが急速に成長し始めることがあります。そのため、庭師からツルニチニチソウが攻撃的であると聞くことがあります。

ラテン語名:Vinca minor

生育条件:部分的から完全な日陰と湿った、水はけの良い土壌

ヨーロッパの蹄(ワイルドジンジャー)

ヨーロッパの野生のひづめは、その光沢のある美しい形の葉とその良好な成長で高く評価されています。ヨーロッパのクレフトフーフは攻撃的な植物ではなく、同時に景観の中で素晴らしいコロニーを形成します。

ラテン語名:Asarumeuropaeum

生育条件:部分的から完全な日陰と水はけの良い土壌

ソフトカフ(レディースマントル)

この美しい多年草は葉に細い毛があり、朝、茂みが露で覆われているとき、袖口は太陽の下でちょうど輝きます。柔らかい袖口の開花期は6月から8月で、小さな黄緑色の花が密集して咲きます。植物をもっと長く咲かせたい場合は、色あせた頭を切り取ります。英語では、袖口の名前は「レディースマントル」のように聞こえます。

ラテン語名:Alchemilla mollis

生育条件:日当たりの良い/部分的な日陰、湿った、水はけの良い土壌

アピカルパチサンドラ(パキサンドラ)

日陰の強い部分を頂端のフッキソウで覆うことをお勧めします。この植物は、豊かな濃い緑色の葉を持ち、白い花のミニチュアクラスターに咲きます。植えた後、数シーズン根を下ろしますが、新しい場所に根付くとすぐに忘れてしまいます。完全に放置された状態で繁殖します。 Plant and Forget:これは最もメンテナンスの少ないプラントです。

ラテン語名:Pachysira terminalis

生育条件:日陰と湿気、水はけの良い土壌

セダム

発育不全のセダムは、背の高い親戚のような豊かな色のパレットを提供しませんが、日当たりの良い開放的な地域では、優れた地被植物です。さらに、彼に合わないような特別なケアを思い付くのは難しいです:小さめのセダムは最も気取らない植物の1つです。写真のセダムには金色の花序があります。

ラテン語名:セダムエーカー

生育条件:完全な太陽と水はけの良い土壌

Molodilo、または家畜、または石のバラ(Hens-and-Chicks)

マンネングサの理想的な仲間は、石のバラ(または若返り)です-ロックガーデン、石の柵、または歩道の亀裂に最適な多肉植物です。若返り-ケアを必要としないグランドカバーの1つ。植えて喜ぶ。

ラテン語名:Sempervivum品種

生育条件:完全な太陽と水はけの良い土壌

ソープグラス(サボンソウ)

石鹸草は不当に過小評価されている植物です。サボンソウのほとんどの種類は優れた地被植物です。 「マックスフライ」(「マックスフライ」)-成長の遅い品種で、ラグを形成します。ラグは春に咲き、星の形をした小さなピンクの花が咲きます。 Mylnyankaは、夏の暑さや過度の湿気を恐れないため、庭師に最適です。

ラテン語名:Saponaria x lempergii'Max Frei '

生育条件:完全な太陽と水はけの良い土壌

エノテラピンク(派手なイブニングプリムローズ)

この植物は、熱、干ばつ、過剰な水分など、さまざまな条件に耐性があります。夏の真っ只中に、それは陽気なピンクの花であなたに報酬を与えます。そして、月見草を育てるのは簡単ですが、我慢することをお勧めします。この地被植物は遅く上昇します。

ラテン語名:Oenothera speciosa

生育条件:完全な太陽と水はけの良い土壌

アルメリア

アルメリアは、庭ではあまり見かけない魅力的な植物です。その草のような葉はロゼットを形成します。開花期には、アルメリアは長い小花柄を作り、春の終わりに咲きます-初夏には明るい深紅色または白い花が咲きます。 「ルブリフォリア」と呼ばれるアルメリアの品種は特別な注意を払う価値があります-このアルメリアはバーガンディ色の葉を持っています。

ラテン語名:Armeria maritima

生育条件:完全な太陽と水はけの良い土壌

忍び寄るフロックス

忍び寄るフロックスは、縁石/ラバトまたは他の種類の縁取りに理想的な植物です。ピンク、白、紫、赤みがかった、二色のフロックスの品種があります。この多年生植物は成長が遅く、太陽が降り注ぐ地域と水はけのよい土壌が大好きです。忍び寄るフロックスは、チューリップや水仙などの良い隣人です。あなたがそれを植えたところはどこでも-どんな道/花畑などに沿って。 -このグランドカバーは、あらゆる場所に独自の魅力を与えます。

ラテン語名:Phlox subulata

生育条件:完全な太陽、湿った、水はけの良い土壌

コキンバイ(不毛のイチゴ)

Walstheniaはもともと北アメリカ、より正確には北アメリカの東から来ています。ランドスケープデザインでは、密な茂みを形成する能力、イチゴの葉のように見える葉、黄色い花が高く評価されています。

ラテン語名:Waldsteinia fragarioides

生育条件:部分的な日陰から完全な日光と湿った水はけの良い土壌

Prostrate Veronica

このベロニカは古き良き時代の短いバージョンで、背の高いすべてのベロニカに馴染みがあります。ベロニカの青い花は、彼女自身の金色の葉と美しく対照的です。これは、トレハネやゴールドウェルなどの品種に当てはまります。

ラテン語名:Veronica prostrata

生育条件:完全な太陽と水はけの良い土壌

ゼラニウムブラッドレッド、またはブラッドレッド(Bloody Cranesbill)

真っ赤なゼラニウムは、その葉にそのような劇的な名前が付けられており、秋には真っ赤になります。血のように赤いゼラニウムの花は、品種に応じて、青と紫になります。この地被植物はゆっくりと成長しますが、部分的な日陰、または日陰では、時間の経過とともに広い尾根を形成します。この植物は美しいだけでなく、メンテナンスも必要ありません。

ラテン語名:ゼラニウムサンギネウム

生育条件:部分的から完全な日陰と水はけの良い土壌

Hakonehloya、または日本の森の草

観賞用の草はあなたの風景に構造を加えるための美しい方法です。低成長の植物は優れた地被植物であり、ハコネクロア、または偶然にも2009年に今年の植物に選ばれた日本のゴールデンケーンは、最高の地被植物の1つです。日本のゴールデンケーン(英語ではこのハーブは「日本の森の草」と呼ばれます)は、金色とピスタチオの葉を持ち、クッションのようにきれいな茂みを形成します。

ラテン語名:Hakonechloa macra

生育条件:直射日光と部分的な日陰、湿った、水はけの良い土壌。

ケラトスティグマ(リードプラント)

ケラトスティグマは、夏の終わりと秋になると理想的な地被植物です。夏の終わりには美しいエレクトリックブルーの花でケラトスティグマが咲き、秋には葉が豊かなワインカラーで描かれます。

ラテン語名:Ceratostigma plumbaginoides

生育条件:日当たりの良いまたは日陰のある地域と水はけのよい土壌。

ジャノヒゲジャノヒゲ(モンドグラス)

ジャノヒゲは南部の庭師、特に興味をそそる紫色の葉を持つ品種のお気に入りです。日本のジャノヒゲは矮性の草のように見えますが、ユリよりもジャノヒゲに近いです。

ラテン語名:Ophiopogon japonicus

生育条件:日陰、湿った、水はけの良い土壌

サイズ:品種にもよりますが、高さ60cmまで

フェルトチッパー(シロミミナグサ)

美しい白い花と銀色の葉で感じられたハコベは、どんな石の壁、どんなパティオも飾り、どんな庭の縁石にも合います。美しさに加えて、クリアヘッドは気取らないケアもあります-それはほとんどすべての土壌で等しくよく育ちます。

ラテン語名:Cerastium tomentosum

生育条件:完全な太陽と水はけの良い土壌

ラムズイヤー

この古典的な多年生植物の葉は毛で覆われており、子羊のふわふわした耳のように見えます。ビザンチンのノミは、素敵な柔らかい銀色の茂みを形成します。この多年生植物の複数の花が咲く渦巻きの花は、紫からピンクになります。コットンボール、ビッグイヤー、プリムローズヘロンなどの品種を探すのは理にかなっています。

ラテン語名:Stachys byzantina

生育条件:完全な太陽と水はけの良い土壌

クレステッドアイリス

クレステッドアイリスは、フォレストアイリスと呼ばれることもあります。紋付きの菖蒲の本拠地は北アメリカの東であり、これらの青または白の菖蒲にはさまざまな形と色があります。植えられると、それらはメンテナンスフリーで、自然の森スタイルの庭のための活気のある地被植物です。

ラテン名:Iris cristata

生育条件:部分的から完全な日陰の湿った、水はけの良い土壌

キンポウゲ(忍び寄るキンポウゲ)

これは、おそらく、すべての庭にあるといい植物です。たとえば、「バターポップコーン」は黄色がかった葉を持っており、日陰の庭では、これらのスポットは文字通り輝き、明るく、影を飾ります。美しい紅葉に加えて、キンポウゲも金色の花で咲きます。開花期は晩春〜初夏です。

ラテン語名:Ranunculus repens

生育条件:部分的から完全な日陰と水はけの良い土壌

ケリー・D・ノリスによるナレーション

翻訳:Anna Zhurbenko
特にインターネットポータル用
ガーデンセンター「あなたの庭」

エラーに気付いた場合は、必要なテキストを選択し、Ctrl + Enterを押して編集者に通知してください

コメント:

コメントはまだありません。コメントを追加できます。
これを行うには、登録またはログインする必要があります。


Ceratostigmaplumbago

丘陵地帯と岩場

種子から育った植物は2年目に咲きます

最大-23度(ゾーン6a)、南部地域により適しています

ロシア中部では、冬の間、それらは冷たい温室または低い正の温度(最大+12度)の他の明るい部屋の鍋に入れられます

適度に湿った土壌が好きですが、停滞した水を許容せず、十分な排水が必要です

5葉、直径2.5〜2.8 cm、赤紫色の管と青い肢、青い葯で管から突き出た切り欠きのある狭い三角形の葉

末端または腋窩、(1-)15-30-開花、槍状または長方形の苞葉

葉は広く卵形から卵形になり、長さ4〜10 cm、幅2〜5 cmで、基部に向かって鋭く狭くなり、頂点に向かって鋭く尖っているか、時には鈍く、縁に沿って思春期、上は緑、下は灰緑色、秋は壮観です、ブロンズまたはオレンジ

薄黄褐色の楕円形-卵形のカプセルで、長さは約6 mm、種子は赤褐色です。

細い、単純な、または枝分かれした茎を持つつる植物

直径約2〜3cmの枝分かれした茶色の根茎を持っています

石の多い庭、斜面、擁壁、小道の端、縁石、混合境界線の地被植物


ケラトスティグマ

Ceratostigmaplumbago
中国西部の低く忍び寄る植物。夏の終わりには、鉛の花を彷彿とさせる青い花と、葉のオレンジブロンズの紅葉が非常に印象的です。ロシア中部では、冬の間は好熱性であり、冷たい温室または明るい涼しい部屋で測定されます。

まだ誰もスレッドを作成していません

あなたは庭の妖精を信じますか?読んだ後、誰かが笑顔になり、子供時代とファンタジーの世界に思いを馳せて精神的に飛び込む人もいます。そして私 。

縦型水耕栽培の一種である多層植生植物「フィトピラミダ」が作られました。


多年生の花は花壇を作るための最良の基礎です

色は2種類あります。最初のグループには、一年生植物と呼ばれるグループが含まれます。春に種を蒔き、1シーズンだけ成長して開花します。 2番目のグループには、多年生植物と呼ばれる花が含まれます。つまり、より多くの注意と注意が必要な多年生植物ですが、同時に1年以上続けて庭師を喜ばせます。

多年生植物には、アマチュアの花の栽培者に高く評価されている多くの利点があります。

  • 種の種類は膨大であり、これは大きな花壇を作るときに非常に重要です。
  • 植物の寿命。シーズンの終わりには、上部だけが枯れますが、根は6年以上生きることができます(すべての植物ではありません)。
  • 根茎、種子、新芽を利用できるので、花の移植や繁殖に便利で、新しい花壇を作るときに便利です。
  • 薬用でもある膨大な数の植物は、独自の「グリーン薬局」を持ちたいと思っている人々を喜ばせます。


初心者のための多年草の花壇:スキームと写真

多年生植物から花壇を作成するためのルール

花壇を開発して作成するプロセスそのものがアートと比較されます。なぜなら、デザインするときでさえ、フラワーガーデンは一年の異なる時期に異なって見えるという事実を考慮に入れる必要があるからです。プロジェクトを正しく作成すると、継続的な開花の花壇ができます。この花壇では、1つの色あせた植物がすぐに他の植物に置き換わり、夏の間はこのすべてが行われます。

領土のゾーニングが完了し、小道、ベッド、低木、樹木がどこにどこにあるかをすでに知っているときに、フラワーガーデンの計画を開始する必要があります。

注意を払う必要があります

あなたがあなたの美しい多年生の花壇を作り始めるとき、あなたは注意を払うべきです:

  1. 気候。 植物を選ぶときは、あなたの気候帯で快適になるものを優先してください。
  2. サイトの個々の機能。 お住まいの地域のレリーフを使用すると、空きスペースを正しく割り当てるだけでなく、オリジナルのデザインオプションを作成することもできます。
  3. 土壌タイプ。 花壇に何が起こるかを多くの方法で決定する重要なパラメータ。あなたが肥沃な黒い土を持っているならば、理想的な選択はルピナス、ベル、アオイ科の植物でしょう。石の多い、砂質またはローム質の土壌がある場合は、セージ、亜麻、バレリアンが優れた選択肢です。沼地の土壌は、アスター、ノコギリソウ、コーンフラワーの栽培に適しています。乾燥した土地は、フロックス、コスメヤ、テンニンギク、カーネーションが理想的に成長するような条件であるため、問題ではありません。
  4. 日光。 太陽が1日6時間以上輝く場所では、牡丹、フロックス、アスター、ポピーを植えます。選択した場所の光が4〜6時間に制限されている場合は、アイリス、アスティルバ、プリムローズ、アクイリアを選択することをお勧めします。日陰の花壇は、スズラン、ホスト、シダに最適です。
  5. 開花期と植栽密度。 発芽した種子が多いと、植物が互いに「槌を打つ」ようになる可能性があるため、通常よりも少し少ない頻度で植物を植える必要はありません。

配色

色でさえ、人生のあらゆる分野で人の気分を根本的に変えることができるということは、心理学者によって長い間確立されてきました。このため、多年生植物からフラワーガーデンを作成する場合、初心者は特に注意する必要があります。色の組み合わせを正しく作成できれば、花壇はより美しくなります。色を配布するときは、パレットを選択して色合いを混合するための標準的な原則をよく理解しておくことが重要です。

  1. 多くの色で、組み合わせは影と光の遊びに依存するため、植物の滑らかな葉は光を反射し、逆にマットな葉は吸収します。
  2. 色の明るさの一貫性を保つために、1つのカラーパレット(暖かいまたは冷たい)を使用します。
  3. 小さな花壇を視覚的に拡大するには、花の数を最小限に抑え、過度のコントラストを取り除きます。
  4. 花壇を視覚的に拡大するには、後ろに青い花を置き、前に赤または黄色の種を植えます。
  5. 花壇の前景が飽和している場合、背景は落ち着いているはずです。
  6. 長期的な庭(または花畑)からオリジナルで美しい花壇を作成したい場合は、背景にピンク、白、青など、あまり飽和していない色合いを植えます。対照的な花を小グループに配置する必要があります。これは、スペース全体の1/6以下を占めます。
  7. フローリストリーの規則によると、庭に非常に明るい花が咲く花壇を複数持つことはできません。また、デザインのコントラストでやりすぎないようにしてください。
  8. あなたの主な植物が非常に色が豊富であるならば、それはより落ち着いた色合いで希釈されるべきです。
  9. 植えるときは、さまざまな色の面積を測定してください。たとえば、青い花を背景にすると、小さな赤い花の斑点が非常に適切であり、それが大きい場合は、刺激を引き起こすだけです。
  10. フラワーアレンジメントの主な色は、花壇の目的とその場所、より正確には気候帯に応じて選択する必要があります。都市部の住人は適度な色合いを好み、地方の住人は自然界ではほとんど見つけることができない明るい色を好むことが指摘されました。

初心者のための多年生の花壇スキーム

花壇はさまざまな幾何学的形状にすることができますが、規則的な構成と不規則な構成の2つの大きなグループに分けられます。

  • 通常の作曲 植物が同時に開花し、それらの間に明確な境界がある一方で、その概念ではパターン(幾何学的)の存在に対応します。
  • 不規則な構成 植物のグループ化の形が異なります。多年生植物が順番に開花し、総開花時間が長くなるため、不規則な組成の花壇がより最適になることがあります。

既製のスキームを使用して、目を楽しませてくれる花壇を正しく作成できます。スキームでは、フラワーガーデンに最適な花を選択します。同時に、あなたが選んだ花壇の形が何であれ、花を植える特定のパターンがあります。中央には背が高く明るい種があり、中央部分は中型の植物であり、端には成長の遅い長い花や観賞用の草があります。

  1. 矩形。 クリアな形の花壇です。花壇の中では、さまざまな植物を組み合わせれば模様を描くことができます。
  2. 楕円形..。または、楕円形の花壇を作成することもできます。このスキームによれば、明確なゾーニングを作成できます。
  3. ..。これは、フラワーガーデンに最適なもう1つのシンプルな形状です。通常、これらの花壇は、他の植物へのアクセスを容易にするため、庭で使用されます。
  4. 三角形..。必要に応じて、限られたスペースに「収まる」ことができる花壇の通常の形ではありません。

初心者でも簡単に記入できるこれらの基本的なフォームに加えて、いくつかあります。

  • 「春の交響曲」(ラウンド)。 スキームによると、あなたは植える必要があります:1-ピンクのマティオラ、2-赤いジニア、3-白いバーベナ。ここには、白、ピンク、赤の3つの色合いしかありません。適切に植えると、非常に調和しているように見えます。
  • 同心花壇、 同心円でできています(自分で描くのはとても簡単です)。ここでは次の花が使用されています:1-濃い葉のカラユリ、2-ふわふわのグナファリウム、3-ペリラナンキネンシス。
  • 対照的な花壇(「白とピンク」)。 これは、主な色合いが白と赤になる正方形の花壇です。そのような多年生植物は花壇に使用されます:1-ジプソフィラ、2-フィソステジー、3-オブリエッタ、4-フロックス、5-フィソステジー、6-クレマチス、7-アラビス、8-カンザシ、9-アルメリア、10-ルパン、11 -アイリス、12-デイジー。
  • 日陰の花壇「カラフルな夏」。 花壇の特徴は、日陰を愛する植物がたくさんあることです。必要なもの:1-Astilba Arends、2-プリムローズ、3-ベル、4-ツルニチニチソウ、5-歯付きブズルニク、6-ベルガモ、7-紫キツネノテブクロ、8-大きな葉のブルナー。

過去数年で、1メートルのすぐ下の箱で作られる高い花壇が非常に一般的になりました。このような花壇は特別な手入れを必要とせず、雑草が少なくなりますが、単純な花壇よりも作成して植えるのがはるかに困難です。

壁に沿ったり、柵の陰など、光がほとんどない状況では、自分の手で多年生の花壇を作成する必要がある場合があります。この場合、日陰で快適な植物を選択してください。次のスキームに従って、次の花壇を作成できます。

  1. 日陰の花壇(柵の下)。 あなたはそれに植えます:1-モックオレンジ、2-ベルゲニア、3-カフ(柔らかい)、4-シンブル、5-ルピナス、6-多彩なカンゾウ。
  2. フラワーガーデン(家の北部に沿って)。 あなたはそのような花壇に植える必要があります:1-3-いくつかの品種のホスト、4-5-ツジャ、6-アスティルバ、7-歯のあるブズルニク、8-ギボウシ、9-ブラックスプルース、10-バダン、11-アスティルバ、12-シトリン普通。

小さな庭の多年草の種類

植え付けに最適なオプションは次のとおりです。

  1. ゼラニウムエンドレス。 植物は気取らず、湿気がなくてもよく生き、6月から8月に咲きます。
  2. トリカブト。 植物戦闘機、7月から8月に咲きます。
  3. デルフィニウム。 真ん中の車線に広がる植物は、6月から7月に咲くので、地面から少し離れたところで切ると、再び色をつけることができます。
  4. ダイコンソウ。 最初に目覚めて咲く花の1つ(5月)。 9月に再び咲き始めるかもしれません。
  5. Dicenter。 人気の多年生、開花期の4月から5月。
  6. ベル。 日陰の花は、6月に咲き始めます。
  7. ドロニクムオオバコ。 湿気の多い日陰の場所にいることが理想的な植物。
  8. メコノプシス。 最小限の要件を持つ植物であり、しおれた芽を取り除くことだけが重要です。開花期は5月〜6月です。
  9. セージ。 剪定するとまた咲く人気の植物です。開花期は6月から8月です。
  10. ヘレボルス。 肥沃な土壌で日陰で最もよく育つ花。
  11. 関数。 花壇で緑の塊を作るために使用される落葉性観賞植物。
  12. ジャコウアオイ。 条件にこだわりがなく、日陰でも気持ちいい多年草。 6月から9月に咲きます。
  13. セダム。 多肉植物の植物で、7月から9月に花が咲きます。

開花時期ごとに花壇ごとに植物を選択すると、5月から9月まで目を楽しませてくれる不規則なフラワーガーデンを作るのに役立ちます。


ビデオを見る: チャーム水草 グロッソスティグマ 植え方動画 Water plants 水槽水草レイアウト まるで緑の絨毯