新着

漆の木とは何ですか、そして漆の木はどこで育ちますか

漆の木とは何ですか、そして漆の木はどこで育ちますか


投稿者:Teo Spengler

この国では漆の木はあまり栽培されていないので、庭師が「漆の木とは何ですか?」と尋ねるのは理にかなっています。漆の木(Toxicodendron vernicifluum 以前は Rhus verniciflua)アジア原産で、樹液のために栽培されています。液体の形で有毒であるラッカーの木の樹液は、硬くて透明なラッカーとして乾燥します。漆の木の詳細については、以下をお読みください。

漆の木はどこで育ちますか?

漆の木がどこで育つかを推測するのは難しいことではありません。この木は、アジアの漆の木、中国の漆の木、または日本の漆の木と呼ばれることもあります。これは、中国、日本、韓国の一部で野生で育つためです。

漆の木とは何ですか?

漆の木の情報を読むと、木は約50フィートの高さに成長し、それぞれが7〜19枚のリーフレットで構成された大きな葉を持っていることがわかります。彼らは夏、通常は7月に開花します。

漆の木には雄花または雌花が咲くので、受粉には雄と雌のどちらかが必要です。ミツバチはアジアの漆の木の花に受粉し、受粉した花は秋に熟す種子を発達させます。

成長するアジアの漆の木

アジアの漆の木は、直射日光の当たる水はけのよい肥沃な土壌で最もよく育ちます。強風で枝が折れやすいので、やや保護された場所に植えるのがベストです。

この種のほとんどの木は、その美しさのためにアジアで栽培されているのではなく、漆の木の樹液のために栽培されています。樹液を対象物に塗布して乾燥させると、耐久性があり光沢のある仕上がりになります。

漆の木の樹液について

樹液は、樹齢10年以上の漆の木の幹から採取されます。耕運機は、傷口から出てくる樹液を集めるために、木の幹に5〜10本の水平線を切り込みます。樹液は、オブジェクトにペイントされる前にフィルタリングおよび処理されます。

漆塗りの物体は、固まる前に湿気の多い場所で最大24時間乾燥させる必要があります。液体状態では、樹液はひどい発疹を引き起こす可能性があります。また、樹液の蒸気を吸入すると、漆の木の発疹が出ることがあります。

この記事の最終更新日


漆の木の情報-アジアの漆の木について学ぶ-庭

漆塗りのオブジェは、アジアの芸術作品の中で最も貴重な作品の1つです。漆の複数の複雑な層は、スクリーン、ボックス、皿、キャビネット、および小さなオブジェクトの表面を装飾するために使用され、心地よい触覚でもある独特の外観を与えます。紀元前5000年にさかのぼる日本と中国での生産の歴史を持つ漆器は、16世紀半ばにヨーロッパに輸出され始めました。そこでは、そのユニークさと素晴らしい美しさのためにそのようなオブジェクトが望まれていました。 17世紀、ヨーロッパの職人は、アジアの漆塗りのスクリーンから取り外されたパネルを新しい家具に統合し始めました。その後、根本的に異なる材料と技術を使用していても、アジアの漆の外観とモチーフを模倣したパネルが完成しました。これらのヨーロッパの模造漆技法は、 ジャパニング.

アジアおよびヨーロッパのラッカーの特性評価プロジェクトは、アジアおよびヨーロッパのラッカーに存在する有機物質を特定するための包括的な分析方法を開発することを目的としています。

アジアとヨーロッパのラッカーの組成と技術の違いは、それらの老化挙動と長期安定性に影響を及ぼし、最終的にはラッカーの保存に影響を与えます。これらのラッカーの科学的分析は、適切な保存処理の開発を支援する、ラッカー層の組成と状態に関する重要な情報を保存修復家に提供する可能性があります。

これらのニーズに応えて、ゲッティ保護研究所の科学者は、J。ポールゲッティ美術館の保存修復家と協力して、アジアのラッカーの有機成分とそのヨーロッパの模倣物のサンプリングと分析の方法論を開発しました。検出可能な化合物の範囲。表面装飾の一部としてアジアのラッカーのパネルを組み込んだ、J。ポールゲッティ美術館の18世紀半ばのフランスの家具の9つの作品がケーススタディとして役立ちました。

アジアおよびヨーロッパのラッカーの特性評価プロジェクトの研究は、いくつかのコンポーネントに分かれています。

  • 個々のラッカー層をサンプリングするためのプロトコルの開発
  • 有機物を検出するための分析プロトコルの開発
  • 参考資料の取得と分析
  • ゲッティ美術館や他の機関からのアジアの漆塗りのオブジェクトの研究
  • ヨーロッパの模造ラッカーに関する試験データの編集と評価。

適切な保全処理の開発を支援することに加えて、これらのケーススタディからの技術データは、ゲッティの永久コレクションの次のカタログのこれらの部分に関する情報に含まれます。

プロジェクトの背景

ラッカー配合

プロジェクトは、18世紀のヨーロッパとアジアの両方のラッカーの可能な構成要素のリストを決定するための系統的な文献レビューから始まりました。ヨーロッパの資料については、主に17世紀と18世紀の資料が参照されましたが、アジアの技術については、前世紀に実践された伝統的な技術を正確に説明することを期待して、20世紀のテキストに頼らざるを得ませんでした。フランスの家具に使用されているアジアの漆の多くは、より高品質の国内生産に使用されているものとは異なる技術を使用して、特に輸出用に作られていることは注目に値します。したがって、伝統的な技術の現代的な説明は、この研究の資料を代表するものではないかもしれません。

入手可能な文献の検索から、次の結論を導き出すことができます。

アジアのラッカーは主に、アジア内の特定の地理的地域の多くに生えているウルシ科のいくつかの木からの樹液で構成されています。として知られている伝統的な漆 日本と 中国ではの樹液から作られています Toxicodendron vernicifluum。ベトナムと台湾の漆は、からの漆の樹液で構成されています トキシコデンドロンサクセダネウム。 ビルマとタイのラッカーは、からのチチオール樹液で構成されています ビルマウルシ。長い不飽和側鎖を持つ置換カテコールを主成分とする3種類の樹液は、有毒な皮膚刺激物です。

生木の樹液を用途に適した材料に変換するには、何らかの前処理が必要です。例えば、アジアの多くの漆の出発原料であるクロメ漆は、樹液を加熱・攪拌して初期含水率を低くすることで作られています。乾性油、柿汁、シェラック、動物用接着剤、木油、安息香、でんぷんなどの他の有機材料をクロメ漆に加えることにより、配合の作業特性、外観、コストが変更されます。色は、鉱物および/または有機顔料を追加することによって与えられます。アジアのラッカーの個々のコートは、最初に高湿度で硬化され(天然に存在する酵素によって活性化されます)、次に空気乾燥されます。オブジェクトのラッカーは、多くの場合20を超える複数のレイヤーで構成されています。

対照的に、ヨーロッパのジャパニング手法では、樹脂とオイルの非常に複雑な混合物であるワニスを使用しており、その一部は少量で存在する可能性があります。そのような製品のいくつかは、ドラゴンの血やガンボージなどの有機着色剤に加えて、樹木(コロフォニー、サンダラック、ハードコーパルとソフトコーパル、エレミ)や昆虫(シェラック)からの樹脂です。材料は有機溶剤に溶解されて対象物に塗布され、乾性ラッカー層は主に溶剤の蒸発によって形成されますが、乾性油を添加したラッカーはトップコートを塗布する前にある程度の硬化が必要です。

アジアとヨーロッパのラッカーの分析

これらのラッカーの特性評価を成功させるには、可能な限り多くの成分を少量でも検出できる分析手順が必要です。アジアのラッカーと複雑なヨーロッパの家具ワニスのガスクロマトグラフィー分析については別の手順が公開されていますが、プロジェクトチームの要望は、1つのサンプルで両方のタイプのラッカーの成分を識別および区別できる単一の分析方法を開発することです。このアプローチにより、分析プロセスが合理化され、最小限のサンプル材料で最大限の情報が効率的に得られるようになります。

アジアのラッカーを特徴づけるための潜在的な分析ツールの数を制限する1つの要因は、フィルムが非常に扱いにくく、どのタイプの溶媒にも溶解することがほぼ不可能であるということです。したがって、分析は固体サンプル材料で直接実行する必要があります。テトラメチルアンモニウムヒドロキシド(TMAH-Py-GC / MS)による誘導体化を使用した熱分解ガスクロマトグラフィー/質量分析は、使用される主要な分析方法です。熱とTMAH試薬を使用して、難治性のラッカーを元の有機材料の特徴である小さなマーカー化合物に分解します。

現在、この手法では分析に約50〜100マイクログラムのサンプル材料が必要ですが、プロジェクトチームはサンプル要件を減らすための研究を行っています。より小さなサンプルをテストするには、フーリエ変換赤外分光法(FTIR)を使用し、未知のスペクトルを既知の材料の参照スペクトルと照合することによって識別を行います。


概要

次の質量範囲における日本のToxicodendronvernicifluumとベトナムのT.succedaneumのブレンドラッカーフィルムの陽イオンToF–SIMS質量スペクトル:(a)m / z = 300-370(b)m / z = 600-700。

ToF–SIMSを使用して検出されたイオン種に応じた日本とベトナムの混合ラッカーフィルムの組成比の検量線:(a)ウルシオールイオン(m / z = 313)および(b)ラッカーイオン(m / z = 347) 。

(a)日本とベトナムの混合ラッカーフィルムのPy–GC / MSトータルイオンクロマトグラム(b)ピークU1のスペクトル(c)ピークL1のスペクトル。

Py–GC / MSを使用した検出ピークに応じた、日本とベトナムの混合ラッカーフィルムの組成比の検量線:(a)ウルシオールピーク(U1)(b)ラッカーピーク(L1)。

以下のカテコールを含む日本とベトナムの混合ラッカーのHPLCクロマトグラム:(a)3-ペンタデカトリエニル(b)3-ヘプタデシル。

HPLCを使用した標準カテコールピークの関数としての日本とベトナムのブレンドラッカーの組成比の検量線:(a)3-ペンタデカトリエニル(b)3-ヘプタデシル。


漆の木の情報-アジアの漆の木について学ぶ-庭

アジアとヨーロッパの漆塗りのパネルで飾られたJ.ポールゲッティ美術館のコレクションからの18世紀のフランスの家具

ヨーゼフ・バウムハウアー(JPGM 55.DA.2)による便器の詳細。装飾的な金色の台紙が取り外された、漆塗りのパネルが示されています。

漆を生産する木が育つアジアの地域の歴史的地図

樹皮の切り傷から生の漆の樹液を収穫します。写真:アーレン・ヘギンボサム、JPGM

生のウルシ樹液を加熱・攪拌してクロメ漆をつくります。写真:アーレン・ヘギンボサム、JPGM

カテコール分子は、ラッカーのPy-GC / MSテスト結果で漆マーカー化合物と見なされました。

紫外線とX線で物体を画像化すると、ラッカー層の詳細が明らかになります。この情報は、修復家がサンプルを採取するのに最適な場所を選択するのに役立ちます。写真:アーレン・ヘギンボサム、JPGM

Bernard van Risenburgh II(JPGM 72.DA.44)によるコーナー食器棚

ベルナルド2世リゼンブルクの角の戸棚(JPGM 72.DA.44)からの漆塗りの領域の、紫外線の下で見たこの断面には、複数の層が見えます。写真:アーレン・ヘギンボサム、JPGM

BVRBコーナー食器棚、J。ポールゲッティ美術館アクセッション番号72.DA.44からの漆塗りの領域の、紫外線下で見た断面に複数の層が表示されます。

JPGM装飾芸術のアシスタントコンサベーターであるArlenHeginbothamは、紫外線を使用して、漆塗りの家具の個々の層のサンプルを除去します。

GCIシニアサイエンティストのMichaelSchillingが、実体顕微鏡でラッカーのサンプルを調べています。写真:Dusan Stulik、GCI

熱分解装置のサンプルカップにラッカーを入れます。写真:Michael Schilling、GCI

サンプルカップをパイロライザーにロードします。写真:Dusan Stulik、GCI

GCIサイエンスラボの熱分解ガスクロマトグラフィー/質量分析装置。写真:Michael Schilling、GCI

アジア(下)とヨーロッパ(上)のラッカーのTMAH-Py-GC / MSテスト結果は、まったく異なって見えます。

Baumhauer便器(JPGM 55.DA.2)からのラッカーサンプルのTMAH-Py-GC / MSの結果は、いくつかの層に存在するビルマウルシマーカー化合物を示しています。

TMAH-Py-GC / MSテスト結果に存在するマーカー化合物は、3種類のAnacardラッカーを区別します

GCIサイエンスラボでフーリエ変換赤外顕微鏡を使用しているGCIアシスタントサイエンティストのHerantKhanjian氏。写真:Michael Schilling、GCI

FTIR分析を使用したBernardvan Risenburgh赤い便器(JPGM 72.DA.46)からの漆中の漆の同定

GCIリファレンスコレクションのこれらのサンプルが示すように、ロイロ漆に柿ジュースを加えると、乾いた漆のフィルムに光沢が加わります。写真:アーレン・ヘギンボサム、JPGM

GCIリファレンスコレクションに惜しみなく寄付された樹木樹脂標本のセレクション。写真:アーレン・ヘギンボサム、JPGM

木油は、TMAH-Py-GC / MSを使用して日本の輸出漆から発見されました。写真:アーレン・ヘギンボサム、JPGM


調査結果:材料

ウッドコアのラッカー彫刻として、ウォルターズブッダのコアは完全に木でできており、唇、耳、織物のひだ、そしておそらくまぶたに粘土フィラーが使用されています。それは、木製のだぼと鉄の釘と一緒に釘付けにされた12枚の無垢の彫刻された木で構成されています。 [xiv]背中はくり抜かれ、大きな空洞を提供し、おそらく専用の材料を保持していました。もともと空洞を覆っていた木製のパネルがなくなっています。ウォルターズの彫刻の裏側にある開いた木の空洞の内側を密閉する目に見えるコーティングはありません。

FreerとMetropolitanの両方の画像は、中空コアのラッカー彫刻です。それらは頭の上部から胴体の空洞を通って中空であり、下部で開いています。常に同じ場所にあるとは限りませんが、両方の仏像の支えに木片が使用されています。どちらの彫刻も、ベースの内側の端の周りを走るテキスタイルで囲まれた細い木片を持っており、多くの摩耗を受ける場所に構造的なサポートを提供します。もともと、フリーア仏とメトロポリタン仏の両方の底が閉じられていましたが、これがどのように達成されたかについての証拠は残っていません。これらの木片は、開いた底にカバーを固定するのに役立った可能性があります。いくつかの木片は後で交換されますが、織物で包まれたものはオリジナルです。

さらに、メトロポリタンのイメージのテキスタイルには、背骨として機能する3枚の木の板が仏陀の背中を垂直に上っています。 Freer仏は背中に木がありません。ただし、フリーア仏の前腕は、肘のすぐ下で突き合わせ接合された2枚の木の板で形成されています。メトロポリタンのイメージの腕には、中空の木材は使用されていません。

Freer仏のX線写真

メトロポリタン仏のX線写真(側面図)。画像提供:メトロポリタン美術館

Walters仏のX線写真(側面図)。画像提供:ボルチモアのウォルターズ美術館

菩薩の頭には木は含まれていませんが、それははるかに大きな彫刻の断片にすぎません。座った画像の場合、高さは約7.5フィートです。 [xv]このような大きな彫刻の特定の領域を支えるために木が使用されたことは間違いありません。

フリーア仏とメトロポリタン仏は、頭の後ろに垂直の木製のスラブがあり、織物の層に収められています(図S4)。 X線写真では、2つの大きな水平の釘穴が両方の彫刻の板を貫通しているのが見られます。メトロポリタンの穴には2本の大きな鉄の釘が残っています。 Walters仏陀の木製の頭の同じ場所に2つの同様の穴があります。これらはおそらく、現在欠落しているハローを保持するために使用されていました。 3つの仏陀はすべて穴を覆っている修理があります。後頭部が菩薩から欠落しているため、ハローが存在したかどうかを判断できませんでした。

3つの仏像すべての手が欠けています。それらは別々に取り付けられ、指にワイヤーアーマチュアが付いた木またはラッカーでできていたでしょう。

フリーアとメトロポリタンの両方の彫刻には、背中の中央に不規則な穴(直径約12センチメートル)があります(図S5a–c)。これらはおそらく、専用の材料を取り除くための穴を奪っています。メトロポリタンブッダの穴は中央から右に向かっており、木製のアーマチュアが後ろに走るのを避けています。

過去には、炭素14年代測定は、フリーア仏とウォルター仏の木材で行われていました。 [xvi]木のサイズとサンプルが採取された場所は彫刻が作られた日付を提供しないため、結果は広いです(ウォルターズ:420–645 CEの範囲フリー:474–574 CEの範囲) 、しかしむしろ木が成長していたある時点で。テキスタイルまたはラッカーに年代測定された追加の炭素14は、より正確な日付を提供します。

粘土芯材

中空芯漆彫刻の開発は、木芯漆技法を改良したものでした。木がないと、漆は有毒であるため、物体は虫に不浸透性になりました。それらはまた非常に軽量であり、フリーア仏とメトロポリタン仏はそれぞれわずか約30ポンド(13.6キログラム)の重さであり、中空の本体は奉献物を置くためのスペースを提供していました。一方、ウォルターズ仏は2倍以上の重さがあります。

中空コアの漆の彫刻を始めるために、アーティストは希望のイメージの形で粘土のコアを作ります。仏と菩薩の頭では、製造中に粘土を支えるために内部アーマチュアが必要だった可能性があります。彫刻が完成に近づいたら、粘土の芯とアーマチュアを取り外し、中空のシェルを残しました。

菩薩の頭は本質的にマスクです:それは後ろで完全に開いており、研究のためのアクセスを提供します。頭の元の粘土コアの詳細レベルを決定するために、スミソニアン展示品はその内部と外部の3Dスキャンを行いました(図S5)。 [xvii]次に、内部スキャンのポジプリントが作成されました(図S6)。元の粘土の芯に驚くほどのディテールが刻まれていることがわかりました。フリーアとメトロポリタンの彫刻の内部を調べたところ、おそらくサイズが小さかったために、コアはそれほど詳細ではなかったことがわかりましたが、狭いスペースをスキャンすることはできませんでした。

4つの彫刻はすべて、カーテンのひだの間や鼻、耳、唇、まぶたに粘土があり、より完全な寸法を形成しています。菩薩の頭だけが、唇、あご、鼻のくぼみに、顔の内側にしがみついているアクセス可能な粘土をまだ含んでいます。サンプルはそれがきめの細かい灰色がかった黄褐色の未焼成粘土であることを明らかにしました。粘土は粒子サイズが均一で、SEM画像に有機物が添加されていませんが、EDSスペクトルには大きな炭素ピークが存在していました。炭素は、織物を粘土に接着するために使用されたラッカーからのものです(図S7a–b)。

テキスタイルと繊維

彫刻の粘土または木の芯が完成したら、それを漆で湿らせた布片で覆った。テキスタイルは、乾燥したもろいラッカーに、より柔軟性と強度を与えました。これはそれをより耐久性のあるものにし、特に相対湿度の変化の間に木の芯が膨張および収縮したときにラッカーの損失を防ぐのに役立ちました。ただし、木材の動きにより、特に木材の接合部でラッカーにひび割れや破損が発生します。

平織りの織物の細片をラッカーに浸し、コアの上に少しずつ置きました(図S8)。小さな個々のストリップは、大きな生地よりもテキスタイルの収縮や伸びをより細かく制御することができました。布の層が構築され、必要に応じて、追加のストリップがカーテンの折り目を作成し、コア上の他の詳細を強化するために使用されました。ストリップの端を特定できた場合、セルヴィッチは使用されませんでした。テキスタイルの端と側面は、それらが適用されたときにすでに擦り切れていて、ほつれていることがよくありました。布が6層にもなる場所もあれば、2層しかない場所もあります。

4つの彫刻はすべて、さまざまな長さの平織りの織物のストリップを組み込んでいました。すべての彫刻は繊維にSツイストがあります。各彫刻のスレッド数は次のとおりです。

  • ウォルターズ:1平方センチメートルあたり12から16スレッド
  • フリーア:1平方センチメートルあたり10〜15スレッド
  • メトロポリタン:1平方センチメートルあたり10〜12スレッド
  • 菩薩の頭:1平方センチメートルあたり8から12スレッド
麻繊維の同定は、偏光顕微鏡下で確認された。ここでは、ファイバーは石膏プレートで交差偏光の下で見られます。右に90度回転すると黄色になります。

4つの彫刻すべてからの繊維は、偏光顕微鏡法によって、結晶ノードを持つ靭皮繊維として識別されました。一次石膏プレートを使用して偏光下で検査し、既知のサンプルと比較した場合、繊維の色はさらにそれらを麻として識別しました(図S9〜S10)。 [xviii]

すべての彫刻で、テキスタイルは粘土でかさばり、ローブに自然なひだを形成しました。これは、フリーア仏のX線写真とCTスキャンで特に明白です(図S11)。フリーア仏では、EDSは漆の基部の織りの繊維の間にアルミニウムを発見し、粘土が繊維に使用されていることを確認しました。

構造は、中空コアの漆の彫刻(フ​​リーアとメトロポリタンの仏像と菩薩の頭)のために2つのフェーズで構築されました。最初のフェーズでは、テキスタイルとラッカーがコアに適用されました。この段階が治癒した後、ヘッドの上部は開いたままにするか、切断しました。ラッカーを塗ったテキスタイル層が硬化したら、粘土の芯を頭から上から取り除き、顔の内部にアクセスできるようにしました。この時点で、4つの彫刻すべてが欠落し、塗りつぶされている3番目の目を含む目が設定されました。菩薩には、目の後ろに追加の布の正方形が適用されています。インテリアの作業が完了した後、フェーズ2が始まりました。ヘッドの上部を再度取り付けるか、個別に作成して取り付けました。別のアタッチメントは、彫刻の内部とX線写真ではっきりと見られますが、外部ではよく隠されています。次に、さらにテキスタイルが追加され、最後にラッカー層が追加されました(図4a–c、図S12)。

もともと粘土の芯と接触していた3つの中空芯の漆の彫刻すべての内部は、織物に赤褐色をしています。菩薩では、赤褐色の材料が液体として適用され、首の周りのいくつかの領域に溜まりました。これらの領域の1つからサンプルを採取し(図S13)、双眼顕微鏡と走査型電子顕微鏡の両方で断面を画像化しました(図S7a–b)。 GCMSは、サンプル中のラッカーとタンパク質接着剤を特定しました。サンプルは3つの層で構成されていることがわかり、フーリエ変換赤外分光法で個別に分析しました。

菩薩の内部からのサンプルの最初の層、粘土のコアに最も近い層は、GCMS分析で見られたタンパク質の唯一の供給源でした。この層には、EDSによって確認されたように、コアと土壌からの残留粘土がほとんど含まれています。EDSは、サンプルの赤色の原因であるアルミニウム、シリコン、マグネシウム、カリウム、カルシウム、鉄などの粘土から元素を検出しました。 [xix]

第3層の気泡は、ラッカーをテキスタイルに塗布し、その間に空気を閉じ込めたときに形成されました。この層で見つかった少量の石英、粘土、およびその他の粒子は、テキスタイルが粘土のコアに配置される前に、ラッカーコーティングに付着した可能性があります。粘土とラッカーコーティング層の間には相互浸透があるため、コーティングされたテキスタイルはウェットで塗布されている必要があります。 [xx]確かに、粘土の芯の輪郭に柔軟に従うには、まだ濡れている必要がありました。

断面の低倍率光学顕微鏡メイジ

断面の後方散乱電子画像

彫刻の漆

テキスタイルを粘土の芯に塗るのに使用されたラッカーとは別に、ラッカーが彫刻の表面を形成するために使用されました。私たちが研究した4つの彫刻はすべて Toxicodendron vernicifluum ラッカーは単独で、または複数の層の布で適用されます。 4つの彫刻すべてのラッカー構造には、5種類の層が含まれています。1つは、コアに取り付けるためのテキスタイルのラッカーコーティング、2つ目は、テキスタイルコーティングの上にある薄いラッカー層で、3つ目は、粗い材料の厚い領域です。バルクを提供するために、1つから多くのレイヤーで構成され、4番目にダークラッカーレイヤー、5番目にダークまたはライトカラーの最終仕上げレイヤーで構成されます。

紫外線下での断面の内層の画像

紫外線下での断面の外層の画像

フリーア仏の断面サンプルは、織物の上の5つの漆層を示しています(図S15)。同じ数がメトロポリタン仏に存在します(図S16top、図S16bottom)。菩薩のサンプル(図S17)では、テキスタイルの上にも5つのラッカー層があり(層C)、続いて塗料の層(層I)と土の層(層J)があります。ウォルターズの彫刻の漆はより複雑で、木の芯の上に17層あり、研究されたすべての彫刻のほとんどです(図S14)。

紫外線下の断面の内層

しかし、ウォルターズの断面を詳しく見ると、F層とG層の間に異常に均一で鋭い界面があります(図S20top、図S20bottom)。それはまた、仏陀の別の場所から来た1993年に研究された断面[xxi]にもあります。界面の粒子はカットされているように見えます。これは、次の層を適用する前に研磨されたことを示しています。これは、今日のラッカー製造の標準的な手法です。しかし、層間で研磨が行われた場合、なぜこれほど鋭い線が見えるのはここだけなのですか?考えられる説明がいくつかあります。これは、アーティストが制作中に休憩を取り、レイヤーFが硬くなる時間を与え、エッジを維持していることを示している可能性があります。これはまた、材料と技術がFより上の層で変化しなかったことを意味します。これは実際の場合です。下層(F以下)と上層(Fの上)の両方に Toxicodendron vernicifluum ラッカー、スギ油、タンニン、たんぱく質、骨。例外は、Fのすぐ上の厚い層での植物繊維またはおがくずの使用ですが、他の彫刻でも同様の植物繊維が見られます。上層では技術に違いがあります。薄い交互の明るい層と暗い層が適用され、これらはウォルターズ仏の層の数が多いことを説明しています。

紫外線下での断面の外層

鋭い境界面の2番目の説明は、損失と損傷の領域を均一にし、修復中に上の層を追加して、後で表面を再加工する準備をするために研磨されたことです。この場合、交互の明るい層と暗い層は、復元を示している可能性があります。上層が後で追加された場合、インターフェースの下の3つまたは4つの層(層が失われていないと仮定すると、層D〜F)は、調査した他の彫刻で見られる5つの層よりも少なくなります。

4つの彫刻すべてに5種類の漆の層がありますが、漆の重ね方や、個々の層に追加されたコンポーネントには多くの違いがあります。各層の添加剤と含有物を表1〜4(表1 | 2 | 3 | 4)に示し、以下で説明します。

サンプルは、4つの彫刻の損失領域から削除されました。サンプリング場所が結果に影響を与えた可能性があります。サンプルが採取された地域に応じて、異なる材料が存在する可能性があります。ウォルターズ仏と菩薩については、サンプルは背中上部などの「肉」の領域から採取され、メトロポリタン仏とフリーア仏から取り出されたサンプルは左ドレープエッジから取り出されました。 [xxii]

ラッカー添加剤:骨

漆の成分を調べるとき、4つの彫刻すべてに最もよく含まれているのは、部分的に焼けた骨です(図S19)。それは明らかにラッカーをかさ張ってペーストを形成するためのフィラーとして使用されました。骨粒子は顕微鏡を使用して可視化され、それらの識別は走査型電子顕微鏡のEDSによって確認されました。

サンプルをスキャンしてEDSで収集されたX線マップは、さまざまな元素の分布を示し、どの層に骨が含まれているかを判断するために使用されました。図S18a〜dは、菩薩の頭のサンプルのカルシウム、リン、シリコンのX線マップを示しています。カルシウムとリンのマップの全体的な明るさは、細かく粉砕された骨が断面全体に存在し、マップの中央と表面近くの大きな明るい領域が層に含まれる大きな骨片(直径20マイクロメートルまで)であることを示していますEとG。すりつぶされた骨の鋭いエッジの粒子は、骨が燃やされた程度に応じて、明るい色から暗い色まで変化します。

すべての彫刻において、ラッカーがテキスタイルの穴や欠陥を埋めて均一な表面を形成できるようにするために必要となるように、テキスタイル基板の近くの骨片は一般に小さいです。中間層では、主な目的が漆をかさ張ることであるため、骨片はより大きくなります。上面に向かって、骨片は必要に応じてサイズと量が再び減少し、研磨できる滑らかな表面を形成します。表面近くの骨は、より均一に焼けて黒色になる傾向があり、タンニンや煤で着色されたラッカーの暗色と混ざり合う可能性があります。

挽いた焼けた骨は、一般的ではありませんが、少なくとも戦国時代(紀元前475年から221年)以来、中国の漆をかさ張るために使用されてきました。それは、当時の墓埋葬のカートの漆層で発見されました。 [xxiii]骨は、粗い粒子から細かい粒子まで、さまざまなサイズに粉砕できます。骨粉粒子は、非吸収性、軽量、およびラッカー樹脂に対して非反応性です。

骨は約75パーセントの無機材料と25パーセントの有機材料で構成されています。骨を燃やすと、その有機成分の多くが除去されます。ただし、残留タンパク質または他の有機物は、骨をラッカーマトリックスに結合するのに役立つ可能性があります。骨が主な成分の一つとして、漆にコクを与え、生地のようなペーストを作り、垂直面への塗布を容易にしたことは明らかです。

これらの彫刻にはどのような骨が使われていましたか?それは動物なのか人間なのか、おそらく僧侶の火葬された遺骨でしたか? DNA分析でこれらの質問に答える試みがなされました。フリーア仏のサンプルは、スミソニアン国立動物園の古代DNA研究所の研究動物学者であるロバートフライシャーに渡されました。残念ながら、漆には独自のDNAがあり、骨が部分的に焼けて有機物のほとんどが破壊されたため、彼は結果を得ることができませんでした。

The protein in the lacquer was then analyzed via proteomics to determine the bone species. Timothy Cleland, physical scientist at the Smithsonian’s Museum Conservation Institute, ran the analysis and determined that the major source of bone protein in the bodhisattva lacquer is equid (horse or donkey), not human. However, since it is not possible to separate the bone from the remainder of the lacquer, further research needs to be done to determine whether other protein materials in the lacquer, such as animal glue, affected the proteomics results. Cleland also analyzed the source of bone protein in the Freer buddha and found it to be bovid (cow). [xxiv]

Lacquer additives: blood

A combination of cholesterol, protein markers, and trimethyl phosphate has been found in blood additives to lacquer. [xxv] Blood protein markers and trimethyl phosphate were seen in two of the lower layers of the Metropolitan buddha’s lacquer and in the upper layers of the Walters buddha. Protein markers for blood were also seen in a ground layer of the bodhisattva and possibly of the Freer buddha. It was also seen in two interior layers of the Walters buddha.

Blood may have been introduced as part of the bone or as a separate intentional additive. It was probably used as a binding medium. Blood is mentioned in several Chinese texts from as early as the Yuan dynasty as an additive for ground layers, and DNA analysis has revealed both pig and cattle blood in a ground layer of a tea box dated to 1820–50. [xxvi] [xxvii]

Through proteomics, Timothy Cleland found human blood in a sample from the bodhisattva. The sample contained all layers, so we do not know how the blood was added. This was unexpected and is still being explored.

Lacquer additives: tree resins

One organic additive to the lacquer formulation was a resin from trees from the family Cupressaceae or other fir trees, termed cedar oil here. This has been found in most lacquer layers of the Walters and two layers of the Metropolitan buddha. Several sources and forms of the material fit the chemicals identified by GCMS, so a specific source cannot be determined. There are several reasons why it may have been added: to act as an extender to cut the cost of the lacquer to affect the physical properties—either the working properties, such as ease of application or drying time, or visual properties, such as increased gloss or possibly as a preservative in the raw lacquer, as cedar oil has antimicrobial properties. [xxviii] A second resin, gum benzoin, was found with the cedar oil in the textile layer of the Metropolitan buddha.

Lacquer additives: oil

Oil was present as an additive to the lacquer in all four sculptures. It was not possible to identify specific oils used because, with the exception of tung oil, the fatty acids from the lacquers, bone, and waxes interfere in oil identification. However, the Metropolitan buddha’s lacquer likely has heat-treated (heat-bodied) oils. [xxix] Either cold-pressed or heat-bodied oil has been found in all periods of China. An early mention of heat-bodying can be found in a Northern Song dynasty document that mentions high and low temperature heating of tung oil. [xxx] Heat-bodying partially polymerizes the oils prior to use, resulting in a thickened oil that has lower shrinkage and is more durable after drying. [xxxi]

Lacquer additives: plant materials

Plant materials (such as sawdust) as well as small amounts of quartz and other silicates also are found in the lacquer layers.

In all four sculptures, several lacquer layers stained positive for starch, and starch was identified by GCMS. In some cases, positive staining for starch occurred specifically at the edges of fibers. This occurred in the textile layer of the Freer buddha (layer C) as well as interior layers with fiber pieces in the other sculptures. In the textile, starch at the fiber edge may have resulted in increased stiffness, as seen in a starched shirt today. More relevant for the cut fiber pieces, the starch may help strengthen the bond between fiber and lacquer, reducing the possibility of cracking. Starch could also have been used to thicken or provide more tackiness to the lacquer paste, or it could be coming from fibers or rice husks used as bulking materials in the layers. Plant materials weigh less than bone or silicates and would result in decreased weight—a plus for a self-supporting hollow sculpture, especially if portability was a goal.

Tannins, brown to black colorants that can come from several plant sources, were found in the Walters and Metropolitan buddhas and the bodhisattva. In addition, one marker compound for soot was found in upper layers of both the Walters and Metropolitan buddhas. At times, markers for compounds associated with specific plants used as dye sources (young fustic and old fustic) were seen in the GCMS results however, further research is needed to connect these markers solely with these plants.

Lacquer additives: glue?

The bodhisattva, the Freer buddha, and possibly the Walters buddha include layers, often lighter in color than the lacquer layers, where no Toxicodendron vernicifluum lacquer was found, but that contain proteins, most likely acting as an adhesive. Early texts advise the addition of protein glue to increase the adherence and durability of so-called ground layers. Markers for protein glue are also found in the lacquer layers of all four sculptures but the Freer buddha. However, while the bone fragments that are visible in the cross sections in many cases stained positive for proteins and are one source of the compounds seen with GCMS, glue cannot be ruled out as a component of the lacquers. Starting in the Northern Song dynasty, there are references to mixing lacquer and glue. [xxxii] Further research is needed to distinguish markers for bone from those for glue, as protein glue can be made from either boiled skin or bone.

Lacquer additives: wax?

We found remnants of prior conservation treatment in the analysis of the Walters buddha. Every layer contained elemi resin and beeswax. These materials were used along with paraffin wax on the entire sculpture to secure the flaking painted surface decoration. The museum’s records of the treatment [xxxiii] were critical in allowing us to separate the conservation materials from the original lacquer components. Still, it is not possible to tell if any waxes were among the original materials due to the presence of waxes from conservation treatment. The presence of the wax also interferes with our ability to identify the type of any oils added during production.

In the Freer buddha, wax was found in two interior layers as well as the textile layer. Since it is only in some of the layers, and those are on the interior, the wax may be original and not from a later conservation treatment.

Lacquer additives: miscellaneous materials

In addition to the materials discussed above, we identified a few miscellaneous materials in the sculptures. Cellulosic materials were found in the Walters buddha, the Freer buddha, and the bodhisattva, likely from chopped fibers or the hemp textile. Indigo was found in the Walters buddha.

Py-GCMS allowed us to identify many of the components added to the lacquer. However, there are others that could not be identified, as too little is present or their marker compounds are still unknown.


Bone, Flesh, Skin: The Making of Japanese Lacquer

In all lacquer objects, regardless of when they were produced, a resinous sap coating preserves the core material and allows for decoration. The material for lacquering is extracted from lacquer trees (Toxicodendron vernicifluum 以前は Rhus verniciflua), which is the same genus as poison oak. The sap is collected by cutting the bark of the tree and scraping off the thick liquid in a manner similar to that used in obtaining latex from rubber trees. The highly toxic properties of this medium limit its use to specially trained, highly skilled artisans. The basic core materials for lacquerware are wood, bamboo, and animal hides however, lacquer can be applied to any surface as long as it can accept a primary coat of liquid lacquer, clay powder, and water mixture.

Lacquer must harden in a humid atmosphere, a process better described as “curing” than “drying.” One thin coat hardens overnight in a controlled atmosphere of 25–30 degrees Celsius (77–86 degrees Fahrenheit) and 75–85 percent relative humidity. Between each application, the lacquered surface must be polished. The artisan uses buffing materials that graduate from abrasive materials, such as charcoal, to softer media, such as a fingertip, used in the final polishing stages. After preparing the perfect surface, lacquerwares can be decorated with sprinkled gold or silver and inlaid mother-of-pearl and other materials. Producing a plain lacquered surface with a simple decoration is a lengthy, tedious, and often precarious process, since any mistake could ruin the whole piece.


What to know about Toxicodendron

Toxicodendron refers to a group of plants related to sumac. Most people know at least one of these plants by its common name, such as poison oak or poison ivy.

Toxicodendron plants produce an oil that is irritating and toxic to humans, and the plants may be most known for their ability to cause this reaction.

Touching the oil from one of these plants is enough to cause a strong allergic reaction in many people. The plants have little use because of this toxicity. So simply put, people should do their best to avoid them completely.

Keep reading to learn more about Toxicodendron, including the uses, risks, and dangers.

Share on Pinterest Poison ivy is one type of Toxicodendron 工場。

Toxicodendron is a group, or genus, of woody plants in the Anacardiaceae family. The name comes from the Greek words for “toxic tree.”

ザ・ Toxicodendron genus includes a number of plants commonly known for their general toxicity, including:

  • Toxicodendron radicans (poison ivy)
  • Toxicodendron rydbergii (western poison ivy)
  • Toxicodendron toxicarium (eastern poison oak)
  • Toxicodendron diversilobum (western poison oak)
  • Toxicodendron vernix (poison sumac)

Some lesser-known plants of the genus include trees native to Asian countries such as China and Japan, including Toxicodendron vernicifluum (lacquer tree) and Toxicodendron succedaneum (wax tree).

These plants contain a few different oils. The oil urushiol may be the most well-known, as it is responsible for the severe allergic reaction from the plants. Touching the plants may cause urushiol to move onto the skin, leading to irritating symptoms.

Other plants, such as mango trees, also contain this oil. Picking mangoes or touching the leaves and branches can also cause skin irritation, but this is less common.

Many of the Toxicodendron plants have little applicable use given their high toxicity. However, some of the lesser-known plants do see regular use.

The following are some of the more common uses:

Lacquer

ザ・ T. vernicifluum tree, also known as the laquer tree, is a source of laquer in countries such as China, Japan, and Korea.

Tapping the lacquer tree produces a large amount of sap. Manufacturers then filter and heat this sap to produce a durable lacquer.

Interestingly, the lacquer is still highly irritating, as it contains urushiol. However, it is less likely to cause a reaction after drying and curing has taken place.

Candle wax

The production of laquer from T. vernicifluum そして T. succedaneum creates a high fat byproduct that makes an alternative to wax.

Known as Japan wax or sumac wax, it is an alternative to normal petroleum-based candle wax and burns without smoking.

化粧品

Wax from the T. vernicifluum そして T. succedaneum trees also makes its way into many cosmetic formulas, such as hair and skin creams. Manufacturers are much more likely to use the Rhus classification, which is an alternate classification for some plants of the genus Toxicodendron, for labeling purposes.

In its crude state, the wax has a rancid smell, which many manufacturers will process out. They will either sell the processed wax itself or other formulations containing the fatty wax.

ホメオパシー

Some forms of Toxicodendron、 といった Toxicodendron pubescens (poison ivy), make their way into homeopathic formulas. The Food and Drug Administration (FDA) do not evaluate homeopathic medicines, meaning that they are not regulated or widely available.

There is limited evidence for the use of a highly diluted version of poison ivy for certain symptoms, such as inflammation from arthritis. For instance, one paper notes that in laboratory studies, the diluted compounds helped control the inflammation response, which could help with symptoms.

More research is needed to focus on the effects in both animals and humans.

でも Toxicodendron plants have some limited uses, they also pose a risk to many people, including:

Allergic reactions

Toxicodendron plants can cause potentially severe skin reactions.

Though it is not technically a poison, urushiol oil can cause a severe allergic reaction in many people who simply touch the plants. This reaction is called urushiol-induced dermatitis.

A study in the journal 皮膚炎 notes that contact with these plants is the most common cause of allergic contact dermatitis in the United States. As many as 50–75% of the population are sensitive to the compounds in the plants, such as urushiol.

A reaction to this oil can cause symptoms including:

  • redness
  • swelling
  • pimple-like spots, called papules
  • blisters
  • streaks or abrasions in the skin

A person’s reaction to the oil can vary based on their individual sensitivity to it, as well as the contact duration.

Although some forms of allergic reaction clear up quickly once the irritant goes away, a Toxicodendron reaction can linger. For example, it can take 3–4 weeks after the first exposure for the symptoms to subside and the skin to return to normal.

In some cases, the reaction can even cause permanent scarring. This may be more likely in people with severe reactions who scratch their skin, leading to open sores or longer healing times.

Although reactions to urushiol can be painful, not everyone will have them. People vary in their sensitivity to urushiol. Some people may have little or no reaction when touching the plant, while many others can have very severe reactions from even small amounts of contact.

Contamination

Urushiol comes off of the plant very easily, especially when a person breaks the leaves, stems, or branches.

This does not only apply to the skin, however. In fact, urushiol can also contaminate a number of other common objects, such as:

  • 衣類
  • walking sticks
  • gardening tools
  • towels

Additionally, if a person has this oil on their skin, it is possible to pass it to another person who touches the affected skin. Pets can also have the oil on their skin and share it with humans, or they might even have a reaction themselves.

Washing the affected skin should help strip away this oil and stop it from being contagious. Washing is also an important part of treatment, as urushiol is an oil that adheres to the skin.

As soon as a person notices any contact with one of these plants, they should wash the affected area vigorously with soap and hot water. Although there are specialized products designed to remove urushiol, a study in the Journal of the American Academy of Dermatology notes that simply washing is the most important treatment and prevention method.

Thoroughly washing any items that have touched the plants should also help remove the oil and prevent a reaction.

The safest route is to simply avoid contact with Toxicodendron plants and any items that may have touched one.

Misidentification

There is also a risk of people traveling in areas where these plants grow and misidentifying them. For instance, though it is not related to oak in any way, poison oak grows in a similar way as white oak and has a similar appearance.

Anyone who lives or hikes in areas where Toxicodendron plants grow should familiarize themselves with the specific types in their area and how to identify them. This can help prevent accidental contact and potential allergic reactions.


ビデオを見る: オリーブの木思い通りに育ってくれない地植えのオリーブの木困った話を解決作業のポイントをお話します