新着

ビスマルキアの水やり:新しく植えられたビスマルキアの水やりの方法

ビスマルキアの水やり:新しく植えられたビスマルキアの水やりの方法


投稿者:メアリーエレンエリス

ビスマルキアは成長が遅いですが、最終的には巨大なヤシの木であり、小さな庭には適していません。これは記念碑的な規模の造園木ですが、適切な設定では、スペースを固定し、建物にアクセントを付けるための美しく堂々とした木になる可能性があります。新しいビスマルクヤシに水をやるのは、それが成長して繁栄することを確実にするために重要です。

ビスマルクパームについて

ビスマルクのヤシ、 ビスマルキアノビリス、は大きな亜熱帯のヤシの木です。これはマダガスカル島に自生する孤独なヤシですが、フロリダやテキサス南部などの地域で繁栄している米国のゾーン9〜11でうまく機能します。それはゆっくりと成長しますが、高さは最大50フィート(15 m)になり、冠は幅が最大20フィート(6 m)に達することがあります。

新しく植えられたビスマルクヤシに水をやる方法

ビスマルキアは時間とお金の両面で大きな投資です。木は1年に1〜2フィート(30〜60 cm)しか成長しませんが、時間の経過とともに非常に大きくなります。それが今後何年もそこにあることを確実にするために、あなたはビスマルクのヤシに水をやる時期と方法を知る必要があります。新しいビスマルクのヤシに水をやらないと、悲惨な結果を招く可能性があります。

ビスマルキアのヤシの水やりは注意が必要です。それを正しくするために、あなたはそれが水浸しになることを許さずにその根が最初の4から6ヶ月の間湿ったままであるようにあなたの新しい手のひらに水をまく必要があります。良好な水はけが重要なので、木を植える前に、土壌がよく排水されることを確認してください。

良い基本的なガイドラインは、最初の月は毎日手のひらに水をやり、次の数か月は週に2〜3回水をやることです。手のひらがしっかりと定着するまで、最初の2年間は、週に1回水やりを続けます。

各散水で使用する必要のある水の量の大まかな目安は、ビスマルクのヤシが入った容器のそばに行くことです。たとえば、25ガロン(95 l。)の容器に入った場合は、新しい木を与えます。毎回25ガロンの水、暑い天気では少し多く、涼しい天気では少なくなります。

新しいビスマルクのヤシの水やりは真の取り組みですが、これは繁栄するために注意が必要な壮大な木なので、無視しないでください。

この記事の最終更新日


シルバービスマルキアのヤシの木を植える方法

関連記事

シルバービスマルクヤシの木は、一般的にビスマルキアヤシ(Bismarckia nobilis)として知られています。それらは、米国農務省の植物の耐寒性ゾーン10および11で耐寒性があります。温度が氷点下に下がると葉がわずかに損傷する可能性がありますが、USDAゾーン9の暖かい地域で成長します。それらは年に1から2フィート成長して40から70フィートの高さになり、幅10フィートのシルバーブルーの葉を発達させます。新しいビスマルクヤシは春の終わりに植えられるべきです。

ビスマルキアが日中に最低4時間直射日光を浴びる植栽場所を選択してください。最終的に電話や電線に成長する場所に木を植えないでください。

ビスマルクのヤシの根の塊の2倍の幅で、成長しているのと同じ深さに木を置くのに十分な深さの穴を掘ります。土が主に粘土である場合は、土のシャベルの先端またはハンドレーキを使用して、穴の側面と底を引っ掻きます。埋め戻し土壌に土壌改良剤を追加しないでください。

新しく掘った植栽穴の隣に木を置きます。ビスマルクのヤシの木を横に押します。容器を根塊から引き離すか、黄麻布またはプラスチック製の根球包装を取り除きます。

木の根を穴にセットします。幹の付け根で木を扱います。木を垂直に水平にします。シャベルを使用して埋め戻し土を穴に入れるか、手で押し戻します。手で根の下と根の間の土を押してください。充填中に土を押し下げてエアポケットを取り除きます。埋め戻し中にツリーが水平に保たれていることを数回確認します。

幹の約3分の2のところまで、木の周りに幅11/2フィートの黄麻布を置きます。黄麻布の上の幹の周りに2x4インチのボードの3つの11/2フィートの長さの部分を均等に配置します。トランクと垂直に縦に走るようにボードを配置します。 2本の金属製の1インチ幅のストラップをボードに巻き付け、それらを締めてボードを木の幹にしっかりと固定します。

木の幹から前に幹に取り付けられたボードまで、地面から3フィートの距離で、60度の角度で3つの2 x4インチの杭を設定します。各杭の上部を木の幹の対応するボードに釘で打ちます。トランクに釘を刺さないでください。

植栽穴の端にあるビスマルクのヤシの木の幹の周りに4〜6インチの高さの土を盛り上げて、貯水池を作成します。新しく植えられたビスマルクのヤシの木に、緩い埋め戻し土の上にゆっくりと注がれた50ガロンの水で水をまきます。結ばれている場合は、ヤシの葉からネクタイを外します。葉が除去された場合は、20〜25ガロンで木に水​​をまきます。木の周りに3〜4インチの深さの有機マルチを置きますが、木の幹から数インチ離してください。

ビスマルクのヤシの木に、葉の有無に応じて、50ガロンの水または20〜25ガロンの水を、週に3回、4週間与えます。 2か月目は週に2回、3か月目は週に1回水をやります。樹木がしっかりと定着するまで、週に1回、2年間水をやります。植えてから1、2年後に杭を外します。

Reannan Raineは、非営利セクターで30年間さまざまな役職に就いていました。彼女は最近認可された保険代理店になりましたが、代わりに執筆のキャリアを追求することにしました。レインさんは彼女の最初の小説がすぐに出版されることを望んでいます。


ブロックの理由: お住まいの地域からのアクセスは、セキュリティ上の理由から一時的に制限されています。
時間: 2021年3月29日月曜日3:18:41GMT

ワードフェンスについて

Wordfenceは、300万を超えるWordPressサイトにインストールされているセキュリティプラグインです。このサイトの所有者は、Wordfenceを使用してサイトへのアクセスを管理しています。

ドキュメントを読んでWordfenceのブロックツールについて学ぶことも、wordfence.comにアクセスしてWordfenceについて学ぶこともできます。

2021年3月29日月曜日3:18:41GMTにWordfenceによって生成されました。
お使いのコンピューターの時間:。


新しいビスマルキアに水をやる-最近植えられたビスマルキアに水をやるとき-庭

前書き

ビスマルキアノビリス は見事な大きなシルバーブルーのファンパームで、過去10年から20年でますます人気が高まっています。マダガスカル原産で、かなり乾燥した暑い気候に耐えます。この属には1つの種しかありません。それは風格のある単一の幹の手のひらであり、適切なサイズの幹を持ち、何十年にもわたって背が高くなる可能性があります。約20年前に最初に商業保育園市場に導入され、商業的にも家庭菜園でも頻繁に使用されています。それは一般的にビスマルキアと呼ばれています。単一の標本として、またはグループで、これは驚くほど美しい種です。シルバーブルーの色で最も一般的に知られています。ほとんどの庭師や愛好家は青いヤシの木が大好きであることを忘れないでください。

歴史

何十年にもわたって文献で言及されていますが、この種は過去20年間ではるかに理解されるようになりました。マダガスカルの国の西部と北部から来ており、太陽、暑さ、乾燥した状態を楽しんでいます。これは、19世紀に住んでいたドイツの首相オットーフォンビスマルク王子にちなんで名付けられました。彼の著書「マダガスカルのヤシ」で述べられているように、ジョン・ドランスフィールドは、これが政治家にちなんで名付けられた数少ないヤシの1つであると指摘しています。 ビスマルキアノビリス 別の属に似ています、 メディミア、しかし、2つは現在2つの異なる属であると感じられています。マダガスカルでは一般的なヤシですが、驚くべきことに、最近まで世界の他の場所の風景で実際に利用されていませんでした。マダガスカル以外の植物園には、何年も前に紹介された孤立した標本がいくつかありますが、その人気は過去20年間で爆発的に増加しています。

自然の生息地

このヤシはマダガスカルでのみ本来見られます。そこには、この大きな島の西側にほぼ完全に見られ、非常に過酷な自然条件でよく見られます。それは生息地でかなり一般的であり、多くの地域に広がっています。高原や平野部で見られ、雨季には非常に暑くて乾燥した状態から湿度の高い状態まで極端な天候になります。文化的な観点から、この種は世界中のより熱帯で湿度の高い環境で繁栄することがわかっていますが、より乾燥した砂漠地帯でも成功を収めています。したがって、さまざまな条件に耐えることができます。また、生息地では、おそらく葉の冠がどのブラシの火よりもはるかに上にあるため、火に耐えます。マダガスカルの多くの地域で、それは明白な唯一のヤシの種です。

の特性 ビスマルキアノビリス

トランク: ビスマルキアノビリス シングルトランクファンパームです。トランクの直径は通常18〜24インチです。生息地にあるこのヤシは最大60フィートになることが知られていますが、この高さに達するには1世紀かかる場合があります。幹はまっすぐで、黄褐色または茶色で、基本的に滑らかで、葉の基部からの古い傷跡のヒントがあります。クラウンシャフトはありません。幹の付け根が腫れている可能性があります。 葉: 葉の冠は15から30の葉の数で、通常は青から銀の色で、わずかにアーチ型になっています。注目すべきことに、この種には緑と青の両方の形態があります(以下で説明します)。葉は古くなると簡単に落ち、他の種で見られるような古い枯れ葉のペチコートは本質的にありません。葉の幅は8〜10フィートで、約20〜30分割されています。クラウン全体の幅は約20フィートです。成熟した標本では、葉柄の長さは6〜8フィートです。この種の青い品種では、葉はシルバーブルーのワックス状のコートを持っています。葉の茎と基部は滑らかまたは毛深い場合があります。毛のない植物は、ほとんど茎に磨かれた金属の感触を持っています。これにより、そのような茎は非常に青くなります。この種の異なる個体群間で毛が変動する理由は不明です。しかし、あなたがたくさん見れば ビスマルキア、あなたは洗練された滑らかなものから非常に毛深いでこぼこしたものまでの茎に気付くでしょう。


の裏側 ビスマルキア

葉のクローズアップクラウン

この植物の銀色を示す写真


ビスマルキア サンディエゴのバルボアパーク

葉の茎の根元にある毛を示すクローズアップ写真


ビスマルキア 滑らかで磨かれた茎(葉柄)

ビスマルキア ざらざらした毛むくじゃらの茎

ビスマルキア、粗い毛むくじゃらの茎のクローズアップ

花と果物:


ビスマルキア、 と若い女性の花
未熟な果実

年上の男性の花、ビスマルキアパーム

ビスマルキア 果物の女性、コロンビアSA、T.F。による写真

同じ植物、クローズアップビュー、T.F。による写真

緑と銀-青の形 ビスマルキアノビリス

以来 ビスマルキア 手のひらは商業的に導入され、青と緑の形があることが知られています。シルバーブルーの人気のため、グリーンはほとんどありません ビスマルキア 風景に見られます。また、緑色のフォームでは耐寒性が低いようですが、これは驚くべきことです。そして、もう少し複雑にするために、「本当に青い」植物と「中間者」の色があるようです。したがって、非常に青い植物を望む賢明な消費者は、購入した植物の色を注意深く見る必要があります。最も満足のいく色の植物を選択してください。

葉の赤い変色の別の問題があります。時々これは紫または同様の色合いです。それは通常、より小さなまたは幼い植物で見られます。この色は寒い天候にさらされた結果のようです。この紫色は通常、青色の品種で見られ、年齢やサイズとともに消えることがあります。


緑の形の別の例
野生では、写真を寄付しました

この写真は、緑の葉のように見えるものを示しています。だが、
これは葉の下側です。後ろの葉を観察する
これです。非常にシルバーカラーです。だから、話すとき
色については、葉の背側を見てください。
下側。

ビスマルクヤシの文化と成長

ビスマルキアノビリス 良い栽培者です。それは完全な太陽、砂質土壌、良好な排水と熱が好きです。夏の雨が多い地域では、この豊富な水で急成長しているようです。降雨量の大部分が涼しい時期(南カリフォルニア)にある地域では、 ビスマルキア 遅いです。したがって、冬の間はほとんど補給水は必要ありません。海岸沿いのカリフォルニアでは、完全な太陽が望ましいです。内陸部では、半日の太陽の下で育つことができます。特に雨の時期が涼しい場合は、水はけを良くすることも重要です。これは、継続的に湿った、泥だらけの土壌に座りたくない種です。ビスマルクパームは干ばつに耐えることができますが、夏の間は十分な水に反応し、より急速な成長をもたらします。

商業市場への導入以来、この種はハワイや南フロリダのような熱帯および亜熱帯気候で見事に機能することがわかっています。また、南カリフォルニアや一部のカリフォルニアとアリゾナの砂漠気候でもよく育ちます。私はその成長率を中程度に分類します。平均的な15gの手のひらは、地面で約3年で最大8フィートの高さになります。コンテナの成長ははるかに遅いです。あなたが期待するように、コンテナで成長する場合、それは根の成長のための十分な余地がある大きな鍋が好きです。

の耐寒性 ビスマルキア 20代前半のようです。私は個人的に22度以下でさえ生き残った多くの標本を知っています。スペクトルの反対側では、華氏110度までの熱に問題はありません。 ビスマルキア 水はけの悪さ、水が多すぎる(特に寒い時期)、気温が低すぎる、成長環境が暗すぎる、根の著しい乱れなどがあります。この種は、昆虫の侵入よりも貧弱な文化の影響を受けやすいようです。肥料による根のやけどは避けたいものです。

基本的な文化を要約すると、水はけの良い土壌があり、年間に十分な熱を経験し、約22度を下回る場合は、この種を検討してください。の写真を見ると ビスマルキアノビリス マダガスカルの生息地で、彼はこの手のひらがどれほど丈夫であるか、そしてそれが耐える極端な条件に気づき始めます。下の左の写真は、誰かがどのように若く植えたかを示しています ビスマルキア マダガスカルの私道に沿って。右側には、ビスマルキアノビリスが自然に成長する乾燥状態が表示されます。

文化を巻き込んだビスマルキアの根

根の乱れや損傷については特に言及する必要があります ビスマルキア 手のひら。それらは非常に敏感であり、重大な損傷は植物を殺したり、深刻な衰退に陥らせたりする可能性があります。これがあなたにとって意味することは、適切なサイズの標本をうまく掘って別の場所に移植することは非常に難しいということです。また、地面に「根付いた」コンテナで購入した植物は、植物を持ち上げているときに底の穴から根が引き裂かれると倒れる可能性があります。また、あるポットから別のポットに移植する場合、根の乱暴な取り扱いは衰退を引き起こす可能性があります。私たちは何年にもわたってどのように輸入されているかを見てきました ビスマルキア カリフォルニアに輸送する前に根を剪定したものは、葉が乾いた茶色に変わり、均一に衰退しました。そして、到着後約2週間で多くの人が亡くなりました。ですから、この種の根にはこれまでにないほど注意してください。

の発芽 ビスマルキアノビリス シード

ビスマルキア 種子は暗い果実で木から落ちます。この果実は発芽を試みる前に取り除く必要があります。種子を完全に洗浄してこの果実を取り除き、種子の上部1/3から1/2が混合物の上に表示されるように種子を植えます。パーライトやピートモスなどの水はけの良いミックスを使用することをお勧めしますが、多くはサンドミックスを利用しています。典型的な散水スケジュールは、このオープンミックスで週に2〜3回です。底熱は、寒い地域での発芽を早める可能性があります。ただし、容器の底の近くにある大きな根が過度の熱で「調理」されないように注意してください。発芽には通常1〜3ヶ月かかります。発芽が起こると、最初の葉が形成される前でさえ、非常に深い幼根が生成されます。このため、根に十分なスペースを与えるために、深い容器で種子を発芽させるのが最善です。新しい苗を分離するときは、根をやさしくやめ、根を壊さないでください。これは苗木を急速に死に至らしめる可能性があります。その新しいポットで、もう一度植物に十分な根の部屋を与えます。

ビスマルキア コンテナ内のヤシ

寒冷地の多くの人々はビスマルクパームを栽培したいと思っています。このようにして、彼らは冬の間に植物を中に持ち込むことができます。前述のように、この手のひらは約22度までの低温に耐え、おそらく少し低くなります。これよりも気温が低い愛好家にとって、彼らは冬を過ごす必要があります ビスマルキア 温室の中や家の中。家の中のこの種の成長に関するデータはほとんどありません。ただし、これを試みる場合は、内部に十分な日光を当て、水をかけすぎないようにしてください。コンテナ化されたビスマルクは、地面にあるときほど速く成長しないことも繰り返しておく必要があります。この種はおそらく「一年中」の内部植物としては推奨されないでしょう。

ビスマルキアと他のブルーファンパームとの比較、 ブラヘアアルマタ

訓練されていない目には、 Brahea armata (メキシコのファンパーム)と ビスマルキアノビリス 似ています。はい、類似点があります。どちらも青いファンの手のひら、単一の幹、そして暑く乾燥した状態のようです。しかし、多くの違いがあります。まず、彼らは惑星の反対側から来ています。 Brahea armata メキシコから来て、 ビスマルキア マダガスカルから。 ビスマルキア 属に1つの種だけを持つ単型種です。さまざまな種類があります ブラエア. ビスマルキア 成長がはるかに速く、最終的にははるかに背が高くなります。クラウンサイズは似ていると言えますが ビスマルキア 大きな葉があります。

ビスマルキア 種子は非常に小さいよりもはるかに大きい B.アルマタ 種子. 分類学者を忘れないでください、花は完全に異なります。 Brahea armata より耐寒性があります ビスマルキア、温度を約15度にします。 ビスマルキア メキシコの青い扇風機は湿度のためにもっと困難ですが、熱帯気候でも育ちます。そして、最後の大きな違いが1つ残っています。調査によると、ほとんどの人は次のように考えています。 ビスマルキア それが成熟しているときははるかに美しいです。もちろん、これは見る人の目次第ですが、共通の見方のようです。あなたが本当に青いファンの手のひらが欲しいが、非常に寒い地域に住んでいるなら、 Brahea armata 良い代替ヤシ種かもしれません。



Brahea armata サンディエゴのバルボアパークで

この Brahea armata とても素敵な色をしています
しかし、葉がどのように小さいかに注意してください
それらの ビスマルキアノビリス

保全と未来 ビスマルキアノビリス

の人口 ビスマルキアノビリス 野生では、彼らは彼らの本来の生息地に豊富にあるので、歴史的に絶滅危惧種のリストに含まれていませんでした。過去20年間で、文字通り何万ものこの種が世界中の多くの国内および公共の生息地に植えられてきました。そのような植栽は現在、実行可能な種子で結実していることがわかっています。これは間違いなく野生の生息地の種子や植物の収集からストレスを取り除くでしょう。植物園が複数のシルバーブルーの植栽を特徴とすることは珍しいことではありません ビスマルキア.

の使用法 ビスマルキアノビリス 風景の中

愛好家が暑さ、太陽がいっぱい、気温が華氏約22度を下回らない環境を提供できる場合、ビスマルクのヤシは庭に理想的な追加物になります。それは商業および国内の庭の両方に最適です。多くの大きな手のひらのように、成長と表示の両方のための十分なスペースが与えられたときにそれは最高に見えます。庭に来る旅行者にさらされたとき、人々が車を止めて賞賛することは珍しいことではありません ビスマルキア . 色を適切に選択すると、ビスマルクは想像できる最も素晴らしいシルバーブルーの色を示します。建物や構造物の近くに植えないでください。また、隣接する樹木に覆われる可能性のある場所には植えないでください。後で間違った場所に置くことにした場合、これは一度確立された手のひらを移動するのが非常に難しいことを忘れないでください。木の間に十分なスペースがあれば、2つまたは3つの標本のグループは非常に魅力的です。おそらくあなたは幸運にも男性と女性の両方を手に入れることができ、いつの日か実行可能な種を手に入れることができるかもしれません。

結論

ビスマルキア ゴージャスで典型的には青いシングルトランクファンパームで、非常に人気があります。それは太陽、熱、そして水はけの良い土壌が好きです。それは20年代の低いFまでの低温に耐えます。それは家庭用および商業用の植栽に理想的であり、「ショーストッパー」です。運転している人があなたの大きなものを観察することは珍しいことではありません ビスマルキア 「ねえミスター、あのゴージャスな青いヤシは何?」と聞いてください。それは中速で成長し、ある程度の余裕があれば最もよく見えます。見た目は堂々と壮大です。この種の珍しい緑色の形態と、損傷しないように注意しなければならない方法について言及されています ビスマルキア ルーツ。気温が下がりすぎない熱帯、亜熱帯、地中海性気候に適しています。成長速度は遅いですが、コンテナでの培養は可能です。

念のため、ジャングルミュージックにはさまざまなサイズがあります ビスマルキアノビリス 小さいものから大きいものまで、売りに出されています。米国内のどこにでも植物を出荷できます。


ビスマルキア 生息地、M.R。による写真

成熟した
ビスマルキア コロンビア、SA
T.F.Fによる写真

記事の終わり

たくさんあります ビスマルキア 保育園で販売されているさまざまなサイズの。


ビスマルキア種、ビスマルキアパーム、ビスマルキアパーム

カテゴリー:

熱帯および柔らかい多年草

水の必要量:

xeriscapingに適した干ばつ耐性

平均的な水需要水は定期的に水をやりません

太陽に当たる:

葉:

紅葉:

高さ:

間隔:

丈夫さ:

USDAゾーン9a:〜-6.6°C(20°F)

USDAゾーン9b:〜-3.8°C(25°F)

USDAゾーン10a:〜-1.1°C(30°F)

USDAゾーン10b:〜1.7°C(35°F)

USDAゾーン11:4.5°C(40°F)以上

成長する場所:

危険:

花粉はアレルギー反応を引き起こす可能性があります

ブルームカラー:

ブルームの特徴:

ブルームサイズ:

開花時期:

その他の情報:

土壌のpH要件:

特許情報:

伝播方法:

シード収集:

傷のない果実は、種子の清潔で乾燥した種子を収穫する前に、かなり熟しすぎている必要があります

地域

この植物は、次の地域で屋外で育つと言われています。

カリフォルニア州ランチョクカモンガ

カリフォルニア州サンタバーバラ(2件のレポート)

フロリダ州ボカラトン(3件の報告)

フロリダ州フォートローダーデール(3件のレポート)

フロリダ州ホームステッド(2件の報告)

フロリダ州キーウェスト(2件のレポート)

フロリダ州サラソタ(2件の報告)

テキサス州コーパスクリスティ(2件の報告)

庭師のメモ:

2019年12月1日、フロリダ州ハリウッドのTheBethbiriは次のように書いています。

息を呑むほど!この植物は太陽の下で繁栄し、少しのTLCではるかに速く成長します。私はほぼ毎朝早朝に水をやりますが、水がたくさんあることはなく、「彼らはどんな木ですか」と何度か尋ねられました。彼らは元の名前に忠実であると言わなければなりませんが、私は彼らにも家系の名前を付けました。

2013年3月17日、フロリダ州セミノールのMYCATNOELは次のように書いています。

私はこの手のひらが大好きですそれは美しいです。種から育てる方法を知りたかった。フロリダ州セミノールには、すべての段階の種子を持った4つの巨大な植物があり、壮大な景色を眺めることができます。クルミの黒くらいの大きさの種を拾ってしわが寄ったのですが、どうしたらいいのかわからないのですが、植える特別な方法はありますか?誰か知っている 。ジャン

2013年3月11日、サウスカロライナ州ノースのNorthSC(ゾーン8a)は次のように書いています。

この4フィートの高さのヤシは、ゾーン8Bに耐性があると宣伝されているため、RealPalmTreesのWebサイトから購入しました。過去2回の冬にゾーン9の天気があったので、1つ購入することにしました。到着時に、どんなに手入れが行き届いても、葉が乾いて死んでしまいました。その後、槍が魚臭い匂いで引っ張られたので、私は交換品を受け取り、2回目のチャンスを取り、気温が氷点下を超え、20代の高さで一晩だけ地面に植えましたが、指示に従って水を十分に与えても、適用されました根の成長粉末は、移植中に根をまったく乱さず、2番目の標本はすべて乾燥していますが、小さな幹はまだ緑色なので、少し希望がありますが、2週間で急速に乾燥するのはおそらくそれが再びそれを作るつもりはないというサイン..続きを読むおそらくそれはゾーン10の植物だけですか?では、なぜゾーン8Bプラントとして販売されているのでしょうか。それとも、これらを移植することは不可能ですか?言うまでもなく、それは私に250ドルかかりました。

追伸更新:2013年4月4日:葉はすべて乾いて茶色になり、中央の槍はほとんど乾いて茶色になりますが、槍の下部には緑色の部分があります。また、トランクのいくつかのスポットにはいくつかの緑があります。私は1か月間1日2回水をやり、今では毎日水をやりますが、3か月後には週に3回まで遅くなります。ゾーン8-9で保護の有無にかかわらず越冬することは別の問題ですが、私はまだそれがいくらかの成長を示すかもしれないことを望んでいます。

ちなみに、サウスカロライナ州コロンビア近郊の新しいファーマーズマーケットでは、通りの角に他の多くのヤシと一緒に砂に植えられたある種のヤシ(高さ約4〜5フィート)を見ました。それらはビスマルキアノビリスのように見えますが、他の何かである可能性があります。色はビスマルキアのように見えます。そこに保護なしで冬を通して作られたものは、ひどい火傷を負いましたが、それでもいくつかの緑もあり、それは希望を与えます。

更新:2013年5月26日:中央の槍(私の2番目のビスマルキアから残っているものすべて)は、わずかな緑の兆候もなく完全に茶色になりましたが、まだ引き出されていません。その場所を別の手のひらに使うこともできますが、何が起こっているのかを確認するには、おそらく次の冬まで待たなければなりません。

更新:2013年9月8日:約4か月前に155の種子を植え、環境に優しい鉢に専門的に植えました。数か月後、約50の種子が発芽し、さまざまな鉢で育ちました。私がすでに芝刈り機のトラクターで運転した「死んだ」ものが、今、2013年9月に再成長の兆候を示したことは最も興味深いことです。:-)したがって、この投稿をネガティブからニュートラルにアップグレードします。この手のひらが生き残り、私のゾーン8/9で越冬した場合、この投稿をポジティブにアップグレードします。

2012年9月16日、フロリダ州ゲインズビルのCrawman1は次のように書いています。

これをフロリダ州セントオーガスティンビーチの私たちの家に植えました。ヤシは非常に速い成長率を持っており、私たちが完全な太陽の下でそれのために選んだ場所で非常にうまくいっていますが、いくつかの沿岸の生きているオークと共有しています。それは私たちが予想していたよりもはるかに大きく、巨大になりました。それは30ガロンの鉢から出てきて、4年で15フィートの高さ(つまり葉)になりました。それは継続的に新しいスパイクを出します。私たちはおそらくビーチから200ヤード以内にあるので、それは基本的にビーチの砂で成長しています。霜の問題はありません。ここでは氷点下になりますが、通常は短期間だけで、隣の大きな2階建ての家によって北風から保護されています。 Bouganvilleaも成長していますが、凍りついています。大きくて印象的な美しい手のひら。お気に入り。

2011年6月20日、カリフォルニア州パームスプリングスのStevePalmSpringは次のように書いています。

フロリダ州パームハーバーで豪華な標本を見た後に植えられました。寒い時期には成長を停止しますが、天候が暖まるとすぐに始まります。その素晴らしいシルバーブルーの色を保ちます。最初に植えられた2006年と現在の2011年から写真をアップロードしました。まだ開花していません。

2011年3月2日、アリゾナ州ピオリアのシェリゾナ(ゾーン9b)は次のように書いています。

南西部で私のお気に入りの手のひらの1つ。私は夏の間の気温が115に達することができる一日中太陽の下で植えたものを持っています。それはこの猛暑の間に超高速で成長します。移植ショックは非常に一般的であるため、特別な注意が必要ですが、この手のひらが地面で快適になると、非常に速く成長します。

2010年9月9日、フロリダ州プンタゴルダのSeederaは次のように書いています。

発根したシルバービスマークの種が8つありますが、芽は出ていません。誰もがそれがどれくらいかかるか知っていますか?私はそれらを3ガロンの容器に個別に入れてもらいました、そしてそれらは2ヶ月強の間根付いています。

誰かが欲しいなら、売りに出されている種もあります。

2010年3月7日、フロリダ州ベニスのmorti234は次のように書いています。

ビスマルクのヤシについて私が読んだすべてのコメントは非常に良いですが、若いファンのヤシに対する強風の潜在的な有害な影響については誰も言及していません。私はフロリダ州ベニスに住んでいて、最初の若いビスマルクは熱帯低気圧で吹き飛ばされて破壊されました。私は現在のものを、それが十分に確立されるまで鉄筋の杭に結び付けられたロープで固定しました。それは現在少なくとも10フィートの高さであり、見るのは何と喜びです。それ以外の方法で行うにはあまりにも貴重なので、間違いなくあなたの手のひらを賭けてください。

2009年11月5日、テキサス州ヒューストンのperkiteは次のように書いています。

ゴージャスなヤシの木です。 1年以上前に植えました。去年の冬に私の家で記録された最低気温は28度で、目立った被害はありませんでした。私たちはちょうど十分南にあり、冬にこの手のひらを育てることができるほど湾に近いです。異常な冬は私が想像するこの木を傷つけたり殺したりする可能性がありますが、ほとんどの冬はそうしません。

2009年6月15日、ニューデリーのnalin1、
インド(ゾーン10a)は次のように書いています。

本当に高貴な手のひらで、私の意見ではすべての手のひらの中で最も美しいです。初めての視聴者は息を切らします。私たちのゾーンでは非常に丈夫で、まったく問題はありません。フォックステール、ビンロウジュ、カンノンチク、リシアラ、三角地帯など、私たちのゾーンの他のヤシは、一般的に、熱が多すぎたり、水(三角地帯)やシロアリが多すぎたりするため、ここで問題が発生します。ビスマルキアには特別な施肥スケジュールはありません-年に2回葉型および/または老化した肥料。

2009年6月1日、フロリダ州サラソタ(ゾーン9b)の植物親は次のように書いています。

私はこの手のひらが大好きです。見本として堂々と見ています。
風や塩分が多い地域(コンテナ植栽)で手入れをしています。彼らは非常に寒いときにストレスを示しますが、彼らはよく回復します。これは、コンテナに限定されていることが原因である可能性があります。私(そして彼ら)は、彼らの素晴らしいサイズのために地面にいることを好みます。

2009年5月25日、フロリダ州ポートシャーロット(ゾーン10a)のbillowenは次のように書いています。

フロリダ南西部で急成長し、ほぼ防弾。私が知っている中で最も美しい耐寒性の手のひらの1つ。一つだけ、ポットから移植するときに根を傷つけないでください、必要に応じてポットを切ってください。一旦確立されると、移動するのは困難であり、適切に移植されないと多くの人が死にます。 2010年12月の更新では、サイズが3倍になり、素晴らしい成長率になりました。

2009年3月24日、サウスカロライナ州マートルビーチ(ゾーン8b)のArchAngeL01は次のように書いています。

ねえ、私はこの手のひらが大好きです、そして私は以前にフロリダでそれを見て、それ以来それを探しました、そして私はどこでもそれを探しました! GRRRRRRRは運が悪いですが、誰かがあなたのビスマークを私のピグミーナツメヤシまたは私の大きな針椰子と交換できますか?助けてください。 heheありがとう

2009年1月15日、ニューヨーク州ケイトのzillabugは次のように書いています。

私たちは昨年5月にこれらの美しい青い標本を4つ購入し、(願わくば)40ガロンと50ガロンの容器で彼らの生活を送っています。昨年の春、それらはフロリダ州から10ガロンの苗床コンテナで配達され、夏はピッツフォードプラザとイーストビューモールのランドスケープの間でそれらのコンテナに部分的に埋められました。それらはすべてうまくいっているようで、ゆっくりと新しい成長を生み出しました。 10月に彼らは新しい大きなコンテナに移植され、建物の南向きのガラスの入り口に運ばれました。移植ショックは2つの植物で明らかでしたが、これまでのところ、とても良いです。すべてが生き残った。予想通り、ここに登場したことで多くの前向きなコメントが寄せられました。それらは非常にゆっくりと成長しますが、美しい青色を維持します。私たちは毎週彼らに「弱く」餌を与えていますが、私たちはそうです。実験の詳細を読み、そのうちの1つまたは2つで投与量を「増やし」て、非常に短い成長期の成長量を増やすことができるかどうかを確認します。彼らは、涼しく曇りの長い天気が好きではありません。今年は9月下旬に屋内に移動します。

2008年10月7日、ニューヨーク州ローカストバレーのCuratorManは次のように書いています。

私はジョージア州アトランタにいます-そして最近、来年の夏にコンテナの焦点として使用するために、涼しい温室で冬を越すためにこれらの美しさの10を購入しました。 3ガロンの鉢でたったの10ドルでした。私の質問は、温室は冬の間は華氏40度を下回らず、晴れた日には暖かくなります。冬の間、3ガロンの鉢に入れておくのは安全ですか。水やりを減らして、水やりの合間に乾かす必要がありますか?

2008年7月11日、ポルトアルトのLusiPalMan、
ポルトガル(ゾーン9b)は次のように書いています。

ビスマークパームは、庭にもう1つ穴を掘りたい人にとっては素晴らしい手のひらです。パームフィーバーコレクターや庭の愛好家のために..私のように。 LOL
そもそも、私は2つのことを言う必要があります。
FIRST-ビスマルクは耐霜性です! the only one that i have, itґs outside of my garden in a full sun position, about 4 to 5 years on the ground, and the winter temperatures here as some diference between one year to another. there were cases that the temperature in one or more nights have just fall arround 24є F (-4є C), and the plant in the end of the winter station appears to have good looking, with just a few burn signals at the end of the leaves. In other cases, when the winter is rainy, i donґt have to worry about the temperatue raises up to 40є F or more. so, the . read more temperature is very unstable here, and i i donґt mencionate the high summer and dry temperatures, strong northern winds and invasive and infestant grass plants that invade my Bismark all the year..but that..will be another story to tell..lol SECOND: make sure you have the right spot to put your Bismarckia in..DONґT DO IT LIKE I DO..i knew it and iґve did it anyway. The one that iґve now was a brother of another that iґve lost on a transplatation..the plant was on the ground for about 1 year, but the place was not the best because she was on a place where the cars always run through, i tryed to convince my father to not put it out, and explain the motives, but..nothing..so..I and my father, in a very delicated operation, for about 3 hours, and trying not to touch the roots, the plant cames out, with all the roots and with all the sand shape like when she was planted on the floor. the result. yes. unfortunaly. DEATH, 2 weeks later.

I will try very soon to put some photos of her here, on the site, and other palms and trees that i have.

Thanks, and sorry for my bad english writing

On May 28, 2007, tmccullo from Houston, TX (Zone 9a) wrote:

We have had ours in Houston now for 1 year. It actually survived an ice storm and 3 days of weather below 32 degrees. It actually got down to 25 degrees for several hours with strong winds. There was some leaf damage and the center actually died. I sprayed it daily with a fungicide and it is growing again this spring. Of course weather like this is very unusual in Houston so I expect our Bismark to really take off this year. This is the most awesome palm in our collection.

On Mar 14, 2007, davelodi from Stockton, CA wrote:

I received one on Father's day 2006. What a beautiful Palm. It was doing so well until the big freeze 2007 in N. Cal. I pulled it up today and threw it away. Needless to say I was pretty sad. I will try again as soon as I find one.

On Feb 7, 2007, BayAreaTropics from Hayward, CA wrote:

A great palm. After the great California freeze of 2007,it is the talk of the town so to speak. Freezing to below freezing temps were shrugged off by even young palms. The cold tolerance of this exotic looking plant was a pleasant surprise.
They also have the ability to be fast growers in non tropical climates-at least to quickly grow new fronds if not trunk.
In ten or twenty years they will be seen all over California dotting the urban and suburban landscape I predict.
The culture is-sunniest and warmest spot with much summer water and fertilizer.I found they even grow fast in pots,given enough root room. A fast draining mix is best as usual for potted plants.
Expensive,but well worth it. Trouble free and fits in with the sunny jungle or Xeric garden design. A. read more new introduction to our area,and a big hit it is.

On Jan 11, 2007, jawadkundi from Lahore,
Pakistan wrote:

" there is alot said about the ' Bismarckia nobilis ', its early child hood (2 years) and after the burgundy shade turn is due to frost and irregular watering habits, the seedling after sprouting " lets say three month old (2 inch from soil level) cannot sustain excessive water, it just erodes to dry, in 24 to 36 hours, there is one other element shedding light on the bone of the plant, regular dietary pattern enables and also monitors its crowns circumfrence aswell as the height from one sprouting leave from the other, usally every leaf is 3 to 5 inches higher from the previous one, if planted very near to a structure the magnetism silver is over shadowed, away and aloof it will have its share of light and nutrition, irregular watering sometimes invites termite attack, and it damages the . read more formation of the early growth of its trunk and hinders the plant to form in full "

On Nov 18, 2005, GernBlandston from Lake Elsinore, CA (Zone 9b) wrote:

I'm growing one Bismarck in a container in full sun in zone 9b. It produced four leaves this summer (2005). I overwatered it for about a month when I first got it, and the leaves started turning brown. After reducing watering to twice a week, it did fine and the new leaves are perfect.

On Nov 3, 2005, KUDDEL from North Port, FL wrote:

I bought 2 plants in April 05 of this year. They are so beautiful and have grown since. One is 8 foot tall and the other is 6.5 and have given me, at this point, each 3 + new leaves. I bought them each for under $300, but
I have been told that this size sells for twice the money.
Over all, I am very happy and got a lot of attention in the neighborhood.

On Aug 30, 2005, elHoagie from Altadena, CA (Zone 10a) wrote:

Probably the best palm in my garden, looks great all the time and grows fast from May until Nov. Almost no growth at all during the winter, but it still manages to put out about 6 leaves per year for me. I purchased my first green Bismarckia this spring, and it appears to grow even faster, but it might not be as happy as the silver form once winter arrives.

On Nov 22, 2004, IslandJim from Keizer, OR (Zone 8b) wrote:

I have just uploaded a new image of one of my seedling Bismarckias, I planted the seed in February 2000. I live in an area where Bismarckias are a staple of upscale landscape construction. This seedling and its siblings [I have several] have the best color of any I have seen hereabouts--including those at Fairchild Tropical Gardens, Marie Selby Botanical Gardens, and Harry P. Leu Botalical Garden. The seed came from Madagascar, which may explain part of it. This tree is now about 3-1/2 to 4 feet tall another in the same group is nearly 6 feet tall.

On Aug 27, 2004, tcfromky from Mercer, PA (Zone 5a) wrote:

The Bismarck Palm is another beautiful and desirable fan palm suitable for sub-tropical climates although it can be grown as far north as Sarasota (freeze damage will occur, but the palm quickly recovers). Of the tribe Borasseae, and subfamily Corphoideae it is also known by the botanic name Bismarkia nobilis. Bismark Palms are native to Madagascar.

On Aug 23, 2004, Kylecawaza from Corte Madera, CA (Zone 10a) wrote:

Prefers hot. Their are great specimens in inland CA, like Fresno. These palms survive the San Francisco area, but they grow extrmely slowly and are susceptable to rot.

On Feb 24, 2004, amorning1 from Islamorada, FL wrote:

Young ones are actually purple.

On Dec 29, 2003, laspalmasdesign from Los Altos, CA wrote:

Don't hesitate to plant this palm in northern California especially if you are in the Bay Area inland. I started a small seedling three years ago and it is now over 3 feet tall and about as wide. It grows a little faster each year taking some time off in December through February. Plant it in the warmest, sunniest part of your yard and give it plenty of room. Relective walls or pavement are plusses as this palm flourishes in the heat. I've seen them grown in cool coastal areas too but they are slow growing in those conditions.

On Oct 9, 2003, mikehinz from phoenix, AZ (Zone 10a) wrote:

My original post below. From 2003. It is now 2014. I have been told that these may be the largest Bismarks in Arizona by two nurseries, moon valley as well as whitfield. I regularly get door knocks from landscape pros looking for tips.

Mynthree palms are now each over my roof line. The largest has verticle trunk of about 12 feet with a crown in excess of 8 feet. Pruned fronds are too large to haul in my Tahoe or in the bed of my helpers 4 wheelmwasre hauler. Fronds are about 8 to 12 feet from stalk to tip. It is a remarkable set of trees.

Trees were set in a slight slope, hit by lawn overspray on the east side of a 2 story home. They were in full sun from early am til about 1 pm in summer heat but protected by the house from frying sun in heat of day. r />
I protected from hard freeze bybheating hearts with blankets and heat lamps for a week. Now that the crown of the largest plant is over my roof line it is in full sun all day. So far it has done well in the very hot 115 degree summers but growthnhas slowed ..

These guys are magnicicent. And have created a micro climate in my front yard. Love them

I live in Phoenix, Arizona (U.S.) and planted three Bismark Palms in Spring 1999. There are few experienced growers in my area, so I'm on my own.

The plants were initially small (ten-gallon pots) and about 8 inches of trunk with the top most frond arms arching at about 3 to 4 feet.

These plants appear drought-resistant and seem hardy in the cool dry winter nights (lows to 28° F.). They explode in growth in our HOT and humid summers, June thru September. Must be watered liberally (for Arizona) and fertilize 3 times per year.

Plants are now four times times bigger than when I planted them the largest specimen trunk is nearly 4 1/2 feet. Arching fronds arching reach at 15 feet and no end in sight to growth. I remove fronds when they bend far enough to touch the ground.

On Jan 3, 2003, palmbob from Acton, CA (Zone 8b) wrote:

This palm, grown under the proper conditions (warm and humid) is a very fast growing palm. There are two forms, green and blue. The green form is slower in So Cal where it is dry, and is more cold sensitive, showing foliar damage at around 28F. The blue form is much more spectacular and is an excellent large specimen plant for most areas of Southern California, from the deserts to the coast. This form, once maturing, shows little leaf damage until the lower 20s. It is also a great palm for many areas of Florida from Orlando south to the Keys. In the tropics, both form are very fast growers, with the green form being the fastest, reaching a trunk height of 20' in just 7-10 years. Bismarckias have one of the most massive and impressive crowns of all the palms. In its native Madagascar. read more it can be seeing growing in the drier areas far above the scrub- a very awe-inspiring sight.

This is dioecious palm. in other words, you will not get viable seed unless you have a mature male and female near each other (I think most recommend you do the pollination yourself). but most growers just get the seed from the tropics. You cannot get good seed from just one palm, obviously. Best to germinate seed in deep containers as this palm has deep, sensitive roots. Germinate in large pots so you don't have to move from pot to pot too many times (these palms don't like their roots disturbed).

Leaves are costapalmate- those are palmate leaves with a curve near the tip and a large costa (mid-rib) down the center of the leaf). Leaves a very stiff, heavy and have a waxy coating (especially the blue form- waxy coating can be rubbed off with your hand to expose the green leaf beneath).

On Dec 18, 2002, Chamma from Tennille, GA (Zone 8b) wrote:

This is a spectacular palm but extremely slow growing. The trunk is tall and slender and reaches no more than a foot in diameter although the tree can reach tremendous height. It is a rather drought tolerant but looks and grows better with a regular water supply.

On May 29, 2001, BotanyBob from Thousand Oaks, CA wrote:

More information on this palm: It is a native of Madagascar. Two basic forms of this palm exist in cultivation: a green form, which is much more frost tender and less exotic looking than the blue-silver form. Some blue forms are nearly white-silver and are highly sought after.

This is a heat loving palm. In Florida, where the days are hot nearly all year round, it is a very fast grower, putting out 10-15 leaves a year. However, in Southern California, where it is only warm 1/2 the year at most, this is a much more slow-growing palm (maybe 2-3 leaves a year in warmer areas), and is much more sensitive to cold than it is in Florida. Chronic cool conditions will cause this palm to rot, and cold snaps (temps in the high 20s) can kill one outright, while similar temps in. read more Florida will only cause leaf burn.

The eventual height of this palm is unknown in the US, but in Florida it appears to be at least 30-40 feet. In Southern California it may eventually get that tall, but may take 100 years to get there. It is a massive palm and plenty of room should be given for it to spread out. It is also one of the best looking palms there is (at least the blue form is), so be sure to plant it as a specimen in a showy spot.

When planting this palm it is important to know that that's really where you want it, since moving it usually ends up in death of the palm (unless still pretty small).

On May 14, 2001, PostmanSeb from Palm Bay, FL (Zone 10a) wrote:

One of the most beautiful fan palms for subtropical landscapes. This Palm is massive, young specimens can spread to 20 feet or more. Freeze damage can occur, but will recover in a single season of growth. Seeds germinate in about 2 months.


ビデオを見る: ポトス等のインテリア観葉植物育て方水やりの基本枯れる原因はたぶんこれ