コレクション

ほっそりしたカンデラブラユーフォルビア

ほっそりしたカンデラブラユーフォルビア


Succulentopedia

Euphorbia avasmontana(スレンダーカンデラブラユーフォルビア)

Euphorbia avasmontana(Slender Candelabra Euphorbia)は、丈夫でサボテンのような、多くの茎を持つ多肉植物で、根元から枝分かれして…


造園のためのユーフォルビア-耐寒性の円柱状の樹種

これは、造園や鉢植えに使用される、利用可能なより大きな多肉の円柱状のユーフォルビア低木または樹種のいくつかを読者に紹介するように設計された記事です。

私がほとんど知らない植物を集めるときに私が遭遇する最も厄介なことの1つは、他の誰もがそれらについてあまり知らないように見えることです。情報はそこにありますが、未公開であるか、追跡することが不可能です。私がエキゾチックな植物を育てるとき、私は庭の周りのさまざまな風景にそれらを置くのが好きです、そしてユーフォルビアは南西の風景で育つことができる最も興味深く、人目を引く観賞用多肉植物の1つです。しかし、私は、最初の冬に枯れてしまう植物を植えたり、太陽の下で揚げたり、日陰で枯れたりするのは好きではありません。インターネット上には、専門の苗床を通じて、さらには世界中のアウトレットの苗床や園芸用品センターで定期的にさえ、膨大な数のユーフォルビアが利用可能です。ただし、最低平均40F-50F(約4C-10C)で成長させるための標準的な「コップアウト」推奨以外に、ケアに関して提供される情報やアドバイスはほとんどありません。とにかくそれは本当にどういう意味ですか?屋外の温度を制御できないため、あまり有用な推奨事項ではありません。本当に知る必要があるのは、これらが生き残ることができる絶対的な最小値、その日光/日陰の要件、水、土壌などの好みです。これらのユーフォルビアのほとんどについて、それらの質問に対する答えのほとんどはおそらく同じですが、私はそれらの質問に対する、特に耐寒性について、あまり多くの直接的な答えを得ていません。

これらのユーフォルビアを収集することについて私が持っている他の不満は、どのようにそれらを区別するかです。多くは、より一般化された保育園で誤認されています(または、まったく識別されていない、より一般的です)。オンラインでの検索から、他の多くの人もそれらを区別できないことが明らかです。ユーフォルビアの「専門家」サイトのいくつかでさえ、ファイル内の植物を誤認しています(正直なところ、私もそれらをすべて区別することはできません)。そして、これらの種類のものを要約した利用可能な出版物はありません。この記事では、南カリフォルニアの屋外で生き残る、より一般的な(そしていくつかのまれな)円柱状のジューシーなユーフォルビアの概要と、読者が学ぶのに役立ついくつかの栽培のヒントとそれらを説明する簡単な試み(写真付き)を紹介します。彼らができる限り彼らを区別するために。

この未知のユーフォルビアは屋外の植物として販売されていて、 ユーフォルビアトルトゥラナ。しかし、私は本/インターネットでそのような植物を見つけることができません..それでそれは何ですか?

ここに、カリフォルニアの屋外(私自身の庭)でうまくいく2つの未知数がありますが、これらの植物には名前がありません。

手始めに、以下にリストされているすべての植物は、一般に、完全な日光(斑入りのものでさえ)、水はけの良い土壌、そしてたくさんの熱を好みます。特に断りのない限り、それらはすべて冬の雨によく耐えるようであり(ただし、寒い時期にはおそらくより乾燥しているでしょう)、夏の猛暑と太陽が強い(10​​0F以上)。ほとんどの人は、驚くべき程度に、粘土含有量の高い土壌(南カリフォルニア全体で一般的に見られる)での栽培にも耐えます。繰り返しますが、それはおそらく理想的ではありませんが、造園目的でそれらを使用する場合、現実的には避けられません。多くは鉢でうまくいきますが、鉢の成長が速すぎるものもあります。そして、周期的な寒波にもかかわらず、すべてが南カリフォルニアの屋外で何年も生き残ったので、すべてが「やや」耐寒性としてラベル付けされる可能性があります。

ユーフォルビアは、他のほとんどのxeriscapeの暖かい庭の風景のための素晴らしいコンパニオンプランツを作ります。そして、ここではっきりとわかるように、お互いに良い仲間でさえあります(ユーフォルビアアンマック ハグ チュウテンカク)

ランガク-このエチオピア原産は背が高く(最大20フィート以上)、円柱状の深緑色の5〜7面の燭台のような植物で、狭い縁に沿って対になった短くて硬い針のような棘があります。柱/枝は通常、非常に直立していて互いに接近しており、直径は約4〜6インチです。この植物は、初夏(この特徴はこの種を他のいくつかの大きなトウダイグサと区別するのに役立ちます)および日陰の状況で、各柱の上部と側面に最大2インチの長さの平らな涙の形をした葉を発達させます。 ランガク 大きく、きちんとした、非常に垂直に向けられた「燭台のような」木を形成する優れた景観の魅力を持っています。耐寒性は約28Fまでで、それ以下では深刻な損傷があります。それは適度に速い栽培者であり、一般的に利用可能です。栽培ではそれほど一般的ではなく、不幸な同義語があります Euphorbia acrurensis、または同じように、スペルミスのあるバージョン、 Euphorbia acurensis。これが非常に残念な理由は、その名前で販売されている保育園の取引ではるかに一般的に販売されているユーフォルビアがありますが、ほとんど似ていません ランガク。私の知る限り、その非常に薄く、平らな、3-4面の種は文献に記載されていませんが、「真の」Euphorbiaabyssinicaが何であるかについて無限の混乱を引き起こし続けています。この記事がその誤解のいくつかを明らかにするのに役立つことを願っています。

ランガク 私の近所の南カリフォルニア(左)のXenomorfによるクローズショットの写真(右)

ランガク 植物園のクローズアップ。Xenomorfの写真(左)は、日陰にある植物で、太陽が完全に当たらない状況でこの植物によく見られる葉を示しています。

これはハンティントンガーデンでよく撮影される植物です-間のハイブリッド ランガク そして ユーフォルビアアンマック-その形のほとんどははるかに Eアンマック-お気に入り

これらの2つの植物は、名前で販売されている苗床取引で一般的に利用可能な種のいくつかを表しています Euphoriba acrurensis、しかし明らかにそうではない Euphorbia abyssinicas.

ユーフォルビアアンマック-サウジアラビアを起源とするこれも非常に背が高く、角張った燭台のような植物ですが、より広がり、栽培のほとんどの形態は黄色の斑入りの形態です。しかし、最初はランガクと区別するのが難しい緑色の形があります。この植物はまた、短く、硬く、対になった棘を持っていますが、Eabyssinicaよりもはるかに波状の縁に沿っています。柱の直径は約4 "-5"で、植物の断面は比較的薄い壁です。この種は夏の葉も発達させます-緑色の形は各肢の上部1/4以下に沿って2 "-3"のかなり長くて広い葉を持っていますが、斑入りの形は約1/8 "-1 /ではるかに小さい葉を持っています2 "程度で、列の最上部のみ。何らかの理由で、これらのほぼクロロフィルを含まない植物は、(それらに順応しない限り)強い夏の太陽にはほとんど問題がありません。耐寒性は27F-28Fで、それ以下の中程度の損傷があります。凍結した植物は、柱の細い縁に沿って壊死領域を発達させ、それ以降、そこから成長することはできなくなります(これは、ほぼすべての円柱状のユーフォルビアに当てはまります)。損傷した柱や枝がこれ以上大きくなることはないため、植物の拡大を続けるには、新しい「腕」を成長させる必要があります。この植物は、5〜10年間の鉢植え栽培には問題ありませんが、最終的にはほとんどの鉢のサイズを超えます。 Euphorbia ammaksは上が重くなる傾向があり、古い植物を倒すことは珍しいことではないので、上が重い植物のトリミングをお勧めします(これには非常に高いはしごが必要になる場合があります)。これは適度に速い栽培者であり、非常に一般的に入手可能です。

の緑の形 ユーフォルビアアンマック 私の庭(右)のnusery(左)で販売中

植物園(南カリフォルニアのハンティントンガーデン)の古い成熟した斑入りの形と庭の植物のクローズアップ

この植物は26Fを生き延びましたが、すべての端が寒さによって焼かれ、それらの端に沿ったどこでもそれ以上の成長を妨げています。

Euphorbia ampliphylla-これは、30フィート以上までの非常に背が高く、ぎくしゃくした、独特の植物です。それは4面で、断面が非常に平らで、不規則に枝分かれした淡い緑色から黄緑色のとげのない種で、耐寒性はほとんどありません。背の高い古い植物は、南カリフォルニアのほぼ霜のない地域にのみ存在します。 30F未満の温度は通常植物に損傷を与え、壁は非常に薄いため、それ以上の損傷は通常植物を殺します。しかし、これは熱帯アフリカに由来するため、それほど驚くことではありません。この植物は、ささやかな景観の魅力しかありませんが、ほとんどの場合、何よりも奇妙なことに鉢植えで育てます。そうすれば、寒い冬の夜に屋内に移動できます。適度に速い栽培者です。これは珍しい植物で、比較的高価ですが、入手可能です。通常、同義語で販売されています Euphorbia obovalifolia

サンタバーバラのロータスランドで育つ古い植物。明らかに霜にさらされていません(まだ)。これらの植物は次のように記載されています Euphorbia obovalifolia(左) 右の写真は、植物がまだきれいで緑に見え、春の終わりに少し葉を出していることを示しています

これは、通常は霜が降りない気候の死んだ景観植物です。異常な寒波(左)の右は、それほど深刻な被害を受けていない植物を示していますが、南カリフォルニアでまだ生きているときにこの種がどのように見えるかをよく表しています。多くの地域よりも、尾根がすり減っていることに注意してください。これは、尾根が本当に薄いことを示しています。

ユーフォルビアアンギュラリス-この南アフリカの植物は、見た目が理想的とは言えないため、多くは育ちません。それは適度に背が高く(6'-10 ')多くの枝端、3面、深緑色、非常に薄い壁の植物で、縁に沿って長く鋭い棘が対になっています。カラムの直径は、1インチから3インチまで数インチごとに異なります。初夏に短時間(1/4 "以下)の非常に小さな葉を発達させます。この植物は少なくとも26F、おそらくそれ以上の耐寒性があるようです。成長の遅い植物ですが、その重量を十分に支えることができません。そのため、角や壁に向かって栽培するのが最適です。比較的まれですが、入手可能で安価な種です。

ユーフォルビアアンギュラリス プライベートガーデンで育ち、壁にもたれかかっています(そうでなければ、これほど大きな植物はずっと前に倒れていたでしょう)

ユーフォルビアアバスモンタナ-南アフリカからも、これは通常適度に背の高い植物(5'-8 ')ですが、保護された状況によっては背が高くなる可能性があります。それはややコンパクトな植物で、4'5の側面があり、その端に沿ってきちんと並んだ1/4 "-1/2"の棘があり、間隔が狭く、枝分かれしていない吸盤柱があります。この植物は断面がほぼ正方形で、柱に沿ってわずかなフレアしかありません。その対称性のおかげで、それは非常に装飾的な景観植物です。耐寒性は約27Fですが、私はこの種の個人的な経験はほとんどありません。これは成長の遅い植物であり、専門の苗床でも見つけるのは困難です。


ユーフォルビアアバスモンタナ 植物園で

ユーフォルビアカナリエンシス-この適度に背の高い(6'-10 ')5面の円柱状、青緑色から明るい緑色の植物よりもエレガントな円柱状のユーフォルビアはほとんどありません。カナライ諸島のこの原住民は多くの低い枝を持っていますが、枝自体が再び枝分かれすることはめったになく、多数の孤立した柱を持つ植物の効果を与えます。しかし、枝は外れますが、いくつかの吸盤の幹は上向きに優雅な曲線を描き、曲線の最低点が地面に接していることがよくあります。柱は完全に対称で、断面が厚壁で、最初から最後まで完全に均一な直径(約3 ")で、密集して等間隔に配置された非常に小さな対の棘が一列に並んでいます。葉のほんのわずかなヒントしかありません。夏の柱の先端での形成(1/16 "以上)。この植物は、庭や公園のより広い領域に優れた景観の魅力があり、おそらくすべての円柱状のユーフォルビアの中で最も魅力的です。それは良い鉢植えですが、最終的にはほとんどの鉢よりも大きくなります。耐寒性は27F前後で、気温が低いと柱の先端がほとんど損傷し、その点のすぐ下で分岐するようになります。それは成長の遅い種であり、適度に入手可能ですが高価です。


ユーフォルビアカナリエンシス 3つの異なる植物園で

顕花植物のクローズアップ、およびプライベートガーデン内の若い植物のビュー

Euphobia coerulescens-南アフリカの別の原住民、これは比較的短い(3'-4 'の高さ)吸盤であり、多くの枝分かれした、時にはセグメント化された、不規則に成長する青緑色から灰緑色の植物で、5面の柱が厚いペアの淡い色で武装しています長さ1/2 "までの棘。夏には短い(1/8"程度)葉が柱の先端にちらりと見えます。柱の直径は2 "から3"まで不規則に変化します。この植物は適度な景観の魅力があり、大きくてまとまりのないコロニーを形成する傾向があります。ただし、損傷を最小限に抑えながら25F以下の温度に耐える最高の耐寒性評価の1つを備えています。それは成長の遅い植物であり、一般的に入手可能で安価です。

コロニーまたは Euphorbia coerulescens カリフォルニア州パサデナのハンティントンガーデンで

夏の花と葉を示すより近いショット

ユーフォビアクーペリ-この南アフリカの原住民は、造園に最適な植物/樹木であり、1本の幹に多数の幹があり、繰り返し対称的にくびれた枝があります。各成長期は広い枝セグメントを生成し、次の成長期がさらに別の広い枝のセクションでマークされるまでスムーズに先細りになります。驚くべきことに、すべての枝が驚くべき規則性でこれを行っているようで、この植物は非常に装飾的です。枝は断面がかなり薄い壁です。木は15フィート以上の高さで成長する可能性がありますが、成長がかなり遅いように見えるため、これほどの高さの植物は南カリフォルニアには今のところほとんど存在しません。それは短くて鋭い対の棘で武装しています。通常、枝全体に斑入りの縞模様がありますが、それは微妙です。この植物は約27F-28Fに丈夫です。それはまれですが入手可能であり、大きな標本は非常に高価です。

古いEuphorbiacooperiは、ハンティントンガーデン(左)とプライベートガーデン(右)のいくつかのアロエとリュウゼツランの後ろに隠れています。

ハンティントンにさらに2つの植物、温室に1つ、屋外に1つ

ユーフォルビアグランディコルニス-さらに別の南アフリカの原住民と庭のより広い領域のための別の良い造園植物。それは適度に背が高い(6'-10 ')が、断面が平らで角張った不規則な柱を持つ、広大で、しばしば崩壊し、不規則に、そして一見無計画に成長している植物です。この植物はしばしばねじれていて非常に非対称ですが、おそらく柱自体のサイズが大きいため、全体的な効果はかなり装飾的です。色はミントグリーンで、柱は4面で、頑丈な1 "ペアの棘と誇張された波状の縁があります。柱/枝の直径は3" -6 "以上です。非常に小さい(1/4")葉が現れます。真夏のコラムの先端だけ。植物は最終的にすべての方向に何ヤードも占めることができる巨大な茂みを形成するので、ほとんどの栽培者は必要に応じてこの種を剪定します。これは、特に夏の暑さで大量に水を与えられた場合、粘土質の土壌にはやや不寛容に見える種です。しかし、土壌が十分に排水されている場合、彼らは非常に湿った涼しい冬を許容するようです。それは適度に成長の早い種であり、一般的に入手可能です。

の大きなコロニー ユーフォルビアグランディコルニス 植物園(左)、プライベートガーデンの若い植物(右)

植物園にある4〜6年生の植物(左)と顕花植物のクローズアップ(右)

ユーフォルビアグランディデンス-これは適度に背が高く、10フィート以上までの多くの枝分かれした低木で、1本から数本の主幹があります。幹は円筒形で木のようですが、枝ははるかに狭く、太さに応じて3〜4面になっています。枝はやや丸みを帯びた縁を持ち、非常に鋭いが短い孤立した棘があります。大きな植物は、枝がねじれた、ややずさんな広大な、ぶら下がっている緑の塊を形成するので、適度な景観の魅力しかありません。装飾上の理由から、定期的なトリミングをお勧めします。それは成長の遅い種ですが、かなり耐寒性があります(少なくとも26Fまで)。これは適度に一般的な植物であり、安価です。

成熟した庭の植物と手足のクローズアップ ユーフォルビアグランディデンス

チュウテンカク-これはそれらすべての大きなお父さんであり、30フィートをはるかに超えて成長し、それぞれ数百ポンドの重さの巨大な、しばしば崩壊する枝を持つ巨大なそびえ立つ木を形成します。青緑色から灰緑色または明るい緑色の枝は比較的太く、4〜5辺が丸みを帯びた縁で区切られ、ほとんど重要ではない対の棘が並んでいます。柱/枝の直径は4 "から8"以上の範囲で、季節によって変化する傾向があり(暑さの中で成長している間は厚く、1年の涼しい時期には薄くなりますか?)、やや細分化された外観になります。この植物はまた、斑入りおよび/またはモンストロースの形で栽培に存在します。 チュウテンカク おそらく南カリフォルニアで最も一般的に栽培されている景観柱状ユーフォルビアです。驚いたことに、それより下で重大な損傷が発生しているので、約28Fまでは非常に困難です。それは中程度から非常に成長の早い植物であり、何年もの間鉢で非常にうまくいきますが(鉢はその巨大なサイズをいくらか制限します)、ほとんどの植物は最終的に最大の鉢よりも大きくなります。これは非常に一般的で安価な種です。挿し木から簡単に育てられますが、これを育てている人なら誰からでも手に入れることができます(ほとんどの栽培者や庭が処理できるよりもはるかに大きくなり、剪定された手足が利用できるため)、植物の購入が不要な場合があります。

成熟した チュウテンカク 南カリフォルニア全体

この チュウテンカク は、サンタバーバラのロータスランドで成長している珍しいしだれの形を示しています。 2番目の写真は凍結後の同じ植物です-その手足のほぼ半分が失われました

健康な植物が開花し始め、26Fの凍結後に壊死した枝のクローズアップが終了します-植物の他のほとんどと同様に、枝全体が最終的に腐敗しましたが、その後、幹から新しい成長が再び現れました

Euphorbia kamerunica-これも南アフリカからのもので、これは栽培では珍しい種であり、あまりコンパクトに成長していないバージョンのように見えます サイウンカク (非常に一般的な植物)。この植物の枝は通常、ほとんどの一般的な3面の特徴ではなく、4面です。 サイウンカク 手足。色と全体のサイズは、の緑の形のものと同様です サイウンカク カラムの直径は2.5 "-3"で、同様に鋭く回転し、多彩です。耐寒性は不明ですが、20代と思われます。成長率も不明です。これは非常に珍しい植物であり、手に入れるのは難しいです。


Euphorbia kamerunica ハンティントンガーデンズ

ユーホルビアラクテア-これは、光沢のある表面で、多くの枝分かれした、3面の、著しく縞模様のライムグリーンから、ほぼ白(「ゴースト」の形)またはクリステートの熱帯アジアユーフォルビアです。これは、手足/柱の縁に沿って小さいが鋭い対の棘で武装しています。この植物は10フィート以上まで成長する可能性がありますが、ほとんどの地域でこの植物を伐採または殺す傾向がある霜が発生するため、カリフォルニアではめったに成長しません。おそらく29Fにするのは難しいだけで、ほとんどの場合、鉢植え(優れた鉢植え)で栽培するか、非常に保護された場所に植えます。 ユーフォルビアラクテア 夏の成長の先端に赤い葉の最も小さなヒントがあります。熱帯気候であるため、非常に湿った湿気の多い気候で非常によく機能する数少ない円柱状のユーフォルビアの1つです。ゴーストフォームは直射日光の下でひどく燃える可能性がありますが、朝の太陽に順応させることは難しくありません。これは成長の遅い植物ですが、クリステートフォームは特に成長が遅いようです。クリステートフォームは通常接ぎ木植物として成長し、それはそれらの遅い成長速度と関係があるかもしれません。これは優れた鉢植えであり、防寒以外の手入れはほとんど必要ありません。

いくつかのユーホルビアラクテア '温室内のゴースト(左)屋外の緑の形 ユーホルビアラクテア (knotimpaired-rightによる写真)


フリーズ後のゴーストフォーム。

保育園でのさまざまな色のクリステートフォーム

ユーフォルビアledienii-これは、直径約2.5 "-3"、1/8 "-1/4の5面の太い均一な手足(平らなエッジなし)を備えた、単一の茎のある多枝の低木から短い木(高さ6'-7 ')です。 「エッジに沿って間隔の狭いペアの棘。低木は適度な景観の魅力がありますが、その冷え性(約28F-29F)のために、多くの確立された景観植物が手足を損傷しています。珍しいですが入手可能な植物です。

アウトドア ユーフォルビアledienii ハンティントンガーデンズ

Euphorbia magnicapsula-中央アフリカ(タンザニアとケニア)から、これは非常に装飾的ですが、寒さに敏感な景観植物です。それは誇張された波状の手足の縁とEuphorbiagrandicornisの大きな対になった棘を持っていますが、手足/枝の直径がEgrandicornisのように不規則に変化しないという点ではるかに対称的な植物です。植物は深緑色、4面、直径約4 "-5"で、断面に薄い壁があります。それらは6フィート以上に成長しますが、大きくねじれた手足が重くなりすぎると、無秩序に広がる傾向があります。耐寒性は28F〜29F付近にあるようで、保護されていない植物は定期的にひどく損傷したり、中央の幹だけに戻ったり、さらに悪いことになります。これは珍しくて見つけるのが難しい植物です。

南カリフォルニアのハンティントンガーデンにある植物の凍結前の外観、および夏の次の同じ植物(すべての手足が右から凍結した)

ユーフォルビアネリフォリア-このインドのトウダイグサは、この記事に含めるために3フィートのカットをほとんど行いませんが、ここ南カリフォルニアでは、鉢植えの植物として、時には造園植物として頻繁に栽培される円柱状のトウダイグサです。クリステートと斑入りのフォームが存在し、通常は鈍い濃い緑色のフォームと同様に、日光と熱にかなり耐性があるように見えます。この植物は、装飾的にこぶのある、とげのない柱がしばしばらせん状のパターンで配向されているため、この植物はねじれた4-5面の植物のように見えますが、実際には、直線状のエッジではなく、つまみのある円筒形の植物です。おそらく27Fは、この植物が損傷することなく行くことができるのとほぼ同じくらい寒いですが、長時間の涼しさもいくつかの植物で問題があるようです。暖かい季節には、この植物は2インチの平らな涙滴形の葉を持ち、主に上肢に沿っていますが、成長する先端だけではありません。多産の枝分かれではありませんが、常にいくらか枝分かれしているようです。手足は約1.5です。直径は「-2」で、主茎はそのほぼ2倍です。 ユーフォルビアネリフォリアス 珍しいことではなく、多くの専門保育園がそれらを運びます。

ユーフォルビアネリフォリア-同じ植物2つの異なる季節、南カリフォルニア

斑入りの葉を示す景観植物として屋外で斑入りの形。 2枚目の写真は、1枚目から挿し木として育てた植物です。この植物は挿し木から簡単に育ちます

これは多彩な、クリステート形式の ユーフォルビアネリフォリア-完全な太陽の下でかなり丈夫

Euphorbia quinquecostata-中央アフリカ(タンザニアとケニア)からは、この植物は驚くほど丈夫に見えますが、27F未満で手作業で凍結し、少なくとも一時的には明らかな損傷はありません。それは12フィート以上の高さの単一茎の植物であり、多くの4面、上向きに湾曲した対称的な手足があり、柱の波状の縁に沿って非常に等間隔に配置された1/2 "の堅くて頑丈な対の棘で重武装しています。この種の内、やや薄く、断面が約3インチです。非常に希少な種であり、あまり入手できないため、成長率は不明です。


Euphorbia quinquecostata ハンティントンガーデンズ

ユーフォルビアポリアカンサ-このエチオピアまたはスーダンのユーフォルビアは、南カリフォルニアにある非常に直立した、適度に背の高い植物(10フィート以上)です。それは手足が3-5面(通常は4面)で、壁が適度に薄く、間隔が非常に狭く、小さい( ユーフォルビアポリアカンサ ハンティントンガーデンズ

ユーフォルビアシュードサボテン-おそらくすべての円柱状のユーフォルビアの中で最も人気のあるものの1つであり、これは非常に多様な南アフリカの種であり、その雑種も一般的であるため、この種の正確な説明は困難です。ほとんどの植物は2 'から4'の高さで成長し、Lyttonianaは通常短いものを形成し、3 'の円柱状のユーフォルビアとしては実際には適格ではありません。はるかに人気のある「ジグザグ」フォーム(ジグザグプラントと呼ばれることもあります)は、フォームが次のようになっています。 ユーフォルビアグランディコルニス、しかしはるかに小さく、より扱いやすいサイズ。また、斑入りの水平方向の帯で装飾的に装飾されています。断面では、この後者のフォームは非常に薄い壁と不規則な直径(1 "から3")を持ち、誇張された角のある波状のエッジに沿って頑丈な1/4 "-1/2"のペアの棘で十分に武装しています。葉は、成長する中心の先端にのみ1/8 "未満、夏には短時間しか現れません。Lyttonianaの形は、断面がより正方形で、武装がほとんどなく、非常にコンパクトで密な直立したコロニーを形成します。わずかに斑入りの柱。両方の植物は約27Fまで耐寒性があり、その下の先端で損傷しますが、通常は回復します。この植物は、顕著な斑入りの​​おかげで適度な景観の魅力がありますが、それを抑えるために定期的な剪定が必要になる場合があります。同じポットのお手入れは簡単ですが、一定のトリミングが必要になります。ジグザグフォームは非常に一般的に利用できますが、他のフォームは非常にまれです。

の2つの形式 ユーフォルビアシュードサボテン ハンティントンガーデンで育ち、左側が「普通」、右側が「リットニアナ」

若い ユーフォルビアシュードサボテン 寒さから十分に保護される壁に対して成長します(これはこの種の通常の形態ではありません-残っています)。 2枚目の写真は顕花植物です(右)

Euphorbia royleana-これは別のインドのユーフォルビアであり、庭のより小さな領域のための優れた景観植物です。それは適度に背の高い植物(5'-8 ')で、5面のセグメント化された枝があり、棘がないか、縁に沿って1/8 "の非常に小さな対の棘があります。上肢と最大3 "の長さです。柱は直径約3インチで、左右対称性が高く、真っ直ぐ上下します。成長の遅い種で、鉢植えの優れた植物です。この植物は、他のほとんどの種と同様の耐寒性を持ち、最低気温は約28°Fです。適度にまれですが入手可能です。

Euphorbia royleanas、夏、冬(最後の写真)

サイウンカク-名前が示すように、これは4面の植物ですが、一部の手足は5面です。高さ12フィート、直径1インチの単一の幹があり、非常に対称的で大きく回転した枝が突き出て直立しています(古い植物は何度も枝分かれし、最終的には過度の重量のために枝が垂れたり落ちたりします。背骨はペアになっていて、1/4 "で、最初は赤ですが、最終的には黒になり、その後淡くなります。この種が葉を作る場合、私はそれらを見たことがありません。 サイウンカク 枝は完全に四角く、必要に応じて回転するため、年齢に応じて中程度から良好な景観の魅力があります(古い植物は対称的でずさんなように見えることがあります)。鉢に適しています。この種は少なくとも26Fまで耐寒性があり、おそらくそれよりも耐寒性が高いようです。ややまれですが入手可能です。

これらは植物園の植物です(サイウンカク)

私の庭で新しい棘の色を示す小さな植物

サイウンカク-おそらく「木」または枝分かれしたユーフォルビアの最も装飾的でないものの1つであり、この植物は中央の幹と多くのわずかにらせん状の3面、直立して非常に鋭く武装した手足で約10フィートまで成長します。この南アフリカの種の棘は細く、針のようで、対になっていて、長さは約1/4 "以上です。柱の色はライムから明るい緑色です。枝は急速に成長しますが重くなり、最終的に垂れ下がります。落ちて、いくつかの根があり、新しい木を形成します。定期的にトリミングしておくと、鉢植えの良い植物です。

左の写真は、古い、トリミングされていない(中央)から切り取っている素敵な鉢植えの植物です。真夏のEuphorbiatriangularisのクローズアップ(右)

サイウンカク-簡単な手入れ、最終的なサイズ、装飾的な魅力の観点から、おそらく最高の景観または鉢植えの植物の1つです。この南アフリカの原住民は、壁が非常に薄く、3-4-面(ほとんどが3面-したがって名前)の非常に直立した柱が単一の幹から生じており、これらの手足は非常に接近して成長する傾向があり、それらの間にスペースはほとんどありません。柱は直径約2インチで、断面が非常に薄い壁です。白い斑入りの淡い緑色、または斑入りの深い赤栗色の光沢のある表面があります(これは「ルブラ」フォームと呼ばれます)。葉は、太陽からある程度保護されている限り、夏のほとんどの月に手足の上半分に残ります。これは、日陰で同じようによく育つ数少ない種の1つです。ただし、日陰で育った植物はそうします。日陰や屋内の状況では、背が高くなりすぎて「斑入り」になり、「枝」が曲がり始めたり、折れたりすることがあります。これは、成長の遅い屋外の完全な太陽の植物ではめったに起こりません。これにより、植物全体が傷つくことはめったにありません。しかし、最も高くて弱い手足を絶えず取り除くか、それらを短く剪定し始める必要があるかもしれません(残念ながら、最終的には植物全体の装飾が少なくなります) ユーホルビアラクテア 日陰の状態を好むように見える他の唯一の円柱状のユーフォルビアですが、この黄化の弱さに関する問題は少ないです。 ユーフォリバトリゴナ 水に浸かることに対して非常に耐性がありますが、他のすべてとほぼ同じくらい干ばつ耐性もあります。ルブラの形は色のせいで群を抜いて最も人気があり、その葉は暖かい季節には手足と同じくらい赤くなります。耐寒性は他のすべてと同様で、約27F〜28Fです。挿し木からの栽培は非常に簡単ですが、植物は非常に一般的で安価であるため、挿し木からの栽培はしばしば不必要です。

2つの素敵な成熟した「通常の色」 サイウンカク 2つの異なる植物園で

私の庭のEuphorbiatrigonarubraフォーム

保育園での2つのフォームの良好な比較

Euphorbia virosa-これは多くのアフリカ南部の国々の原産であり、耐寒性の高い円柱状のユーフォルビアのより装飾的なものの1つです。この植物は、非常にゆっくりではありますが、高さ約10フィートに成長し、5〜8面の手足があり、端に沿って、きちんとした、エレガントであるが間隔が狭く、非常に鋭い1/2インチのペアの暗い棘があります。色。私はこの種の葉の成長を目撃していません。Euphorbiavirosasは優れた鉢植えの植物であり、ほとんどの場合、地面で危険を冒すにはサイズが高すぎると感じるため、通常はこの方法で栽培されます。彼らの庭、そして彼らはこれらすべてのより大きなユーフォルビアの中で最も耐寒性ではないにしても、最も耐寒性の1つであり、損傷がほとんどまたはまったくない非常に低い20代の温度を管理します。これは比較的まれな種ですが、入手可能です。大きな植物彼らはかなり古いので非常に高価です。

屋外で成熟する Euphorbia virosa (左)、および屋内鉢植え標本(右)

Euphorbia virosa 造園植物として

Euphorbia zoutpansbergensis-綴ったり発音したりすることはほぼ不可能です。この南アフリカの原住民は、円柱状の「木」ユーフォルビアのリストの最後のものです。 This plant has one central trunk but dozens and dozens of arching, upright branches, closely spaced and segemented in appearance, about 2" in diameter, 4-5-sided and armed with 1/3" paired sharp spines. The plant color is a pale yellow to yellow-green. Trees grow up to about 10' or more. Cold hardiness is assumed to be at least 27F, but possible a bit colder. It is a modest to poor landscape plant due to its odd color and irregular, crowded limbs. This is a fairly rare species in cultivation and a difficult one to fnd.

Euphorbia zoutpansbergensis showing some flowers, summer, Huntington Gardens, southern California

Euphorbia is a massive genus and contains hundreds, if not thousands of species, many which have not been studied well or even described yet. There are dozens more columnar Euphorbias that may grow in such a climate as Southern California, but there is too little information on those species yet. Here are a few that we do know grow here, but there is too little information to discuss them separately in this article.


Euphorbia classenii performs fairly well outdoors in the Huntington, but there is very little information on this species

これは Euphorbia confinalis, a wonderful, but so far, way underutilized landscape species

Euphorbia grandialata is doing well in my garden (left) as is this cultivar, possibly related, called ユーフォルビア 'Watusi' (right)


Euphorbia knoebelli is normallly grown as an indoor plant, but may have potential as a landscape species. This obvious is one that could be a challenge to tell apart from some other species


Euphorbia ramipressa growing in Quail Gardens, southern California

この Euphorbia tenuirama looks very happy in this southern California botanical garden


Euphorbia vallaris seems to be a bit tender and needs to regrow its limbs following each damaging frost


Euphorbia venenata is reported very cold hardy (20F), but not too much other information about this plant

There are undoubtedly dozens more species growing in the ground or potted outdoors in southern California, or similar climates throughout the world, but I just don't have enough information to include them in this article. Perhaps in 10 years we will do some follow up articles on a similar topic and have a lot more data then

(Editor's Note: This article was orginally published on February 3, 2008. Your comments are welcome, but please be aware that authors of previously published articles may not be able to respond to your questions.)


Candelabra Tree Is One Cool Cactus Look-Alike

Those dramatic 6-foot-tall cactuses you’ve been seeing in every interior design photo recently? They’re candelabra trees (Euphorbia ingens), and they’re not actually cactuses at all. Native to Southern Africa, these giant euphorbia have caught the attention of stylists and plant lovers looking for a cactus look-alike that can survive indoors and pack some real punch.

You can grow candelabra tree outdoors in a mild climate, but — consider yourself warned — they can reach up to 40 feet tall with a 25-foot-wide crown if they’re happy. They stay smaller when grown in containers as houseplants, ranging from 2-foot-tall potted accent plants to large-scale 6-foot-plus specimens, depending on how old the plants are.

注意: Euphorbias have a milky sap that is irritating to the skin and eyes and is toxic if ingested. Avoid growing near pets or young children.

植物名: Euphorbia ingens
Common names: Candelabra tree, cowboy cactus
Temperature requirement: Grows anywhere as a houseplant outside, it grows best in mild climates. Requires a minimum temperature between 25 to 45 degrees Fahrenheit, or minus 3.9 to 7.2 degrees Celsius
Water requirement: Low to moderate (water only when dry) water only occasionally in winter requires quick-draining soil
軽い要件: Bright sunlight
Mature size: Grown outdoors, plants can reach up to 40 feet tall and 25 wide they generally stay under 8 feet tall and 3 feet wide when grown in containers as houseplants
Seasonal interest: Evergreen grown outdoors, mature plants form yellow flowers at the branch tips, followed by dark red fruit

注意: African milk tree (Euphorbia trigona) looks similar to candelabra tree but forms many funky-looking oblong leaves along the margins of the plant. Candelabra tree does not. The general care guidelines that follow apply to both species.

Where to put it. Candelabra tree thrives in spots where it can receive as much bright light as possible, such as near a south- or west-facing window. Although the thick green skin of the plant looks tough, it can burn if exposed to prolonged high-intensity direct sunlight. Avoid placing a plant right up against a window, where the glass can intensify exposure.


Euphorbia candelabrum

Euphorbia candelabrum is a succulent species of plant in the family Euphorbiaceae, one of several plants commonly known as candelabra tree。 [2] It is closely related to 3 other species of ユーフォルビア 特に Euphorbia ingens in the dry regions of South Africa, Euphorbia conspicua from western Angola, and Euphorbia abyssinica which is native to a number of countries including Sudan, Eritrea, Djibouti, Ethiopia and Somalia. [3]

  • Euphorbia calycinaN.E.Br.
  • Euphorbia confertifloraVolkens
  • Euphorbia murieliiN.E.Br.
  • Euphorbia reinhardtiiVolkens

Its Latin name derives from its growth habit, often considered to resemble the branching of a candelabrum. Candelabra trees can be found in dry deciduous and evergreen open wooded grasslands, on rocky slopes and on the rare occasion, termite mounds. As rates of rainfall decrease, so does Euphorbia candelabrum's habitat range. [4] Trees typically grow to be 12 metres in height however some specimens have been recorded to grow up to 20 metres tall. [3] E. candelabrum is endemic to the Horn of Africa and eastern Africa along the East African Rift system. It is known in Ethiopia by its Amharic name, qwolqwal, or its Oromo name, adaamii. [5]

Species such as Grewia そして Euphorbiaceae are considered to be fire-sensitive and typically restricted to termite mounds instead of dominating the open savanna [6] However, Euphorbia candelabrum has been found to be quite widespread throughout the savanna and short-grass areas of the Queen Elizabeth National Park in Uganda. [7] This is an unusual habitat for tall succulents, as they have been proven to typically be poor invaders of frequently burned stands of land. Euphorbia candelabrum's success as a tall succulent seems to be a result of over-grazing by African mammals such as the Ugandan kob (Kobus kob Erxleben) and waterbuck (Kobus ellipsiprymnus defassa Ogilby) and an overall decrease in intense wildfires. [7]

Some authorities further divide this species into two varieties, Euphorbia candelabrum var. bilocularis そして Euphorbia candelabrum var. candelabrum.

Euphorbia candelabrum was used in traditional Ethiopian medicine. Mixed with clarified honey, its sap was used as a purgative to cure syphilis, and when mixed with other medicinal plants as a salve to treat the symptoms of leprosy. [8] This plant currently has negligible commercial value, although Richard Pankhurst documents two different attempts near Keren in Eritrea to collect its gum before 1935, but neither attempt proved commercially viable. [9]

In terms of agro-forestry purposes, Euphorbia candelabrum has been used in firewood, timber, and fencing. Its wood is light and durable with a number of purposes including roofing, tables, doors, matches, boxes, mortars, musical instruments and saddles. [3]

When structural damage occurs, Euphorbia candelabrum trees release an abundant amount of milky-white latex, which has a rubber content of 12.5%. This latex is extremely toxic due to its skin irritant and carcinogenic diterpene derivatives, mainly phorbol esters. [10] In addition to irritation of the skin and mucous membranes, E. candelabrum latex may cause blindness if brought into contact with the eyes. [3]

Various components of E. candelabrum plants can be utilized as poisons. The Ovaherero people of Namibia use its latex as an ingredient in arrow poison to increase lethality, while the Damara people will often use E. candelabrum latex extract or freshly pounded branches to poison water holes and streams. [11] Its flowers produce nectar but ingestion of E. candelabrum honey can cause a burning sensation in the mouth and drinking water only intensifies it.

Despite documentation stating that E. candelabrum latex is extremely toxic and irritating, baboons seem to be unaffected and frequently consume it. [12] A study done in Queen Elizabeth Park in West Uganda found that much of the damage done to E. candelabrum trees can be attributed to the feeding patterns of baboons. Fresh, young E. candelabrum branches are broken off by climbing baboons which results in uneven growth. In addition to this, baboon feeding patterns affect the life cycle of E. candelabrum flowers and often causes sterility in many of the young stems. [12]

でも Euphorbia candelabrum is known to be quite toxic, it has multiple medicinal uses. Its latex contains highly irritant ingenol diterpene esters which proves to be both harmful and helpful. On top of blistering and irritation, ingenol products demonstrate tumour-promoting activity, causing cells to resist apoptosis and continue multiplying. [10] However, ingenol is beneficial in the respect that it encourages anti-HIV and anti-leukemia cellular activity which protects T-cells. [13] A 1961 study found that three out of 40 mice contracted papilloma when treated with DMBA only, meanwhile only 3 out of 100 mice developed papilloma when treated with ユーフォルビア latices, indicating that plants from the family Euphorbiaceae are highly effective anti-tumour agents. [14]

In addition to being used as a purgative to cure syphilis or a salve to treat leprosy, Euphorbia candelabrum sap has been used in the treatment of coughs, tuberculosis, malaria and HIV infections. It has the ability to be mixed with fat and applied topically to heal wounds, sores, and warts. [3]

E. candelabrum latex is an effective abortifacient and a concoction containing pith from the branches may be given to women after childbirth to assist in the expulsion of the placenta. [15] Its roots can be boiled and drinking this fluid is said to help with stomach aches, constipation, and infertility. Ash from the stems has also been used to treat eye infections. [10]


ビデオを見る: 知って得するサボテン編