コレクション

寄生バチの識別:寄生ハチの幼虫と卵を見つける方法

寄生バチの識別:寄生ハチの幼虫と卵を見つける方法


ほとんどの人と同じように、どんな種類のハチのアイデアでも、神経質になる可能性があります。しかし、すべてのハチが恐ろしい、刺すようなタイプであるわけではありません。実際、私たちは皆、庭に寄生バチがいることを奨励する必要があります。寄生バチは、人間を煩わせることに少しも興味がありませんが、宿主昆虫の体の内外を問わず、人生の多くを一生懸命働いています。

寄生バチは、種に応じてさまざまな庭の害虫に寄生します。これらの庭の善人は制御を助けることができます:

  • アブラムシ
  • 規模
  • ヨコバイ
  • キャタピラー
  • ゴキブリ
  • ハエ
  • カブトムシ
  • コナジラミ
  • ダニ

これらの益虫についてもっと学ぶために読んでください。

寄生バチの識別

寄生バチは、友好的なミツバチとそれらの怒っている刺すようなハチを含む膜翅目家族に属しています。寄生バチのサイズは大きく異なります。より大きな種は長さがほぼ1インチ(2.5 cm)になる可能性がありますが、宿主昆虫の卵内で発生する種はごくわずかである傾向があります。

寄生ハチの識別に関しては、事態は複雑になります。ただし、他のハチと同様に、寄生バチは「腰」のように見えます。これは、実際には昆虫の腹部と胸部の間のくびれです。ほとんどの成虫は2組の羽を持っていますが、成虫の段階では羽がない場合もあります。

それらのアンテナも変化する可能性があり、短くても長くてもかまいません。色?繰り返しますが、寄生ハチは茶色、黒、またはメタリックグリーンまたはブルーである可能性があるため、単一の答えはありません。一部は明るいオレンジまたは黄色のストライプでマークされています。

寄生バチのライフサイクル

庭には多くの種類の寄生バチがあり、中には非常に複雑で興味深いライフサイクルを持つものもあります。たとえば、一部の種はオスのハチの助けを借りずに繁殖することができますが、それは明らかに存在すらしていません。女性は交尾せずに自分でそれをすべて行うことができます。

ある種は単一の季節に数世代の子孫を産みますが、他の種は単一の成虫を発達させるのに1年以上かかります。

したがって、このトピックはこの記事の範囲を超えているため、寄生バチのライフサイクルは自分で調べたいと思うかもしれません。しかし、一般的に、寄生バチは完全なライフサイクル(卵、幼虫、さなぎ、成虫)を経て進行すると言えます。

寄生バチの卵

すべての女性の寄生バチは、腹部の先端にある産卵管と呼ばれる器官を持っています。この長い構造により、宿主が樹皮や繭の中に隠れている場合でも、ハチが寄生ハチの卵を宿主昆虫の中に沈着させることができます。

ほとんどの卵には単一の幼虫が含まれていますが、一部の種は単一の卵内に複数の寄生ハチの幼虫を生成します。

寄生バチの幼虫

寄生バチの幼虫は庭の英雄です。いくつかの種は宿主昆虫の体内でその発達全体を費やしますが、他の種は宿主の外部に埋め込まれる場合があります(卵から成虫までの発達のさまざまな段階にある可能性があります)。一部の寄生ハチは、宿主の外部から始まり、徐々に体内に侵入する可能性があります。

宿主の害虫は非常に早く活動を停止するか、寄生バチの幼虫が体内で成長している間、正常に生き続ける可能性があります。しかし、幼虫がほぼ成熟すると、宿主は確かに後悔します。幼虫は蛹化する前に宿主を出るかもしれませんし、死んだ宿主の体内で蛹化するかもしれません。


カタルパワームと寄生バチ

関連記事

最高の天然殺虫剤の1つは、購入、混合、さらには塗布する必要がないものです。小さな寄生ハチは、カタルパワームを卵の生きたインキュベーターとして使用し、孵化した幼虫の保育園として使用します。カタルパワームは、カタルパの木(カタルパ種)の害虫であり、木の葉を食べて、時には落葉することもあります。


ハチのライフサイクルと寿命

ハチの多様性(10万種以上あります!)にもかかわらず、それらのライフサイクルは非常に似ています。

ハチは通常、社会的なハチと孤独なハチに分けられ、これはハチのライフサイクルにとっても有用な区別です。約1,000種の社会的なハチは、巣作りの行動、発達、寿命の同じ一般的なパターンに従います。残りは孤独で、他の昆虫の体内に卵を産む人もいれば、巣を作る人もいますが、同様のライフサイクルで団結しています。

では、ハチはどのように繁殖するのでしょうか?他の昆虫のように、ハチは卵を産みます。

ハチはどのくらい生きますか?

ハチの平均寿命は、通常、シーズンの長さまたは3〜6週間です。

社会的なハチのライフサイクル

最も一般的な社会的なハチは、アシナガバチ、イエロージャケット、スズメバチです。

彼らの個体群は、幼虫の六角形の細胞で構成された地上または地下の紙の巣の中のコロニーによって特徴付けられます。これらのコロニーは通常、春と夏にのみ持続し、再び使用されることはありません。ただし、冬が穏やかな地域では、巣は1年以上使用できます。

春が始まると、前の秋に交尾した雌が越冬した避難所から出てきて、適切な営巣地を探しに行きます。サイトが見つかると、これらの女王ハチは小さな巣を作り始めます。 (巣の詳細については、ハチの巣の識別に関する記事を参照してください!)一部のアシナガバチの種では、いくつかの女性がコロニーを開始し、1つは最終的に優勢な女王として出現し、他の女性は労働者の地位になります。

女王は巣の細胞に卵を産み、幼虫に孵化します。女王は、毛虫、ハエ、バッタ、コオロギ、さらには他のハチなどの昆虫を狩ります。彼女は昆虫を殺し、それらをかみ砕き、そして幼虫を養うためにスラリーを巣に戻します。

幼虫、または赤ちゃんのハチは、白く、足がなく、グラブのようなものです。彼らが完全な幼虫のサイズに達すると、彼らは彼らの細胞のために絹の帽子を作り、成虫のハチ(蛹)に成熟します。

この蛹の段階の間に、彼らは暗くなり、分節化され、翼と脚を成長させます。ハチの卵から幼虫、さなぎ、成虫まで、約1か月かかり、その時点で成虫が巣から出てきます。労働者は不妊の女性であり、彼らの仕事は巣を大きくし、女王が産む残りの卵を準備することです。

アシナガバチの巣は開いた手より大きくない傾向があり、15〜200個体を保持しますが、黄色のジャケットの巣ははるかに大きくなり、1,500〜15,000個体になる可能性があります。スズメバチの巣はその間にあり、通常300から1,000の個体数に達します。

夏が進むにつれて、労働者は自分自身と女王、そして幼虫に餌を与えますが、程度は少ないです。大人のハチは蜜や他の甘い物質を食べます。女王が産卵する卵が少なくなり、コロニーの平均年齢が高くなるにつれて、夏の終わりに、ハチは自分たちのためにより多くの餌を探し始めます。ピクニックやバックポーチで甘い飲み物を楽しむ人の迷惑になる時期です。

また、夏の終わり近くに、女王は翌年の女王になる卵を産み、未受精卵を産み、それは雄に成熟します。将来のクイーンセルは、他のセルよりも多くプロビジョニングされます。繁殖力のある雌雄は、仲間を見つけるために巣を離れます。

交尾後、オスは死に、受精したメスは冬の間冬眠するための保護された場所(木の樹皮の下、隙間を作る、または地下に穴を掘る)を見つけます。寒さが始まると、残りのコロニーは死にます。

孤独なハチのライフサイクル

孤独なハチには、ドロバチ、セミキラー、および刺さない寄生バチが含まれます。それらはコロニーを形成しないという点で社会的なハチとは異なります。代わりに、各雌は単独で巣を作り、幼虫が孵化する前に餌を提供します。

ドロバチ

ドロバチは春に蛹のケースから出現し(熱帯地方では絶えず活動している場合を除く)、巣を離れて仲間を見つけます。受精すると(通常48時間以内)、ほとんどの種の雌は泥を集め、一度に1つの細胞で巣を作ります。

ただし、ある種の青い金属ドロバチは、独自に構築するのではなく、他のドロバチ種の巣を使用します。細胞が完成すると、メスはクモを探し始めます。クモは刺された毒で麻痺し、巣に戻ります。彼女はクモの1つに卵を産み、クモでいっぱいのセルを詰め続けます。

1つのドロバチセルには、25個もの麻痺したクモが含まれている可能性があります。セルがいっぱいになると、彼女はそれを封印し、2番目のセルを開始します。黒と黄色のドロバチは通常、最大25個の細胞の巣を作りますが、オルガンパイプドロバチはそれぞれ複数の細胞で構成される最大6個の長いパイプを作ります。

オルガンパイプドロバチは少し違うことをします。他のハチとは異なり、オスは巣を守り、寄生バチや他のオスを含む侵入者を防ぎます。

シーズンの終わりに、通常、巣から出てから3〜6週間後に、成虫のハチが死にます。この場合も、オルガンパイプドロバチは少し異なります。幼虫として越冬するものもあれば、成虫として越冬して春に生殖周期を開始するものもあります。

卵が孵化すると(通常1。5〜3。5日後)、ハチの幼虫は麻痺したクモを食べます。彼らは通常、温度に応じて、1〜3週間の間にそれらを終了します。気温が下がると、蛹化前の段階にある幼虫は、春に再び暖まるまで休眠状態になります。温度が上昇すると、幼虫は繭を回転させ、発育の最終段階を経てから出現し、サイクルを継続します。

セミの殺し屋

セミの殺し屋は、ドロバチと同様の生活史を持っていますが、卵を産むための巣穴を掘り、クモではなくセミを専門としています。

各セミキラー巣穴セルには、1つの卵と2つまたは3つのセミが含まれています。卵は2〜3日で孵化し、幼虫は蛹化する前に約2週間餌を与えます。ドロバチのように、春に巣穴から出てきて繁殖を始めます。

寄生バチ

最後に、寄生バチは、毛虫、アブラムシ、ハバチ、カブトムシ、ヨコバイ、アザミウマ、ハエなどの宿主昆虫の体または卵の内部または内部に卵を産みます。

卵が孵化すると、幼虫は宿主である蛹(外部または宿主の残骸内)を消費し、出現して次世代を生み出します。

結論

ハチの種は数十万種にのぼりますが、その生活史は、社会的であるか孤独であるかによって、大きく2つのカテゴリーに分類されます。孤独なハチの中にはもう少し多様性があります。ただし、社会的なハチと孤独なハチのどちらを見ているのかを判断すると、その個体群と庭でどのような役割を果たしているのかを理解できます。


ダークエンディング

蝶の卵は小さいですが、ハチはまだその中に発生する可能性があります。

ハチの幼虫が蝶の卵の中に抱かれていることに気付いたとき、それはその堅い殻の保護された宿主環境で必要なすべての栄養を持っています。

1つのハチ、 Hyposoter horticola、そのホスト、グランヴィルヒョウモンの卵の中に入るために不吉な戦術を採用しています。

新しい蝶の卵のセットを注意深く見守った後、小さな幼虫が孵化する直前に、メスのハチがその中に自分自身を置きます。

ハチの幼虫は、毛虫の体内から解放された後、自分の丈夫な繭を回転させます。©Simon Shim / Shutterstock.com

ブロードは次のように説明しています。「ハチの幼虫は、幼虫がほぼ完全に成長するまで、宿主の体内にしっかりと座っています。

「その時点で、ワスプは成長の勢いをつけます。それは毛虫の体の内容物全体を食べ、それ自身の丈夫な繭を回転させて蛹化し、その後別の成虫のハチとして出現します。


捕食者、寄生虫、捕食寄生者

このページ。目次ナビゲーションの切り替え

多くの動物は捕食者、寄生虫、または捕食寄生者であり、他の動物を餌として使用します。彼らは非常に多様な狩猟戦略と行動を使用して、獲物を捕獲または餌にします。無脊椎動物の捕食者、寄生虫、捕食寄生者は、多くの動物の個体数を管理する上で重要な役割を果たします。

ドロバチ、アナバチ科、膜翅目、クモを刺して麻痺させ、若者が餌を与えるために泥の巣に閉じ込めます。

このワームは、このハンツマンスパイダーの内部に生息し、内部組織を食べています。

寄生ダニがはびこっているブルーマウンテンのクラレンスからの雌のHadronychesp。ヘッドビューの側面のクローズアップ

赤いベルベットダニ、ダニを注文します。

コイル状のヤスデ(左)を攻撃するプラナリアワーム(右、黄色)。捕食者である昆虫以外の無脊椎動物はたくさんいます。主なグループは、専門の捕食者であるクモです。クモは非常に多様な生息地を利用し、あらゆる動物グループの中で最も洗練された捕獲および狩猟技術のいくつかを開発しました。他の捕食性無脊椎動物には、サソリ、ムカデ、捕食性ダニ、捕食性カタツムリとナメクジ、線虫、プラナリアワームが含まれます。

捕食者とは何ですか?

捕食者は、別の(獲物)を捕らえて食べる生物です。この行為は捕食と呼ばれます。

一般に、捕食者は次の機能を共有します。

  • 彼らは通常、獲物よりも大きいか、アリのように大量に攻撃することで獲物を圧倒します。
  • ほとんどは特定の獲物を持っておらず、場合によっては大量に消費する広範囲の動物を食べます。たとえば、テントウムシは1日に数百匹のアブラムシをむさぼり食うことがあります。
  • 特定の獲物グループを対象とした特定のものもあります。例えば。羽足のサシガメはアリだけを食べることが知られています。
  • 犠牲者の死は通常、捕獲直後です。
  • 大人や若者は略奪的かもしれません。多くの場合、若者は略奪的ですが、大人はそうではありません。ヘビトンボやヘビトンボの成虫は食べませんが、その水生幼虫は猛烈な捕食者です。

どの無脊椎動物が捕食者ですか?

昆虫の捕食は一般的です。カマキリ、トンボ、イトトンボ、クサカゲロウ、シリアゲムシ、アルダーフライなどの大人と若者は完全に捕食者です。植物を摂食する種が優勢なグループであるいくつかの蛾でさえ、貪欲な捕食者である子孫を産むでしょう。

捕食者である昆虫以外の無脊椎動物もたくさんいます。主なグループは、専門の捕食者であるクモです。クモは非常に多様な生息地を利用し、あらゆる動物グループの中で最も洗練された捕獲および狩猟技術のいくつかを開発しました。他の捕食性無脊椎動物には、サソリ、ムカデ、捕食性ダニ、捕食性カタツムリとナメクジ、線虫、プラナリアワームが含まれます。

キャプションを切り替えます

無脊椎動物の捕食者は何を食べますか?

無脊椎動物の捕食者は通常、他の無脊椎動物を食べますが、特定の大きなクモやムカデの場合は、魚、カエル、小さな哺乳類、鳥を食べる人もいます。一般的に、捕食者は自分自身を養うために殺しますが、場合によっては子孫を探します。ハチやアリは主に成虫として植物の液体を食べますが、その子孫は固形食を必要とします。大人は獲物を捕まえて、それを彼らの若者に届けます。

無脊椎動物の捕食者は通常、生きている間に獲物を食べます。彼らは、口の部分を噛んだり噛んだりするか、体を突き刺して犠牲者の内部の体液を吸い出すことによってこれを行います。後者はまた、獲物を麻痺させ、その組織を液化するように作用する唾液分泌物のカクテルを注入することを伴う場合があります。

無脊椎動物はどのようにして獲物を捕らえますか?

無脊椎動物の捕食者が獲物を捕まえる方法は非常に多様で、場合によっては非常に複雑です。

無脊椎動物の捕食者は受動的または能動的です:

  • 受動的な捕食者は、座って獲物が近づくのを待つ傾向があります。カマキリは、獲物が彼らの強力な前肢の把握の範囲内に入るのを長い間構えているのを待ちます。
  • アクティブな捕食者とは、獲物を探したり狩ったりする捕食者です。トンボとムシヒキアブはスピードと敏捷性を利用して獲物を空中から引き抜きますが、一部のクモは投網を構築し、獲物を通り過ぎるときに投げられます。

一部のアクティブな捕食者は、他の捕食者を捕まえて食べることを専門としています。フリンジハエトリグモは他のクモを食べることを専門としています。それは、捕らえられた犠牲者を模倣しようとして、意図された獲物の網を振動させます。ウェブ構築スパイダーは、彼らが食べ物であると信じているものを調査し、彼ら自身がメニューにあることを見つけるためにやって来ます。

キャプションを切り替えます

考慮事項

コマユバチは刺さないので人に無害です。カタルパスフィンクスの蛾のライフサイクルは6週間と短いため、1年で3〜4世代発生する可能性があります。つまり、異なる世代の卵、幼虫、蛹、成虫の蛾が同時に存在する可能性があります。木。梓の木の豊富な種子生産は、その高い発芽率と相まって、いくつかの侵入植物種のリストに載っています。それがまだ侵略的な脅威ではない他の地域では、それはその侵略的な可能性のために監視リストに載っているかもしれません。

Victoria Lee Blackstoneは、園芸家であり、研究に基づく科学/技術論文、園芸記事、雑誌や新聞の記事を執筆しているプロの作家です。クレムソン大学で植物学と微生物学を学んだ後、ブラックストーンはジョージア大学のマスターガーデナーコーディネーターとして雇われました。彼女はまた、ジョージア州アトランタのフレディマックの元住宅ローン取得スペシャリストでもあります。


内容

  • 1分類法と系統発生
    • 1.1側系統群
    • 1.2化石
    • 1.3多様性
  • 2社会性
    • 2.1社会的なハチ
    • 2.2孤独なハチ
  • 3生物学
    • 3.1解剖学
    • 3.2ダイエット
    • 3.3性決定
    • 3.4近親交配の回避
  • 4エコロジー
    • 4.1花粉交配者として
    • 4.2捕食寄生者として
    • 4.3寄生虫として
    • 4.4捕食者として
    • 4.5模倣のモデルとして
    • 4.6獲物として
  • 5人間との関係
    • 5.1害虫として
    • 5.2園芸において
    • 5.3スポーツ中
    • 5.4ファッションで
    • 5.5文献では
    • 5.6軍の名前で
  • 6関連項目
  • 7メモ
  • 8参考文献
  • 9ソース
  • 10外部リンク

側系統群

ハチは、数十万種の国際的な側系統群であり[1] [2]、アリやミツバチのいない細い腰のクレードアポクリタで構成されています。 [3]膜翅目には、ややハバチのような、しかし腰のないハバチも含まれています。

用語 ハチ スズメバチ科のメンバーには、より狭く使用されることがあります。これには、イエロージャケット(属 クロスズメバチ そして Dolichovespula)、スズメバチ(属 ベスパ)、およびアシナガバチ亜科のメンバー。

化石

ハバチ(ハバチ亜目)の形の膜翅目は、前期三畳紀の化石記録に最初に現れました。ハチ亜目は、広義のハチで、ジュラ紀に出現し、白亜紀によって現存する多くのスーパーファミリーに多様化し、ハバチから進化したように見えます。 [4]現代の解剖学的特徴を備えたイチジクのハチは、最初のイチジクの木の約6500万年前に、ブラジルのクラト層の白亜紀前期に最初に現れました。 [5]

スズメバチ科には絶滅した属が含まれます パレオベスパ、そのうちの7種は、コロラドのフロリサント化石層の始新世の岩石とヨーロッパの化石化したバルト海の琥珀から知られています。 [6]バルト海の琥珀にも、属のクラウンハチが見られます エレクトロステファヌス. [7] [8]

多様性

ハチは多様なグループであり、世界中で10万種をはるかに超えると推定されており、さらに多くの種がまだ記載されていません。 [9] [a]たとえば、熱帯のイチジクの木の約1000種のほぼすべてが、それと共進化してそれを汚染する独自のイチジクハチ(Chalcidoidea)を持っています。 [10]

多くのハチの種は捕食寄生者であり、雌は宿主の節足動物の上または中に卵を産み、その上で幼虫が餌を与えます。一部の幼虫は捕食寄生者として始まりますが、後の段階で宿主が食べている植物組織を消費するように変化します。他の種では、卵は植物組織に直接産み付けられ、ゴールを形成します。これは、発育中の幼虫を捕食者から保護しますが、必ずしも他の寄生バチから保護するわけではありません。いくつかの種では、幼虫はそれ自体が捕食性であり、ハチの卵は他の昆虫によって産まれた卵のクラスターに堆積し、その後、これらは発育中のハチの幼虫によって消費されます。 [10]

最大の社会的ハチは、長さが最大5センチメートル(2.0インチ)のオオスズメバチです。 [11]さまざまなオオベッコウバチは同じようなサイズであり[12]、クモを自重の何倍も圧倒し、人間にとって耐え難いほどの痛みを伴う刺し傷で巣穴に移動させることができます。 [13]孤独な巨大ツチバチ、 メガスコリアプロサー、翼幅11.5 cm、[14]はスマトラ島とジャワ島に亜種があり[15]、アトラスオオカブトムシの捕食寄生者です。 アトラスオオカブト。 [16]雌の巨大なヒメバチ Megarhyssa macrurus は12.5センチメートル(5インチ)の長さで、非常に長くて細い産卵管を含みます。この産卵管は、木材に穴を開けたり、卵を挿入したりするために使用されます。 [17]最小のハチは、世界最小の既知の昆虫を含む、コバチ科の孤独なコバチハチです。 Dicopomorpha echmepterygis (長さ139マイクロメートル)および キキキフナ 体長はわずか158マイクロメートルで、既知の最小の飛翔昆虫です。 [18]

コマユバチ科とヒメバチ科には10万種のヒメバチがいると推定されています。これらはほとんど捕食寄生者であり、主に他の昆虫を宿主として利用しています。別の家族、ベッコウバチ科は、クモの専門の捕食寄生者です。 [10]いくつかのハチは、捕食寄生者の卵でさえ捕食寄生者です ユーセロス は鱗翅目幼虫の横に置かれ、ハチの幼虫は一時的に血リンパを食べますが、捕食寄生者が宿主から出現した場合、超寄生蜂は捕食寄生者の内部でライフサイクルを継続します。 [19]捕食寄生者は、狭い専門分野を通じて極端な多様性を維持しています。ペルーでは、18種のハチが、わずか2種のハチの14種に生息していることが判明しました。 グラニア クライミングスカッシュ。 [20] [21]

メガスコリアプロサー、ツチバチ科のジャワからの巨大な孤独な種。この標本の長さは77mmで、翼幅は115mmです。 [b] [14]

Megarhyssa macrurus、捕食寄生者。女性の体の長さは50mmで、cが付いています。 100mm産卵管

オオベッコウバチがオレンジ色の膝のタランチュラを巣穴に引きずり込むと、ハチの中で最も痛みを伴う刺し傷があります。 [13]

社会的なハチ

現存する数十のハチ科のうち、スズメバチ科のみが社会的種を含み、主にスズメバチ亜科とアシナガバチ科に生息しています。強力な刺し傷と目立つ警告色(多くの場合黒と黄色)を備えた社会的ハチは、刺さない昆虫によるベイツ型擬態の頻繁なモデルであり、ハチや他のハチを含む他の不快な昆虫の相互に有益なミューラー型擬態に関与しています。社会的なハチのすべての種は、主な材料として何らかの形の植物繊維(主に木材パルプ)を使用して巣を構築しますが、これは泥、植物の分泌物(例えば、樹脂)、およびハチ自体からの分泌物で複数の繊維状のひな細胞で補うことができます蜂の巣状のパターンで構築され、配置され、多くの場合、より大きな保護エンベロープで囲まれています。風化した木材から木質繊維を集め、噛んだり唾液と混ぜたりして柔らかくします。巣の配置は、グループごとに異なります。 Dolichovespulaメディア そして D.シルベストリス 木や低木に巣を作ることを好む Protopolybia exigua 葉や枝の下側に巣を付けます Polistes erythrocephalus 水源に近い場所を選択します。 [22]

他のハチのような Agelaia multipicta そして クロスズメバチ、 地面の穴、家の下のスペース、壁の空洞、またはロフトのある空洞に巣を作るのが好きです。ほとんどの種類のハチには複数の櫛のある巣がありますが、 Apoica flavissima、コームは1つだけです。 [23]生殖周期の長さは緯度に依存します Polistes erythrocephalusたとえば、温帯地域では、サイクルがはるかに長くなります(最大3か月長くなります)。 [24]

孤独なハチ

ハチの種の大多数は孤独な昆虫です。 [10] [25]交尾した後、成体の雌は一人で採餌し、巣を作る場合は、自分の子孫の利益のためにそうします。一部の孤独なハチは、他の種と並んで小さなグループに巣を作りますが、それぞれが自分の子孫の世話に関与しています(他のハチの獲物を盗んだり、他のハチの巣に横たわったりするなどの行動を除く)。共同巣を作るオオモンクロベッコにはいくつかの種があり、それぞれの昆虫は独自の細胞を持ち、独自の子孫に餌を与えますが、これらのハチは分業や社会性昆虫が採用する複雑な行動パターンを採用していません。 [25]

成虫の孤独なハチは、ほとんどの時間を巣の準備と若い、主に昆虫やクモのための餌の採餌に費やします。彼らの営巣習慣は、社会的なハチのそれよりも多様です。多くの種が地面に巣穴を掘ります。 [25]ドロバチとハナドロバチは、保護された場所に泥細胞を構築します。 [26]ドロバチも同様に、泥から花瓶のような巣を作ります。多くの場合、複数の細胞があり、木の小枝や壁に付着しています。 [27]

捕食性のハチの種は通常、獲物を刺すことで獲物を鎮圧し、その上に卵を産んでそのままにしておくか、巣に戻し、獲物の上に卵を置いて巣を密閉するか、それよりも数個小さくします。獲物は、単一の発育中の幼虫を養うために堆積させることができます。彼らの子孫に食物を提供することを除いて、それ以上の母親の世話は与えられません。セイボウ科のセイボウ科のメンバーは、寄生虫であり、無関係の宿主種の巣に卵を産みます。 [25]

解剖学

すべての昆虫と同様に、ハチは、頭、胸部と腹部の最初の部分を含むメソソマ、およびメタソマの3つの主要な体の部分を保護する硬い外骨格を持っています。腹部の第1セグメントと第2セグメントをつなぐ細い腰、葉柄があります。 2対の膜状の羽は小さなフックで一緒に保持されており、一部の種では前翅が後翅よりも大きく、雌には羽がありません。女性には通常、毒を注入したり、刺したり、のこぎりで切ったりするために改造できる硬い産卵管があります。 [28]それは自由に伸びるか、または引っ込めることができ、防御と獲物の麻痺の両方のためのスティンガーに発展するかもしれません。 [29]

大きな複眼に加えて、ハチにはオセリと呼ばれるいくつかの単純な目があり、通常、頭の頂点のすぐ前に三角形に配置されています。ハチはバッタのような他の多くの昆虫のように噛んだり切ったりするのに適した下顎を持っていますが、他の口の部分は蜜を飲むことを可能にする口吻に形成されています。 [30]

ハチの幼虫はウジに似ており、保護された環境での生活に適応しています。これは、宿主生物の体または巣の中の細胞であり、幼虫は残された餌を食べるか、社会的な種では餌を与えられます。大人によって。そのような幼虫は手足のない柔らかい体を持ち、盲腸を持っています(おそらく彼らが細胞を汚さないように)。 [31]

成虫の孤独なハチは主に蜜を食べますが、その時間の大部分は肉食性の若い、主に昆虫やクモのために餌を探すことに費やされています。幼虫の子孫に餌を与えることを除けば、母親の世話はされていません。 [25]いくつかのハチの種は、彼らの発達の間に繰り返し若者に食物を提供します(漸進的な供給)。 [32]ドロバチ(Eumeninae)[33]や砂ハチ(アンモフィラ、アナバチ科)、[34]巣を繰り返し作り、大きな毛虫1匹などの固定された獲物を蓄え、その体の中または上に1個の卵を産み、入り口を密閉します(大量供給)。 [35]

捕食性および寄生バチは、それを刺すことによって獲物を征服します。彼らは多種多様な獲物、主に他の昆虫(他の膜翅目を含む)、幼虫と成虫の両方を狩ります。 [25]ベッコウバチ科は、巣を作るためにクモを捕まえることを専門としています。 [36]

いくつかの社会的なハチは雑食性で、落ちた果物、ネクター、そして死んだ昆虫などの腐肉を食べます。成虫のオスのハチは時々花を訪れて蜜を手に入れます。のようないくつかのハチ Polistes fuscatus、通常、以前に餌を探していた場所に戻ります。 [37]多くの社会的な種では、幼虫は大人によって熱心に消費される大量の唾液分泌物をしみ出させます。これらには糖とアミノ酸の両方が含まれており、他の方法では成人(タンパク質を消化できない)が利用できない必須タンパク質構築栄養素を提供する可能性があります。 [38]

性決定

ハチでは、他の膜翅目と同様に、性別は半倍数性システムによって決定されます。つまり、雌は姉妹と非常に密接に関連しており、血縁淘汰が社会性行動の進化に有利に働くことを可能にします。女性は二倍体であり、2n染色体を持ち、受精卵から発生します。ドローンと呼ばれるオスは、半数体(n)の染色体を持ち、未受精卵から発生します。 [29]ワスプは精子を体内に貯蔵し、雌が雄の卵子を産むことを望む場合に産卵されるときに個々の卵子の放出を制御し、受精せずに産卵するだけです。したがって、ほとんどの種のほとんどの条件下で、ハチは子孫の性別を完全に自発的に制御します。 [25]の実験的感染 Muscidifurax uniraptor バクテリアと ボルバキア thelytokousの繁殖を誘発し、繁殖力のある生存可能な雄の子孫を産むことができなくなった。 [39]

近親交配の回避

オオモンクロベッコ寄生バチの雌 Venturia canescens 血縁認識を通じて兄弟との交配を避けることができます。 [40]実験的な比較では、女性が無関係の男性と交尾する確率は、兄弟と交尾する確率の約2倍でした。女性のハチは、男性が持っている、または放出している化学的特徴に基づいて兄弟を認識しているようです。 [40]兄弟交配の回避は、主にホモ接合性の有害な劣性突然変異の発現に起因する近交弱勢を減少させる。 [41]

花粉交配者として

ハチの大多数は受粉に関与しませんが、いくつかの種は花粉を効果的に輸送し、いくつかの植物種に受粉することができます。 [42]ハチは一般に、一部のミツバチのように毛皮のような柔らかい毛の覆いや花粉貯蔵用の特別な体の部分(花粉かご)を持たないため、花粉はそれらにうまく付着しません。 [43]しかしながら、毛がなくても、いくつかのハチの種が花粉を効果的に輸送することができ、したがっていくつかの植物種の潜在的な受粉に寄与することが示されている。 [44]

マサリナエ亜科の花粉ハチは、ミツバチのような体毛ではなく、体内の作物に蜜と花粉を集め、花を受粉させます。 ペンステモン そしてハゼリソウ科。 [45]

イチジクコバチ科(イチジクハチ)は、約1000種のイチジクの唯一の花粉媒介者であり[43]、したがって、宿主植物の生存に不可欠です。ハチは生存のためにイチジクの木に等しく依存しているので、共進化した関係は完全に相利共生です。 [46]

捕食寄生者として

ほとんどの孤独なハチは捕食寄生者です。 [47]成虫として、餌をやる人は通常、花から蜜をとるだけです。 Parasitoid wasps are extremely diverse in habits, many laying their eggs in inert stages of their host (egg or pupa), sometimes paralysing their prey by injecting it with venom through their ovipositor. They then insert one or more eggs into the host or deposit them upon the outside of the host. The host remains alive until the parasitoid larvae pupate or emerge as adults. [48]

The Ichneumonidae are specialized parasitoids, often of Lepidoptera larvae deeply buried in plant tissues, which may be woody. For this purpose, they have exceptionally long ovipositors they detect their hosts by smell and vibration. Some of the largest species, including Rhyssa persuasoria そして Megarhyssa macrurus, parasitise horntails, large sawflies whose adult females also have impressively long ovipositors. [49] Some parasitic species have a mutualistic relationship with a polydnavirus that weakens the host's immune system and replicates in the oviduct of the female wasp. [10]

One family of chalcid wasps, the Eucharitidae, has specialized as parasitoids of ants, most species hosted by one genus of ant. Eucharitids are among the few parasitoids that have been able to overcome ants' effective defences against parasitoids. [50] [51] [52]

As parasites

Many species of wasp, including especially the cuckoo or jewel wasps (Chrysididae), are kleptoparasites, laying their eggs in the nests of other wasp species to exploit their parental care. Most such species attack hosts that provide provisions for their immature stages (such as paralyzed prey items), and they either consume the provisions intended for the host larva, or wait for the host to develop and then consume it before it reaches adulthood. An example of a true brood parasite is the paper wasp Polistes sulcifer, which lays its eggs in the nests of other paper wasps (specifically Polistes dominula), and whose larvae are then fed directly by the host. [53] [54] Sand wasps Ammophila often save time and energy by parasitising the nests of other females of their own species, either kleptoparasitically stealing prey, or as brood parasites, removing the other female's egg from the prey and laying their own in its place. [55] According to Emery's rule, social parasites, especially among insects, tend to parasitise species or genera to which they are closely related. [56] [57] For example, the social wasp Dolichovespula adulterina parasitises other members of its genus such as D. norwegica そして D. arenaria. [58] [59]

As predators

Many wasp lineages, including those in the families Vespidae, Crabronidae, Sphecidae, and Pompilidae, attack and sting prey items that they use as food for their larvae while Vespidae usually macerate their prey and feed the resulting bits directly to their brood, most predatory wasps paralyze their prey and lay eggs directly upon the bodies, and the wasp larvae consume them. Apart from collecting prey items to provision their young, many wasps are also opportunistic feeders, and will suck the body fluids of their prey. Although vespid mandibles are adapted for chewing and they appear to be feeding on the organism, they are often merely macerating it into submission. The impact of the predation of wasps on economic pests is difficult to establish. [60]

The roughly 140 species of beewolf (Philanthinae) hunt bees, including honeybees, to provision their nests the adults feed on nectar and pollen. [61]

As models for mimics

With their powerful stings and conspicuous warning coloration, social wasps are the models for many species of mimic. Two common cases are Batesian mimicry, where the mimic is harmless and is essentially bluffing, and Müllerian mimicry, where the mimic is also distasteful, and the mimicry can be considered mutual. Batesian mimics of wasps include many species of hoverfly and the wasp beetle. Many species of wasp are involved in Müllerian mimicry, as are many species of bee. [62]

As prey

While wasp stings deter many potential predators, bee-eaters (in the bird family Meropidae) specialise in eating stinging insects, making aerial sallies from a perch to catch them, and removing the venom from the stinger by repeatedly brushing the prey firmly against a hard object, such as a twig. [63] The honey buzzard attacks the nests of social hymenopterans, eating wasp larvae it is the only known predator of the dangerous [64] Asian giant hornet or "yak-killer" (Vespa mandarinia)。 [65] Likewise, roadrunners are the only real predators of tarantula hawk wasps. [66]

Minute pollinating fig wasps, Pleistodontes: the trees and wasps have coevolved and are mutualistic.

Latina rugosa planidia (arrows, magnified) attached to an ant larva the Eucharitidae are among the few parasitoids able to overcome the strong defences of ants.

The Chrysididae, such as this Hedychrum rutilans, are known as cuckoo or jewel wasps for their parasitic behaviour and metallic iridescence.

European beewolf Philanthus triangulum provisioning her nest with a honeybee

Wasp beetle Clytus arietis is a Batesian mimic of wasps.

Bee-eaters such as Merops apiaster specialise in feeding on bees and wasps.

As pests

Social wasps are considered pests when they become excessively common, or nest close to buildings. People are most often stung in late summer, when wasp colonies stop breeding new workers the existing workers search for sugary foods and are more likely to come into contact with humans if people then respond aggressively, the wasps sting. [67] Wasp nests made in or near houses, such as in roof spaces, can present a danger as the wasps may sting if people come close to them. [68] Stings are usually painful rather than dangerous, but in rare cases, people may suffer life-threatening anaphylactic shock. [69]

In horticulture

Some species of parasitic wasp, especially in the Trichogrammatidae, are exploited commercially to provide biological control of insect pests. [2] [70] One of the first species to be used was Encarsia formosa, a parasitoid of a range of species of whitefly. It entered commercial use in the 1920s in Europe, was overtaken by chemical pesticides in the 1940s, and again received interest from the 1970s. Encarsia is used especially in greenhouses to control whitefly pests of tomato and cucumber, and to a lesser extent of aubergine (eggplant), flowers such as marigold, and strawberry. [71] Several species of parasitic wasp are natural predators of aphids and can help to control them. [72] For instance, Aphidius matricariae is used to control the peach-potato aphid. [73]

Encarsia formosa, a parasitoid, is sold commercially for biological control of whitefly, an insect pest of tomato and other horticultural crops.

Tomato leaf covered with nymphs of whitefly parasitised by Encarsia formosa

In sport

Wasps RFC is an English professional rugby union team originally based in London but now playing in Coventry the name dates from 1867 at a time when names of insects were fashionable for clubs. The club's first kit is black with yellow stripes. [74] The club has an amateur side called Wasps FC. [75]

Among the other clubs bearing the name are a basketball club in Wantirna, Australia, [76] and Alloa Athletic F.C., a football club in Scotland. [77]

In fashion

Wasps have been modelled in jewellery since at least the nineteenth century, when diamond and emerald wasp brooches were made in gold and silver settings. [78] A fashion for wasp waisted female silhouettes with sharply cinched waistlines emphasizing the wearer's hips and bust arose repeatedly in the nineteenth and twentieth centuries. [79] [80]

文学では

The Ancient Greek playwright Aristophanes wrote the comedy play Σφῆκες (Sphēkes), The Wasps, first put on in 422 BC. The "wasps" are the chorus of old jurors. [81]

It flew, he is convinced, within a yard of him, struck the ground, rose again, came down again perhaps thirty yards away, and rolled over with its body wriggling and its sting stabbing out and back in its last agony. He emptied both barrels into it before he ventured to go near. When he came to measure the thing, he found it was twenty-seven and a half inches across its open wings, and its sting was three inches long. 。 The day after, a cyclist riding, feet up, down the hill between Sevenoaks and Tonbridge, very narrowly missed running over a second of these giants that was crawling across the roadway. [82]

ハチ (1957) is a science fiction book by the English writer Eric Frank Russell it is generally considered Russell's best novel. [84] In Stieg Larsson's book 火遊びをした少女 (2006) and its film adaptation, Lisbeth Salander has adopted her kickboxing ringname, "The Wasp", as her hacker handle and has a wasp tattoo on her neck, indicating her high status among hackers, unlike her real world situation, and that like a small but painfully stinging wasp, she could be dangerous. [85]

Parasitoidal wasps played an indirect role in the nineteenth-century evolution debate. The Ichneumonidae contributed to Charles Darwin's doubts about the nature and existence of a well-meaning and all-powerful Creator. In an 1860 letter to the American naturalist Asa Gray, Darwin wrote:

I own that I cannot see as plainly as others do, and as I should wish to do, evidence of design and beneficence on all sides of us. There seems to me too much misery in the world. I cannot persuade myself that a beneficent and omnipotent God would have designedly created the Ichneumonidae with the express intention of their feeding within the living bodies of caterpillars, or that a cat should play with mice. [86]

In military names

With its powerful sting and familiar appearance, the wasp has given its name to many ships, aircraft and military vehicles. [87] Nine ships and one shore establishment of the Royal Navy have been named HMS ハチ, the first an 8-gun sloop launched in 1749. [88] Eleven ships of the United States Navy have similarly borne the name USS ハチ, the first a merchant schooner acquired by the Continental Navy in 1775. [89] The eighth of these, an aircraft carrier, gained two Second World War battle stars, prompting Winston Churchill to remark "Who said a Wasp couldn't sting twice?" [87] In the Second World War, a German self-propelled howitzer was named Wespe, [90] while the British developed the Wasp flamethrower from the Bren Gun Carrier. [91] In aerospace, the Westland Wasp was a military helicopter developed in England in 1958 and used by the Royal Navy and other navies. [92] The AeroVironment Wasp III is a miniature UAV developed for United States Air Force special operations. [93]


ビデオを見る: 衝撃 寄生蜂が羽化した